128 東京都・品川区

2022年5月 8日 (日)

目黒川沿い 地上30階、高さ約106mの「アトラスタワー五反田」 公式ホームページがオープン!

Tokyogotanda220511
-アトラスタワー五反田-
 西五反田二丁目の目黒川沿いに「海喜館」という旅館がありました。海喜館は解体されて跡地には、地上30階、地下1階、高さ105.76m、総戸数213戸(非分譲住戸11戸、広告対象外住戸5戸含む)の超高層タワーマンション「(仮称)品川プロジェクト」を建設しています。

 建築主が「旭化成不動産レジデンス」のため、正式名称が旭化成不動産レジデンスのアトラスを冠した「アトラスタワー五反田」に決定、公式ホームページがオープンしています。

 引用資料 公式ホームページ
 アトラスタワー五反田

アトラスタワー五反田の概要
◆ 計画名-(仮称)品川プロジェクト
◆ 所在地-東京都品川区西五反田二丁目22丁目1,2,3,5,6(地番)
◆ 交通-JR山手線「五反田」駅徒歩5分、都営浅草線「五反田」駅徒歩3分、東急池上線「五反田」駅徒歩5分
◆ 階数-地上30階、地下1階
◆ 高さ-最高部105.76m
◆ 敷地面積-2,079.57㎡
◆ 建築面積-1,096.00㎡
◆ 延床面積-21,643.19㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-共同住戸
◆ 総戸数-213戸(非分譲住戸11戸、広告対象外住戸5戸含む)
◆ 建築主-旭化成不動産レジデンス
◆ 設計者・監理者-(意匠・監理)NEXT ARCHITECT&ASSOCIATES、(構造・電気・設備・監理)西松建設
◆ 施工者-西松建設
◆ 着工-2021年04月01日
◆ 竣工-2024年03月中旬予定
◆ 入居開始-2024年04月中旬予定


Tokyogotanda220512
 「完成予想外観CG」です。


Tokyogotanda220513
「完成予想外観CG」です。


Tokyogotanda220514
「物件周辺再開発概念マップ」です。


Tokyogotanda220515
「敷地配置図」です。


Tokyogotanda220516
「位置図」です。



|

2022年4月30日 (土)

品川区新庁舎整備基本構想 品川区役所(品川区本庁舎・議会棟・第三庁舎)の移転 高層の庁舎を想定!

Tokyoooimachi220411
-品川区役所-
 1968年に建築された「品川区本庁舎・議会棟・第三庁舎」は、建物本体や設備の老朽化が進んでいる一方、区を取り巻く環境変化や多様化する行政需要に対応する機能が求められています。「耐震改修工事」が行われましたが、建物自体の老朽化が激しく、根本的な解決にはなっていません。

 品川区は、庁舎移転の候補地として、既存庁舎に隣接するJR広町社宅跡地(現スポル品川大井町)へ移転する案を軸に、検討を進めています。区有地とJR東日本の所有地を再編する前提で、協議に入っています。

● 第7回品川区新庁舎整備基本構想
 2022年3月28日に「第7回品川区新庁舎整備基本構想・基本計画策定委員会」が開催されました。新庁舎建設想定規模は、総延床面積約60,000㎡、概算事業費約400億を想定しています。

 引用資料 品川区役所・公式HP(2022/04/22)
 第7回品川区新庁舎整備基本構想・基本計画策定委員会(令和4年3月28日開催)

 「広町地区」にはJR東日本が、「東京総合車両センター」の南側に総延床面積約259,000㎡の大規模プロジェクト「大井町駅周辺広町地区開発」を計画しています。

 品川区の庁舎移転候補地やJR東日本の「大井町駅周辺広町地区開発」は、JR京浜東北線・東急大井町線・東京臨海高速鉄道りんかい線「大井町」駅など鉄道3路線が結節する交通至便な立地です。


Tokyoooimachi220412
「施設計画(ゾーニング)」です。


Tokyoooimachi220413
整備方針【庁舎敷地内および周辺空地での災害時対応】です。


Tokyoooimachi220414
整備方針【周辺施設との連携】です。


Tokyoooimach210911
「建設候補地の現況」です。


Tokyoooimachi201214
現在の「品川区役所」です。



|

2022年4月25日 (月)

TOCビルの建て替え 地上30階、高さ約150m、延床面積約276,000㎡の「(仮称)新TOCビル計画」 都市計画決定!

Tokyotoc220411
-TOCビル-

 「TOCビル」は、「テーオーシー」が品川区西五反田七丁目に所有する巨大なビルです。地上13階、地下3階、延床面積174,013.32㎡で、1970年3月にオープンしました。

 2008年9月16日に「テーオーシー」は、「TOCビル」を建て替える方針を明らかにしました。当時の計画では、2011年度をめどに事業に着手し、事業全体の完了には、10年程度の期間を見込んでいました。しかし、その後は一向に動きがありませんでした。

 第一報から約13年か経過した2021年8月10日に、「テーオーシー」は、「TOCビル」の建て替え計画である「新TOCビル」に関するお知らせを正式に発表しました。8月27日には「(仮称)新TOCビル計画」の「全景イメージ、断面イメージ、配置イメージ」が公開されました。

 概要は、地上30階、地下3階、高さ約150m、延床面積約276,000㎡で、オフィス、店舗、共同住宅、駐車場で構成される巨大な超高層複合ビルとなります。2023年春頃から解体着工、2027年春頃の竣工予定となっています。

● 新TOCビル計画に関する都市計画決定!
 「テーオーシー」は、東京都品川区の「TOCビル」を延床面積約276,000㎡の超高層複合ビルに建て替えますが、「テーオーシー」が求めていた高度利用地区計画の変更などが、2022年4月22日に「品川区」から都市計画決定を受けました。これにより、容積率が現行の712%から1,012%に緩和されます。

 テーオーシー IRライブラリ(PDF:2022/04/22)
 新TOCビル計画に関する都市計画決定のお知らせ

(仮称)新TOCビル計画
◆ 所在地-東京都品川区西五反田七丁目22番17号(住居表示)
◆ 交通-JR・都営地下鉄「五反田」駅より徒歩8分、東急電鉄目黒線「不動前」駅より徒歩6分、東急電鉄池上線「大崎広小路」駅より徒歩5分
◆ 階数-地上30階、塔屋1階、地下3階
◆ 高さ-平均地盤面から約150m
◆ 敷地面積-約21,536㎡
◆ 建築面積-約15,000㎡
◆ 延床面積-約276,000㎡
◆ 容積対象床面積-約218,000㎡(計画容積率約1,012%)
◆ 用途-オフィス、店舗、催事場、共同住宅、駐車場
◆ 建築主-テーオーシー
◆ 解体工事-2023年春頃予定
◆ 竣工-2027年春頃予定


Tokyotoc210911
2021年8月27日に公開された「全景イメージ(国道1号線から当地区を見る)」です。一番上の最新イメージを見ると外壁のデザインがかなり変更になっています。

 テーオーシー IRライブラリ(PDF:2021/08/27)
 (仮称)新TOCビル計画の概要


Tokyotoc210912
「断面イメージ」です。10階に少しだけ「共同住宅」があります。地権者の住戸なのでしょうか?


Tokyotoc210913
「配置イメージ」です。


Tokyotoc220412
「位置図」です。


Tokyotoc210811
TOCビル
 「TOCビル」は、品川区西五反田七丁目にある巨大ビルです。地上13階、地下3階、延床面積174,013.32㎡で、1970年3月2日にオープンしました。TOCは「東京卸売センター」の略称です。

TOCビルの概要
◆ 所在地-東京都品川区西五反田七丁目22番17号
◆ 交通-JR・都営地下鉄「五反田」駅より徒歩8分、東急電鉄目黒線「不動前」駅より徒歩6分、東急電鉄池上線「大崎広小路」駅より徒歩5分
◆ 階数-地上13階、地下3階
◆ 敷地面積-21,522.23㎡
◆ 建築面積-15,594.80㎡
◆ 延床面積-174,013.32㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート
◆ 用途-店舗、コンベンションセンター
◆ 建築主-テーオーシー
◆ 設計者-大成建設
◆ 施工者-大成建設
◆ 竣工-1970年03月
◆ オープン-1970年03月02日



|

2022年4月17日 (日)

武蔵小山駅前4棟目・5棟目 地上41階、高さ約145mの「(仮称)小山三丁目第二地区第一種市街地再開発事業」 環境影響評価書案に係る見解書の閲覧!

Tokyokoyama220421
-武蔵小山駅-
 品川区の「武蔵小山駅」の南東側には、「武蔵小山商店街PALM(パルム)」という東京都内では最長の800m(約250店舗)のアーケードがあります。

 東急目黒線の大規模な改良工事が行われ、「目黒駅~洗足駅」までの区間で、連続立体交差事業が行われました。武蔵小山駅周辺では、武蔵小山駅の地下化により、再開発の機運が盛り上がっており、複数の街区で再開発が計画されています。

 第一弾して、「武蔵小山商店街PALM」の北側一帯で、地上41階、地下2階、高さ144.95m、総戸数624戸の超高層タワーマンション「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」が建設され、2020年1月上旬に竣工しています。

 第二弾して、地上41階、地下2階、高さ144.504m、総戸数506戸の超高層タワーマンション「シティタワー武蔵小山」が、 2021年4月8日に竣工しています。

 第三弾として、「(仮称)小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業」が計画されています。地上40階、塔屋2階、地下2階、高さ約145m、総延床面積約127,000㎡、総戸数約850戸の超高層タワーマンションが建設される予定です。

 第四弾・第五弾 として、「(仮称)小山三丁目第二地区第一種市街地再開発事業」が計画されています。地上41階、塔屋1階、地下2階、高さ約145mの超高層ツインタワーマンションが建設される予定です。

● 環境影響評価書案に係る見解書の閲覧!
 東京都環境局から「(仮称)小山三丁目第2地区第一種市街地再開発事業」環境影響評価書案に係る見解書の閲覧が行われています。閲覧期間は、2022年4月11日(月)~5月2日(月)までです。

 引用資料 東京都環境局(2022/04/11)
 「(仮称)小山三丁目第2地区第一種市街地再開発事業」環境影響評価書案に係る見解書

(仮称)小山三丁目第二地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-東京都品川区小山三丁目22番、23番
◆ 交通-東急目黒線「武蔵小山」駅すぐ
◆ 階数-(北街区)地上41階、塔屋1階、地下2階、(南街区)地上41階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-(北街区)最高部約145m、(南街区)最高部約145m
◆ 敷地面積-(施設全体)約12,400㎡、(北街区)約6,900㎡、(南街区)約5,500㎡
◆ 建築面積-(施設全体)約9,800㎡、(北街区)約5,200㎡、(南街区)約4,600㎡
◆ 延床面積-(施設全体)約132,300㎡、(北街区)約56,300㎡、(南街区)約76,000㎡
◆ 容積対象床面積-(施設全体)約88,700㎡、(北街区)約37,200㎡、(南街区)約51,500㎡
◆ 用途-(北街区)共同住宅、店舗、生活支援施設、駐車場等、(南街区)共同住宅、店舗、生活支援施設、駐車場等
◆ 総戸数-(施設全体)約990戸、(北街区)約610戸、(南街区)約380戸
◆ 建築主-小山三丁目第二地区市街地再開発準備組合
◆ 着工-2024年度予定
◆ 竣工-2030年度予定
◆ 供用開始-2030年度予定


Tokyokoyama220422
「断面図」です。地上41階、塔屋1階、地下2階、高さ約145mの超高層ツインタワーマンションが建設されます。


Tokyokoyama220423
「緑地計画図」です。


Tokyokoyama220424
「配置計画図」です。


Tokyokoyama220425
「計画地の位置」です。


Tokyokoyama200117
武蔵小山商店街PALM(パルム)
 「武蔵小山商店街PALM(パルム)」は、東京都内では最長の800m(約250店舗)のアーケードです。アーケードは、全天候型の開閉式アーケードとなっています。いつ行っても非常に活気がある商店街です。



|

2022年4月13日 (水)

武蔵小山駅前3棟目 地上40階、高さ約145mの「(仮称)小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業」 環境影響評価書案に係る見解書の閲覧!

Tokyokoyama220411
-武蔵小山駅-

 品川区の「武蔵小山駅」の南東側には、「武蔵小山商店街PALM(パルム)」という東京都内では最長の800m(約250店舗)のアーケードがあります。

 東急目黒線の大規模な改良工事が行われ、「目黒駅~洗足駅」までの区間で、連続立体交差事業が行われました。武蔵小山駅周辺では、武蔵小山駅の地下化により、再開発の機運が盛り上がっており、複数の街区で再開発が計画されています。

 第一弾して、「武蔵小山商店街PALM」の北側一帯で、地上41階、地下2階、高さ144.95m、総戸数624戸の超高層タワーマンション「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」が建設され、2020年1月上旬に竣工しています。

 第二弾して、地上41階、地下2階、高さ144.504m、総戸数506戸の超高層タワーマンション「シティタワー武蔵小山」が、 2021年4月8日に竣工しています。

 第三弾として、「(仮称)小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業」が計画されています。地上40階、塔屋2階、地下2階、高さ約145m、総延床面積約127,000㎡、総戸数約850戸の超高層タワーマンションが建設される予定です。

● 環境影響評価書案に係る見解書の閲覧!
 東京都環境局から「(仮称)小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業」環境影響評価書案に係る見解書の閲覧が行われています。閲覧期間は、2022年4月11日(月)~5月2日(月)までです。

 引用資料 東京都環境局(2022/04/11)
 「(仮称)小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業」環境影響評価書案に係る見解書

(仮称)小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-東京都品川区小山三丁目内
◆ 交通-東急目黒線「武蔵小山」駅すぐ
◆ 階数-(高層棟)地上40階、塔屋2階、地下2階、(低層棟)地上3階、塔屋1階、地下2階
◆ 高さ-(高層棟)最高部約145m、(低層棟)最高部約20m
◆ 事業区域面積-約15,000㎡(施設全体)
◆ 敷地面積-(施設全体)約11,280㎡、(高層棟)約8,080㎡、(低層棟)3,200㎡
◆ 建築面積-(施設全体)約8,200㎡、(高層棟)約6,100㎡、(低層棟)2,100㎡
◆ 延床面積-(施設全体)約127,000㎡、(高層棟)約117,000㎡、(低層棟)10,000㎡
◆ 容積対象床面積-(施設全体)約84,500㎡、(高層棟)約77,000㎡、(低層棟)7,500㎡
◆ 用途-(高層棟)共同住宅、店舗、地域貢献施設、駐車場等、(低層棟)店舗、駐車場等
◆ 総戸数-約850戸
◆ 建築主-小山三丁目第1地区市街地再開発準備組合
◆ 事業協力者-三菱地所レジデンス、日鉄興和不動産、大林組JV
◆ コンサルタント-三菱地所設計、リエゾンコンサルティング
◆ 着工-2024年度予定
◆ 竣工-2029年度予定
◆ 供用開始-2029年度予定 


Tokyokoyama220412
「建物断面(東西)」です。


Tokyokoyama220413
「施設配置計画平面図」です。


Tokyokoyama220414
主な周辺開発の詳細図
 第一弾して「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」、第二弾して「シティタワー武蔵小山」がに竣工しています。第三弾として「(仮称)小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業」、第四弾として「(仮称)小山三丁目第2地区第一種市街地再開発事業」が計画されています。


Tokyokoyama200111
A地区である「(仮称)小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業」の予定地を北西側から見た様子です。


Tokyokoyama200116
A地区である「(仮称)小山三丁目第1地区第一種市街地再開発事業」の予定地の北側角です。


Tokyokoyama200117
武蔵小山商店街PALM(パルム)
 「武蔵小山商店街PALM(パルム)」は、東京都内では最長の800m(約250店舗)のアーケードです。アーケードは、全天候型の開閉式アーケードとなっています。



|

2022年2月 9日 (水)

品川区 高さ約151mと高さ約107mの「東五反田二丁目第3地区第一種市街地再開発事業」 市街地再開発組合の設立を2022年2月9日に認可!

Tokyogotanda220211
-東五反田二丁目第3地区第一種市街地再開発事業-
 「東五反田二丁目第3地区第一種市街地再開発事業」は、「大崎駅」と「五反田駅」の間に位置する品川区東五反田二丁目の約16,000㎡です。南側は「目黒川」に面しています。

 地区内には約30棟の建物が存在し、歩道が無い箇所や狭い道路があることから、安全性・防災性の課題があります。エリア内は、映像関連事業を手掛ける「IMAGICA GROUP(イマジカ グループ)」の拠点になっており、本店や子会社の「IMAGICA Lab.(イマジカ ラボ)」の本社や東京映像センターなどがあります。

 「東急不動産」は、東京都品川区で再開発事業の検討を進めている「東五反田二丁目第3地区市街地再開発準備組合」が実施した参加組合員募集において、参加組合員予定者に選定さています。

● 市街地再開発組合の設立を認可!
 「東京都」は、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、「東五反田二丁目第3地区市街地再開発組合」の設立を2022年2月9日に認可します。土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新により、魅力的で安全性の高い複合市街地の形成を図るとともに、目黒川沿いに連続した緑道やオープンスペース等を整備することで、潤いある市街地環境を創出します。

 引用資料 東京都・報道発表資料(2022/02/08)
 東五反田二丁目第3地区市街地再開発組合の設立を認可します

 再開発区域を東から「1街区、2街区、公園」の3街区に分けます。以前は東から「A地区、B地区、C地区」の3地区に分けていましたが、名称が変更になっています。

 「1街区(業務棟)」は、地上約20階、塔屋2階、地下2階、高さ約107m、「2街区(住宅棟)」は、地上約39階、塔屋2階、地下1階、高さ約151mです。西側は「公園」となります。

東五反田二丁目第3地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-東京都品川区東五反田二丁目の一部
◆ 交通-JR「五反田」駅、JR「大崎」駅
◆ 階数-(1街区)地上約20階、塔屋2階、地下2階、(2街区)地上約39階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-(1街区)約107m、(2街区)約151m  
◆ 敷地面積-(1街区)約9,210㎡、(2街区)約4,440㎡、(公園)約1,500㎡
◆ 建築面積-(1街区)約3,960㎡、(2街区)約2,140㎡  
◆ 延床面積-(1街区)約69,110㎡、(2街区)約42,710㎡
◆ 構造-(1街区)鉄骨造、(2街区)鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-(1街区)オフィス、店舗、駐輪場・駐車場、(2街区)共同住宅、保育所、駐輪場 
◆ 総戸数-約390戸
◆ 建築主-東五反田二丁目第3地区市街地再開発組合(参加組合員 東急不動産)
◆ 基本設計・事業コンサルタント-アール・アイ・エー
◆ 事業協力者・特定業務代行者-竹中工務店 
◆ 着工-2023年11月予定
◆ 竣工-2027年05月予定
◆ 総事業費-922億5600万円(ビルの建設工事費約658億3000万円)


Tokyogotanda220212
「断面イメージ」です(引用:東京都)。


Tokyogotanda220213
「配置図」です。東側から「1街区(業務棟)、2街区(住宅棟)、公園」が整備されます(引用:東京都)。


Tokyogotanda220214
「位置図」です(引用:東京都)。


Tokyogotanda211115
「位置図および周辺開発状況」です。「大崎・五反田地区」は、オセロを次々とひっくり返すように疾風怒濤の勢いで再開発が行われています。まだまだ「検討・準備中地区」もありますが、一部を除いてほぼ一帯が再開発されます(引用:品川区)。



|

2021年12月 3日 (金)

怒濤の勢いで再開発が進む「大崎・五反田地区」 地上35階、高さ約149mの「大崎駅西口F南地区第一種市街地再開発事業」 特定業務代行者を公募!

Tokyoosaki211211
-大崎駅西口F南地区第一種市街地再開発事業-

 疾風怒涛の勢いで再開発が進むJR大崎駅周辺ですが、再開発に取り残された場所があります。大崎三丁目のJR大崎駅の北西側一帯です。大崎駅西口駅前エリアにあって木造密集市街地の建物共同化により、土地の高度利用・有効利用を図り、大崎副都心の拠点性を高めるとともに良質な都市型住宅の供給を図ります。

 「東京都」は、「大崎駅西口F南地区市街地再開発組合」の設立を2021年3月5日に認可しました。市街地再開発事業の施行により、防災性、利便性向上のための都市基盤の整備に併せた敷地の統合化、及び周辺地域との調和を図りながら土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図ることで、密集市街地を解消して防災性の高い空間づくりを行います。

 引用資料 東京都・報道発表資料(2021/03/04)
 大崎駅西口F南地区市街地再開発組合の設立を認可します

 引用資料 住友不動産(PDF:2021/03/15)
 職住近接の街づくりが進む大崎に事務所併設の複合タワー 「大崎駅西口F南地区第一種市街地再開発事業」組合設立

● 特定業務代行者を公募!
 「大崎駅西口F南地区市街地再開発組合」は11月2日に、特定業務代行者募集の公募型プロポーザルを公告しました。「大崎駅西口F南地区第一種市街地再開発事業」で計画する複合ビルの工事施工や事業推進支援を担います。

 建設通信新聞(2021/12/02)
 大崎駅西口F南再開発/特定業務代行者を公募/35階建て延5万㎡12月15日まで募集要項

 歩行者デッキ等の整備によりJR大崎駅を中心とする歩行者ネットワークを形成するとともに、広場状空地などのオープンスペースを確保することにより、憩いと潤いのある快適な市街地環境を創出します。

 大崎駅西口F南地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-東京都品川区大崎二丁目及び三丁目地内
◆ 階数-地上35階、地下3階
◆ 交通-JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン、りんかい線「大崎」駅
◆ 高さ-最高部約149m(平均地盤面T.P.+6.7m)
◆ 敷地面積-約5,050㎡
◆ 敷地面積-約3,030㎡
◆ 延床面積-約53,111㎡(容積対象面積約32,850㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造)
◆ 用途-共同住宅、事務所、店舗、保育所、公益施設、駐車場等
◆ 総戸数-460戸
◆ 建築主-大崎駅西口F南地区市街地再開発組合
◆ 事業協力者-住友不動産
◆ 事業コンサルタント-日建設計
◆ 着工-2022年06月予定
◆ 竣工-2025年11月予定
◆ 総事業費-約320億円


Tokyoosaki210312
「断面イメージ」です(引用:東京都)。


Tokyoosaki210313
「配置図」です(引用:東京都)。


Tokyoosaki210314
「位置図」です。大崎駅西口は、第一弾の「ThinkPark Tower」を皮切りに、2000年以降に再開発されました(引用:東京都)。


Tokyogotanda211115
「大崎・五反田地区」は、オセロを次々とひっくり返すように疾風怒濤の勢いで再開発が行われています。まだまだ「検討・準備中地区」もありますが、一部を除いてほぼ一帯が再開発されます(引用:品川区)。


Tokyoosaki190932
「大崎駅西口F南地区第一種市街地再開発事業」の予定地です。


Tokyoosaki190933
街区の東側です。


Tokyoosaki190934
街区の西側です。


Tokyoosaki190935
街区南側の道路です。


Tokyoosaki190936
街区東側の道路です。道路から東側は「F東地区」です。



|

2021年11月19日 (金)

総事業費約923億円 高さ約151mと高さ約107mの「東五反田二丁目第3地区第一種市街地再開発事業」 2023年11月に着工!

Tokyogotanda211111
-東五反田二丁目第3地区第一種市街地再開発事業-
 新横浜に本社を置く半導体関連検査装置の「レーザーテック」が11月18日終値での時価総額が3,023,765百万円と3兆円を突破しています。神奈川県に本社を置く企業としては、時価総額1位です。ちなみに2位が「日産自動車」です。1年ちょっと前までは、こんな凄い会社になるとは夢にも思っていませんでした。

 本題に戻って、「東五反田二丁目第3地区第一種市街地再開発事業」は、「大崎駅」と「五反田駅」の間に位置する品川区東五反田二丁目の約16,700㎡です。南側は「目黒川」に面しています。

 地区内には約30棟の建物が存在し、歩道が無い箇所や狭い道路があることから、安全性・防災性の課題があります。エリア内は、映像関連事業を手掛ける「IMAGICA GROUP(イマジカ グループ)」の拠点になっており、本店(本社は内幸町)や子会社の「IMAGICA Lab.(イマジカ ラボ)」の本社や東京映像センターなどがあります。

 「東急不動産」は、東京都品川区で再開発事業の検討を進めている「東五反田二丁目第3地区市街地再開発準備組合」が実施した参加組合員募集において事業企画提案を行った結果、参加組合員予定者に選定さています。

 引用資料 品川区・公式HP(PDF:2020/07/20)
 東五反田二丁目第3地区における都市計画の決定ならびに変更 

● 2023年11月に着工!
 品川区の「東五反田二丁目第3地区市街地再開発組合」が事業計画をまとめました。総事業費922億5600万円(ビルの建設工事費約658億3000万円)を投じて2棟の再開発ビルを建設します。2023年11月に着工、2027年5月に竣工、2029年3月の事業完了を目指します。

 日刊建設工業新聞(2021/11/16)
 東五反田二丁目第3地区再開発/2棟総延べ11万平米、23年11月着工へ/組合

 再開発区域を東から「A地区、B地区、C地区」3地区に分けます。「A地区」は、地上約20階、塔屋2階、地下2階、高さ約107m、「B地区」は、地上約39階、塔屋2階、地下1階、高さ約151mです。「C地区」は公園となります。

 A地区は「業務棟」で、地下1階・地下2階は駐車場、地上1階~20階はオフィスフロアとなります。地上1階・地上2階に店舗や駐輪場、駐車場なども入ります。塔屋1階・塔屋2階には機械室を設けます。

 B地区は「住宅棟」で、地下1階は駐車場、地上1階・地上2階と地上4階~39階は共同住宅(総戸数390戸)、地上1階には保育所機能も入ります。3階は駐輪場、塔屋1階・塔屋2階は機械室となります。

東五反田二丁目第3地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-東京都品川区東五反田二丁目の一部
◆ 階数-(A地区)地上約20階、塔屋2階、地下2階、(B地区)地上約39階、塔屋2階、地下1階、(C地区)公園
◆ 高さ-(A地区)約107m、(B地区)約151m  
◆ 敷地面積-(A地区)約9,210㎡、(B地区)約4,440㎡、(C地区)約1,500㎡
◆ 建築面積-(A地区)約3,960㎡、(B地区)約2,140㎡  
◆ 延床面積-(A地区)約69,110㎡、(B地区)約42,710㎡
◆ 構造-(A地区)鉄骨造、(B地区)鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-(A地区)オフィス、店舗、駐輪場・駐車場、(B地区)共同住宅、保育所、駐輪場、(C地区)公園 
◆ 総戸数-390戸
◆ 建築主-東五反田二丁目第3地区市街地再開発準備組合(参加組合員 東急不動産)
◆ 特定業務代行者-竹中工務店 
◆ 着工-2023年11月予定
◆ 竣工-2027年05月予定
◆ 総事業費-922億5600万円(ビルの建設工事費約658億3000万円)


Tokyogotanda211112
「南側立面図」です(引用:品川区)。


Tokyogotanda211113
「配置図」です。東側から「A地区(業務棟)、B地区(住宅棟)、C地区(公園)」が整備されます。概要は表記されている数値から少し変更になっています(引用:品川区)。


Tokyogotanda211114
「対象地区の現況と課題」です(引用:品川区)。


Tokyogotanda211115
「位置図および周辺開発状況」です。「大崎・五反田地区」は、オセロを次々とひっくり返すように疾風怒濤の勢いで再開発が行われています。まだまだ「検討・準備中地区」もありますが、一部を除いてほぼ一帯が再開発されます(引用:品川区)。



|

2021年11月 5日 (金)

「ニコン」が新本社ビルを建設 JR横須賀線「西大井駅」近く ニコンのゆかりの地である「大井製作所」に2024年夏頃移転!

Tokyonikon211111
-ニコン-

 「ニコン」は2021年11月4日に本社の移転を発表しました。東京都品川区の大井製作所の敷地内空地に新本社を建設する方針を固め、具体的検討を開始しました。2022年夏に着工し、2024年春の竣工、2024年夏の稼働開始を目指します。

 引用資料 ニコン(2021/11/04)
 新本社の建設計画について

 計画中の新本社ビルに、コーポレート部門、各事業ユニットの企画部門および先進R&D関連部門を集約することで、開発機能の強化や事業間シナジーの創出を図り、持続的な成長を目指します。

 新本社は、地上6階、延床面積約42,000㎡となる見込みです。柔軟な働き方に対応したワークプレイスを整え、デジタル化を推進するオフィス空間を目指します。ニコンの各事業の歴史、製品、技術などを一堂に展示する「ニコンミュージアム」も新本社ビルに併設します。

 建設予定地の「大井製作所」は、ニコンが100年以上にわたって拠点を構え、さまざまな製品やサービスを生み出してきたゆかりの地です。ニコンの旧社名が「日本光学工業株式会社」であったことから、多くの社員が通勤に使用した通りはいつしか「光学通り」と呼ばれるようになりました。その光学通りに面した場所に、新本社を建設する計画です。

ニコン新本社の概要
◆ 所在地-東京都品川区西大井一丁目5480-1他
◆ 交通-JR横須賀線「西大井」駅
◆ 階数-地上6階、地下0階
◆ 敷地面積-約18,000㎡
◆ 延床面積-約42,000㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 地震対策-基礎免震構造
◆ 用途-新本社、研究所、ミュージアム
◆ 建築主-ニコン
◆ 着工-2022年夏予定
◆ 竣工-2024年春予定 
◆ 稼働-2024年夏予定


Tokyonikon211112
「外観イメージ」です。

● 現在の苦境から立ち直って欲しい!
 私の一眼レフカメラデビューは、1982年12月に買った「Nikon F3 HP」です。当時、「Nikon F3 HP」は名機と呼ばれ価格も高くてカメラファン憧れのカメラでした。
 デジタル一眼レフカメラデビューは、2004年3月に買った「Nikon D70」です。私のカメラ人生は、ニコンと共に歩んでいると言っても過言ではありません。

 その「ニコン」ですが、現在は経営的に非常に苦しい状態に陥っています。1つ目の柱であるカメラがスマホの急速な普及で市場が縮小して苦境に陥っています。
 もう一つの柱である半導体製造装置の「露光装置」は、オランダの「ASML」に完膚なきまでに叩きのめされ、最先端の「EUV露光装置」は、あまりにも技術的難易度が高いためニコンは参入を諦め、「ASML」が世界シェア100%となっています。

 正に勝負する製品が無くなっている状態で、その状況が決算に如実に表れています。ニコンは、2013年3月期には売上高1,010,493百万円と売上高1兆円を超えていました。過去最高益は2008年3月期の営業利益135,169百万円と約1,350億円の利益を計上していました。

 しかし、2021年3月期は、売上高451,223百万円と2013年3月期の半分以下、営業利益△56,241百万円と約560億円の大赤字に陥っています。2022年3月期予想は、売上高535,000百万円、営業利益34,000百万円と黒字転換する見通しですが復活には程遠い状態です。

 本社を移転したからと言って経営が改善する訳ではありませんが、私の大好きな「ニコン」が復活する事を切に願っています。現在のニコンの惨状はニコンファンから見るとあまりのも悲しいです・・・


Tokyonikon211113
「新本社計画地」です。


Tokyonikon211114
品川インターシティC棟

 ニコンの現在の本社は「品川インターシティC棟」にあります。「新有楽町ビルヂング」から2014年11月25日に「品川インターシティC棟」に移転しました。



|

2021年9月24日 (金)

品川区新庁舎整備基本構想 品川区役所(品川区本庁舎・議会棟・第三庁舎)の移転 延床面積約60,000㎡、概算事業費約400億を想定!

Tokyoooimachi201214
-品川区役所-
 1968年に建築された「品川区本庁舎・議会棟・第三庁舎」は、建物本体や設備の老朽化が進んでいる一方、区を取り巻く環境変化や多様化する行政需要に対応する機能が求められています。「耐震改修工事」が行われましたが、建物自体の老朽化が激しく、根本的な解決にはなっていません。

 品川区は、庁舎移転の候補地として、既存庁舎に隣接するJR広町社宅跡地(現スポル品川大井町)へ移転する案を軸に、検討を進めています。区有地とJR東日本の所有地を再編する前提で、協議に入っています。

● 第4回品川区新庁舎整備基本構想
 2021年9月14日に「第4回品川区新庁舎整備基本構想・基本計画策定委員会」が開催されました。新庁舎建設想定規模は、総延床面積約60,000㎡、概算事業費約400億を想定しています。

 引用資料 品川区役所・公式HP(2021/09/14)
 第4回品川区新庁舎整備基本構想・基本計画策定委員会(令和3年9月14日開催)

 「広町地区」にはJR東日本が、「東京総合車両センター」の南側に総延床面積約259,000㎡の大規模プロジェクト「大井町駅周辺広町地区開発」を計画しています。

 品川区の庁舎移転候補地やJR東日本の「大井町駅周辺広町地区開発」は、JR京浜東北線・東急大井町線・東京臨海高速鉄道りんかい線「大井町」駅など鉄道3路線が結節する交通至便な立地です。


Tokyoooimach210911
「建設候補地の現況」です。


Tokyoooimach210912
「建設候補地の位置 」です。

● 新庁舎建設候補地
 新庁舎建設候補地は、広町二丁目の敷地約8,300㎡です。JR東日本などの大井町駅から「徒歩約5分」の位置で、既存庁舎よりも駅に近いです。現況は、JR東日本の所有地で、複合スポーツエンターテインメント施設「スポル品川大井町」として暫定活用されています。


Tokyoooimach210913
「新庁舎建設想定規模」です。総延床面積約60,000㎡を想定しています。


Tokyoooimach210914
「本庁舎の概算事業費」です。概算事業費は約400億を想定しています。


Tokyoooimach210915
「概略事業スケジュール 」です。2027年度竣工・供用開始を目指します。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

101 テレビドラマ・映画ロケ地めぐり 102 経済ニュース 103 いろいろなランキング 104 鉄道(新線・高架化・複々線化、その他) 105 大学キャンパスめぐり 106 巨大工場めぐり 107 巨大スタジアム・ホール・展示場めぐり 108 大規模商業施設めぐり 121 東京都・千代田区① 121 東京都・千代田区② 122 東京都・港区① 122 東京都・港区② 123 東京都・中央区 124 東京都・新宿区 125 東京都・渋谷区 126 東京都・豊島区 127 東京都・江東区 128 東京都・品川区 129 東京都・目黒区 130 東京都・文京区 131 東京都・台東区 132 東京都・荒川区 133 東京都・墨田区(東京スカイツリー) 134 東京都・中野区 135 東京都・世田谷区 136 東京都・大田区 137 東京都・練馬区 143 東京都・23区内その他 151 東京都・ 23区以外 201 神奈川県・横浜市 202 神奈川県・川崎市 203 神奈川県・その他 231 千葉県・千葉市 232 千葉県・浦安市 233 千葉県・成田市(成田空港) 234 千葉県・湾岸部 235 千葉県・内陸部 251 埼玉県・さいたま市 252 埼玉県・川口市 253 埼玉県・所沢市 254 埼玉県・その他 271 茨城県 281 栃木県 282 群馬県 311 大阪市・北部 312 大阪市・中部 313 大阪市・南部 314 大阪市・湾岸部 321 大阪府・堺市 325 大阪府・その他 351 兵庫県・神戸市 355 兵庫県・尼崎市 356 兵庫県・西宮市 357 兵庫県・芦屋市 359 兵庫県・その他 401 北海道 411 宮城県 412 福島県 415 青森県 501 香港(ホンコン) 511 海外 601 ちょっとひと休み