2021年10月18日 (月)

大阪モノレール延伸事業 新駅が4駅から5駅に! 門真市駅~(仮称)門真南駅間に「(仮称)松生町駅」を新たに設置!

Kadoma211021
-大阪モノレール延伸事業-

 「大阪モノレール」は、大阪府の第三セクター、「大阪高速鉄道(OKT)」が運行しています。「大阪モノレール」の延伸計画について、「大阪府」と「東大阪市」は2015年7月22日に、事業化することで合意していました。

 大阪モノレールの「門真市駅」から「(仮称)瓜生堂駅」の延伸について、2019年7月22日に工事実施に必要となる工事施行認可を申請していましたが、2020年4月1日付けで 国土交通大臣より認可されました。

 区間は、「門真市~鴻池新田~荒本~瓜生堂」、延長は複線8.9km、新駅4駅は「(仮称)門真南駅、(仮称)鴻池新田駅、(仮称)荒本駅、(仮称)瓜生堂駅」、開業目標は2029年予定です。

● (仮称)松生町駅設置事業
 大阪モノレール延伸事業について、門真市と守口市は、大阪府と大阪モノレールに、大阪モノレール延伸事業の門真市駅から(仮称)門真南駅間の松生町工場跡地前に新たな駅を設置することについて要望していました。

 この要望を踏まえ、「大阪府、門真市、守口市」及び「大阪モノレール」は、新駅設置に関する基本合意書を、2021年3月31日に締結しました。2021年7月15日・18日には、都市計画変更に伴う地元説明会が開催されました。

 引用資料 大阪府(更新日2021/09/01)
 大阪モノレール(仮称)松生町駅(門真市駅・(仮称)門真南駅間新駅)設置事業について


Kadoma211022
「断面図(変更前・変更後)」です。


Kadoma211023
「(仮称)松生町駅」の配置図です。


Kadoma211024
「(仮称)松生町駅」の位置図です。「門真市駅」と「(仮称)門真南駅」の間に設置します。


Kadoma211025
「(仮称)松生町駅」が追加される事により、大阪モノレール延伸事業の新駅は、4駅から5駅になります。


Kadoma211011
パナソニック工場跡地
 京阪本線の「門真市駅」から、大阪モノレール(大阪中央環状線)沿いに南へ少し行った門真市松生町に、かつて「パナソニック」の「南門真地区」と呼ばれ、カラーテレビやオーディオといったAV機器の本部、研究開発、工場が置かれた拠点がありました

 「パナソニック」は、経営効率化の一環として、敷地面積166,772.10㎡の広大な「南門真地区」を閉鎖して、「三井不動産」に売却しました。解体工事が行われ、敷地は「A敷地、B敷地、C敷地、D敷地」に分割され、A敷地には「(仮称)ららぽーと門真」、B敷地には「共同住宅」、C敷地には「(仮称)コストコホールセール門真倉庫店」、D敷地には「事務所」が建設される予定です。

● (仮称)門真市松生町商業施設計画

 「三井不動産」は、大阪府門真市松生町にてパナソニック工場跡地を活用した、商業施設・住宅(分譲マンション)・会員制倉庫型店舗・事業所の4つの街区から構成される大規模複合街づくり型開発事業を推進しており、2021年10月4日に商業施設街区の「(仮称)門真市松生町商業施設計画」の起工式を執り行いました。商業施設の開業は2023年春を予定しています。

 引用資料 三井不動産(2021/10/15)
 「(仮称)門真市松生町商業施設計画」建築着工 2023年春開業予定 ~商業施設、住宅(分譲マンション)等からなる大規模複合街づくり型開発始動~

(仮称)門真市松生町商業施設計画の概要
◆ 所在地-大阪府門真市松生町204番3他
◆ 交通-京阪本線・大阪モノレール線「門真市」駅徒歩約8分 *将来的には大阪モノレールの新駅に直結予定
◆ 階数-(店舗棟)地上4階、地下0階、(立体駐車場棟)6層7段×2棟
◆ 敷地面積-約116,700㎡
◆ 延床面積-約196,800㎡(店舗面積約66,300㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-商業施設、駐車場等
◆ 店舗数-約250店舗
◆ 駐車台数-約4,300台
◆ 建築主-三井不動産
◆ 基本設計-石本建築事務所
◆ 実施設計・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-(店舗棟)竹中工務店、(立体駐車場棟)綿半ソリューションズ
◆ 着工-2021年10月04日(起工式)
◆ 竣工・開業-2023年春予定


Kadoma211014
(仮称)松生町駅と直結
 「狭域図」です。京阪本線・大阪モノレール線「門真市」駅徒歩約8分ですが、将来的には延伸される大阪モノレールの新駅「(仮称)松生町駅」と直結する予定です。



|

2021年10月17日 (日)

「四天王寺」の南東側 もと勝山住宅跡地売却に関する開発事業予定者を「リバー産業株式会社及び共同応募者」に仮決定!

Osakariver211011
-もと勝山住宅跡地-

 大阪市の「天王寺区役所」は、もと勝山住宅跡地売却に関する開発事業予定者募集プロポーザルにおける価格提案審査を実施し、「リバー産業株式会社及び共同応募者」を事業予定者を仮決定しました。

 引用資料 天王寺区・公式HP(2021/10/13)
 もと勝山住宅跡地売却に関する開発事業予定者が仮決定しました

 プロポーザルにおける必須条件は「特別養護老人ホームの設置」であることから、価格提案で事業予定者として仮決定した後、大阪市福祉局による「令和3年度特別養護老人ホーム整備事業者の募集」において定員100人の施設整備事業者として選定され、かつ、後日同局において開催する「大阪市社会福祉審議会社会福祉施設・法人選考専門分科会」において適格とする結果が得られた計画であることを確認した上で、もと勝山住宅跡地売却に関する開発事業予定者として、大阪市の指定する期限までに土地売買契約を締結します。

 「特別養護老人ホーム」の概要が黒く塗りつぶされていますが、 ”共同応募者については、福祉局による特別養護老人ホーム整備事業者募集にかかる選定作業中のため非公表とします。選定された場合は、11月中旬に予定される選定結果公表に合わせて公表します。” というのが理由です。

もと勝山住宅跡地の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市天王寺区勝山二丁目、大阪府大阪市天王寺区大道二丁目
◆ 交通-JR「天王寺」駅、JR「寺田町」駅
◆ 階数-(共同住宅棟)地上20階、地下1階、(集会室棟)地上2階、地下0階
◆ 高さ-(共同住宅棟)建物高さ59.95m、(集会室棟)建物高さ11.70m
◆ 敷地面積-(共同住宅棟)2,191.78㎡、(集会室棟)521.52㎡
◆ 建築面積-(共同住宅棟)1,344.97㎡、(集会室棟)147.50㎡
◆ 延床面積-(共同住宅棟)20,864.56㎡、(集会室棟)388.60㎡
◆ 容積対象面積-(共同住宅棟)14,689.00㎡、(集会室棟)288.60㎡
◆ 構造-(共同住宅棟)鉄筋コンクリート造、(集会室棟)鉄骨造
◆ 用途-(共同住宅棟)共同住宅、(集会室棟)1階:駐輪場、2階:集会室
◆ 総戸数-200戸
◆ 事業予定者-リバー産業及び共同応募者


Osakariver211012
「共同住宅棟」は地上20階ですが、15階部分まで壁面緑化が広がっています。


Osakariver211013
下層階のイメージです。


Osakariver211014
「集会室棟」のイメージです。


Osakariver211015
「自主管理公園」のイメージです。


Osakariver211016
「位置図」です。「四天王寺」の南東側になります。



|

2021年10月16日 (土)

ららぽーと門真? パナソニック工場(南門真地区)跡地 「(仮称)門真市松生町商業施設計画」の建築着工 2023年春開業予定!

Kadoma211011
-パナソニック工場跡地-
 京阪本線の「門真市駅」から、大阪モノレール(大阪中央環状線)沿いに南へ少し行った門真市松生町に、かつて「パナソニック」の「南門真地区」と呼ばれ、カラーテレビやオーディオといったAV機器の本部、研究開発、工場が置かれた拠点がありました

 「パナソニック」は、経営効率化の一環として、敷地面積166,772.10㎡の広大な「南門真地区」を閉鎖して、「三井不動産」に売却しました。解体工事が行われ、敷地は「A敷地、B敷地、C敷地、D敷地」に分割され、A敷地には「(仮称)ららぽーと門真」、B敷地には「共同住宅」、C敷地には「(仮称)コストコホールセール門真倉庫店」、D敷地には「事務所」が建設される予定です。

● (仮称)門真市松生町商業施設計画

 「三井不動産」は、大阪府門真市松生町にてパナソニック工場跡地を活用した、商業施設・住宅(分譲マンション)・会員制倉庫型店舗・事業所の4つの街区から構成される大規模複合街づくり型開発事業を推進しており、2021年10月4日に商業施設街区の「(仮称)門真市松生町商業施設計画」の起工式を執り行いました。商業施設の開業は2023年春を予定しています。

 引用資料 三井不動産(2021/10/15)
 「(仮称)門真市松生町商業施設計画」建築着工 2023年春開業予定 ~商業施設、住宅(分譲マンション)等からなる大規模複合街づくり型開発始動~

 商業施設の名称は発表されていませんが、「(仮称)ららぽーと門真」と言われています。実際に「ららぽーと門真」という名称になるかは分かりませんが、「ららぽーと」の名称になるのは間違いないと思われます。

(仮称)門真市松生町商業施設計画の概要
◆ 所在地-大阪府門真市松生町204番3他
◆ 交通-京阪本線・大阪モノレール線「門真市」駅徒歩約8分 *将来的には大阪モノレールの新駅に直結予定
◆ 階数-(店舗棟)地上4階、地下0階、(立体駐車場棟)6層7段×2棟
◆ 敷地面積-約116,700㎡
◆ 延床面積-約196,800㎡(店舗面積約66,300㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-商業施設、駐車場等
◆ 店舗数-約250店舗
◆ 駐車台数-約4,300台
◆ 建築主-三井不動産
◆ 基本設計-石本建築事務所
◆ 実施設計・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-(店舗棟)竹中工務店、(立体駐車場棟)綿半ソリューションズ
◆ 着工-2021年10月04日(起工式)
◆ 竣工・開業-2023年春予定


Kadoma211012
「センターコートイメージ」です。


Kadoma211013
「建物配置図」です。


Kadoma211014
「狭域図」です。京阪本線・大阪モノレール線「門真市」駅徒歩約8分ですが、将来的には延伸される大阪モノレールの「新駅」と直結する予定です。


Kadoma211015
「広域図」です。



|

2021年10月15日 (金)

ジェネリック医薬品の沢井製薬(本社:大阪市淀川区) 福岡県飯塚市の第二九州工場に「新固形剤棟」を建設 投資予定額約405億円!

Fukuokasawai211011
-沢井製薬-

 サワイグループホールディングスの「沢井製薬(本社:大阪市淀川区)」は、ジェネリック医薬品の市場拡大に対応し生産能力を増強するため、福岡県飯塚市の第二九州工場敷地内に「第二九州工場 新固形剤棟」を建設すると発表しました。これに伴い、「沢井製薬、福岡県、飯塚市」の三者による立地協定締結式を10月14日に実施しました。

 引用資料 沢井製薬(2021/10/11)
 沢井製薬、第二九州工場(福岡県飯塚市)に新固形剤棟の建設を開始 ~24年1月より稼働開始、200億錠以上の自社生産体制確立への挑戦~

 日刊建設工業新聞(2021/10/13)
 沢井製薬/第二九州工場敷地内に新固形剤棟建設/22年9月着工めざす

 「第二九州工場 新固形剤棟」の規模は、鉄骨造、地上7階、延床面積約29,446㎡です。今後、設計を進め、2022年9月に着工、2023年12月に竣工、2024年1月の稼働開始を目指します。

 現在の「九州第二工場」の生産能力は年間25億錠ありますが、これを段階的に引き上げ55億錠に増強します。2024年に出荷を開始する第1ステップで20億錠分、その後の第2ステップで10億錠分をそれぞれ追加する計画です。

 設計着手から出荷開始までのスケジュールは通常であれば3年3カ月程度の期間が見込まれますが、設計や工事の期間を短縮し2年7カ月での出荷開始を目指します。投資予定額は第1ステップが約350億円、第2ステップが約55億円です。

第二九州工場 新固形剤棟の概要
◆ 所在地-福岡県飯塚市平恒1144-3
◆ 階数-地上7階、地下0階
◆ 敷地面積-約26,304㎡
◆ 延床面積-約29,446㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-製薬工場
◆ 建築主-沢井製薬
◆ 着工-2022年09月予定
◆ 竣工-2023年12月予定
◆ 稼働開始-2024年01月予定
◆ 投資予定額-約405億円(ステップ1:約350億円、ステップ2:約55億円)


Fukuokasawai211012
「新固形剤棟 完成イメージ」です。


Fukuokasawai211013
「新固形剤棟 完成イメージ」です。


Fukuokasawai211014
沢井製薬第二九州工場(Googleマップ引用)
 Googleマップの衛星写真で見た「沢井製薬第二九州工場」です。完成イメージを見ると「新固形剤棟」は、土がむき出しになっている更地の部分に建設するようです。



| | コメント (0)

2021年10月14日 (木)

大阪城南側 地上20階、高さ約102mのラグジュアリーホテル「法円坂北特定街区(NTT西日本本社所在地)」 完成イメージ公開!

Osakantt21101011
-NTT西日本本社ビル-

 「NTT西日本」は、京橋駅北側の「NTT西日本村」に建設中のビルに本社を移転します。大阪城公園の南側に建つ現本社ビルには約2千人が勤務しています。日本電信電話時代1966年に完成して以来、公社・NTTグループを通じて関西地区の拠点として活用されてきました。移転後はビル解体を含め対応を検討していました。

 「NTT西日本」の現本社ビル「NTT西日本ビル」を、建物高さ約100mの超高層ホテルに建て替えます。大阪市は、「大阪都市計画特定街区の変更(法円坂北特定街区)」の縦覧を、2020年12月25日~2021年1月15日の期間に行いました。

 特定街区は、西側から「駐車場、NTT西日本本社ビル、NTT西日本馬場町ビル」の約13,600㎡です。真正面が「大阪城」というホテルにとっては超一等地のため、外資系の超高級ホテルの進出が期待されます。

● 法円坂北特定街区
 「NTT西日本(西日本電信電話)、NTTアーバンソリューションズ、NTT都市開発」の3社は、NTT西日本本社所在地を含む大阪都市計画特定街区「法円坂北特定街区」について、大阪市の都市計画決定を踏まえた基本的な開発内容を合意したことから、開発概要を発表しました。

 引用資料 NTT都市開発(2021/10/13)
 法円坂北特定街区(NTT西日本本社所在地)における開発計画について

大阪都市計画特定街区「法円坂北特定街区」の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区馬場町3番15号
◆ 交通-Osaka Metro谷町線・中央線「谷町四丁目駅」より徒歩8分、JR環状線「森之宮駅」より徒歩16分、Osaka Metro中央線・鶴見緑地線「森之宮駅」より徒歩12分
◆ 階数-(A敷地)地上20階、塔屋2階、地下3階、(B敷地)地上1階、地下2階 ※既存ビルを減築
◆ 高さ-(A敷地)約102m、(B敷地)約10m
◆ 街区対象面積-約13,600㎡
◆ 敷地面積-(A敷地)約4,900㎡、(B敷地)約2,900㎡、(史跡指定地)約5,800㎡
◆ 建築面積-(A敷地)約2,800㎡、(B敷地)約1,400㎡
◆ 延床面積-(A敷地)約39,000㎡、(B敷地)約5,000㎡
◆ 容積対象面積-(A敷地)約33,700㎡、(B敷地)約5,000㎡
◆ 構造-(A敷地)鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-(A敷地)ホテル、(B敷地)通信ビル
◆ 客室数-約220室
◆ 建築主-NTT西日本(西日本電信電話)、NTTアーバンソリューションズ、NTT都市開発
◆ 基本設計-NTTファシリティーズ
◆ 実施設計・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2023年02月予定(A敷地)
◆ 竣工-2025年01月予定(A敷地)
◆ 開業-2025年春予定(A敷地)


Osakantt21101012
「当街区 全体鳥瞰イメージ(南側より)」です。


Osakantt21101013
「A敷地 ホテル外観イメージ(北西側より)」です。 ”なお、ホテルブランドや開業日等は、決定次第、順次お知らせします。” となっています。延床面積約39,000㎡ありますが、客室数約220室と少なめです。1部屋50㎡以上の外資系の超高級ホテルが進出するのは間違いないと思います。

 私的には「ザ・ペニンシュラホテルズ、マンダリン・オリエンタルホテルグループ、シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツ」などの東洋系の超高級ホテルを進出を期待したいです。


Osakantt21101017
ザ・ペニンシュラ香港
 写真は香港にある最高級ホテル「ザ・ペニンシュラ香港」ですが、なんとなくに「A敷地 ホテル外観イメージ(北西側より)」と似ているような気が? もしかして「ザ・ペニンシュラ大阪」なんちゃって!(笑)


Osakantt21101014
「史跡指定地 広場イメージ」です。西側の史跡指定地は、難波宮跡の遺構を表現した形状の広場として整備して開放します。大阪の都心部に残る貴重な歴史遺産である古代の難波宮を感じられる空間をめざします。


Osakantt21101015
「B敷地 屋上オープンスペースイメージ」です。東側の「B敷地」には、大阪城天守閣を正面に臨むオープンスペースを屋上に整備します。大阪城公園とつながる北側には周辺エリアの観光情報の発信を行うデジタルサイネージやシェアサイクル拠点を設け、周辺観光地への関心が高まる仕掛けをつくります。


Osakantt21101016
「整備後 全体配置図」です。


Osakantt201212
「説明図2」です。3区画に分かれており、中央の「A敷地(NTT西日本本社ビル)」は、建物高さの最高限度が102mとなっています。東側の「B敷地(NTT西日本馬場町ビル」」は、建物高さの最高限度が10mとなっています。西側の駐車場は「史跡指定地」となっているため、建物は建設されません。

 引用資料 大阪市・公式HP(2020/12/24)
 報道発表資料 大阪都市計画案の公衆縦覧及び意見書の受付を実施します


Osakantt201213
「説明図1」です。真正面が「大阪城」というホテルにとっては超一等地です。


Osakantt190814
大阪城の「天守閣」から見た様子です。写真右側(西側)から「NTT西日本本社ビル、NTT西日本馬場町ビル、 KKRホテル大阪」の3棟が並んでいます。


Osakantt201211
大阪都市計画特定街区「法円坂北特定街区」です。


Osakantt201214
「NTT西日本本社ビル」を南西側から見た様子です。


Osakantt190815
「NTT西日本本社ビル」を西側から見た様子です。



|

2021年10月13日 (水)

姫路市 手柄山スポーツ施設整備運営事業(PFI事業) 約303億で「三菱HCキャピタル」を代表企業とするグループを落札者に決定!

Himejitegarayama211011
-手柄山スポーツ施設整備基本計画-

 姫路市の「手柄山中央公園」は、中心市街地の南西部に位置し、年間170万人以上の利用者が訪れる姫路市を代表する総合公園です。手柄山中央公園内に位置するスポーツ施設は、屋内施設として中央体育館、県立武道館、屋外施設として陸上競技場、姫路球場、市民プール(手柄山遊園内)があり、周辺には公園の西側約200mのところに総合スポーツ会館が位置しています。

 手柄山中央公園の園内施設の老朽化等の課題、JR姫路・英賀保間新駅の整備構想及び文化センターの移転に対応するため、2017年1月に「手柄山中央公園整備基本計画」を策定し、手柄山中央公園の再整備に取り組んでいます。

 引用資料 姫路市・公式ホームページ
 手柄山中央公園の整備計画

 「手柄山中央公園整備基本計画」において、関連するスポーツ施設のうち、「陸上競技場、姫路球場、中央体育館、県立武道館」については存続します。「市民プール」は新規整備・全面改修とし、公園外に位置する「総合スポーツ会館」を廃止して公園内に新体育館の整備を行うこととしています。

● 三菱HCキャピタルを代表企業とするグループに決定!
 姫路市は、PFIで行う「手柄山スポーツ施設整備運営事業」の事業者を決める総合評価制限付き一般競争入札を開札し、「三菱HCキャピタル」を代表企業とするグループを落札者に決定しました。入札金額は302億8554万1233円(税抜き)でした。

 姫路市 公式ホームページ(2021/10/08)
 手柄山スポーツ施設整備運営事業(PFI事業)に関する資料等の公表について

 日刊建設工業新聞(2021/10/12)
 兵庫県姫路市/手柄山スポーツ施設PFI/三菱HCキャピタルら15者グループに

 落札者は「(代表)三菱HCキャピタル、(構成員)梓設計、大成建設、ハリマビステム、美津濃、日本水泳振興会、オオバ、加藤建築事務所、ノバック、ハマダ、協栄ビル管理、双葉化学商会、アクアプロダクト、OUTDOOR LIVING、Populous Pte. Ltd.」の計15者で構成します。

 ちなみに代表企業の「三菱HCキャピタル」は、三菱グループの大手総合リース会社です。2021年4月に「三菱UFJリース」が、「日立キャピタル」を吸収合併し、経営統合して誕生しました。

 新設体育館の規模は延床面積約19,000㎡を予定しています。メインアリーナ(5,000席以上)とサブアリーナ(240席以上)のほか、柔道場、弓道場などを設けます。
 新市民プールの規模は延床面積約約11,000㎡を予定しています。屋内競技用の50m(10レーン、2,500席以上)と25m(8レーン、120席以上)からなります。


Himejitegarayama190612
JR姫路・英賀保間新駅整備

 「手柄山中央公園整備基本計画」の北側に、JR新駅が整備される予定です。「市道幹第22号線(都市計画道路延末線)」をオーバーパスするペデストリアンデッキや駅前広場も整備する予定です。


Himejitegarayama190613
「新体育館」のイメージパースです。観客席3,500席以上の時のイメージパースです。観客席5,000席以上となったので規模が拡大します。


Himejitegarayama190614
「屋内競技用プール」のイメージパースです。


Himejitegarayama190615
「ゾーニング図」です。


Himejitegarayama190616
「新駅から各施設への動線」です。


Himejitegarayama190617
「公園内 施設紹介」です。


Himejitegarayama190618
「手柄山スポーツ施設整備運営事業(PFI事業)」の予定地です。


Himejitegarayama190621
「新体育館」の予定地です。


Himejitegarayama190622
「屋内競技用プール」の予定地です。



|

2021年10月12日 (火)

京橋駅周辺地区の拠点機能強化 南北の幹線道路「玉造筋」の延伸構想 難題山積だが、何が何でも実現するべき!

Osakakyobashi211011
-玉造筋の延伸構想-

 「玉造筋」の延伸事業は、京橋駅周辺地区の西側を南北に貫く幹線道路です。「玉造筋」は、現在は「大阪ビジネスパーク(OBP)」の東端を「寝屋川」まで到達しています。更に北進して、「国道1号」まで到達する予定となっています。

 しかし、「大阪ビジネスパーク(OBP)」が街開きしてから35年以上になりますが、全く動きがありません。「JR学研都市線(片町線)」が地下化しないとそれ以上北には延伸出来ないためです。

 京橋は鉄道交通の要衝です。しかし、大規模ターミナルの最低条件である広い道路、広い駅前広場の整備が成されていません。そのため「大阪ビジネスパーク(OBP)」に隣接しているにも関わらず拠点機能が貧弱です。

 「京橋駅周辺地区のまちづくり」を進めるには、JR京橋駅の両側を南北に貫く幹線道路となる「玉造筋」の延伸と「豊里矢田線(鴫野・蒲生)整備事業」の整備により、「国道1号」まで到達される事が絶対に必要です。


Osakakyobashi211012
「豊里矢田線(鴫野・蒲生)整備事業」を含む京橋駅周辺地区の道路整備です。JR大阪環状線の西側が「玉造筋」の延伸、JR大阪環状線の東側が「豊里矢田線(鴫野・蒲生)整備事業」です(引用:大阪市)。


Osakakyobashi211013
玉造筋の北端

 「玉造筋」の北端は、「寝屋川」で35年以上止まっています。


Osakakyobashi211014
寝屋川

 「玉造筋」の北端から北側に延伸するには、「寝屋川」に橋を架ける必要があります。


Osakakyobashi211015
このあたりを「玉造筋」が通過する事になります。寝屋川沿いの下の道路を「オーバーパス」する構造になると思われます。


Osakakyobashi211016
JR学研都市線

 「寝屋川」より北に進めないのは、「JR学研都市線(片町線)」が地上部分を東西に走ってるためです。「玉造筋」の延伸は、「JR学研都市線(片町線)」の京橋駅付近の地下化が必須条件です。


Osakakyobashi211017
JR線の北側は、JR西日本の「京橋変電所」となっています。この部分を「玉造筋」が延伸する予定です。


Osakakyobashi211018
更に北側には、「京橋自転車駐車場」があります。「玉造筋」の工事が進まないので、暫定施設として設置されています。


Osakakyobashi211019
更に北側に進んで南側に振り返った様子です。「京阪本線」の高架橋があります。高架橋の下は京阪京橋駅とJR京橋駅を結ぶ広場となっています。この部分は本来は「玉造筋」の用地です。


Osakakyobashi211020
京阪京橋駅です。「玉造筋」の延伸が行われるとこの部分が道路になるので、地上での京阪京橋駅-JR京橋駅間の移動が出来なくなります。地下道などの新たな歩行者の移動手段が必要になります。


Osakakyobashi211021
「国道1号」側から「京阪本線」の高架橋を見た様子です。「国道1号〜京阪本線」の間は、買収も終わって暫定的に歩道として使用されています。



|

2021年10月11日 (月)

夢洲の「カジノを含む統合型リゾート(IR)」 紆余曲折を経てこのまで来たのは大阪愛溢れる「オリックス」のおかげ!

Osakamgm210911
-大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業-

 大阪府と大阪市は9月28日に、大阪市湾岸部の人工島「夢洲(ゆめしま)」に誘致を目指す「カジノを含む統合型リゾート(IR)」について、アメリカのMGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの連合体を正式に事業者に選んだと発表しました。初期投資額はなんと1兆800億円(税抜き)です。

 引用資料 大阪府・報道発表資料(2021/09/28)
 大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業 設置運営事業予定者の選定について

● 大阪愛溢れる「オリックス」の一途な思い!
 「オリックス」は大阪愛にあふれていると思います。「関西エアポート株式会社、オリックス・バファローズ、京セラドーム大阪、オリックス劇場」など大阪への貢献は計り知れません。もちろん企業なので、冷静な損益計算をして利益が見込めると判断しての投資ですが、大阪を良くしようというビジネス以外の愛を感じます。東京愛にあふれる「森ビル」と同じような企業文化を感じます。

 「カジノを含む統合型リゾート(IR)」の最大の障壁だった「カジノ法案(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法案)」が、2018年7月20日に参議院を通過しました。

 夢洲のIRがここまで来るのには紆余曲折がありました。2019年8月に「横浜市」がIRの誘致に乗り出す方針を正式表明した時には、多くのマスコミが「大阪のIRは終わった!」というようなスタンスで報道しました。そして2020年初めには世界を「新型コロナウイルス感染症」が襲いました。

 以下は私の考えなので適当に読んで下さい。夢洲のIRがここまで来たのは、「大阪オンリー」を貫いた「MGMリゾーツ・インターナショナル」の功績が大きいですが、私はパートナーの「オリックス」の存在が非常に大きいと思っています。
 日本と大阪を熟知した「オリックス」、なおかつ高収益で日本屈指の優良企業である「オリックス」がパートナーで「MGM」にとっては非常に心強かったと思います。

 「オリックス」が、「大阪府・大阪市」と「MGM」との間を取り持ち、時には「コーディネーター」、時には「接着剤」となり、2者の関係を繋ぎ止めた思っています。もしも「MGM」の単独だったら、コロナ禍で撤退していた可能性もあったのではないでしょうか?


Osakaorix210914
IR開業までのプロセス

 MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの連合体が正式な事業者に決定しましたが、国の「区域整備計画の認定・公示」という事業者と行政が乗り越えるべき大きなハードルが残っています。

 引用資料 国土交通省・観光庁(2021/07/20)
 特定複合観光施設区域整備計画審査委員会の設置について

 IRを巡っては、有力候補だった「横浜市」が誘致撤回を宣言したため、現在誘致に手を挙げているのは、(1)大阪府・大阪市、(2)和歌山県、(3)長崎県の3地域となりました。

 国はIR整備を国内で最大3カ所としており、提案内容を吟味し、持続可能かを判断し、2022年にも決定する方針です。しかし、IRそのものに対する反対意見も多く、なおかつ首都圏が候補地から脱落した事により政治家や役人の関心が低下して、今後も政治に翻弄されて計画通り進まない可能性があります。


Osakaorix210911
オリックス
 「オリックス」は、1964年4月に「オリエント・リース」として設立されました。リース事業からスタートして隣接分野に進出し、新たな専門性を獲得することにより事業を進化させてきました。

 その結果、現在は法人金融、産業/ICT機器、環境エネルギー、自動車関連、不動産関連、事業投資・コンセッション、銀行、生命保険など多角的に事業を展開しています。

 オリックスには「東京本社」と「大阪本社」があります。「東京本社」は、東京都港区浜松町二丁目4番1号の「世界貿易センタービル南館(2021年5月6日より)、「大阪本社」は、大阪府大阪市西区西本町一丁目4番1号の「オリックス本町ビル」にあります。

 いろいろなメディアを見ると本社として「オリックス本町ビル」の写真が登場します。そのため「オリックス本町ビル」が実質的な本社と考えていいのかも知れません。

オリックス本町ビルの概要
◆ 計画名-オリックス西本町1丁目ビル
◆ 所在地-大阪府大阪市西区西本町一丁目4番1号
◆ 交通-地下鉄御堂筋線「本町」駅徒歩1分、地下鉄四つ橋線「本町」駅徒歩1分
◆ 階数-地上29階、塔屋1階、地下3階
◆ 高さ-最高部133.054m、軒高131.054m
◆ 敷地面積-2,694,91㎡
◆ 建築面積-1,439.82㎡
◆ 延床面積-41,555.80㎡
◆ 構造-(地上)鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄骨コンクリート造、鉄骨造、(地下)鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄骨コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-中間層免震(地下1階駐車場)、基礎免震(センターコア部)
◆ 用途-オフィス、店舗
◆ 建築主-合同会社 西本町デベロップメント(出資:オリックス グループ )
◆ 設計者・監理者-竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2008年12月15日
◆ 竣工-2011年03月
◆ オープン-2011年05月06日(業務開始)


Osakaorix210912
関西国際空港

 「関西国際空港」は、1994年9月4日に開港しました。運営権売却が行われ、2015年12月1日に「オリックス」とフランスの空港運営会社である「ヴァンシ・エアポート」が折半で出資して「関西エアポート株式会社」を設立しました。
 
 その後、第三者割当増資を行い、「アシックス、岩谷産業、大阪瓦斯、大林組、オムロン、関西電力、近鉄グループホールディングス、京阪ホールディングス、サントリーホールディングス、JTB、積水ハウス、ダイキン工業、大和ハウス工業、竹中工務店、南海電気鉄道、西日本電信電話、パナソニック、阪急阪神ホールディングス、レンゴー、池田泉州銀行、紀陽銀行、京都銀行、滋賀銀行、南都銀行、日本生命保険相互会社、みずほ銀行、三井住友信託銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、民間資金等活用事業推進機構」が出資しました。

 資本金は250億円で、現在の出資比率は、「オリックス」が40%、「ヴァンシ・エアポート」が40%、その他の出資者が20%となっています。


Osakaorix210913
京セラドーム大阪

 「京セラドーム大阪」は、1997年3月1日に開場した多目的ドーム球場兼複合レジャー施設です。プロ野球の「オリックス・バファローズ」が本拠地として使用しています。

 第三セクターとして設立されましたが、会社更生法の適用を経て、現在は「オリックス不動産」の持分法適用会社となっています。「オリックス不動産」の出資比率は90%です。



|

2021年10月10日 (日)

MGMリゾーツ・インターナショナル×オリックス カジノを含む統合型リゾート(IR) 動画を見るとワクワク感がMAXに!

Osakamgm210911
-大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業-

 大阪府と大阪市は2021年9月28日に、大阪市湾岸部の人工島「夢洲(ゆめしま)」に誘致を目指す「カジノを含む統合型リゾート(IR)」について、アメリカのMGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの連合体を正式に事業者に選んだと発表しました。初期投資額はなんと1兆800億円(税抜き)です。

 引用資料 大阪府・報道発表資料(2021/09/28)
 大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業 設置運営事業予定者の選定について


Osakamgm210913
「イメージパース:結びの庭」です(引用:大阪府)。


Osakamgm211011
静止画でも期待が高まりますが、動画を見るとワクワク感がMAXに達します。2021年9月28日の各テレビ局のニュースで動画が公開されましたが、一番見応えがあったのが「テレビ大阪」でした。

 引用資料 テレビ大阪ニュース(YouTube:2021/09/28)
 MGM×オリックスに決定 大阪IR(統合型リゾート)の事業者


Osakamgm211012
大規模なサーチライトの光のショー

 夜間は、大規模なサーチライトの光のショーが行われるようです(引用:テレビ大阪)。


Osakamgm211013
巨大な噴水ショー

 巨大な噴水ショーと言えばラスベガスの「ベラージオ」が有名ですが、大阪の「カジノを含む統合型リゾート(IR)」では、本家の「ベラージオ」に匹敵する巨大な噴水ショーが行われるようです(引用:テレビ大阪)。

 下記の映像は、ドローンから撮影したと思われる「ベラージオ」の迫力満点の巨大な噴水ショーの動画です。これに近い巨大な噴水ショーが大阪でも見られるようになるかも知れません。

 ベラージオの噴水ショー(YouTube)
 Tiesto - Bellagio Fountains, Las Vegas

● ベラージオ
 ラスベガスの「ベラージオ」は、「MGMリゾーツ・インターナショナル」が所有していましたが、投資会社ブラックストーン・グループに42億5000万ドル(当時の為替レートで約4600億円)で売却されています。「MGM」はリース契約の下で「ベラージオ」の運営を継続しています。


Osakamgm211018
テレビ大阪のアナウンサーも言っていますが、まるで「ラスベガス」ですね!(引用:テレビ大阪)


Osakamgm211015
巨大な「デジタルサイネージ」です(引用:テレビ大阪)。


Osakamgm211016
ホテル「MGM大阪」の側面は、時間帯により「滝」が流れるようです(引用:テレビ大阪)。


Osakamgm211017
「WELCOME」の部分も「滝」が流れています(引用:テレビ大阪)。



|

2021年10月 9日 (土)

鹿男あをによし? 近畿日本鉄道が、大阪(大阪難波)~奈良~京都を結ぶ観光特急「あをによし」 2022年4月29日デビュー!

Kintetsu211011
-あをによし-

 「近畿日本鉄道」では、列車に乗ること自体を目的とするご旅行や国内から京都経由での奈良観光、コロナ禍後のインバウンドなどのニーズを見据え、2022年4月29日に大阪難波駅~近鉄奈良駅~京都駅間において、観光特急「あをによし(4両1編成)」をデビューさせることとしました。

 車両名称の「あをによし」は、世界遺産や国宝が数多く存在する古都・奈良にかかる枕詞で、都の美しさをイメージしています。この「あをによし」は、日本の歴史や文化、食を誇る大阪、奈良、京都の三都を乗り換えなしの直通で結びます。午前中に大阪難波から近鉄奈良経由で京都まで、京都~近鉄奈良間の2往復を経て、京都から近鉄奈良経由で大阪難波までの運行を予定しています。

 引用資料 近畿日本鉄道(PDF:2021/10/08)
 2022年4月29日に大阪~奈良~京都を結ぶ観光特急「あをによし」がデビュー! 

 車内は、2列の座席配置とし、乗った瞬間から歴史、文化を感じられる古都奈良の正倉院の宝物をモチーフとした天平文様などのデザインを多用して、リラックスできる環境を整えます。また、旅の楽しみが増す販売カウンターを設置するなど上質な旅のワンシーンを飾る観光特急を目指しています。

 内外装は既存の特急車両をベースに大幅にリニューアルしたもので、座席は2名用のツインシートと3~4名用のサロンシートの2種類で、座席数は84席とリニューアル前の約3分の1とし、ゆったりとした移動空間を提供します。外装については、天平時代の高貴な色とされる紫色のメタリック塗装を施し、天平文様をあしらっています。

● 鹿男あをによし
 
「青丹よし」は、「奈良」に掛かる枕詞として、「奈良の都」を彷彿とさせる言葉としてよく使われています。このニュースリリースを見て、2008年1月17日~3月20日までフジテレビ系で放送されたテレビドラマ「鹿男あをによし(出演:玉木宏、綾瀬はるか、多部未華子、ほか)」を思い出した方も多いのでないでしょうか?(笑)。

 私は当時、このドラマにめちゃめちゃハマっていました。あんなに幼かった「多部ちゃん(多部未華子)」は今はすっかり美しい大人の女性になっています。


Kintetsu211012
「車両概要・座席レイアウト」です。


Kintetsu211013
「【1・3・4号車】ツインシート(イメージ) 」です。


Kintetsu211014
「【2号車】サロンシート(イメージ)」です。


Kintetsu211015
「販売カウンター(イメージ)」です。



|

«インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ ラグジュアリークラスの最高峰「(仮称)シックスセンシズ京都」の内部イメージが公開!