2019年1月17日 (木)

JR名古屋駅 太閤通口(西口新幹線側)の再整備計画案 交通ターミナル機能を備えた超高層ツインタワーを建設?

Nagoyajr190111
-JR名古屋駅太閤通口(西口新幹線側)-

 名古屋市が策定している名古屋駅前の再整備計画案が明らかになりました。JR名古屋駅太閤通口(西口新幹線側)に民間資金を活用し、官民で名駅西口に交通ターミナル機能を備えた超高層ビルを2棟建設する案が持ち上がっています。

 日本経済新聞(2018/12/14)
 名駅西口にターミナル型高層ビル案 名古屋市、高速道路と接続も      

 地下には「高速バス」の乗降場などを設け、名古屋高速と接続することも検討します。2027年の「リニア中央新幹線」の開業に向け、東口(桜通口)に比べ遅れていた西口でも再開発に弾みが付きます。

 これだけではまだ何のことかよく分かりませんが、下層階が商業施設、上層階がオフィスやホテルの超高層ツインタワーが西口に建設される可能性があります。

 将来的にはJR名古屋駅を挟んで、東西にJR東海の超高層ビルが5棟聳える事になるかも知れません。そうなると駅ビルとしては驚異的な総延床面積100万㎡超えも夢ではありません。

 ちなみに「JRセントラルタワーズ」の延床面積が約416,000㎡、「JRゲートタワー」の延床面積が約265,000㎡です。これだけで約681,000㎡あります。


Nagoyajr190112
構想が実現したらこのあたりに超高層ツインタワーが建設されます。


Nagoyajr190113
駅前広場は東西に奥行きがあるので、超高層ツインタワーは余裕で建設可能です。


Nagoyajr190114
将来的にはJR名古屋駅を挟んで、東西にJR東海の超高層ビルが5棟聳える事になるかも知れません(JPタワー名古屋を含めると6棟)。


Nagoyajr190115
「リニア中央新幹線」の名古屋駅の工事も本格的に行われています。



|

JR西日本グループ 京都市の梅小路公園 新ブランドホテル「Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)」 2019年1月4日の状況

Kyotojr180511
-梅小路社宅跡地-

 JR西日本は、京都市の梅小路公園内に国内最大級の「京都鉄道博物館」を建設しましたが、「鉄道博物館」の建設場所は、京都市の土地だったため代替地として「梅小路公園」の北側にあったJR西日本の「JR梅小路社宅」の一部を廃止して京都市に提供しました。

 京都市は、「JR梅小路社宅」跡地を活用して、公園の中心にあたる広場を拡張整備しました。2014年3月8日に、2つの新広場「すざくゆめ広場」と「市電ひろば」を開園しました。

 しかし、「JR梅小路社宅」跡地の一部が更地として残っていました。JR西日本グループは、観光など国内外からの観光や個人レジャーを主体とするホテルを開発すること発表しています。

● Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)
 
「JR西日本ホロニック」は、観光など国内外からの観光や個人レジャーを主体とした新たなホテル業態「コミュニティ型カジュアルホテル」の開発を、新ホテル業態のブランド名およびロゴマークを決定しています。

 新ブランド「Potel」は、充実した「過ごし」と地域・文化交流を提供する、JR西日本グループの直営ホテルとして、滞在自体が思い出になる「心地よい空間」と「地域を感じる工夫」に溢れたホテルを目指します。第1号店の「Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)」の開業は2020年春頃を予定しています。

 引用資料 JR西日本(PDF:2018/05/23)
 JR西日本グループの新ブランドホテル「Potel(ポテル)」誕生

Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)の概要
◆ 計画名-梅小路ポテル京都新築工事
◆ 所在地-京都府京都市下京区観喜寺町15他
◆ 階数-地上5階、地下0階
◆ 高さ-最高部21.95m、軒高18.95m
◆ 敷地面積-4,958.75㎡
◆ 建築面積-2,067.70㎡
◆ 延床面積-8,310.34㎡(容積対象外面積176.74㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル、店舗、公衆浴場
◆ 客室数-144室
◆ 事業スキーム-(土地所有者)JR西日本、(建物所有者)JR西日本不動産開発、(運営会社)JR西日本ホロニック
◆ 建築主-JR西日本不動産開発
◆ 設計者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2019年01月初旬予定
◆ 竣工-2020年04月下旬予定
◆ オープン-2020年春頃予定


Kyotojr180512
「計画地」です。


Kyotojr190111
「梅小路ポテル京都新築工事」の建設予定地を北西側から見た様子です。東隣は「京都水族館」です。


Kyotojr190112
南東側から見た様子です。


Kyotojr190113
「梅小路ポテル京都新築工事」の建築計画の概要です。


Kyotojr190114
「梅小路ポテル京都新築工事」の旅館業施設の計画の概要です。



|

2019年1月16日 (水)

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田タワー 2019/01/15 26階・27階・28階(29FL)部分の鉄骨建方!

Osakayodobashi180820
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-
 
「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場跡地に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。2017年9月13日に、「地鎮祭」が行われ本格着工しました。2019年12月末日の竣工予定です。

● 阪急阪神ホテルズが出店
 「阪急阪神ホテルズ」は、「ヨドバシホールディングス」が開発する「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」に、ホテルを出店することが決まりました。

 ホテルは9階~35階に、大阪梅田エリアで最大級の約1,000室で出店予定です。ホテルブランド名は未定で、2020年初春の開業を予定しています。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2018/08/07)
 大阪梅田エリアで最大級の約1,000室 (仮称)ヨドバシ梅田タワーにおけるホテル出店のお知らせ 2020年初春開業予定

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町4番8
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部149.340m
◆ 敷地面積-17,256.22㎡(施設全体)
◆ 建築面積-14,275.68㎡(施設全体)、6.371.70㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 延床面積-220,352.60㎡(施設全体)、111,527.16㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 容積率対象面積-170,225.45㎡(施設全体)、92,287.68㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-百貨店、飲食店、ホテル、駐車場
◆ 客室数-約1,000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年09月13日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年12月末日予定
◆ 開業-2020年初春予定(ホテル)

(注意) 上記の概要は「建築計画のお知らせ」の数値です。「国土交通省」の資料では、延床面積219,857.71㎡(施設全体)、110,820.64㎡(ヨドバシ梅田タワー)となっています。


Osakayodobashi171012
「概要図」です。

 引用資料 国土交通省(PDF:2017/09/29)
 株式会社ヨドバシホールディングス、株式会社ヨドバシカメラの民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)を認定 


Osakayodobashi19011511
「阪急グランドビル(阪急32番街)」の展望ロビーから見た様子です。


Osakayodobashi19011512
タワークレーン3基で建設しています。


Osakayodobashi19011513
「鉄骨建方」がどんどん進んでいます。


Osakayodobashi19011514
26階・27階・28階(29FL)部分の鉄骨建方が行われています。


Osakayodobashi19011515
「ノースゲートビルディング」から見た「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の建設現場です。


Osakayodobashi19011516
「鉄骨建方」がどんどん進んでいます。


Osakayodobashi19011517
26階・27階・28階(29FL)部分の鉄骨建方が行われています。


Osakayodobashi19011518
「カーテンウォール」の取り付けが行われています。


Osakayodobashi19011519
「グランフロント大阪 北館」から見た「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の建設現場です。


Osakayodobashi19011520
ホテル部分です。


Osakayodobashi19011521
ホテル部分の「カーテンウォール」の取り付けが行われています。


Osakayodobashi19011522
アップです。


Osakayodobashi19011523
北東側から見た様子です。



|

京都市の「元白川小学校(元粟田小学校)跡地活用」 現代和風の素晴らしい施設を建設 客室数約200室の「東急ホテルズ」が進出!

Kyotosumitomo190111
-元白川小学校(元粟田小学校)跡地活用-

 京都市では、市民の貴重な財産である学校跡地の有効活用に向け、民間等の事業者から長期にわたり学校跡地を全面的に活用する事業の提案を広く募集しています。

 「元白川小学校(元粟田小学校)跡地」については、「賑わいと文化交流が生まれる施設」の整備に向けて、2017年3月に「元白川小学校(元粟田小学校)跡地活用に係る契約候補事業者選定委員会」を設置し、プロポーザルによる契約候補事業者の選定に向けた審議を行ってきました。

 京都市が実施した「元白川小学校(元粟田小学校)跡地活用」の公募型プロポーザルにおいて、「住友商事」を契約候補事業者として選定し、基本協定書の締結式を行っています。

 引用資料 京都市情報館(2018/03/16)
 元白川小学校(元粟田小学校)跡地活用に係る基本協定書の締結式について

 「住友商事」は計画地において、文化事業と賑わい事業を融合し、伝統文化や伝統産業を取り込み体現した、文化複合施設を開発する予定です。

● ホテルは東急ホテルズ!
 「宿泊施設棟」には、「東急ホテルズ」の進出が決まったようです。「東急ホテルズ」は、白川小学校跡地にホテルやミュージアムなどを備えた複合施設を整備します。

 日本経済新聞(2019/01/15 ) 
 京都の小学校跡地に複合施設 東急ホテルズ、22年開業

 ホテルは1泊1室あたり2万~3万円程度とし、客室数は約200室を想定しています。地域住民の協力を得て着付けや茶道などの体験プランも設け、好調な観光需要に対応します。2022年の開業を見込んでいます。

元白川小学校(元粟田小学校)跡地活用の概要
◆ 所在地-京都府京都市東山区三条通白川橋東入三丁目夷町175番2外
◆ 階数-地上5階、地下1階
◆ 高さ-(不明)
◆ 敷地面積-6,531.55㎡  
◆ 建築面積-3,108.97㎡
◆ 延床面積-12,770.71㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造
◆ 用途-地域交流施設、ホテル、飲食、物販
◆ 客室数-約200室(東急ホテルズ)
◆ 契約候補事業者-住友商事
◆ 開業-2022年予定


Kyotosumitomo190112
「ゾーニングイメージ」です。「平安神宮」と「八坂神社」の中間に位置する抜群のロケーションです。


Kyotosumitomo190113
「三条通」沿いの北東側から見た様子です(撮影日2019年1月4日)。


Kyotosumitomo190114
北西側から見た様子です。2019年2月に既存建物の解体工事に着手する予定です。


Kyotosumitomo190115
敷地の一部が西側の「神宮道(じんぐうみち)」に面しています。これは集客において非常に有利です。


Kyotosumitomo190116
南西側から見た様子です。景観に調和した現代和風の素晴らしい施設が建設されるので、それに合わせて南側の道路は「電線類地中化」を行って欲しいです。


Kyotosumitomo190117
神宮道(じんぐうみち)
 
「神宮通」です。正面に「平安神宮」の鳥居が見えます。「神宮道」は、北から「平安神宮、青蓮院 、知恩院、円山公園」などに接しており、風光明媚な東山の観光地を結ぶため観光客が多いです。



|

2019年1月15日 (火)

名古屋市 「栄広場」と大丸松坂屋百貨店が所有する隣接地を一体開発再開発 低層階に高級商業専門店を誘致!

Nagoyasakae190111
-栄広場再開発-

 「名古屋市」は、中区の繁華街「栄地区」にある市有地「栄広場」を売却することを明らかにしました。地下階を含む低層階には高級商業専門店を誘致します。「J.フロント リテイリング」傘下の大丸松坂屋百貨店が所有する隣接地と一体開発し、2019年度に開発事業者を公募します。

 日本経済新聞(2018/12/04)
 名古屋市、栄広場再開発で 低層階に高級商業専門店を誘致 

 「栄広場」は、約1,800㎡の広さがあります。「大丸松坂屋」が所有する約3,000㎡の土地と一体開発する予定です。名古屋市は、再開発の主な条件として地下鉄や地下街と接続するほか、街のシンボルとなるデザインなどを提示します。

 宿泊施設や映画館など幅広く提案を募ります。大丸松坂屋は、J.フロントグループの既存施設との相乗効果や、高級商業専門店の誘致などを条件に挙げています。

 開発事業者の提案内容は有識者が評価し、事業者を決定します。名古屋市は事業者の決定後、栄広場がある土地の売買契約を事業者と締結し、新施設の2024年度開業を目指します。 


Nagoyasakae190112
「栄広場」は、約1,800㎡の広さがあります。


Nagoyasakae190113
「栄広場」の東側は駐車場となっています。


Nagoyasakae190114
街区を北東側から見た様子です。「大丸松坂屋」が所有する約3,000㎡は、東側のビル群を指すと思われます。すべてのビルなのか? 一部のビルなのかは不明です。ただ、北東側の黒っぽいビルは「日生・村瀬ビル」と書いてあるので、「大丸松坂屋」の所有ではないと思われます。


Nagoyasakae190115
道路(錦通)を挟んだの北側には、「ルイ・ヴィトン 名古屋栄店」があります。


Nagoyasakae190116
西野カナの活動無期限休止
 「安室ちゃん」の引退に続いて、「カナやん(西野カナ)」も活動を無期限休止することを発表しました。もうショック過ぎて言葉もありません・・・(涙)

 再開発計画がある「栄広場」のすぐ西側に観覧車のサンシャイン栄の「スカイポート」があります。建物の北側に観覧車があり、街のランドマークとなっています。

 「西野カナ」の5枚目のシングル「遠くても feat.WISE」という曲の中に、  ♪観覧車から見た街並み テレビ塔前の大通り なんで君なしでは冷たく映るの?♪ という歌詞があります。

 観覧車はサンシャイン栄の「スカイポート」、テレビ塔は「名古屋テレビ塔」、大通りは「久屋大通」がモデルとなっています。「西野カナ」は名古屋市内の女子大を卒業しています。

 サンシャイン栄の「スカイポート」を眺めていると「カナやん(西野カナ)」の活動無期限休止が頭をよぎり、涙が出そうになりました・・・



|

「梅小路公園」の隣接地 「日本通運 梅小路倉庫」の跡地 (仮称)ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路 2019年1月4日の状況

Kyotoumekoji181011
-(仮称)ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路-

 「梅小路公園」周辺は、急速に観光の拠点化が進んでいます。「京都水族館」の開業前までは、ほとんど何も無かったので、凄まじい変化です。

 「三菱地所」と三菱地所グループのホテル事業会社である「ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ」は、京都市下京区観喜寺町において「(仮称)ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路」の新規出店を決定しています。

 引用資料 三菱地所(PDF:2018/10/04)
 ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ、「(仮称)ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路」の新規出店決定   

 建設予定地は、解体工事が行われた「日本通運 梅小路倉庫」の跡地です。「日本通運」が所有する土地に「三菱地所」がホテルを開発し、「ロイヤルパークホテルズ」が経営・運営を行います。開業は2020年秋を予定しています。

 JR嵯峨野線「京都~丹波口」駅間に2019年3月16日に開業を予定している新駅「梅小路京都西」駅から徒歩約1分であり、改札を出て正面に位置する利便性に優れた立地です。

(仮称)ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路の概要
◆ 計画名-(仮称)京都梅小路ホテル計画
◆ 所在地-京都府京都市下区観喜寺13番他(地番)
◆ 交通-JR嵯峨野線「梅小路京都西」駅徒歩1分
◆ 階数-地上6階、地下0階
◆ 高さ-約20m
◆ 敷地面積-3,544.24㎡
◆ 建築面積-約2,250㎡
◆ 延床面積-約11,040㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル、飲食施設等
◆ 客室数-246室
◆ 建築主-三菱地所(土地所有者=日本通運、建物所有者=三菱地所、ホテル経営・運営=ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ(三菱地所100%出資))
◆ 設計者-三菱地所設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2019年04月初旬予定
◆ 開業-2020年秋頃予定


Kyotoumekoji181012
「広域図」です。


Kyototanba190181
「(仮称)京都梅小路ホテル計画」の建設予定地を南西側から見た様子です。


Kyototanba190182
「日本通運 梅小路倉庫」の解体工事は完了しています。


Kyototanba190183
南東側から見た様子です。


Kyototanba190184
影が写り込んで見づらいですが、「開発構想に関する説明会の概要」です。


Kyototanba190185
「旅館業施設計画の概要」です。


Kyotoumekoji180912
梅小路公園「賑わい施設」
 
「梅小路公園」は、「京都駅西部エリア活性化将来構想」において、その魅力をますます高め、更なる人の流れを生み出すこととされています。

 この間、京都水族館や京都鉄道博物館等の開業を契機に、梅小路公園への来園者数は飛躍的に増えており、今後予定されている「JR梅小路京都西駅」やホテル・商業施設の開業により、来園者数は更なる増加が見込まれます。

 一方で、公園利用者からは、休憩や飲食ができる場所を求める意見が多く寄せられており、このようなニーズはより一層高まっていくと考えられます。

 こうした状況の下、公園利用者の利便性を向上させ、公園及び周辺地域の更なる活性化を図るため、新駅予定地に近接する七条入口広場に、民間事業者からの提案による新たな賑わい施設を設置することとし、施設の整備及び運営を行う事業者を募集します。

 引用資料 京都市情報館(2018/09/07)
 梅小路公園「賑わい施設」の設置に係る公募の実施について

賑わい施設の概要
◆ 所在地-京都府京都市下京区観喜寺町(京都市梅小路公園 七条入口広場東側の敷地) 
◆ 敷地面積-約1,200㎡ 
◆ 募集する施設-(便益施設)飲食店、売店、トイレ、(休養施設)無料の休憩所



|

2019年1月14日 (月)

星野リゾート 2019年3月着工予定の「(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト」 敷地をじっくり見てみました!

Osakashinimamiya11
-浪速区恵美須西3丁目16番街区用地-

 JR環状線新今宮駅前に13,907.34㎡の広大な更地が広がっています。昭和50年代に大阪市が取得以降、長年開発される事も無く更地ままでした。

 大阪市は、売却にあたって、宿泊施設(ホテル)を主な用途とする業務商業系施設の設置等を条件としたプロポーザル方式により開発事業予定者を募集しました。計画通り2017年3月8日に事業予定者を選定しました。

 事業予定者は「ミナミホテルマネジメント(ホテル運営事業者 星野リゾート)」に決定しました。応募申込件数は1件で、土地取得の提案価格は予定価格の18億830万円を少しだけ上回る18億1111万1111円でした。

● (仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト
 提案では、地上20階、高さ約90m、延床面積約48,610㎡を想定していましたが、「建築計画のお知らせ」では、地上14階、高さ約70m、延床面積37,922.06㎡と大幅に規模が縮小されました。2019年3月1日着工予定です。

(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクトの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市浪速区恵美須西三丁目38番22(地名地番)、大阪府大阪市浪速区恵美須西三丁目16番以下未定(住居表示)
◆ 交通-JR「新今宮駅」駅・南海「新今宮」駅すぐ
◆ 階数-地上14階、塔屋2階 
◆ 高さ-70.0m
◆ 敷地面積-13,907.34㎡
◆ 建築面積-7,648.33㎡
◆ 延床面積-37,922.06㎡(容積対象面積34,247.41㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造 
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-(不明)
◆ 建築主-株式会社ミナミホテルマネジメント(ホテル運営 星野リゾート)
◆ 設計者-日本設計
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2019年03月01日予定
◆ 竣工-2021年10月31日予定


Osakashinimamiya17036
2017年3月8日公開のイメージ
 
提案では、地上20階、高さ約90m、延床面積約48,610㎡を想定していました

 引用資料 大阪市・公式ホームページ(2017/03/08)
 報道発表資料 浪速区恵美須西3丁目16番街区用地の開発事業者募集プロポーザルにかかる事業予定者を決定しました
 
浪速区恵美須西3丁目16番街区用地の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市浪速区恵美須西三丁目38番2
◆ 交通-JR「新今宮駅」駅・南海「新今宮」駅すぐ
◆ 階数-地上20階
◆ 高さ-約90m
◆ 敷地面積-13,909.90㎡
◆ 延床面積-約48,610㎡
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-608室(4階~19階)
◆ 事業予定者-ミナミホテルマネジメント
◆ ホテル運営事業者-星野リゾート
◆ 着工-2019年06月頃予定(工事期間約24ヶ月)
◆ 竣工-2021年06月頃予定
◆ グランドオープン-2022年03月頃予定
◆ 土地取得の提案価格-18億1111万1111円


Osakashinimamiya12
「(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト」の予定地を南西側から見た様子です。広大な更地がJR環状線新今宮駅の北側に広がっています。


Osakashinimamiya13
南側から見た様子です。


Osakashinimamiya14
南東側から見た様子です。


Osakashinimamiya15
敷地北西側の道路です。正面に「通天閣」が見えます。この道路に沿って地上14階のホテルが建設されます。


Osakashinimamiya16
南西側から見た様子です。


Osakashinimamiya17
「JR新今宮駅駅」との間には道路があります。


Osakashinimamiya18
南東側から見た様子です。


Osakashinimamiya19
「(仮称)大阪・新今宮駅前ホテル建設プロジェクト」の建築計画のお知らせです。


Osakashinimamiya20
建築計画のお知らせの「立面図」です。


Osakashinimamiya21
建築計画のお知らせの「配置図」です。


Osakashinimamiya22
用地は「新今宮」駅前に位置し、「新世界・通天閣」、「天王寺・阿倍野」等多くの市民・観光客が訪れる集客エリアと隣接しており、国内外の観光客に人気の高い道頓堀や日本橋等の「ミナミ」エリアへのアクセスもよく、また関西国際空港と直結しているなど、宿泊施設の立地には非常に好適な交通至便な場所に位置しています。



|

2020年から交付される自動車の「飛鳥ナンバー」 デザインがカッコよすぎ! 乃木坂ファン狙い? 

Naraasuka190111
-飛鳥ナンバーー

 数日前にプッと笑える微笑ましいニュースがありました。2020年から、奈良県の5市町村で交付が予定されている自動車の「飛鳥ナンバー」の「デザインがカッコよすぎと話題」になっています。

 話題になったのは、「飛鳥ナンバー協議会」がデザインの決定を発表した際に紹介したイメージ図です。朱雀がダイナミックに羽ばたく姿に、サンプルとして「飛鳥599 あ 20-46」というナンバーが記されています。

 withnews(2019/01/12)
 飛鳥ナンバーの見本、乃木坂ファン狙い?「2046」に反応、真相は……

 見本として紹介されたナンバー「20-46」に注目が集まりました。「20-46」という番号に「齋藤飛鳥」に関連づけるツイートが急増しました。
 「齋藤飛鳥」は20歳、それに乃木坂の「46」という偶然、「狙っている、偶然じゃない、寄せすぎだろ、絶対に関係ある」などのつぶやきが急増したそうです。

 私もこのナンバーを見た時には「狙っているな!」と思いましたが、どうやら違うようです。それは、まさに「奇跡のナンバー」だったというお話です。


Naraasuka190112
惜しくも落選したデザインです。

 引用資料 → 飛鳥ナンバー協議会


Naraasuka190113
惜しくも落選したデザインです。


Naraasuka190114
国土交通省のフォーマット

 「国土交通省」のフォーマットは決まっているそうです。「599 あ 20-46」は、直線や曲線を網羅しているので、ナンバープレートの例になっているそうです。当たり前ですが、乃木坂ファン狙いではありませんでした(笑)。

 引用資料 国土交通省(PDF)
 地方版図柄入りナンバープレートデザイン


Tokyomouse181213
齋藤飛鳥
 写真は、マウスコンピューターのテレビCM「マウスダイナー ウェイトレス」篇の駅広告を撮影したものです。ノートパソコンを持っている一番手前のメンバーが「齋藤飛鳥(20)」です。

 「齋藤飛鳥」は、1998年8月10日に日本人の父とミャンマー人の母との間に生まれたハーフです。ライブで間近で見た事がありますが、ビックリするくらい顔が小さかったです。顔が大きい「秋元真夏」と並べて笑いを取るのが、ライブやバラエティ番組での鉄板ネタになっています(笑)。

● 2月に京セラドーム大阪で4日間ライブ
 「乃木坂46」は、2019年2月21日(木)~2月24日(日)までの4日間、京セラドーム大阪で「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」を行います。

 「乃木坂46」は今は異常な程人気があるので、物凄い競争率だったようです。約半数は全落ちしていて、当たっている人も1公演以上は当たっていないようです。私も1公演だけ当選しました。



|

2019年1月13日 (日)

名古屋市 (仮称)N3計画 三菱UFJ銀行名古屋ビル(旧東海銀行本店)の解体工事 2019年1月10日の状況

Nagoyaufj190111
三菱UFJ銀行名古屋ビル-
 「東海銀行本店」は、1961年に竣工しました。1962年には「BCS賞」を受賞しています。東海地区唯一の都市銀行であった「東海銀行」の本店ビルとして長らく使用されました。

 2002年の「三和銀行」との合併後は、「UFJ銀行本店」として、2006年に「東京三菱銀行」に吸収合併されされた後は、「三菱東京UFJ銀行名古屋ビル」して使用されました。正に日本の銀行再編の生き字引のような建物です。

(仮称)N3計画
 
「三菱UFJ銀行名古屋ビル」は建て替えられます。街区の西側に建設された「広小路クロスタワー」に「三菱UFJ銀行」をはじめとする「三菱UFJフィナンシャル・グループ」の名古屋本部機能が、2018年6月11日に移転しました。

 「三菱UFJ銀行」は、建て替えに向け、「三菱UFJ銀行名古屋ビル」の解体工事に着手しました。工事名は「(仮称)N3計画 解体工事」で、施工者は「大林組・徳倉建設・名工建設・矢作建設工業 特定建設工事共同企業」です。
 
 解体後に建設する新施設の規模は、地上10階、地下2階、高さ56.45m、延床面積48,489.05㎡です。私は超高層ビルが建設されるのかと思っていましたが、既存建物とほぼ同規模の低層のビルなりました。

 旧三和銀行の拠点であった東京と大阪のビルは建て替え済みです。旧東海銀行の拠点も建て替えられると旧UFJ銀行の東京、名古屋、大阪の拠点がすべて消える事になります。

(仮称)N3計画の概要
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区栄町三丁目21番24号
◆ 階数-地上10階、地下2階
◆ 高さ-56.45m
◆ 敷地面積-5,221.47㎡
◆ 建築面積-4,405.85㎡
◆ 延床面積-48,489.05㎡
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-銀行、オフィス、展示場、物販店舗
◆ 建築主-三菱UFJ銀行
◆ 設計者・監理者-N3計画 三菱地所設計・日建設計・伊藤建築設計事務所 設計監理共同企業体
◆ 施工者-大林組・徳倉建設・名工建設・矢作建設工業 特定建設工事共同企業体
◆ 解体工事-2018年07月15日~2019年08月31日予定
◆ 着工-2019年05月01日予定
◆ 竣工-2021年06月末予定


Nagoyahfj181011
営業中だった頃の「三菱UFJ銀行名古屋ビル」を北西側から見た様子です。

三菱UFJ銀行名古屋ビルの概要
◆ 旧称-東海銀行本店、UFJ銀行本店、三菱東京UFJ銀行名古屋ビル
◆ 所在地-愛知県名古屋市中区栄町三丁目21番24号
◆ 階数-地上9階、地下3階
◆ 敷地面積-5,221.47㎡
◆ 延床面積-約50,000㎡
◆ 構造-鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 建築主-東海銀行
◆ 設計者-日建設計工務
◆ 施工者-大林組
◆ 竣工-1961年03月01日


Nagoyaufj190112
「(仮称)N3計画 解体工事」を北東側から見た様子です。


Nagoyaufj190113
「(仮称)N3計画 解体工事」を南西側から見た様子です。南側は幅が狭いです。「三菱UFJ銀行名古屋ビル」は、北側が広い「L字型」の建物でした。


Nagoyaufj190114
解体工事の工事名は「(仮称)N3計画 解体工事」で、施工者は「大林組・徳倉建設・名工建設・矢作建設工業 特定建設工事共同企業」です。「労災保険関係成立票」によると解体工事の工期は、2018年7月15日~2019年8月31日(予定)となっていました。


Nagoyaufj190115
「(仮称)N3計画」の建築計画の概要です。



|

旅館再生型モデル第一弾 ファーストキャビンST.京都梅小路 RYOKAN JR嵯峨野線「梅小路京都西駅」近くに2019年3月28日開業!

Kyototanba191071
-ファーストキャビンST.京都梅小路 RYOKAN-

 「ファーストキャビン」と「JR西日本ファーストキャビン」は、キャビンスタイルホテル「ファーストキャビンST. 京都梅小路RYOKAN」を2019年3月28日(木)に開業します。

 引用資料 公式ホームページ
 ファーストキャビンST.京都梅小路 RYOKAN

 「ファーストキャビンステーション」は、ファーストキャビンのコンセプト「コンパクト&ラグジュアリー」はそのままに、夜行列車の個室をイメージしたキャビンスタイルホテルの姉妹ブランドです。

 「ファーストキャビンST. 京都梅小路RYOKAN」は、JR嵯峨野線「京都~丹波口」駅間に2019年3月16日に開業を予定している新駅「梅小路京都西」駅から徒歩4分のアクセス至便な立地です。

 徒歩圏内にある「京都鉄道博物館」や「京都水族館」、新幹線などと連動したプランの販売も予定しており観光拠点としてもビジネス拠点としても利用可能です。

ファーストキャビンST.京都梅小路 RYOKANの概要
◆ 所在地-京都府京都市下京区夷馬場町49-2
◆ 交通-JR嵯峨野線「梅小路京都西」駅徒歩4分
◆ 階数-地上2階、地下0階
◆ 高さ-9.10m
◆ 敷地面積-1,146.07㎡
◆ 建築面積-150.88㎡
◆ 延床面積-1,205.92㎡
◆ 構造-木造、鉄骨造
◆ 用途-簡易宿所
◆ キャビン数-計57キャビン(最大収容人数108名)
◆ 建築主-京都青果合同株式会社(事業運営者:JR西日本ファーストキャビン、開発協力者:ファーストキャビン)
◆ 設計者・監理者-プランテック総合計画事務所
◆ 施工者-プランテックファシリティーズ
◆ 着工-2018年08月20日
◆ 竣工-2019年01月31日予定
◆ 開業-2019年03月28日予定


Kyototanba191072
外部からも利用可能なカフェを併設しています。


Kyototanba191073
京町家の小屋組を生かしたフロントエリアです。


Kyototanba191074
「ファーストキャビンST. 京都梅小路RYOKAN」の建設現場を北東側から見た様子です。


Kyototanba191075
東側の館です。


Kyototanba191076
西側の館です。


Kyototanba191077
北西側から見た様子です。


Kyototanba191078
「建築計画の概要」です。



|

«ウェスティン都ホテル京都 大規模リニューアルを実施 京都を代表する高級ラグジュアリーホテルに進化! 2019年1月4日の状況