01 梅田1丁目1番地計画

(大阪市北区)

2017年8月19日 (土)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 & 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分 2017/08/16

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin17081621
撮影日2017年8月16日
 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の全景です。前回とあまり変化が無かったので、今週は記事を1つにまとめました。


Hanshin17081622
撮影日2017年8月16日 タワークレーン3基で建設しています。


Hanshin17081623
撮影日2017年8月16日 「大阪神ビルディング」の全景です。


Hanshin17081624
撮影日2017年8月16日 最高部です。オフィス部分は、12階(13FL)まで到達しています。


Hanshin17081625
撮影日2017年8月16日
 タワークレーンが13階床にフロアクライミングして、「マスト」が極端に短くなりました。タワークレーンの形状から、オフィス部分は「Ⅰ期工事」では、12階(13FL)より上には伸びない事が分かります。


Hanshin17081626
撮影日2017年8月16日 13階床にフロアクライミングしたタワークレーンの「ベース架台」です。


Hanshin17081627
撮影日2017年8月16日
 少し方向を変えた様子です。新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、地上10階は「機械室」、地上11階は「スカイロビー」、地上11階~地上38階は「オフィスゾーン」となります。


Hanshin17081628
撮影日2017年8月16日 最高部です。


Hanshin17081629
撮影日2017年8月16日 下層階の様子です。


Hanshin17081630
撮影日2017年8月16日 「阪急阪神連絡デッキ(梅田新歩道橋)」から分岐する部分の橋脚が姿を現しました。


Hanshin17081631
撮影日2017年8月16日 道路上空部分です。


Hanshin17081632
撮影日2017年8月16日 11階部分(12FL)の鉄骨建方が終わりました。


Hanshin17081633
撮影日2017年8月16日 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分です。


Hanshin17081634
撮影日2017年8月16日
 新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、階高の高い地上10階は「機械室」、地上11階は「カンファレンスゾーン」となります。


Hanshin17081635
撮影日2017年8月16日 最高部です。


Hanshin17081636
撮影日2017年8月16日 塔屋の外壁が一部姿を現しました。



|

大阪駅前地下道改良事業 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備 2017/08/16 東西地下道の天井部分にコンクリート打設!

Osakahanshin150211
-大阪駅前地下道改良事業-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神百貨店梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画である「梅田1丁目1番地計画」を進めています。

 「阪神百貨店梅田本店」の建て替えに伴い、JR大阪駅と阪神百貨店梅田本店の間を東西に走る「大阪駅前地下道」も大規模に改良されます。安全性確保のため歩道幅を約8mから約15mに拡幅します。

 「大阪駅前地下道」は、昭和17年に完成、大阪市が管理しています。地下道ですが、名称は「都市計画道路大阪駅前1号線」となっています。


Osakahanshin150212
「大阪駅前地下道整備範囲図」です。


Osakahanshin150223_2
阪神電気鉄道 梅田駅の改良工事
 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備と同時に、「阪神電気鉄道」は梅田駅の大規模改良工事を行います。

 引用資料 阪神電気鉄道(PDF:2015/02/12)
 梅田駅の改良工事を実施(3月3日着手)します ~お客さまに、より快適で、安心してご利用いただけるよう、 ホームの拡幅、可動式ホーム柵の整備、バリアフリー化を行います~ 

 駅の北側に上下2層の地下構造物を構築します。上層部を地下道、下層部を駅施設とし、駅空間を拡大します。


Hanshin17081611
「大阪駅前地下道改良事業」の全景です。


Hanshin17081612
大規模に工事が行われています。


Hanshin17081613
「大阪駅前地下道改良事業」の東側部分の工事の様子です。東西地下道の天井部分のコンクリート打設が行われています。


Hanshin17081614
東側部分です。


Hanshin17081615
西側部分です。


Hanshin17081616
東側から見た様子です。


Hanshin17081617
梁の鉄筋の密度が凄いです。


Hanshin17081618
「開口部」です。


Hanshin17081619
「大阪駅前地下道改良事業」の中央部分の工事の様子です。全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われて内部が見えなくなりました。


Hanshin17081620
「大阪駅前地下道改良事業」の西側部分の工事の様子です。全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われて内部が見えなくなりました。



|

2017年8月 7日 (月)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 2017/08/03 外壁のガラスは波状に配置?

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin17080351
撮影日2017年8月3日 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の全景です。


Hanshin17080352
撮影日2017年8月3日 「大阪神ビルディング」の全景です。


Hanshin17080353
撮影日2017年8月3日 最高部です。


Hanshin17080354
撮影日2017年8月3日
 少し方向を変えた様子です。新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、地上10階は「機械室」、地上11階は「スカイロビー」、地上11階~地上38階は「オフィスゾーン」となります。


Hanshin17080355
撮影日2017年8月3日 最高部です。


Hanshin17080356
撮影日2017年8月3日 オフィス部分です。「Ⅰ期工事」では、12階(13FL)より上には伸びないと思われます。


Hanshin17080357
撮影日2017年8月3日
 カーテンウォールは、「タワークレーン」で取り付ける場合と「テルハクレーン」で取り付ける場合がありますが、この現場は「テルハクレーン」で取り付けを行っています。テルハクレーンが水平移動する「走行レール」も見えます。


Hanshin17080358
撮影日2017年8月3日 「カーテンウォール」を「玉掛け」します。

● 外壁のガラス
 外壁のガラスを始めて見ました。外壁のガラスは、壁に沿ってではなく、波状に配置するようです。


Hanshin17080359
撮影日2017年8月3日 「カーテンウォール」を台車で外に押し出しながら「テルハクレーン」で吊り上げます。


Hanshin17080360
撮影日2017年8月3日 あと少しで「カーテンウォール」が外に出ます。


Hanshin17080361
撮影日2017年8月3日 「カーテンウォール」を所定の場所まで移動します。


Hanshin17080362
撮影日2017年8月3日 「カーテンウォール」の取り付けが完了する前に、早くも次の「カーテンウォール」を吊り上げていました。


Hanshin17080363
撮影日2017年8月3日 謎の構造物が姿を現しています。


Hanshin17080364
撮影日2017年8月3日 「阪急阪神連絡デッキ(梅田新歩道橋)」から分岐する部分の基礎でしょうか?


Hanshin17080365
撮影日2017年8月3日 「阪急阪神連絡デッキ(梅田新歩道橋)」との接続工事が行われています。


Hanshin17080366
撮影日2017年8月3日 「阪急阪神連絡デッキ(梅田新歩道橋)」から見た様子です。凄い存在感になってきました。



|

2017年8月 6日 (日)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分 & 道路上空部分 2017/08/03 11階部分の鉄骨建方が始まる!

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin17080311
撮影日2017年8月3日 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分です。


Hanshin17080312
撮影日2017年8月3日
 新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、階高の高い地上10階は「機械室」、地上11階は「カンファレンスゾーン」となります。


Hanshin17080314
撮影日2017年8月3日 最高部です。


Hanshin17080315
撮影日2017年8月3日 1階部分です。


Hanshin17080316
撮影日2017年8月3日 道路上空部分です。


Hanshin17080317
撮影日2017年8月3日 11階部分(12FL)の鉄骨建方が始まりました。


Hanshin17080318
撮影日2017年8月3日 アップです。


Hanshin17080319
撮影日2017年8月3日
 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」に合わせて、「大阪駅前第3ビル」と「大阪駅前第4ビル」横の歩道の拡幅工事が行われています。


Hanshin17080320
撮影日2017年8月3日 発注者は「阪神電気鉄道、阪急電鉄」で、工期は2018年5月31日までの予定です。


Hanshin17080321
撮影日2017年8月3日 南側部分です。路面ブロックが敷かれているように見えます。


Hanshin17080322
撮影日2017年8月3日 北側部分です。



|

2017年8月 2日 (水)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 & 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分 2017/07/28

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin17072851
撮影日2017年7月28日
 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の全景です。先週とあまり変化が無かったので、今週は記事を1つにまとめました。道路上空部分を除き基本形がほぼ完成したので、「Ⅱ期工事」が始まるまでは、あまり変化ない状態が続くと思います。


Hanshin17072852
撮影日2017年7月28日 「大阪神ビルディング」の全景です。


Hanshin17072853
撮影日2017年7月28日 地上11階・12階(13FL)の骨建方が行われています。


Hanshin17072854
撮影日2017年7月28日
 少し方向を変えた様子です。新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、地上10階は「機械室」、地上11階は「スカイロビー」、地上11階~地上38階は「オフィスゾーン」となります。


Hanshin17072855
撮影日2017年7月28日 オフィス部分です。「Ⅰ期工事」では、12階(13FL)より上には伸びないと思われます。


Hanshin17072856
撮影日2017年7月28日 道路上空部分です。


Hanshin17072857
撮影日2017年7月28日 この部分も先週と変わりません。10階部分(11FL)の鉄骨建方が完了しています。


Hanshin17072858
撮影日2017年7月28日
 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分です。新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、階高の高い地上10階は「機械室」、地上11階は「カンファレンスゾーン」となります。


Hanshin17072859
撮影日2017年7月28日 最高部です。


Hanshin17072860
撮影日2017年7月28日 1階部分です。


Hanshin17072861
撮影日2017年7月28日 1階外壁の工事が始まっています。


Hanshin17072862
撮影日2017年7月28日
 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」に合わせて、「大阪駅前第3ビル」と「大阪駅前第4ビル」横の歩道の拡幅工事が行われています。


Hanshin17072863
撮影日2017年7月28日 発注者は「阪神電気鉄道、阪急電鉄」で、工期は2018年5月31日までの予定です。


Hanshin17072864
撮影日2017年7月28日 コンクリートの打設や路面ブロックが敷かれているように見えます。



|

2017年8月 1日 (火)

大阪駅前地下道改良事業 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備 2017/07/28 東西地下道の天井部分の鉄筋の密度が凄い!

Osakahanshin150211
-大阪駅前地下道改良事業-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神百貨店梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画である「梅田1丁目1番地計画」を進めています。

 「阪神百貨店梅田本店」の建て替えに伴い、JR大阪駅と阪神百貨店梅田本店の間を東西に走る「大阪駅前地下道」も大規模に改良されます。安全性確保のため歩道幅を約8mから約15mに拡幅します。

 「大阪駅前地下道」は、昭和17年に完成、大阪市が管理しています。地下道ですが、名称は「都市計画道路大阪駅前1号線」となっています。


Osakahanshin150212
「大阪駅前地下道整備範囲図」です。


Osakahanshin150223_2
阪神電気鉄道 梅田駅の改良工事
 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備と同時に、「阪神電気鉄道」は梅田駅の大規模改良工事を行います。

 引用資料 阪神電気鉄道(PDF:2015/02/12)
 梅田駅の改良工事を実施(3月3日着手)します ~お客さまに、より快適で、安心してご利用いただけるよう、 ホームの拡幅、可動式ホーム柵の整備、バリアフリー化を行います~ 

 駅の北側に上下2層の地下構造物を構築します。上層部を地下道、下層部を駅施設とし、駅空間を拡大します。


Hanshin17072811
「大阪駅前地下道改良事業」の全景です。


Hanshin17072812
大規模に工事が行われています。


Hanshin17072813
「大阪駅前地下道改良事業」の東側部分の工事の様子です。東西地下道の天井部分の鉄筋の配筋が本格的に行われています。


Hanshin17072814
東側部分です。


Hanshin17072815
西側部分です。


Hanshin17072816
東側から見た様子です。


Hanshin17072817
梁の部分です。


Hanshin17072818
梁の鉄筋の密度が凄いです。


Hanshin17072819
「大阪駅前地下道改良事業」の中央部分の工事の様子です。


Hanshin17072820
全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われて内部が見えなくなりました。


Hanshin17072821
「大阪駅前地下道改良事業」の西側部分の工事の様子です。


Hanshin17072822
東側部分です。「メトロデッキ」が敷かれています。


Hanshin17072823
東側部分を別角度から見た様子です。


Hanshin17072824
中央部分は、「メトロデッキ」で覆われて内部が見えなくなりました。



|

2017年7月27日 (木)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 2017/07/21

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin17072121
撮影日2017年7月21日 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の全景です。


Hanshin17072122
撮影日2017年7月21日 「大阪神ビルディング」の全景です。


Hanshin17072123
撮影日2017年7月21日 縦アングルです。2基のタワークレーンで鉄骨建方が行われています。


Hanshin17072124
撮影日2017年7月21日日 地上11階・12階(13FL)の骨建方が行われています。


Hanshin17072125
撮影日2017年7月21日
 少し方向を変えた様子です。新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、地上10階は「機械室」、地上11階は「スカイロビー」、地上11階~地上38階は「オフィスゾーン」となります。


Hanshin17072126
撮影日2017年7月21日 地上11階・12階(13FL)の骨建方が行われています。


Hanshin17072127
影日2017年7月21日 この部分がオフィスの東端だと思われます。外気に触れやすい部分は、グレーの塗装が施されています。


Hanshin17072128
撮影日2017年7月21日 「カーテンウォール」の取り付けが行われています。


Hanshin17072129
撮影日2017年7月21日 タワークレーンで部材を吊り上げるための「揚重(ようじゅう)ヤード」です。


Hanshin17072130
撮影日2017年7月21日 制振装置の「粘性体制震壁」が1ユニット、「アンボンドブレース」が2本見えます。


Hanshin17072131
撮影日2017年7月21日 「阪急阪神連絡デッキ(梅田新歩道橋)」との接続工事が行われています。


Hanshin17072132
撮影日2017年7月21日 西側から見た様子です。



|

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分 & 「大阪駅前第3ビル、大阪駅前第4ビル」横の歩道拡幅工事 2017/07/21

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin17072111
撮影日2017年7月21日 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分です。


Hanshin17072112
撮影日2017年7月21日 縦アングルです。


Hanshin17072113
撮影日2017年7月21日
 新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、階高の高い地上10階は「機械室」、地上11階は「カンファレンスゾーン」となります。


Hanshin17072114
撮影日2017年7月21日 最高部です。


Hanshin17072115
撮影日2017年7月21日 道路上空部分です。


Hanshin17072116
撮影日2017年7月21日 10階部分(11FL)の鉄骨建方が完了しています。


Hanshin17072117
撮影日2017年7月21日 11階床に「デッキプレート」が敷かれています。


Hanshin17072118
撮影日2017年7月21日
 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」に合わせて、「大阪駅前第3ビル」と「大阪駅前第4ビル」横の歩道の拡幅工事が行われています。


Hanshin17072119
撮影日2017年7月21日 発注者は「阪神電気鉄道、阪急電鉄」で、工期は2018年5月31日までの予定です。


Hanshin17072120
撮影日2017年7月21日 「大阪駅前第3ビル」と「大阪駅前第4ビル」横の公開空地はかなり広いですが、更に広くなります。



|

2017年7月17日 (月)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 2017/07/12

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin17071221
撮影日2017年7月12日 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の全景です。


Hanshin17071222
撮影日2017年7月12日 「大阪神ビルディング」の全景です。


Hanshin17071223
撮影日2017年7月12日 縦アングルです。2基のタワークレーンで鉄骨建方が行われています。


Hanshin17071224
撮影日2017年7月12日 地上11階・12階(13FL)の骨建方が行われています。


Hanshin17071225
撮影日2017年7月12日
 少し方向を変えた様子です。新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、地上10階は「機械室」、地上11階は「スカイロビー」、地上11階~地上38階は「オフィスゾーン」となります。


Hanshin17071226
撮影日2017年7月12日 地上11階・12階(13FL)の骨建方が行われています。


Hanshin17071227
撮影日2017年7月12日 この部分がオフィスの東端だと思われます。外気に触れやすい部分は、グレーの塗装が施されています。


Hanshin17071228
撮影日2017年7月12日 12階床に「プレキャストコンクリート」の縁石が取り付けられました。


Hanshin17071229
撮影日2017年7月12日 「カーテンウォール」の取り付けが行われています。


Hanshin17071230
撮影日2017年7月12日 「阪急阪神連絡デッキ(梅田新歩道橋)」との接続工事が行われています。


Hanshin17071231
撮影日2017年7月12日 既存建物と階高が全く違います。


Hanshin17071232
撮影日2017年7月12日 西側から見た様子です。



|

2017年7月16日 (日)

「大阪駅前第3ビル」と「大阪駅前第4ビル」横の歩道の拡幅工事 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」に合わせて施工中!

Hanshin17071511
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-
 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」を進めています。

 それに合わせて、「大阪駅前第3ビル」と「大阪駅前第4ビル」横の歩道の拡幅工事が行われています。工期は2018年5月31日までの予定です。


Hanshin17071512
「梅田阪急ビル」から見た様子です。「梅田阪急ビル」からの撮影が7月12日、それ以外の写真はすべて7月15日の撮影です。


Hanshin17071513
北側方向の車道部分で、歩道の拡幅工事が行われています。


Hanshin17071514
「分離帯」が狭くしたのは工事期間中の暫定対策だと思っていましたが、歩道を拡幅するための恒久対策だったようです。


Hanshin17071515
かなり歩道が広くなります。


Hanshin17071516
発注者は「大阪市」かと思っていましたが、驚くことに「阪神電気鉄道、阪急電鉄」でした。「梅田新歩道橋改修工事」も「阪神電気鉄道、阪急電鉄」が行っています。民間企業が都市インフラの整備に協力してくれるのは非常に有りがたいですね!


Hanshin17071517
南側方向に見た様子です。


Hanshin17071518
北側方向に見た様子です。


Hanshin17071519
「大阪駅前第3ビル」と「大阪駅前第4ビル」横の公開空地はかなり広いですが、更に広くなります。


Hanshin17071520
(おまけ)
 近くの「露天神社(お初天神)」で、「例大祭(夏祭)」が2017年7月14日~15日に行われました。夏らしくていいですね!



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場