01 梅田1丁目1番地計画

(大阪市北区)

2017年10月24日 (火)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 & 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分 2017/10/19 巨大模型と比較してみました!

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin17101951
撮影日2017年10月19日 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の全景です。


Hanshin17101952
撮影日2017年10月19日 タワークレーン3基で建設しています。


Hanshin17101953
撮影日2017年10月19日 「大阪神ビルディング」の全景です。


Hanshin17101954
撮影日2017年10月19日 最高部です。


Hanshin17101955
撮影日2017年10月19日
 少し方向を変えた様子です。新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、地上10階は「機械室」、地上11階は「スカイロビー」、地上11階~地上38階は「オフィスゾーン」となります。


Hanshin17101956
模型写真です。「壁面緑化」の様子が非常に良く分かります。模型写真は、相互リンクしている「OSAKAビル景」の「ショーケン氏」に送って頂きました。

 ブログ内の写真も使用していいという事だったので、使用させて頂きました。ありがとうございました(写真提供:OSAKAビル景のショーケン氏)。

 参考ブログ(OSAKAビル景のショーケン氏)
 梅田1丁目1番地計画の巨大模型と現物比較


Hanshin17101957
撮影日2017年10月19日 「大阪神ビルディング」側の下層階部分です。


Hanshin17101958
模型写真です。模型写真によりいろいろ分かりました。「換気塔」かと思っていた塔は、「エレベーター」です。「エレベーター」は、現在の場所から付け替えられるようです(写真提供:OSAKAビル景のショーケン氏)。


Hanshin17101959
撮影日2017年10月19日 「阪急阪神連絡デッキ(梅田新歩道橋)」と接続する部分です。


Hanshin17101960
模型写真です。接続部分は、意外と単調ですね(写真提供:OSAKAビル景のショーケン氏)。


Hanshin17101961
撮影日2017年10月19日 謎だった部分です。


Hanshin17101962
撮影日2017年10月19日 アップです。「階段」が見えます。


Hanshin17101963
模型写真です。地下街への「エスカレーター」と「階段」が見えます(写真提供:OSAKAビル景のショーケン氏)。


Hanshin17101964
撮影日2017年10月19日 道路上空部分です。


Hanshin17101965
撮影日2017年10月19日 最高部です。


Hanshin17101966
撮影日2017年10月19日
 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分です。新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、階高の高い地上10階は「機械室」、地上11階は「カンファレンスゾーン」となります。


Hanshin17101967
撮影日2017年10月19日 最高部です。


Hanshin17101968
撮影日2017年10月19日 既存の「階段」は完全には埋め戻されました。手前は「換気塔」です。



|

「大阪駅前第3ビル」と「大阪駅前第4ビル」横の歩道の拡幅工事 2017年10月19日の建設状況

Hanshin17101971
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-
 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」を進めています。

 それに合わせて、「大阪駅前第3ビル」と「大阪駅前第4ビル」横の歩道の拡幅工事が行われています。発注者は「阪神電気鉄道、阪急電鉄」、工期は2018年5月31日までの予定です。


Hanshin17101972
南側部分です。


Hanshin17101973
「駐輪場」が稼働しています。


Hanshin17101974
内側の既存の「路面ブロック」も一部が敷き替えられています。


Hanshin17101975
内側の既存の「路面ブロック」を敷き替える工事をしています。


Hanshin17101976
北側部分です。


Hanshin17101977
北側にも「駐輪場」が設置されました。



|

2017年10月23日 (月)

大阪駅前地下道改良事業 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備 2017/09/19 一部で埋め戻しが始まる!

Osakahanshin150211
-大阪駅前地下道改良事業-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神百貨店梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画である「梅田1丁目1番地計画」を進めています。

 「阪神百貨店梅田本店」の建て替えに伴い、JR大阪駅と阪神百貨店梅田本店の間を東西に走る「大阪駅前地下道」も大規模に改良されます。安全性確保のため歩道幅を約8mから約15mに拡幅します。

 「大阪駅前地下道」は、昭和17年に完成、大阪市が管理しています。地下道ですが、名称は「都市計画道路大阪駅前1号線」となっています。


Osakahanshin150212
「大阪駅前地下道整備範囲図」です。


Osakahanshin150223_2
阪神電気鉄道 梅田駅の改良工事
 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備と同時に、「阪神電気鉄道」は梅田駅の大規模改良工事を行います。

 引用資料 阪神電気鉄道(PDF:2015/02/12)
 梅田駅の改良工事を実施(3月3日着手)します ~お客さまに、より快適で、安心してご利用いただけるよう、 ホームの拡幅、可動式ホーム柵の整備、バリアフリー化を行います~ 

 駅の北側に上下2層の地下構造物を構築します。上層部を地下道、下層部を駅施設とし、駅空間を拡大します。


Hanshin17101911
「大阪駅前地下道改良事業」の全景です。


Hanshin17101912
大規模に工事が行われています。


Hanshin17101913
「大阪駅前地下道改良事業」の東側部分の工事の様子です。


Hanshin17101914
東側部分です。


Hanshin17101915
一部で早くも重機による埋め戻しが始まりました。


Hanshin17101916
西側部分です。


Hanshin17101917
「阪急阪神連絡デッキ 梅田新歩道橋」から見た様子です。


Hanshin17101918
東側から見た様子です。


Hanshin17101919
重機による埋め戻しが行われています。手前では本格的な埋め戻しに備えて、「土留め壁」の「H形鋼」の上部を切断しています。切断した「H形鋼」の破片が上の方に見えます。


Hanshin17101920
東側の「開口部」です。


Hanshin17101921
西側の「開口部」です。


Hanshin17101922
「大阪駅前地下道改良事業」の中央部分の工事の様子です。全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われて内部が見えません。


Hanshin17101923
「大阪駅前地下道改良事業」の西側部分の工事の様子です。全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われて内部が見えません。



|

2017年10月 5日 (木)

大阪駅前地下道改良事業 東西地下道の拡幅整備 2017年10月1日の建設状況

Osakahanshin150211
-大阪駅前地下道改良事業-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神百貨店梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画である「梅田1丁目1番地計画」を進めています。

 「阪神百貨店梅田本店」の建て替えに伴い、JR大阪駅と阪神百貨店梅田本店の間を東西に走る「大阪駅前地下道」も大規模に改良されます。安全性確保のため歩道幅を約8mから約15mに拡幅します。

 「大阪駅前地下道」は、昭和17年に完成、大阪市が管理しています。地下道ですが、名称は「都市計画道路大阪駅前1号線」となっています。


Osakahanshin150212
「大阪駅前地下道整備範囲図」です。


Osakahanshin150223_2
阪神電気鉄道 梅田駅の改良工事
 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備と同時に、「阪神電気鉄道」は梅田駅の大規模改良工事を行います。

 引用資料 阪神電気鉄道(PDF:2015/02/12)
 梅田駅の改良工事を実施(3月3日着手)します ~お客さまに、より快適で、安心してご利用いただけるよう、 ホームの拡幅、可動式ホーム柵の整備、バリアフリー化を行います~ 

 駅の北側に上下2層の地下構造物を構築します。上層部を地下道、下層部を駅施設とし、駅空間を拡大します。


Hanshin17100151
「大阪駅前地下道改良事業」の全景です。


Hanshin17100152
大規模に工事が行われています。


Hanshin17100153
「大阪駅前地下道改良事業」の東側部分の工事の様子です。


Hanshin17100154
東側部分です。


Hanshin17100155
西側部分です。


Hanshin17100156
東側から見た様子です。


Hanshin17100157
東側の「開口部」です。


Hanshin17100158
西側の「開口部」です。



|

2017年10月 4日 (水)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 & 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分 2017/10/01

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin17100111
撮影日2017年10月1日 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の全景です。


Hanshin17100112
撮影日2017年10月1日
 タワークレーン3基で建設しています。新阪急ビル跡地側のタワークレーンがひと回り小さいタワークレーンに入れ替えられています。


Hanshin17100113
撮影日2017年10月1日 「大阪神ビルディング」の全景です。


Hanshin17100114
撮影日2017年10月1日 最高部です。オフィス部分は、12階(13FL)まで到達しています。


Hanshin17100115
撮影日2017年10月1日
 少し方向を変えた様子です。新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、地上10階は「機械室」、地上11階は「スカイロビー」、地上11階~地上38階は「オフィスゾーン」となります。


Hanshin17100116
撮影日2017年10月1日 「大阪神ビルディング」側の下層階部分です。


Hanshin17100117
撮影日2017年10月1日 「阪急阪神連絡デッキ(梅田新歩道橋)」と接続する部分です。


Hanshin17100118
撮影日2017年10月1日 接続部分の床が姿を現しました。


Hanshin17100119
撮影日2017年10月1日 この部分は何でしょうか?


Hanshin17100120
撮影日2017年10月1日 道路上空部分です。


Hanshin17100121
撮影日2017年10月1日 11階部分(12FL)まで到達しています。


Hanshin17100122
撮影日2017年10月1日 階段が見えます。


Hanshin17100123
撮影日2017年10月1日
 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分です。新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、階高の高い地上10階は「機械室」、地上11階は「カンファレンスゾーン」となります。


Hanshin17100124
撮影日2017年10月1日 最高部です。外壁が更に姿を現しました。


Hanshin17100125
撮影日2017年10月1日 既存の「階段」を造り直しているように見えましたが、どうやら「階段」は埋め戻されたようです。


Hanshin17100126
撮影日2017年10月1日 南東側から見た様子です。


Hanshin17100127
撮影日2017年10月1日 
 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」に合わせて、「大阪駅前第3ビル」と「大阪駅前第4ビル」横の歩道の拡幅工事が行われています。発注者は「阪神電気鉄道、阪急電鉄」で、工期は2018年5月31日までの予定です。


Hanshin17100128
撮影日2017年10月1日 南側部分です。


Hanshin17100129
撮影日2017年10月1日 道路側に「駐輪場」が稼働していました。


Hanshin17100130
撮影日2017年10月1日 北側部分です。



|

2017年9月18日 (月)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 & 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分 2017/09/13

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin17091351
撮影日2017年9月13日 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の全景です。


Hanshin17091352
撮影日2017年9月13日 タワークレーン3基で建設しています。


Hanshin17091353
撮影日2017年9月13日  新阪急ビル跡地側のタワークレーンがひと回り小さいタワークレーンに入れ替えられました。


Hanshin17091354
撮影日2017年9月13日 「大阪神ビルディング」の全景です。


Hanshin17091355
撮影日2017年9月13日 最高部です。オフィス部分は、12階(13FL)まで到達しています。


Hanshin17091356
撮影日2017年9月13日
 少し方向を変えた様子です。新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、地上10階は「機械室」、地上11階は「スカイロビー」、地上11階~地上38階は「オフィスゾーン」となります。


Hanshin17091357
撮影日2017年9月13日 最高部です。


Hanshin17091358
撮影日2017年9月13日 「大阪神ビルディング」側の下層階部分です。


Hanshin17091359
撮影日2017年9月13日 「阪急阪神連絡デッキ(梅田新歩道橋)」と接続する部分です。


Hanshin17091360
撮影日2017年9月13日 「エレベーター」にしては高過ぎるような気がします。形状から「換気塔」のように見えます。


Hanshin17091361
撮影日2017年9月13日 道路上空部分です。


Hanshin17091362
撮影日2017年9月13日 11階部分(12FL)まで到達しています。


Hanshin17091363
撮影日2017年9月13日
 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分です。新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、階高の高い地上10階は「機械室」、地上11階は「カンファレンスゾーン」となります。


Hanshin17091364
撮影日2017年9月13日 最高部です。


Hanshin17091365
撮影日2017年9月13日 既存の「階段」を造り直しているように見えます。手前の構造物は「換気塔」でしょうか?


Hanshin17091366
撮影日2017年9月13日 
 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」に合わせて、「大阪駅前第3ビル」と「大阪駅前第4ビル」横の歩道の拡幅工事が行われています。発注者は「阪神電気鉄道、阪急電鉄」で、工期は2018年5月31日までの予定です。


Hanshin17091367
撮影日2017年9月13日 南側部分です。


Hanshin17091368
撮影日2017年9月13日 北側部分です。



|

2017年8月29日 (火)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 & 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分 2017/08/26

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin17082611
撮影日2017年8月26日 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の全景です。


Hanshin17082612
撮影日2017年8月26日 タワークレーン3基で建設しています。


Hanshin17082613
撮影日2017年8月26日 「大阪神ビルディング」の全景です。


Hanshin17082614
撮影日2017年8月26日 最高部です。オフィス部分は、12階(13FL)まで到達しています。


Hanshin17082615
撮影日2017年8月26日
 少し方向を変えた様子です。新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、地上10階は「機械室」、地上11階は「スカイロビー」、地上11階~地上38階は「オフィスゾーン」となります。


Hanshin17082616
撮影日2017年8月26日 最高部です。


Hanshin17082617
撮影日2017年8月26日 あと少しで「カーテンウォール」の取り付けが完了します。


Hanshin17082618
撮影日2017年8月26日 「PC板」がダンプトラックで運ばれてきました。


Hanshin17082619
撮影日2017年8月26日 タワークレーンでこの部分に吊り上げていました。


Hanshin17082620
撮影日2017年8月26日 道路上空部分です。


Hanshin17082621
撮影日2017年8月26日 11階部分(12FL)の鉄骨建方が終わっています。


Hanshin17082622
撮影日2017年8月26日 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分です。


Hanshin17082623
撮影日2017年8月26日
 新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、階高の高い地上10階は「機械室」、地上11階は「カンファレンスゾーン」となります。

Hanshin17082624
撮影日2017年8月26日 最高部です。塔屋の外壁がかなり姿を現しました。



|

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 2017/08/26 周辺工事が本格化!

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin17082651
撮影日2017年8月26日 「大阪神ビルディング」側の下層階部分です。


Hanshin17082652
撮影日2017年8月26日 「阪急阪神連絡デッキ(梅田新歩道橋)」と接続する部分です。


Hanshin17082653
撮影日2017年8月26日
 「橋桁」を支える支柱かと思っていましたが、こんなに高くなりました。「エレベーター」でしょうか? 「エレベーター」にしては高過ぎるような気もします。それとも換気塔?  


Hanshin17082654
撮影日2017年8月26日 新阪急ビル跡地側の下層階部分です。


Hanshin17082655
撮影日2017年8月26日 既存の「階段」です。この階段は撤去するのでしょうか? それとも造り直すのでしょうか?


Hanshin17082656
撮影日2017年8月26日 少し角度を変えた様子です。


Hanshin17082657
撮影日2017年8月26日
 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」に合わせて、「大阪駅前第3ビル」と「大阪駅前第4ビル」横の歩道の拡幅工事が行われています。


Hanshin17082658
撮影日2017年8月26日 発注者は「阪神電気鉄道、阪急電鉄」で、工期は2018年5月31日までの予定です。


Hanshin17082659
撮影日2017年8月26日 南側部分です。「路面ブロック」が敷かれています。


Hanshin17082660
撮影日2017年8月26日 北側部分です。「アスファルト」を剥がしています。



|

2017年8月19日 (土)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 & 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分 2017/08/16

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin17081621
撮影日2017年8月16日
 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の全景です。前回とあまり変化が無かったので、今週は記事を1つにまとめました。


Hanshin17081622
撮影日2017年8月16日 タワークレーン3基で建設しています。


Hanshin17081623
撮影日2017年8月16日 「大阪神ビルディング」の全景です。


Hanshin17081624
撮影日2017年8月16日 最高部です。オフィス部分は、12階(13FL)まで到達しています。


Hanshin17081625
撮影日2017年8月16日
 タワークレーンが13階床にフロアクライミングして、「マスト」が極端に短くなりました。タワークレーンの形状から、オフィス部分は「Ⅰ期工事」では、12階(13FL)より上には伸びない事が分かります。


Hanshin17081626
撮影日2017年8月16日 13階床にフロアクライミングしたタワークレーンの「ベース架台」です。


Hanshin17081627
撮影日2017年8月16日
 少し方向を変えた様子です。新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、地上10階は「機械室」、地上11階は「スカイロビー」、地上11階~地上38階は「オフィスゾーン」となります。


Hanshin17081628
撮影日2017年8月16日 最高部です。


Hanshin17081629
撮影日2017年8月16日 下層階の様子です。


Hanshin17081630
撮影日2017年8月16日 「阪急阪神連絡デッキ(梅田新歩道橋)」から分岐する部分の橋脚が姿を現しました。


Hanshin17081631
撮影日2017年8月16日 道路上空部分です。


Hanshin17081632
撮影日2017年8月16日 11階部分(12FL)の鉄骨建方が終わりました。


Hanshin17081633
撮影日2017年8月16日 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分です。


Hanshin17081634
撮影日2017年8月16日
 新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、階高の高い地上10階は「機械室」、地上11階は「カンファレンスゾーン」となります。


Hanshin17081635
撮影日2017年8月16日 最高部です。


Hanshin17081636
撮影日2017年8月16日 塔屋の外壁が一部姿を現しました。



|

大阪駅前地下道改良事業 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備 2017/08/16 東西地下道の天井部分にコンクリート打設!

Osakahanshin150211
-大阪駅前地下道改良事業-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神百貨店梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画である「梅田1丁目1番地計画」を進めています。

 「阪神百貨店梅田本店」の建て替えに伴い、JR大阪駅と阪神百貨店梅田本店の間を東西に走る「大阪駅前地下道」も大規模に改良されます。安全性確保のため歩道幅を約8mから約15mに拡幅します。

 「大阪駅前地下道」は、昭和17年に完成、大阪市が管理しています。地下道ですが、名称は「都市計画道路大阪駅前1号線」となっています。


Osakahanshin150212
「大阪駅前地下道整備範囲図」です。


Osakahanshin150223_2
阪神電気鉄道 梅田駅の改良工事
 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備と同時に、「阪神電気鉄道」は梅田駅の大規模改良工事を行います。

 引用資料 阪神電気鉄道(PDF:2015/02/12)
 梅田駅の改良工事を実施(3月3日着手)します ~お客さまに、より快適で、安心してご利用いただけるよう、 ホームの拡幅、可動式ホーム柵の整備、バリアフリー化を行います~ 

 駅の北側に上下2層の地下構造物を構築します。上層部を地下道、下層部を駅施設とし、駅空間を拡大します。


Hanshin17081611
「大阪駅前地下道改良事業」の全景です。


Hanshin17081612
大規模に工事が行われています。


Hanshin17081613
「大阪駅前地下道改良事業」の東側部分の工事の様子です。東西地下道の天井部分のコンクリート打設が行われています。


Hanshin17081614
東側部分です。


Hanshin17081615
西側部分です。


Hanshin17081616
東側から見た様子です。


Hanshin17081617
梁の鉄筋の密度が凄いです。


Hanshin17081618
「開口部」です。


Hanshin17081619
「大阪駅前地下道改良事業」の中央部分の工事の様子です。全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われて内部が見えなくなりました。


Hanshin17081620
「大阪駅前地下道改良事業」の西側部分の工事の様子です。全体が「メトロデッキ(覆工板)」で覆われて内部が見えなくなりました。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場