08 大阪中央郵便局敷地

(大阪市北区)

2017年10月 6日 (金)

梅田3丁目計画(仮称) 「仮設郵便局(プレハブ)」の跡地 「よしもと西梅田劇場」が、2017年9月25日にオープン!

Jp171011
-よしもと西梅田劇場

 「梅田3丁目計画(仮称)」予定地の「仮設郵便局(プレハブ)」は解体されました。アスファルトで舗装された後はしばらくそのままでした。

 「吉本興業」が、「西梅田スクエア」の「仮設郵便局(プレハブ)」跡地に「よしもと西梅田劇場」を2017年9月25日にオープンしました。

 基幹劇場の「なんばグランド花月(NGK)」が改装のため2017年12月20日まで休館しています。その代替施設の役割を果たします。「なんばグランド花月」のリニューアル後も運営は続ける予定です。

 席数は700席で、吉本新喜劇や漫才などを平日は1日2回、土日祝日は3回上演します。「梅田3丁目計画(仮称)」の着工までは運営は続けると思われます


Jp171012
「仮設郵便局(プレハブ)」の跡地に暫定施設として建設されました。


Jp171013
名称は「よしもと西梅田劇場」です。


Jp171014
この部分は、出演者の「楽屋」だと思われます。酒井藍さんは、この中で「そうそうそう、ブー、ブーブー、ブー、ブーブー、ブー、ブーブー、私人間ですねん!」って練習しているのでしょうか(笑)。


Jp171015
南東側から見た様子です。


Jp171016
歩道からは「よしもと西梅田劇場」の名称がほとんど隠れているので何の施設か分かりません(笑)。



|

2017年3月22日 (水)

梅田3丁目計画(仮称) 暫定活用期間をさらに3年延長 着工は2019年7月頃?

Jp17031
-梅田3丁目計画(仮称)-

 読者の方から「梅田3丁目計画(仮称)」の新しい工程表が2017年2月に「日本郵便株式会社、大阪ターミナルビル株式会社」から発表されているとたくさんメールを頂きました。

 本当は、写真を新しく撮影し直して記事を書こうかと思っていましたが、ここ最近は1日に1通くらいメールが届いて申し訳ないので、今までに撮影した写真で記事を書きます。メールを送って頂いて本当にありがとうございました。

 「梅田3丁目計画(仮称)」は、事業再開の可能性検討を続けてきた結果、暫定活用期間をさらに3年延長することとし、現在の段階では、 着工を2019年7月頃予定、竣工を2022年2月頃予定しています。

 「2度あることは3度ある」ので、再度の暫定活用期間延長の可能性もありますが、東京オリンピック前の建設ラッシュの間になんとか着工して欲しいです。東京オリンピック後には景気後退の波がやってくる可能性が高いです。そうなったらまた塩漬けです・・・

梅田3丁目計画(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田三丁目2番4号、14号、18号
◆ 階数-地上40階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-約187m(航空法での高さ制限と同じ)
◆ 敷地面積-約12,900㎡(JP約8,900㎡+JR約4,000㎡)
◆ 建築面積-約8,900㎡
◆ 延床面積-約217,000㎡(オフィス約135,500㎡、商業施設48,000㎡、劇場約10,000㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-オフィス、郵便局窓口、劇場、店舗
◆ 建築主-日本郵政グループ、JR西日本
◆ 設計-日建設計
◆ 着工-2019年07月頃予定
◆ 竣工-2022年02月頃予定


Jp17032
変更後の作業工程

 「梅田3丁目計画(仮称)」の変更後の作業工程です。

 引用資料 大阪市・環境アセスメント
 梅田3丁目計画(仮称) 

(1) 大阪中央郵便局解体撤去、仮設郵便局(プレハブ)建設
(2) 3年間の暫定的活用(仮設郵便局仮設営業、イベント広場)
(3) 解体工事(大弘ビル解体、仮設郵便局解体)
(4) 暫定活用期間をさらに3年延長
(5) 解体工事(大阪ステーションシティ西梅田駐車場解体)
(6) 新築工事(保存部分を北側に移設)
(7) 仕上工事・外構工事
(8) 全体完成


Jp15082
変更前の作業工程
 「梅田3丁目計画(仮称)」の変更前の作業工程です。

 引用資料 大阪市・環境アセスメント
 梅田3丁目計画(仮称) 

(1) 大阪中央郵便局解体撤去、仮設郵便局(プレハブ)建設
(2) 3年間の暫定的活用(仮設郵便局仮設営業、イベント広場)
(3) 本格開発着手(大弘ビル解体、大阪ステーションシティ西梅田駐車場解体、仮設郵便局(プレハブ)移転建設)
(4) 新築工事(保存部分を北側に移設、仮設郵便局(プレハブ)仮設営業)
(5) 仕上工事・外構工事(北東側で仮使用部分の郵便局仮設営業)
(6) 全体完成


Jp161012
仮設郵便局(プレハブ)」の跡地
 「仮設郵便局(プレハブ)」の跡地です。暫定活用期間をさらに3年延長するなら「仮設郵便局(プレハブ)」をそのまま使えば「大阪駅前第1ビル」に移転する必要が無かったのにと思います。

 ”仮設郵便局については仮設建築物としての許可期間から解体する計画へと変更した。” となっています。「仮設建築物としての許可期間」があるんですね。私は、事業者の意思で自由に延長出来るものだと思っていました。


Jp161015
西梅田スクエア
 2012年12月15日にオープンしたイベント広場「西梅田スクエア」です。


Jp161017
大阪ステーションシティ西梅田駐車場
 「大弘ビル」の解体が行われました。「大弘ビル」跡地は暫定的に観光バスの駐車場「西梅田バス暫定駐車場」となりました。

 新しい工程表によると「大阪ステーションシティ西梅田駐車場」の解体工事は、2019年1月頃~2019年3月頃の予定です。



|

2017年2月 6日 (月)

梅田3丁目計画(仮称) 2017/02/03 「大阪ステーションシティ西梅田駐車場」の外装リニューアル?

Jp170111
梅田3丁目計画(仮称)-
 「梅田3丁目計画(仮称)」の予定地にあった。「大弘ビル」と「仮設郵便局(プレハブ)」は解体されて更地になりました。唯一残っているのが「大阪ステーションシティ西梅田駐車場」です。

 その「大阪ステーションシティ西梅田駐車場」に変化があると読者の方からメールで教えて頂いたので見てきました。「遂に解体か?」と期待を込めて見に行きましたが、残念ながら外装リニューアル工事のようです。

 近いうちに解体が決まっている建物をリニューアルする事はあり得ないので、残念ながら「梅田3丁目計画(仮称)」の着工は当分無さそうですね・・・

梅田3丁目計画(仮称)の概要(2011/12/26時点)

◆ 階数-地上40階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-約187m(航空法での高さ制限と同じ)
◆ 敷地面積-約12,900㎡(JP約8,900㎡+JR約4,000㎡)
◆ 建築面積-約8,900㎡
◆ 延床面積-約217,000㎡(オフィス約135,500㎡、商業施設48,000㎡、劇場約10,000㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-オフィス、郵便局窓口、劇場、店舗
◆ 建築主-日本郵政グループ、JR西日本
◆ 設計-日建設計


Jp170112
「大阪ステーションシティ西梅田駐車場」です。足場が「養生ネット」で覆われています。解体工事の場合は、「仮囲い」で建物を閉鎖して、外壁を「防音壁」で覆うので、再塗装などのリニューアル工事に間違いないと思います。


Jp170113
北東側壁面です。足場が設置されています。


Jp170114
南東側壁面です。足場が設置されています。


Jp170115
南側から見た様子です。


Jp170116
南西側壁面です。「大阪ステーションシティ西梅田駐車場」は通常通り営業しています。閉鎖の案内等も一切ありませんでした。



|

2016年11月18日 (金)

梅田3丁目計画(仮称) 「大弘ビル」の跡地 & 「仮設郵便局(プレハブ)」の跡地

Jp161011
梅田3丁目計画(仮称)-
 「仮設郵便局(プレハブ)」の解体工事が行われました。「労災保険関係成立票」によると解体工事の工期は、2016年11月11日(予定)までとなっていました。

梅田3丁目計画(仮称)の概要(2011/12/26時点)

◆ 階数-地上40階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-約187m(航空法での高さ制限と同じ)
◆ 敷地面積-約12,900㎡(JP約8,900㎡+JR約4,000㎡)
◆ 建築面積-約8,900㎡
◆ 延床面積-約217,000㎡(オフィス約135,500㎡、商業施設48,000㎡、劇場約10,000㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-オフィス、郵便局窓口、劇場、店舗
◆ 建築主-日本郵政グループ、JR西日本
◆ 設計-日建設計


Jp161012
「仮設郵便局(プレハブ)」の跡地です。


Jp161013
アスファルトで舗装されました。


Jp161014
照明があるので、当分の間は「駐車場」になると思われます。


Jp161015
2012年12月15日にオープンしたイベント広場「西梅田スクエア」です。


Jp161016
「大弘ビル」の解体が行われました。「大弘ビル」跡地は暫定的に観光バスの駐車場「西梅田バス暫定駐車場」となりました。


Jp161017
「西梅田バス暫定駐車場」は、2016年10月7日から営業開始しています。駐車台数は、13台(大型バス12台、小型バス1台)です。


Jp161018
「大阪ステーションシティ西梅田駐車場」はしばらくこのままだと思われます。

|

2016年10月25日 (火)

梅田3丁目計画(仮称) 「大弘ビル」の跡地 & 「仮設郵便局(プレハブ)」の解体工事 2016年10月22日の状況

Jp161011
-梅田3丁目計画(仮称)-

 「大弘ビル」の解体が行われました。「大弘ビル」跡地は暫定的に観光バスの駐車場「西梅田バス暫定駐車場」となりました。

 「西梅田バス暫定駐車場」は、2016年10月7日から営業開始しています。駐車台数は、13台(大型バス12台、小型バス1台)です。

梅田3丁目計画(仮称)の概要(2011/12/26時点)
◆ 階数-地上40階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-約187m(航空法での高さ制限と同じ)
◆ 敷地面積-約12,900㎡(JP約8,900㎡+JR約4,000㎡)
◆ 建築面積-約8,900㎡
◆ 延床面積-約217,000㎡(オフィス約135,500㎡、商業施設48,000㎡、劇場約10,000㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-オフィス、郵便局窓口、劇場、店舗
◆ 建築主-日本郵政グループ、JR西日本
◆ 設計-日建設計


Jp161012
「西梅田バス暫定駐車場」は、2016年10月7日から営業開始しています。撮影時は1台しか駐車していませんでいた。


Jp161013
駐車台数は、13台(大型バス12台、小型バス1台)です。


Jp161014
「仮設郵便局(プレハブ)」はの解体工事が行われています。「労災保険関係成立票」によると解体工事の工期は、2016年11月11日(予定)までとなっています。


Jp161015
平らに均しています。


Jp161016
「モータグレーダ」や「コンバインドローラ」が稼働しています。これらは舗装する前に稼働する重機です。アスファルトで舗装して暫定的に駐車場として使用するのでしょうか? それとも場「西梅田スクエア」の拡張?


Jp161017
2012年12月15日にオープンしたイベント広場「西梅田スクエア」です。撮影日は「宇都宮餃子祭りin OSAKA」が行われていました。

|

2016年10月 2日 (日)

梅田3丁目計画(仮称) 「大弘ビル」の跡地 & 「仮設郵便局(プレハブ)」の解体工事 2016年9月29日の状況

Jp160951
-梅田3丁目計画(仮称)-

 「大弘ビル」の解体が行われました。「大弘ビル」跡地は暫定的に観光バスの駐車場となります。開設時期は2016年10月上旬ごろを予定し、駐車台数は約10台(敷地面積約2,180㎡)となります。

 JR西日本 ニュースリリース(2016/08/19)
 
西梅田「大弘ビル」跡地に観光バス駐車場を暫定的に開設いたします  

梅田3丁目計画(仮称)の概要(2011/12/26時点)
◆ 階数-地上40階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-約187m(航空法での高さ制限と同じ)
◆ 敷地面積-約12,900㎡(JP約8,900㎡+JR約4,000㎡)
◆ 建築面積-約8,900㎡
◆ 延床面積-約217,000㎡(オフィス約135,500㎡、商業施設48,000㎡、劇場約10,000㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-オフィス、郵便局窓口、劇場、店舗
◆ 建築主-日本郵政グループ、JR西日本
◆ 設計-日建設計


Jp160952
駐車場が完成しています。


Jp160953
駐車場に番号が振られています。


Jp160954
観光バスの駐車台数は13台のようです。


Jp160955
南西側です。


Jp160956
南西側から見た様子です。


Jp160957
駐車場の名称は、「西梅田バス暫定駐車場」となっています。


Jp160958
南側の歩道はかなり拡幅されます。


Jp160959
西側の歩道はそのままです。


Jp160960
「仮設郵便局(プレハブ)」はの解体工事が行われています。「労災保険関係成立票」によると解体工事の工期は、2016年11月11日(予定)までとなっています。


Jp160961
地上躯体の解体は終わっています。


Jp160962
「大弘ビル」の跡地を暫定的に観光バスの駐車場として使用するのなら「大阪中央郵便局」と「ゆうちょ銀行大阪支店」を大阪駅前第1ビルに移転するのはもっと後でよかったのでは? と思うのは私だけでしょうか?

 正直、駅前にないと不便なんですよね。駅前にある時はよく利用していましたが、移転してからは1回も利用していません・・・

|

2016年9月26日 (月)

梅田3丁目計画(仮称) 「大弘ビル」の跡地 & 「仮設郵便局(プレハブ)」の解体工事 2016年9月19日の状況

Jp160921
-梅田3丁目計画(仮称)-

 「大弘ビル」の解体が行われています。「労災保険関係成立票」によると解体工事の工期は、2015年6月5日~2016年10月3日(予定)となっています。

● 「大弘ビル」跡地は暫定的に観光バス駐車場
 
「大弘ビル」跡地は暫定的に観光バスの駐車場となります。開設時期は2016年10月上旬ごろを予定し、駐車台数は約10台(敷地面積約2,180㎡)となります。

 JR西日本 ニュースリリース(2016/08/19)
 
西梅田「大弘ビル」跡地に観光バス駐車場を暫定的に開設いたします  

梅田3丁目計画(仮称)の概要(2011/12/26時点)
◆ 階数-地上40階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-約187m(航空法での高さ制限と同じ)
◆ 敷地面積-約12,900㎡(JP約8,900㎡+JR約4,000㎡)
◆ 建築面積-約8,900㎡
◆ 延床面積-約217,000㎡(オフィス約135,500㎡、商業施設48,000㎡、劇場約10,000㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-オフィス、郵便局窓口、劇場、店舗
◆ 建築主-日本郵政グループ、JR西日本
◆ 設計-日建設計


Jp160922
解体工事は終わっています。


Jp160923
駐車場として使用するために敷地を整地しています。


Jp160924
駐車場の「側溝」などを整備しています。


Jp160925
南西側から見た様子です。


Jp160926
南側の歩道はかなり拡幅されるようです。


Jp160927
「仮設郵便局(プレハブ)」はの解体工事が行われています。「労災保険関係成立票」によると解体工事の工期は、2016年11月11日(予定)までとなっています。


Jp160928
地上躯体の解体は終わっています。


Jp160929
重機でバリバリ解体しています。


Jp160930
「大阪ステーションシティ西梅田駐車場」はしばらくこのままだと思われます。

|

2016年9月16日 (金)

目から鱗が落ちる 東海道腺沿線の旧中央郵便局(東京、名古屋、大阪など)が各駅の神戸方面側に統一されていた理由!

Nagoyajptower160911
-KITTE名古屋-

 「JPタワー名古屋」の商業施設「KITTE名古屋」が2016年6月17日にオープンしました。「KITTE名古屋」は別の機会に特集するとして、この夏に撮影に行った時に、「KITTE名古屋」の1階アトリウムで面白いイベントが行われていました。

 1階アトリウムの広場に、「名駅物語」として、多数のパネルが展示されていました。過去の歴史的に非常に貴重な写真が展示されていて、その解説文を読むと知らない事がたくさんありました。


Nagoyajptower160912
名駅物語14

 その中で「名駅物語14」に私は一番興味を持ちました。題して「旧名古屋中央郵便局が名古屋駅の北側にあった理由」です。


Nagoyajptower160913
旧中央郵便局は各駅の神戸方面側に統一

 東海道腺沿線の旧中央郵便局(東京、名古屋、大阪など)が各駅の神戸方面側に統一されていた理由が解説されていました。

 言われてみれば確かに、「旧東京中央郵便局、旧名古屋中央郵便局、旧大阪中央郵便局」などは駅の神戸方面側にありました。

 こんな事を考えた事もありませんでした。「目から鱗が落ちる」とは正にこの事です。私はNHKの「プラタモリ」が大好きですが、いつも「そうだったのか!」と感心します。街の歴史を知るとその街がますます好きになります。 


Nagoyajptower160914
旧東京中央郵便局

 「旧東京郵便局」は、JR東京駅の神戸方面側にあります。他の都市もこの例に倣いました。跡地には「JPタワー」が建設されました。


Nagoyajptower160915
旧名古屋中央郵便局

 「旧名古屋郵便局」も、JR名古屋駅の神戸方面側にあります。跡地には「JPタワー名古屋」が建設されました。


Nagoyajptower160916
旧大阪中央郵便局

 「旧大阪中央郵便局」も、JR大阪駅の神戸方面側にあります。「JPタワー大阪」はいつになったら建設されるのでしょうか?

|

2016年9月12日 (月)

梅田3丁目計画(仮称) 「大弘ビル」の跡地 & 「仮設郵便局(プレハブ)」の解体工事 2016年9月8日の状況

Jp160911
-梅田3丁目計画(仮称)-

 「大弘ビル」の解体が行われています。「労災保険関係成立票」によると解体工事の工期は、2015年6月5日~2016年10月3日(予定)となっています。

● 「大弘ビル」跡地は暫定的に観光バス駐車場
 
「大弘ビル」跡地は暫定的に観光バスの駐車場となります。開設時期は2016年10月上旬ごろを予定し、駐車台数は約10台(敷地面積約2,180㎡)となります。

 JR西日本 ニュースリリース(2016/08/19)
 
西梅田「大弘ビル」跡地に観光バス駐車場を暫定的に開設いたします  

梅田3丁目計画(仮称)の概要(2011/12/26時点)
◆ 階数-地上40階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-約187m(航空法での高さ制限と同じ)
◆ 敷地面積-約12,900㎡(JP約8,900㎡+JR約4,000㎡)
◆ 建築面積-約8,900㎡
◆ 延床面積-約217,000㎡(オフィス約135,500㎡、商業施設48,000㎡、劇場約10,000㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
◆ 用途-オフィス、郵便局窓口、劇場、店舗
◆ 建築主-日本郵政グループ、JR西日本
◆ 設計-日建設計


Jp160912
解体工事は終わっているようです。


Jp160913
解体工事用の重機が撤退して、駐車場を整備するための重機と入れ替わっています。


Jp160914
駐車場の「側溝」を整備しています。


Jp160915
駐車場を整備するための部材が積まれています。


Jp160916
南西側から見た様子です。「大弘ビル」が姿を消して新鮮な景色です。


Jp160917
「仮設郵便局(プレハブ)」はの解体工事が行われています。「労災保険関係成立票」によると解体工事の工期は、2016年11月11日(予定)までとなっています。


Jp160918
重機でバリバリ解体しています。

|

2016年8月23日 (火)

大阪駅前地下道改良事業 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備 2016/08/19 + 「大弘ビル」の跡地は暫定的に観光バスの駐車場

Osakahanshin150211
-大阪駅前地下道改良事業-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神百貨店梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画である「梅田1丁目1番地計画」を進めています。

 「阪神百貨店梅田本店」の建て替えに伴い、JR大阪駅と阪神百貨店梅田本店の間を東西に走る「大阪駅前地下道」も大規模に改良されます。安全性確保のため歩道幅を約8mから約15mに拡幅します。

 「大阪駅前地下道」は、昭和17年に完成、大阪市が管理しています。地下道ですが、名称は「都市計画道路大阪駅前1号線」となっています。
 大阪市が占用許可を出して飲食店などの営業を認めていましたが、「阪神百貨店梅田本店」の建て替えに伴い閉店しています。


Osakahanshin150212
「大阪駅前地下道整備範囲図」です。


Osakahanshin150223_2
阪神電気鉄道 梅田駅の改良工事
 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備と同時に、「阪神電気鉄道」は梅田駅の大規模改良工事を行います。

 引用資料 阪神電気鉄道(PDF:2015/02/12)
 梅田駅の改良工事を実施(3月3日着手)します ~お客さまに、より快適で、安心してご利用いただけるよう、 ホームの拡幅、可動式ホーム柵の整備、バリアフリー化を行います~ 

 駅の北側に上下2層の地下構造物を構築します。上層部を地下道、下層部を駅施設とし、駅空間を拡大します。


Hanshin16081911
「大阪駅前地下道改良事業」の全景です。


Hanshin16081912
大規模に工事が行われています。


Hanshin16081913
「大阪駅前地下道改良事業」の東側部分の工事の様子です。


Hanshin16081914
「大阪駅前地下道改良事業」の中央部分の工事の様子です。


Hanshin16081915
「三点式パイルドライバ」で「土留め壁」を構築しています。


Hanshin16081916
大阪駅前地下道改良事業」の西側部分の工事の様子です。


Hanshin16081917
梅田3丁目計画(仮称)

 「大弘ビル」の解体が行われています。「労災保険関係成立票」によると解体工事の工期は、2015年6月5日~2016年10月3日(予定)となっています。

● 「大弘ビル」跡地は暫定的に観光バス駐車場
 
「大弘ビル」の解体が終わると本格的な工事も近いかと思っていましたが、 「大弘ビル」跡地は暫定的に観光バスの駐車場となるようです。ガッカリ・・・

 開設時期は2016年10月上旬ごろを予定し、駐車台数は約10台(敷地面積約2,180㎡)となります。「梅田3丁目計画(仮称)」はどうなるのでしょか?

 JR西日本 ニュースリリース(2016/08/19)
 
西梅田「大弘ビル」跡地に観光バス駐車場を暫定的に開設いたします 


Hanshin16081918
もう地上躯体はありません。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 梅田1丁目1番地計画 | 02 大阪ステーションシティ① | 02 大阪ステーションシティ② | 03 グランフロント大阪(うめきた) | 04 中之島フェスティバルタワー | 05 中之島ダイビル(周辺のダイビル含む) | 08 大阪中央郵便局敷地 | 31 大阪市・北部① | 31 大阪市・北部② | 32 大阪市・中部① | 32 大阪市・中部② | 33 大阪市・南部① | 33 大阪市・南部② | 34 大阪市・湾岸部 | 41 大阪府・堺市 | 42 大阪府・高槻市 | 43 大阪府・豊中市 | 44 大阪府・守口市 | 49 大阪府・その他 | 51 兵庫県・神戸市① | 51 兵庫県・神戸市② | 55 兵庫県・姫路市 | 56 兵庫県・尼崎市 | 57 兵庫県・西宮市 | 58 兵庫県・宝塚市 | 59 兵庫県・その他 | 61 京都府 | 66 滋賀県 | 68 奈良県 | 69 和歌山県 | 71 愛知県 | 72 岐阜県 | 73 三重県 | 74 静岡県(浜松市) | 75 福井県 | 77 岡山県 | 78 広島県 | 79 山口県 | 81 福岡県 | 82 熊本県 | 88 沖縄県 | 91 鉄道編・JR | 92 鉄道編・私鉄 | 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) | 96 大学編 | 97 アーティストのライブ日記 | 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) | 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) | 竣工済-シティタワー神戸三宮 | 竣工済-メガシティタワーズ | 竣工済-大阪フクシマタワー | 竣工済-御影タワーレジデンス | 竣工済-新・大阪富国生命ビル | 竣工済-梅田阪急ビル① | 竣工済-梅田阪急ビル② | 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト | 竣工済-阿倍野地区再開発事業 | 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場