61 京都府

2024年6月20日 (木)

訪日外国人数 2024年5月は3,040,100人(推計値) 3か月連続で300万人を突破! 年間でも過去最多ペースを維持!

Osakanamba240611
-訪日外客数-

 「日本政府観光局(JNTO)」は、2024年6月19日に「訪日外客数(2024年5月推計値)」を発表しました。2024年5月の訪日外客数は、3,040,100人(推計値)となり、3か月連続で300万人を突破したと発表しました。

 引用資料 日本政府観光局(JNTO:2024/06/19)
 訪日外客数(2024年5月推計値) 

 5月の訪日外客数は、3,040,100人(推計値)となり、前年同月比では60.1%増、2019年同月比では9.6%増となりました。同月過去最高であった2019年5月の2,773,091人を20万人以上上回り、3か月連続で300万人を突破しました。

 一部市場において学校休暇を含む連休にあわせた訪日需要の高まりがみられたほか、東アジアでは韓国、東南アジアではシンガポール、欧米豪・中東地域では米国などで訪日外客数が増加したことが、今月の押し上げ要因となりました。

 23市場のうち19市場(韓国、台湾、香港、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、メキシコ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、北欧地域、中東地域)において5月として過去最高を記録したほか、インドでは単月過去最高を更新しました。


Kyotokyoto201111
「訪日外客数」です(引用:日本政府観光局:JNTO)。

訪日外客数 (2019年/2023年/2024年)
            2019年          2023年        2024年
01月   2,689,339人   1,497,472人   2,688,478人
02月   2,604,322人   1,475,455人   2,788,224人
03月   2,760,136人   1,817,616人   3,081,781人
04月   2,926,685人   1,949,236人   3,042,900人
05月   2,773,091人   1,899,176人   3,040,100人
06月   2,880,041人   2,073,441人
07月   2,991,189人   2,320,694人
08月   2,520,134人   2,157,190人
09月   2,272,883人   2,184,442人
10月   2,496,568人   2,516,623人
11月   2,441,274人   2,440,890人
12月   2,526,387人   2,734,115人
---------------------------
累計  31,882,049人  25,066,350人
 
訪日外客数 (確定値)
---------------------------
2004年     6,137,905人
2005年     6,727,926人
2006年     7,334,077人
2007年     8,346,969人
2008年     8,350,835人
2009年     6,789,658人
2010年     8,611,175人
---------------------------
2011年     6,218,752人
2012年     8,358,105人
2013年   10,363,904人
2014年   13,413,467人
2015年   19,737,409人
2016年   24,039,700人
2017年   28,691,073人
2018年   31,191,856人
2019年   31,882,049人
2020年     4,115,828人
---------------------------
2021年       245,862人
2022年     3,832,110人
2023年   25,066,350人


Osakanamba240612
大阪の訪日外国人数
 大阪を訪れる外国人観光客がコロナ前を上回り過去最多となる見通しです。「大阪観光局」は2024年5月31日に、今年大阪を訪れる外国人観光客の数1,400万人との予測を発表しました。

 1,231万人(12,306千人)だったコロナ禍前の2019年を上回り過去最多となる見通しです。理由として中国からの団体客が回復傾向にあることなどを挙げていて、総消費額の目標も過去最高となる1兆6000億円としています。

 日本経済新聞(2024/05/31)
 大阪の外国人客、24年1400万人見通し 5年ぶり過去最高

大阪の外国人観光客数の推移
2013年-2,625千人
2014年-3,758千人
2015年-7,165千人
2016年-9,400千人
2017年-11,103千人
2018年-11,416千人
2019年-12,306千人
2020年-(コロナ禍)
2021年-(コロナ禍)
2022年-(コロナ禍)
2023年-9,798千人
2024年-14,000千人(予測)



|

2024年6月19日 (水)

向日市 JR向日町駅周辺地区第一種市街地再開発事業 事業費約206億に増額、延床面積約47,750㎡、総戸数約340戸に規模拡大!

Kyotomuko220211
-JR向日町駅周辺地区第一種市街地再開発事業-

 「JR向日町駅周辺地区市街地再開発準備組合」は、「JR向日町駅周辺地区第一種市街地再開発事業」を計画しています。「駅ビル棟」は、地上5階、「住宅棟」は、地上36階、最高高さ128.5m、総戸数約330戸です。最高高さ128.5mは、完成すると京都府で一番高い超高層ビルになります。

 引用資料 向日市・公式ホームページ
 JR向日町駅周辺のまちづくり

● 階数・延床面積・総戸数を拡大!
 「JR向日町駅周辺地区市街地再開発組合」は、「JR向日町駅周辺地区第一種市街地再開発事業」の事業計画変更を向日市に申請しました。事業費を186億9000万円から206億3500万円に増額したほか、再開発ビルの延べ床面積を4万6300㎡から4万7750㎡に、住宅棟のフロア数を36階から38階に、総戸数を約330戸から約340戸に、それぞれ増加させています。組合は、変更の理由として物価高騰を挙げています。

 建設津新新聞(2024/06/17)
 事業費206億に増額/延べ床4.8万㎡、住宅340戸へ/JR向日町駅周辺再開発

 2024年度中には権利変換計画認可と埋蔵文化財調査を予定しており、2025年度中の着工、2028年度中の完成を目指しています。事業では、再開発ビルとして分譲住宅棟と店舗、業務の機能を複合化した駅前ビルを建設するほか、東口駅前広場などを整備します。

JR向日町駅周辺地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-京都府向日市寺戸町久々相
◆ 交通-JR京都線「向日」駅直結
◆ 階数-(住宅棟)地上38階(地上36階から変更) 、地下0階 、(駅ビル棟)地上5階、地下0階
◆ 高さ-最高部128.5m(高さの変更は無し)
◆ 敷地面積-約5,780㎡(約5,060㎡から変更)
◆ 建築面積-約2,600㎡(約2,700㎡から変更)
◆ 延床面積-約47,750㎡(約46,300㎡から変更)
◆ 容積対象面積-約34,310㎡(約32,500㎡から変更)
◆ 構造-(住宅棟)鉄筋コンクリート造、(駅ビル棟)鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、業務施設、店舗、駐車場、駐輪場
◆ 総戸数-約340戸(約330戸から変更)
◆ 建築主-JR向日町駅周辺地区市街地再開発組合
◆ 事業協力者-JR西日本不動産開発
◆ 特定業務代行者-大林組・大鉄工業JV
◆ 着工-2025年度予定
◆ 竣工-2028年度予定
◆ 事業費-20,635百万円(18,690百万円から変更) 


Kyotomuko221213
「JR向日町駅」です。


Kyotomuko221214
「JR向日町駅周辺地区第一種市街地再開発事業」の予定地です。奥に「ニデック(旧:日本電産)」 本社が一部見えます。


Kyotomuko221221
JR向日町駅

 JR京都線の向日町駅自由通路整備・橋上化事業においては、駅東側エリアからのアクセス改善と駅の交通結節点としての機能強化ならびにサービスの向上を図るとともに、まちの活性化や駅周辺のにぎわい創出を目指して、2022年2月に向日市とJR西日本間で協定を締結のうえ事業を進めています。

 引用資料 JR西日本(PDF:2022/12/16)
 JR京都線 向日町駅自由通路整備・橋上化事業の概要について

 2022年11月より支障移転工事の着手、2024年1月に本体工事の着手、2025年度夏頃に橋上駅舎の一部供用開始、2026度冬頃に東口開設・橋上駅舎の完成予定です。


Kyotomuko240111
「整備計画概要図」です。2025年夏頃に一部供用開始予定、2026年冬頃に全面供用開始予定です(引用:JR西日本)。

設備の概要
(1)自由通路
◆ 通路-幅員5m、延長約60mの歩行者専用通路
◆ 西口-エレベーター1基、階段(幅員2m)、エスカレーター(昇り降り各1基)
◆ 東口-別途市街地再開発事業で整備予定
(2)橋上駅舎
◆ エレベーター2基(各ホーム1基)、エスカレーター2基(各ホーム昇り1基)
◆ 階段2箇所(各ホーム1箇所、幅員1.8m)
◆ 自動改札×4通路
◆ 券売機×3台
◆ 旅客トイレ
◆ 店舗(計画中)


Kyotomuko240112
「工事スケジュール」です。



|

2024年5月12日 (日)

「向日町競輪場」の余剰地にアリーナを建設 収容人員は8,000人以上 京都アリーナ(仮称)整備・運営等に係る公募型プロポーザルの開始!

Kyotomuko240411
-京都アリーナ(仮称)-
 京都府では、向日町競輪場敷地(京都府向日市寺戸町西ノ段5番地他)において、屋内競技と自転車競技を合わせた京都府内スポーツ振興の拠点として屋内スポーツ施設(アリーナ)を整備することとしたところです。向日町競輪場の余剰地にアリーナを建設します。収容人員は8,000人以上とし、2028年度のオープンを目指す計画です。

 アリーナの整備・運営等に当たり、民間事業者のノウハウや創意工夫を最大限に引き出すため、公募型プロポーザルにより、事業手法等も含めた幅広い提案を受け付けて事業化を図っていきます。

● 公募型プロポーザルの実施について公告!
 京都府は、2024年5月2日に京都アリーナ(仮称)整備・運営等事業に係る公募型プロポーザルの実施について公告しました。また、募集要項等の資料を公表しました。

 京都府・公式ホームページ(2024/05/02)
 京都アリーナ(仮称)整備・運営等に係る公募型プロポーザルの開始について

 「メインアリーナ」は競技面を61m×48m以上とし、座席数は8,000席以上とします。「サブアリーナ」は競技面38m×20m以上で、200席程度の客席を設置します。整備費用は総額343億円(税込み)程度を見込みます。スケジュールは、設計・建設が2025年4月頃~2028年3月頃まの予定です。


Kyotokpu230711
京都府立大学にアリーナ機能持つ体育館を建設
 京都市左京区の「京都府立大学」にアリーナ機能を持った体育館を建設する計画が進んでいます。大学スポーツの公式試合や国際大会を開催できる1万人規模の収容人数を想定し、民間事業者との連携も視野に入れて整備する方針です。

 現在の京都府立大体育館は1970年の建設で、耐震強度の不足や老朽化により建て替えが急務となっており、学生の授業は現在、半分ほどの広さの第二体育館をメインに使用しています。

 京都府の計画によると、新たな体育館は「京都府立医科大学」や「京都工芸繊維大学」と共同利用します。その上で、メインアリーナはバスケットコート3面分の広さを確保し、1万人程度の観客席を備えます。バスケコート2面分のサブアリーナや武道場、トレーニング室をします。

● 京都のアリーナの2案はどちらになるのか?
 「京都府立大学」の案に続いて、新たに向日市にある向日町競輪場の余剰地にアリーナを建設する案が出てきました。アリーナが2つ共に建設される事は無いのでどちらかになります。


Kobearena240215
ジーライオンアリーナ神戸
 神戸港の新港第2突堤に2025年春に開業するアリーナについて、運営会社は2024年2月8日に、名称を「ジーライオンアリーナ神戸(GLION ARENA KOBE)」とすると発表しました。

 引用資料 GLIONグループ(2024/02/08)
 「神戸アリーナプロジェクト」新アリーナ名称「GLION ARENA KOBE」に決定!株式会社One Bright KOBEと「オフィシャルトップパートナー」の契約を締結

 「ネーミングライツ(命名権)」を、自動車小売業などを手がける「ジーライオン(神戸市中央区)」が獲得しました。内部には、飲食しながら観戦できるVIPフロアを整備します。また周辺にはテラス付きの飲食店などを開設する予定です。

ジーライオンアリーナ神戸(GLION ARENA KOBE)の概要
◆ 計画名-新港突堤西地区(第2突堤)再開発事業、神戸アリーナプロジェクト
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区新港町130番1一部、130番2、130番1地先一部
◆ 階数-地上7階、地下0階
◆ 高さ-最高部46.163m
◆ 敷地面積-23,693.50㎡
◆ 建築面積-12,865.01㎡
◆ 延床面積-31,774.62㎡(ニュースリリースでは約32,300㎡)
◆ 容積対象面積-30,814.58㎡
◆ 構造-鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-観覧場、飲食、物販店舗
◆ 収容人数-約10,000人
◆ 建築主-エヌ・ティ・ティ都市開発(運営会社 One Bright KOBE)
◆ 設計者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2023年04月18日(地鎮祭)
◆ 竣工-2025年02月28日予定
◆ オープン-2025年04月予定


Suita230912
万博記念公園駅前周辺地区活性化事業
 大阪府は、「大規模アリーナを中核とした大阪・関西を代表する新たなスポーツ・文化の拠点」を実現するため、「三菱商事都市開発、アンシュッツ・エンターテイメント・グループ(Anschutz Entertainment Group, Inc)、関電不動産開発」で構成する共同企業体との間で、万博記念公園駅前周辺地区に関する基本協定書を締結しました。

 2023年9月22日に「三菱商事都市開発、アンシュッツ・エンターテイメント・グループ(Anschutz Entertainment Group, Inc)、関電不動産開発」からリリースがあり、新しい「外観イメージパース」が公開されました。 

 引用資料 三菱商事都市開発(2023/09/22)
 「万博記念公園駅前周辺地区活性化事業」に関する大阪府との基本協定締結

 2025年6月末までに造成工事に着手し、2029年1月末までにアリーナ棟、商業・カジュアルホテル棟、住宅棟の第Ⅰ期をオープンし、2037年3月末までにすべて開業する予定です。

アリーナ棟の概要
◆ 所在地-大阪府吹田市千里万博公園
◆ 交通-大阪モノレール「万博記念公園」駅
◆ 延床面積-約69,550㎡
◆ 最大収容人数-18,000人(固定観客席13,400席)
◆ 想定年間イベント-165回
◆ 想定来館者数-約180万人/年
◆ 招聘交渉可能な国際スポーツ大会-世界フィギュアスケート選手権、プロテニスWTAツアー、NBA(北米プロバスケットボールリーグ)公式戦 など
◆ 開業目標-2029年01月末予定


Osakacastle240211
アリーナ・ホール等の整備(大阪城東部地区)
 
第6回大阪城東部地区まちづくり検討会では、1.5期開発の具体的な土地利用・基盤整備の方針を示す1.5期開発の開発方針について意見交換を行いました。

 大阪城の東側に広がる「大阪城東部地区」の街づくりで、大阪メトロが2028年春の完成を目指す「1.5期」事業としてB地区(2ha)に「収容人数1万人以上のアリーナ・ホール等の整備」が明記されました。

 引用資料 大阪市・公式HP(2024/02/13)
 第6回大阪城東部地区まちづくり検討会

 大阪メトロのアリーナは近くにある「大阪城ホール」と連携し、差別化していきます。大阪城ホールより「もっと大きくする」方針です。多様なイベントに対応するために可動式観客席の導入も検討しています。2025年度以降に設計に着手する見通しです。

● 関西に先端設備を備えるアリーナが5カ所!
 現在関西には現役バリバリの「大阪城ホール」と老朽化が著しい「ワールド記念ホール」の2カ所のアリーナがあります。「ジーライオンアリーナ神戸」が完成すると「ワールド記念ホール」は実質的な役割は終えると思います。

 上記の施設がすべて完成すると、大阪府3カ所、兵庫県1カ所、京都府1カ所の合計5カ所の先端設備を備える第一線級のアリーナが稼働します。私はこのブログに「関西にアリーナを建設して欲しい!」と何度も書きましたが、関西の人口から考えると5カ所あれば需要を充分に賄えます。私の長年の夢が叶いそうです。



|

2024年4月24日 (水)

訪日外国人数 2024年3月は3,081,600人(推計値) 単月として初めて300万人を突破して過去最高!

Kyotosakura240411
-訪日外国人数-
 「JTB」は2023年12月20日に、2024年の年間旅行動向見通しを発表しました。インバウンド(訪日外国人)は新型コロナウイルス禍前の2019年を3.8%上回る3,310万人となり、1981年の調査開始以来過去最高となる見通しです。2022年10月に水際対策が緩和されてから欧米やアジアからの訪日客が伸びており、傾向が続くと見ています。

 引用資料 JTB(2023/12/20) 
 2024年(1月~12月)の旅行動向見通し

● 2024年3月は3,081,600人(推計値)
 「日本政府観光局(JNTO)」は、2024年4月17日に「訪日外客数(2024年3月推計値)」を発表しました。2024年3月の訪日外客数は、3,081,600人(推計値)となり、単月で初めて300万人を突破し過去最高となりました。コロナ前の2019年の同月と比べ11.6%増加しました。

 引用資料 日本政府観光局(JNTO) PDF:2024/04/17
 訪日外客数(2024 年 3 月推計値) 

 春の桜のシーズンにより訪日需要が高まったことやイースター休暇が先月下旬から始まったこと、円安が続いていることなどが要因です。2024年1月~3月の訪日外国人消費額も1兆7505億円と四半期として過去最高になりました。

訪日外客数 (2019年/2023年/2024年)
            2019年          2023年        2024年
01月   2,689,339人   1,497,472人   2,688,478人
02月   2,604,322人   1,475,455人   2,788,000人
03月   2,760,136人   1,817,616人   3,081,600人
04月   2,926,685人   1,949,236人
05月   2,773,091人   1,899,176人
06月   2,880,041人   2,073,441人
07月   2,991,189人   2,320,694人
08月   2,520,134人   2,157,190人
09月   2,272,883人   2,184,442人
10月   2,496,568人   2,516,623人
11月   2,441,274人   2,440,890
12月   2,526,387人   2,734,115人
---------------------------
累計  31,882,049人  25,066,350人
 
訪日外客数 (確定値)
---------------------------
2004年     6,137,905人
2005年     6,727,926人
2006年     7,334,077人
2007年     8,346,969人
2008年     8,350,835人
2009年     6,789,658人
2010年     8,611,175人
---------------------------
2011年     6,218,752人
2012年     8,358,105人
2013年   10,363,904人
2014年   13,413,467人
2015年   19,737,409人
2016年   24,039,700人
2017年   28,691,073人
2018年   31,191,856人
2019年   31,882,049人
2020年     4,115,828人
---------------------------
2021年       245,862人
2022年     3,832,110人
2023年   25,066,350人

2019年外国人旅行客数(国連統計)
---------------------------
01 フランス-89,322千人
02 スペイン-83,509千人
03 アメリカ-79,256千人
04 中国-65,700千人
05 イタリア-64,513千人
06 トルコ-51,192千人
07 メキシコ-45,024千人
08 タイ-39,916千人
09 ドイツ-39,563千人
10 イギリス-39,418千人
---------------------------
11 オーストリア-31,884千人
12 日本-31,882千人
13 ギリシャ-31,348千人
14 マレーシア-26,101千人
15 ロシア-24,419千人
16 香港-23,752千人
17 アラブ首長国連邦-22,575千人
18 カナダ-22,145千人
19 ポーランド-21,155千人
20 オランダ-20,129千人
---------------------------


Kyotosakura240413
産寧坂の100年以上前からある有名な枝垂桜が倒れる
 清水寺近くの「産寧坂((さんねいざか)」にある枝垂桜は100年以上前からあり、非常に美しい景観からなり有名です。その桜の木が2024年4月23日に倒れ、男性1人が下敷きになりました。命には別状ないものの重症だそうです。

 間違いなく京都観光に大きく貢献した桜です。インバウンド(訪日外国人)にも大きく貢献したと思います。桜の倒木はどこでもあり得る事です。観光地の景観を維持しながら観光客の安全を守るのは大変な事だと改めて思い知らされました。



|

2024年4月16日 (火)

訪日外国人観光客に大人気の日本の桜 春の京都はインバウンド(訪日外国人旅行)で沸騰 京都の桜の名所

Kyotosakura240411
-京都の桜-
 日本のいちばん美しい季節は、春の「桜」と秋の「紅葉」だと思います。桜前線が北上しています。すでに世界共通語となっている「Hanami(花見)」を目的に多くの訪日外国人観光客がやってきています。

 どこの桜も美しいですが、やはり「古都+桜」の京都の美しさは群を抜いていると思います。テレビやYouTubeを見ると桜が満開だった春の京都はインバウンド(訪日外国人旅行)で沸騰していました。

● 電線類地中化+歩車道の石畳化!
 古都京都は、素晴らしい景観なのに、電柱や電線で景観が台無しな場所をよく見かけます。もっと「電線類地中化」を行って欲しいですが、京都市は財政的に危機的な状態なので、予算が無くて「電線類地中化」が全然進みません。

 「オーバーツーリズム」の問題が深刻なので、魅力のある観光地を増やして分散化させる必要があります。私的には、「電線類地中化+歩車道の石畳化」を一番行って欲しい場所は、「高瀬川+木屋町通」です。

 「高瀬川」の桜は今でも人気ありますが、「電線類地中化+歩車道の石畳化」を行うと街の魅力が大幅にアップして、桜の季節以外でも集客できる街になると思います。


Kyotosakura240412
「清水寺(京都市東山区清水一丁目)」です。


Kyotosakura240413
「産寧坂(京都府京都市東山区清水二丁目)」です。


Kyotosakura240414
「平安神宮(京都府京都市左京区岡崎西天王町)」です。


Kyotosakura240415
「岡崎疏水(京都府京都市左京区南禅寺草川町)」です。


Kyotosakura240416
「蹴上インクライン(京都府京都市東山区東小物座町)」です。


Kyotosakura240417
「哲学の道(京都府京都市左京区浄土寺石橋町)」です。


Kyotosakura240418
「祇園白川(京都府京都市東山区清本町)」です。


Kyotosakura240419
「花見小路通 & 建仁寺(京都府京都市東山区大和大路通四条下る小松町)」です。


Kyotosakura240420
「円山公園(京都市東山区円山町)」です。


Kyotosakura240421
「知恩院(京都府京都市東山区林下町)」です。


Kyotosakura240422
「高瀬川(京都府京都市中京区鍋屋町)」です。


Kyotosakura240423
「嵐山(京都府京都市右京区)」です。


Kyotosakura240424
「天龍寺(京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町)です。


Kyotosakura240425
「仁和寺(京都府京都市右京区御室大内)」です。


Kyotosakura240426
「醍醐寺(京都府京都市伏見区醍醐東大路町)」です。


Kyotosakura240427
「宇治公園(京都府宇治市宇治)」です。



|

2024年4月 1日 (月)

龍谷大学 「深草を森にする」をコンセプトに深草キャンパス大規模施設整備 4つの新棟と1つの既存施設を改修!

Kyotoryukoku240321
-深草キャンパス大規模施設整備-
 「龍谷大学」は、構想400の実現に向けた「龍谷大学キャンパスブランド構想」を推進するため、2025年4月に社会学部を新たに改組し瀬田キャンパスから深草キャンパスに移転します。これと相まって深草キャンパスの大規模な施設整備を行います。

 引用資料 龍谷大学(2023/09/21)
 「深草を森にする」をコンセプトに深草キャンパス大規模施設整備 サステナビリティ実現に向けた森のキャンパスへ

 現在、深草キャンパスは社会科学系の学部を中心に構成しており、社会学部の移転によって深草キャンパスは社会科学の集積拠点となります。目まぐるしく変化する社会環境において社会科学の叡智を結集し新たな知や価値を創出していきます。

 今回の施設整備では、4つの新棟と1つの既存施設を改修します。北・南・西にエリア分けし、教育・研究・社会貢献及び大学運営をより効果的に推進するため各機能のゾーニングを行います。これまで一般道路で隔てられていた南エリアと北エリアを上空通路(歩道橋)で接続してシームレスに一体化することで、南北一体となった教育・研究エリアの実現を目指します。


Kyotoryukoku240322
「深草キャンパス施設整備イメージ図」です。

 

Kyotoryukoku240323
「【南エリア】10・11号館跡地新棟(仮称)」です。

 

Kyotoryukoku240324
「【⻄エリア】紫光館別館跡地新棟(仮称)」です。

 

Kyotoryukoku240325
「12号館(体育館)北側新棟(仮称)」です。



|

2024年3月30日 (土)

佛教大学 JR山陰本線「二条駅」の西側に新校舎「佛教大学二条キャンパス2号館建設工事」 2024年4月3日(水)に地鎮式・起工式を挙行!

Kyotobukkyo240311
-二条キャンパス2号館建設工事-
 昨秋から今年1月にかけて低下が続いた「琵琶湖」の水位が3月26日に、約7カ月ぶりにマイナスからプラスに転じました。そういえばここ最近は本当に雨が多いですね。一時は基準の水位よりマイナス79cmまで下がっていました。自然の回復力は本当に凄いですね!

 「佛教大学」は、京都市北区の「紫野キャンパス」を拠点として、7学部・14学科・4研究科を設置する総合大学です。二条駅周辺に、「紫野キャンパス」に次ぐ第2キャンパスとして、JR二条駅東側に「二条キャンパス」を整備し、2011年4月に「保健医療技術学部」を移転しました。

 二条キャンパス東校地に続いて、JR二条駅西側にも用地を確保し、二条キャンパス西校地として開設する準備を進めています。既に取得済みの東側用地だけでは充分でないため、隣接する西側用地の譲渡を要望していました。

● 2024年4月3日(水)に地鎮式・起工式を挙行!
 「佛教大学」は、JR二条駅西側の総合商業施設に隣接した土地に、新たな校舎として「二条キャンパス2号館」を建設します。着工に伴い2024年4月3日(水)に仏式での地鎮式・起工式を執り行います。完成は2026年2月の予定です。

 引用資料 佛教大学(2024/03/27)
 新校舎建設工事着工に伴い佛教大学二条キャンパス2号館建設工事 地鎮式・起工式を執り行います

 新しい校舎の完成にあわせて、2026年4月にはこれまで保健医療技術学部が培ってきた二条地域での教育研究資源と、本学社会福祉学部が長年の歴史の中で築き上げてきた社会福祉領域における実績とを融合させることで、地域への社会貢献、さらなる教育研究の拡充発展、社会に有為な人材養成の充実などを図ることが出来ると考えています。

佛教大学二条キャンパス2号館建設工事の概要
◆ 所在地-京都府京都市中京区西ノ京小倉町101番地
◆ 交通-JR山陰本線(嵯峨野線)「二条」駅、京都市営地下鉄東西線「二条」駅
◆ 階数-地上7階、地下1階
◆ 敷地面積-4,150.62㎡
◆ 建築面積-3,080.07㎡
◆ 延床面積-18,636.47㎡
◆ 構造-鉄筋造、一部コンクリート造 
◆ 用途-大学
◆ 建築主-学校法人佛教教育学園
◆ 設計者・監理者-中村設計
◆ 施行者-東急・吉村・北和建設工事共同企業体
◆ 着工-2024年04月01日予定
◆ 竣工-2026年02月28日予定
◆ 開校-2026年04月予定


Kyotobukkyo240312
「完成イメージ」です。

Kyotobukkyo240313
「佛教大学二条キャンパス2号館建設工事」の建設予定地です。


Kyotobukkyo240113
JR二条駅のホームから見た「佛教大学二条キャンパス2号館建設工事」の建設予定地です。


Kyotobukkyo240114
「佛教大学二条キャンパス2号館建設工事」の建設予定地です。


Kyotobukkyo240116
「佛教大学」は二条駅周辺に、「紫野キャンパス」に次ぐ第2キャンパスとして、JR二条駅東側に「二条キャンパス」を整備し、2011年4月に「保健医療技術学部」を移転しました。



|

2024年3月 6日 (水)

京都駅の周辺エリア 京都市立芸術大学新キャンパス隣接地(将来活用地) 「龍谷大学」がイノベーションハブ拠点「共創HUB京都」を整備!

Kyotokyoto240311
-京都市立芸術大学新キャンパス隣接地(将来活用地)-

 「京都市」では、京都の玄関口であり、悠久の歴史と暮らしが今なお息づく京都駅の周辺エリアにおいて、「京都市立芸術大学・京都市立銅駝美術工芸高等学校(京都市立美術工芸高等学校に改称予定)」の移転・開校を控えて、「文化芸術都市・京都」の新たなシンボルゾーンを創出する取組を進めています。

 この京都市立芸術大学新キャンパスに隣接する約4,000㎡の市有地(将来活用地)を活用し、SDGsの理念の下、京都市民や企業と共に、京都の未来を創造し、日本・世界に発信する新たな拠点を生み出すプロジェクトを始動します。

● 龍谷大学の共創HUB京都
 「学校法人龍谷大学」は、代表事業者の「大阪ガス都市開発」と「京都信用金庫」との3者で「共創HUB京都コンソーシアム」を組織し、2023年3月に京都市が公募した「京都市立芸術大学新キャンパス隣接地(将来活用地)の活用に係る公募」において、2023年9月に契約候補事業者に選定されました。

 引用資料 龍谷大学(2023/11/30)
 京都市立芸術大学新キャンパス隣接地の活用に係る基本協定を締結-京都に根差し未来を創造・発信するイノベーション龍谷大学」です。

 今後は京都市と連携し、公募の対象地の強みを存分に活かした活用計画の策定を進め、2027年度中の竣工・運営開始を目指すとともに、文化と経済の好循環を実現すべく様々な連携施策の検討を進めていきます。


Kyotokyoto240312
イノベーションハブ拠点「共創HUB京都」の主な機能(予定)です。


Kyotokyoto231013
「将来活用地の位置図」です。正確な面積は、4,002.10㎡(仮換地地積)です。


Kyotokyoto220813
「将来活用地」です。京都市立芸術大学「C地区」の南側に隣接する約4,000㎡の市有地です。


Kyotokcua201011
京都市立芸術大学の移転
 「京都市立芸術大学」は、1880年に日本初の公立の絵画専門学校として創設された「京都府画学校」を起源とし、今日まで自由で独創的な研究を行うとともに、次世代の芸術文化を先導する創造的な人物を生み出し、国内外の芸術文化の発展に寄与してきました。

 1980年には、それまで別々の地にあった美術学部と音楽学部を一つのキャンパスとして、洛西ニュータウン付近の京都市西京区大枝沓掛に移転し、教育研究活動に取り組んできました。

 しかし、移転から歳月が経過する中で、立地条件や建物の耐震性、バリアフリーの問題など各種の課題が顕在化したことから、これらの課題を解消するため、京都市に対し、「崇仁地域への移転・整備に関する要望書」を提出しました。

 これを受け、京都市では、芸術大学として一層飛躍するため、京都の玄関口・京都駅の東に位置する崇仁地域へ移転整備する方針を決定し、移転整備の基本的な方向性を明らかにする「京都市立芸術大学移転整備基本構想」が策定されました。

● 2023年10月1日に開校!
 「京都市立銅駝美術工芸高等学校(旧:京都市立美術工芸高等学校)」が2023年4月に開校、「京都市立芸術大学」が2023年10月に開校しました。

 2023年10月1日には「記念式典」が開かれました。京都市立芸大の生徒ら約1,000人は、10月2日から新しい校舎で授業を開始しました。移転の総事業費は約270億円です。



|

2024年1月29日 (月)

JR京都線 向日町駅自由通路整備・橋上化事業 2024年1月に本体工事の着手、2025年夏頃に一部供用開始予定、2026年冬頃に全面供用開始予定!

Kyotomuko221221
-JR向日町駅-
 「ニデック(旧:日本電産)」は、本社に隣接するJR向日町駅東側の農地約60,000㎡を取得し、第二本社やグループ企業の新拠点計4棟を2030年までに建設する構想を正式発表しています。

 最終的には、現本社を含めて一帯で最大5,000人が働く見込みです。最寄りの駅は「JR向日町駅」ですが、日本電産側の駅の東側に改札口がありません。そこで、駅の東側に「東口」を整備する計画が進んでいます。

 駅前広場、自由通路などの駅周辺施設の整備や市街地再開発事業を行い、東口の開設を図るとともに、駅周辺のにぎわいの創出を目指しています。また、駅への利便性・安全性の向上を図るため、京都市と連携し、都市計画道路の新設や、市道の拡幅整備を進めています。

● 2024年1月に本体工事の着手!
 JR京都線の向日町駅自由通路整備・橋上化事業においては、駅東側エリアからのアクセス改善と駅の交通結節点としての機能強化ならびにサービスの向上を図るとともに、まちの活性化や駅周辺のにぎわい創出を目指して、2022年2月に向日市とJR西日本間で協定を締結のうえ事業を進めています。

 引用資料 向日市・公式ホームページ
 JR向日町駅周辺のまちづくり

 2022年11月より支障移転工事の着手、2024年1月に本体工事の着手、2025年度夏頃に橋上駅舎の一部供用開始、2026度冬頃に東口開設・橋上駅舎の完成予定です。


Kyotomuko240111
「整備計画概要図」です。2025年夏頃に一部供用開始予定、2026年冬頃に全面供用開始予定です(引用:JR西日本)。

設備の概要
(1)自由通路
◆ 通路-幅員5m、延長約60mの歩行者専用通路
◆ 西口-エレベーター1基、階段(幅員2m)、エスカレーター(昇り降り各1基)
◆ 東口-別途市街地再開発事業で整備予定
(2)橋上駅舎
◆ エレベーター2基(各ホーム1基)、エスカレーター2基(各ホーム昇り1基)
◆ 階段2箇所(各ホーム1箇所、幅員1.8m)
◆ 自動改札×4通路
◆ 券売機×3台
◆ 旅客トイレ
◆ 店舗(計画中)


Kyotomuko240112
「工事スケジュール」です。


Kyotomuko220211
JR向日町駅周辺地区第一種市街地再開発事業

 「JR向日町駅周辺地区市街地再開発準備組合」は、「JR向日町駅周辺地区第一種市街地再開発事業」を計画しています。「駅ビル棟」は、地上5階、「住宅棟」は、地上36階、最高高さ128.5m、総戸数約330戸です。最高高さ128.5mは、完成すると京都府で一番高い超高層ビルになります。

JR向日町駅周辺地区第一種市街地再開発事業の概要
◆ 所在地-京都府向日市寺戸町久々相
◆ 交通-JR京都線「向日」駅直結
◆ 階数-(住宅棟)地上36階、地下0階、(駅ビル棟)地上5階、地下0階
◆ 高さ-最高部128.5m
◆ 敷地面積-約5,060㎡
◆ 延床面積-約46,300㎡
◆ 構造-(住宅棟)鉄筋コンクリート造、(駅ビル棟)鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、業務施設、店舗、駐車場、駐輪場
◆ 総戸数-約330戸
◆ 建築主-JR向日町駅周辺地区市街地再開発組合
◆ 事業協力者-JR西日本不動産開発
◆ 特定業務代行者-大林組・大鉄工業JV
◆ 着工-2025年度予定
◆ 竣工-2028年度予定


Kyotomuko221213
「JR向日町駅」です。


Kyotomuko221214
「JR向日町駅周辺地区第一種市街地再開発事業」の予定地です。奥に「ニデック(旧:日本電産)」 本社が一部見えます。



|

2024年1月14日 (日)

日本株が堅調 2024年1月12日終値時点 京都府に本社を置く9社が時価総額1兆円を突破!

Kyotokyoto201111
-京都の企業-
 日本株が堅調です。2024年1月11日に「日経平均株価」が心理的節目の3万5000円を突破しました。1月12日は更に上昇しました。「TOPIX(東証株価指数)」もバブル崩壊後の戻りの最高値を1月12日に更新しています。

 それに伴い、京都企業で時価総額が1兆円を超える企業が9社に増加しています。しかし、「飛ぶ鳥を落とす勢い」のあった京都企業ですが、最近は停滞気味です。2020年11月27日終値時点での時価総額では、ベスト20に3社も入っていましたが、今は「任天堂」の1社だけです。

 私はこのブログで「京都の企業が凄い事になる!」と何度も書きました。現時点では予想が外れています。京都ハイテク御三家の「ニデック(旧:日本電産)」の時価総額の大幅減少、「村田製作所」の減収減益は想定外でした。

時価総額ランキング(2024年1月12日終値時点)
-------------------------------
001 トヨタ自動車-46,285,619百万円
002 ソニーグループ-18,382,455百万円
003 日本電信電話-16,335,277百万円
004 キーエンス-16,287,619百万円
005 三菱UFJフィナンシャル・グループ-15,638,049百万円
006 ファーストリテイリング-12,391,524百万円
007 東京エレクトロン-12,380,359百万円
008 信越化学工業-11,620,490百万円
009 KDDI-11,292,501百万円
010 リクルートホールディングス-10,555,655百万円
-------------------------------
011 任天堂-10,551,856百万円
030 村田製作所-6,038,739百万円
051 ニデック-3,535,371百万円
057 京セラ-3,289,058百万円
128 オムロン-1,415,046百万円
133 SGホールディングス-1,343,868百万円
140 島津製作所-1,263,036百万円
142 SCREENホールディングス-1,253,617百万円
163 ローム-1,101,482百万円

時価総額ランキング(2020年11月27日終値時点)
010 日本電産-7,856,048百万円
012 任天堂-7,661,819百万円
020 村田製作所-6,124,229百万円
068 京セラ-2,295,921百万円
080 SGホールディングス-1,959,607百万円
081 オムロン-1,951,076百万円
122 島津製作所-1,119,145百万円
152 ローム-912,580百万円

時価総額ランキング(2016年7月15日終値時点) 
019 任天堂-3,935,565百万円
031 村田製作所-2,867,606百万円
038 日本電産-2,502,904百万円
051 京セラ-1,943,225百万円
145 オムロン-755,272百万円


Kyotokyoto201113
1位 任天堂(東証プライム上場)
 
「任天堂」の本社は、京都府京都市南区上鳥羽鉾立町11番地1にあります。玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行っています。


Kyotokyoto201114
2位 村田製作所(東証プライム上場)

 「村田製作所」の本社は、JR長岡京駅前の京都府長岡京市東神足一丁目10番1号にあります。電子部品大手で、世界トップのセラミックコンデンサーが柱です。原料からのセラミック技術に強みを持っています。高い技術力を背景に驚異的な利益率を誇っています。


Kyotokyoto220811
3位 ニデック(東証プライム上場)

 
「ニデック(旧:日本電産)」の本社は、京都府京都市南区久世殿城町338番地にあります。モーター世界大手です。精密小型から産業用など中大型シフトしています。EV向けなど車載用を主柱に育成中です。


Kyotokyoto201115
4位 京セラ(東証プライム上場)

 「京セラ」の本社は、京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地にあります。コンデンサーなど電子部品大手です。太陽電池モジュール、通信機器、複写機など多角化経営を行っています。


Kyotokyoto201117
5位 オムロン(東証プライム上場)
 
「オムロン」の本社は、京都駅近くの京都府京都市下京区塩小路通堀川東入にあります。稼ぎ頭は制御機器で、リレー等電子部品やヘルスケアも展開しています。


Kyotokyoto201116
6位 SGホールディングス(東証プライム上場)
 
「SGホールディングス」の本社は、京都府京都市南区上鳥羽角田町68番地にあります。「SGホールディングス」は、佐川急便グループの純粋持株会社です。国内宅配便ではヤマトホールディングスに次ぐ国内2位でシェアです。京都の本社は非常に小さく、実質的な本社は東京都江東区新砂二丁目にあります。


Kyotokyoto201118
7位 島津製作所(東証プライム上場)
 「島津製作所」の本社は、京都府京都市中京区西ノ京桑原町1にあります。分析・計測機器大手で、医用機器、航空機器にも強いです。ノーベル化学賞の「田中耕一氏」を生んだことで一気に有名になりました。


Kyotoscreen210312
8位 SCREENホールディングス(東証プライム上場)
 「SCREENホールディングス(旧:大日本スクリーン製造)」の本社は、京都府京都市上京区堀川通寺之内上る四丁目天神北町1番地の1にあります。半導体製造装置の大手です。「ウエハ洗浄装置」では世界で断トツの1位です。


Kyotokyoto201119
9位 ローム(東証プライム上場)
 
「ローム」の本社は、京都府京都市右京区西院溝崎町21にあります。カスタムLSI首位、ダイオードなど半導体素子や抵抗器などが有力です。SiCパワー半導体を大増産で育成中です。



|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01 大阪梅田ツインタワーズ・サウス 02 大阪ステーションシティ① 02 大阪ステーションシティ② 03 グランフロント大阪(うめきた) 04 中之島フェスティバルタワー 08 JPタワー大阪 31 大阪市・北部② 32 大阪市・中部② 33 大阪市・南部① 33 大阪市・南部② 34 大阪市・湾岸部 41 大阪府・堺市 42 大阪府・高槻市 43 大阪府・豊中市 44 大阪府・守口市 49 大阪府・その他 51 兵庫県・神戸市① 51 兵庫県・神戸市② 55 兵庫県・姫路市 56 兵庫県・尼崎市 57 兵庫県・西宮市 58 兵庫県・宝塚市 59 兵庫県・その他 61 京都府 66 滋賀県 68 奈良県 69 和歌山県 71 愛知県 72 岐阜県 73 三重県 74 静岡県(浜松市) 75 富山県・石川県・福井県 77 岡山県・鳥取県 78 広島県・島根県 79 山口県 81 福岡県 82 熊本県 83 長崎県・佐賀県 84 鹿児島県 85 大分県・宮崎県 88 沖縄県 89 四国 91 鉄道編・JR 92 鉄道編・私鉄 93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む) 96 大学編 97 アーティストのライブ日記 グルメ・クッキング ニュース 旅行・地域 竣工済-The Kitahama(北浜タワー) 竣工済-あべのハルカス(阿部野橋ターミナルビル タワー館) 竣工済-シティタワー神戸三宮 竣工済-メガシティタワーズ 竣工済-大阪フクシマタワー 竣工済-御影タワーレジデンス 竣工済-新・大阪富国生命ビル 竣工済-梅田阪急ビル① 竣工済-梅田阪急ビル② 竣工済-水都・OSAKAαプロジェクト 竣工済-阿倍野地区再開発事業 竣工済-IPSアルファテクノロジ姫路工場 経済・政治・国際