« 梅田阪急ビル立替計画 2007/07/30 | トップページ | 関西国際空港第2滑走路 本日オープン! »

2007年8月 1日 (水)

シャープが堺に液晶パネルの新工場建設

 シャープの次世代液晶パネルの新工場のマスコミ報道は、朝日新聞が今年の3月に「兵庫県姫路市臨海部に進出!」と新聞発表したことににより始まりました。

 その後、大阪府の巻き返しが凄かったのか、朝日新聞の先走りだったの分りませんが、5月頃から大阪府堺市が有力という情報が伝わるようになりました。そして2007年7月31日に正式な記者会見が行われ、大阪府堺市に決定しました。

-工場の概要(シャープの第一期のみ)-
◆ 液晶パネルは第10世代(285cm×305cm)
敷地面積-127万㎡(38.5万坪)
投資額-約3,800億円(新工場の全土地代含む)
着工-2007年11月
◆ 稼動開始-2010年03月まで


 
シャープは液晶パネルの新工場を、ガラスなど主要部材メーカーを集めた液晶産業の一大拠点とする 計画で、パネルやテレビの生産設備に加え、カラーフィルターの大日本印刷やガラス大手の米コーニングも進出します。液晶と共通部材を使う太陽電池の最新工場も 同敷地に併設するそうです。
 127万㎡(127ha)という敷地面積はエレクトロニクス関連の工場としては空前の広さです。それよりも周辺産業を含めた総投資額はなんと1兆円規模になる見通しで、すべてにおいて桁違いに大きい工場群になりそうです。

 シャープ・ニュースリリース(2007/07/31) シャープ「21世紀型コンビナート」を展開

 ● ここが一番詳しく載っています。 → 
Impress Watch(2007/07/31)


 
太陽電池の新工場はまだ正式に概要が決まってないみたいですが、一部のマスコミ報道では1000億円規模の設備投資が行われると伝えられています。また液晶パネル工場も、隣接地に「第二期」の用地も確保(127万㎡の敷地内)されており、将来的にはさらに拡張される予定です。

|

« 梅田阪急ビル立替計画 2007/07/30 | トップページ | 関西国際空港第2滑走路 本日オープン! »

41 大阪府・堺市」カテゴリの記事