« 京都大学医学部付属病院 新病棟 | トップページ | 福岡市 福大トンネル »

2007年12月 8日 (土)

福岡市 福岡大学病院新診療棟

Fukuokaunv1-福岡大学病院新診療棟-
 福岡県外の人間がこのような場所を訪れることはまずないと思うのですが、なぜ訪れたかというと福岡高速5号線と福岡外環状道路が福岡大学の地下を合計4本のトンネルで通る「福大トンネル」という非常にユニークな工事が行われているからです。

 福岡大学は学生数約2万人くらいの総合大学です。西日本では、関西の大学を除くと私立では最大規模になります。これくらいの大規模な大学になると普通は2~3キャンパスに分散するのですが、広大なキャンパスが1ヶ所にまとまっています。
 「福岡大学のキャンパスマップ」を見るのは楽しいです。なぜかと言うと、少しずつ周辺の池を埋め立てたり、周辺を買収してキャンパスの領域を拡大しているのが見ていてよくわかるからです。30年くらい前の地図と比べると周辺の池が減っており、残っている池の形も縮小して変化しています。

 医学部と付属病院は、中心を走る道路の西側にあります。地下鉄七隈線の福大前駅が完成してかなり便利になりました。写真の池(五ヶ村池)の向こう側が建設予定地です。
 「福岡大学病院新診療棟」は2008年5月の着工予定で、外来部門のほぼ全面的な新築移転と204床の病棟を合わせた新診療棟を建設する予定です。

 詳しくは 福岡大学病院・新診療棟の紹介
 
 
Fukuokaunv2配置図を撮影しました。現在再配置が行われており「福岡大学のキャンパスマップ」とグラウンドの位置等が異なっていますが、こちらの方が新しいです。
 
 
Fukuokaunv3 予定建築物についてのお知らせです。着工は表記より少し先の2008年5月のようです。
 
 
場所はここです。

拡大地図を表示

|

« 京都大学医学部付属病院 新病棟 | トップページ | 福岡市 福大トンネル »

81 福岡県」カテゴリの記事

96 大学編」カテゴリの記事