« 祝! JR「おおさか東線」開業 Part 4 「JR長瀬駅」編 | トップページ | 祝! JR「おおさか東線」開業 Part 5 「新加美駅」編 »

2008年3月20日 (木)

テレビドラマ「鹿男あをによし」のロケ地めぐり Part3

Nara31
-鹿男あをによし Part3-

 「鹿男あをによし」は、奈良の女子高に赴任した教師が、奈良公園の鹿に命を受け、日本の滅亡を防ぐために奮闘するファンタジー物語です。
 今夜の第10話で最終話です。あまり視聴率は良くなかったですが、奈良の魅力を少しでも多くの方に分ってもらえてよかったと思います。フジテレビさん奈良を宣伝してくれてありがとう! それに私個人はめちゃめちゃ好きなドラマでした。

 テレビドラマ「鹿男あをによし」のロケ地めぐり Part1

 テレビドラマ「鹿男あをによし」のロケ地めぐり Part2

 テレビドラマ「鹿男あをによし」のロケ地めぐり Part4
 
 
Nara32
奈良公園の鷺池に浮かぶ「浮見堂」です。最終話の予告篇に藤原道子(綾瀬はるか)と堀田イト(多部未華子)が会話する場面があったので、今夜(3月20日)の最終話の放送に登場すると思います。
 

Nara33
桜井市にある「箸墓古墳(はしはかこふん)」です。この場所も何度か登場しました。卑弥呼(ひみこ)の墓ではないかという説があります。
 
 
Nara34
天理市にある「黒塚古墳」です。ここも何度か登場します。ドラマを見ていると「飛鳥(明日香村)」にあるような印象を受けますが、実際は「飛鳥」と「黒塚古墳」の距離は離れているので、第4話のように近鉄飛鳥駅からレンタサイクルで移動するのは余程の健脚でないと無理です(笑)。


Nara35
「黒塚古墳」の隣にある「黒塚古墳資料館」です。ドラマには何度も登場します。1階には竪穴式石室と副葬品を発掘時そっくり似せて復元展示してあります。
 
 
Nara36
藤原道子(綾瀬はるか)が手にとって説明していた「三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)」のレプリカです。ドラマではヒモがなかったですが、実際はこのように赤いヒモがあります。
 
 
Nara37
何度も登場する平城宮跡に復元さ朱雀門(すざくもん)」です。現場にいる係員の方が説明してしてくれましたが、第9話と最終話のロケは深夜から未明の朝4時近くまで行われていたそうです。
 ロケは、秘密裏に進めていたのに、どこからかウワサを聞きつけ深夜にも係らず周辺にはたくさんの見物人がいたそうです。
 
 
Nara38
ネズミが話しかけてきた「朱雀門」の天井です。


Nara39
平城宮跡を横切る近鉄奈良線です。何度も登場します。第9話では、リチャード(児玉清)が近鉄電車に「三角縁神獣鏡」を投げた場所はここです。最終話で「鎮めの儀式」が行われたのもこの広場です。
 
 
Nara40
(追記)最終話を見終わって印象深い場所があったので2ヶ所追加します。「猿沢池」から「興福寺」に上がる「五十二段」です。東京に帰る小川孝信(玉木宏)を藤原道子(綾瀬はるか)が見送った場所です。
 ちなみに東京に帰る小川孝信(玉木宏)に堀田イト(多部未華子)がキスした駅は、近鉄「天理駅」でロケを行っています。実際の近鉄奈良駅は地下にあります。
 
 
Nara41
最終話のドラマの終りに小川孝信(玉木宏)と 藤原道子(綾瀬はるか)が東京タワーの見える所を歩いていましたが、場所は港区の「三田国際ビル」の横あたりです。関西人としては出来れば最後は奈良で終わってほしかったです・・・

|

« 祝! JR「おおさか東線」開業 Part 4 「JR長瀬駅」編 | トップページ | 祝! JR「おおさか東線」開業 Part 5 「新加美駅」編 »

68 奈良県」カテゴリの記事

68 奈良県」カテゴリの記事