« ザ・広島タワー 2009年1月20日の建設状況 | トップページ | JR東海・新大阪駅拡張工事&(仮称)新大阪阪急ビルのその後 »

2009年1月23日 (金)

日本一のアーチ橋 広島中央フライトロード「空港大橋」の建設現場

Hiroshimahongo09011
-(仮称)空港大橋-

 「広島中央フライトロード」は、事業主体の広島県が建設する「東広島市河内町」~「世羅郡世羅町」を結ぶ延長約30kmの4車線(暫定2車線)の自動車専用道路です。
 「広島中央フライトロード」の「フライト」は、「広島空港」の交通インフラ整備が第一の目的のために採用されました。
 
 その途中に最大の難所が、「沼田川渓谷」です。「沼田川」沿いにはJR山陽本線や幹線道路も走っています。
 その「沼田川渓谷」を横断する巨大な「空港大橋」が建設中です。JR山陽本線では「
河内駅」と「本郷駅」の間です。
 私は広島に行く場合「青春18きっぷ」を使うときがあります。本郷駅を超えると
「空港大橋」の建設現場が真正面や真上に見えるため楽しみにしています。他の乗客も同じようでシャッターを切る音が聞こえます。
 
 
資料によると「空港大橋」は、橋長800m、アーチ部の長さ(アーチスパン)380mで、完成すれば日本一のアーチ橋となります。また一番高い橋脚の高さは95.6mで、橋面の高さは県道から190mもあるそうです。
 インターネットで
「広島中央フライトロード 空港大橋」で検索すると建設現場の写真がたくさん出てきます。凄い難工事だった事がよく分かります。
 
 詳しくは → ザ・サイト(鹿島建設)
 
 詳しくは → 見学会レポート(橋の詳細な概要あり)
 
 場所 → 広島中央フライトロード(県道ファン)
 
 
Hiroshimahongo09012
アーチを支える部分は、このような急峻な斜面に建設されています(車内の照明が映り込んで見づらいですが・・・)。

|

« ザ・広島タワー 2009年1月20日の建設状況 | トップページ | JR東海・新大阪駅拡張工事&(仮称)新大阪阪急ビルのその後 »

78 広島県」カテゴリの記事