« ジオタワー宝塚 2009年5月9日の建設状況 | トップページ | 新・大阪富国生命ビル 2009/05/12 »

2009年5月12日 (火)

日本郵政グループ 「大阪中央郵便局」新ビルの開業時期を先送り・・・

Jp0905121
-大阪中央郵便局-

 毎日新聞が伝えるところによると、大阪中央郵便局の局舎建て替えで、日本郵政グループが新ビルの開業時期を当初予定の2012年より先送りすることになったそうです。
 写真は、今年の3月に撮影したものですが、この角度から定点観測しようと楽しみにしていました。昨年末にはブログにカテゴリーまで新設していたのに残念です・・・
 
 詳しくは → 大阪中央郵便局:新ビル開業先送り、入居テナント不足で
 

 延期の理由は、「劇場などに問題はないが、収益に不可欠なオフィステナントが確保できていない」ためだそうです。
 100年に一度と言われている金融危機による不況の影響が直撃したようです。それでなくても大阪中央郵便局の建て替えはドタバタ騒ぎに巻き込まれていたので、「こうなるんじゃないか?」と少し心配していました。
 
 まあ中止になった訳ではないし、「ポジティブシンキング」で行きたいと思います。私は1990年代初の壮絶なバブル崩壊を一部始終みてきたのである程度免疫があります。
 バブル崩壊では、結局ほとんどのプロジェクトが中止になりましたが、今回は多くのプロジェクトが完成もしくは建設中で、これらが完成すると大阪の街は大きく生まれ変わります。
 「阿部野橋ターミナルビル建替事業」や「中之島フェスティバルタワー」もすでに解体工事が始まり、なんとか着工されそうです。もう半年「リーマン・ショック」が早かったら延期になっていたかも知れません。ギリギリセーフという感じです。
 
 昨夜のニューヨークのDOWは、利益確定売りで下がりましたが、ここ最近世界中の株式市場は上昇を続けています。特にアジア市場は凄まじく、香港の「ハンセン指数」、上海の「SSE」、インド・ムンバイの「BSE」、韓国・ソウルの「KOSPI」などは、最安値から50%~60%上昇しています。
 日経平均株価が昨日の終値で、最安値からの上昇率が約35%とイマイチなのが気になりますが、株式市場は「約半年先の経済の姿を写している」と言います。
 実体経済は最悪の状況ですが、「日の出前が一番暗い」です。株式市場が示しているように、いつか不況は終わります。明るい未来を信じて頑張りましょう!

|

« ジオタワー宝塚 2009年5月9日の建設状況 | トップページ | 新・大阪富国生命ビル 2009/05/12 »

08 大阪中央郵便局敷地」カテゴリの記事