« アクティ大阪増築工事 2009/11/05 タワークレーンを真上から見ると! | トップページ | 新・大阪富国生命ビル 2009/11/05 »

2009年11月 6日 (金)

JR大阪駅新北ビル 2009/11/05 高さ60m以上のクレーンの色はなぜ赤と白の7層のシマシマ模様?

Kontena0911051
撮影日2009年11月5日 全景です。
 
 
Kontena0911052
撮影日2009年11月5日 西側部分です。
 
 
Kontena0911053
撮影日2009年11月5日 超高層棟のアップです。もうこれ以上伸びません。
 
 
Kontena0911054
撮影日2009年11月5日 中央部分です。
 
 
Kontena0911055
撮影日2009年11月5日 組み立て中のドーム屋根の鉄骨と思われる部分です。
 
 
Kontena0911056
撮影日2009年11月5日 東側部分です。 
 
 
Kontena0911057
撮影日2009年11月5日 ホーム上にせり出した部分です。 
 
 
Kontena0911058
撮影日2009年11月5日 ドーム屋根を組み立てる足場と思われる構造物がほぼ完成しました。
 
 
Kontena0911059
撮影日2009年11月5日 
 「クローラークレーン」に代わり、ジブ付きの「クローラータワークレーン」が登場していました。
 「クローラークレーン」のブームは赤と白の5層のシマシマ模様に塗装されていましたが、「クローラータワークレーン」のブームとジブは7層に塗装されていたのでちょっと感動してしまいました。
 
 前にも書いた事があると思いますが、タワークレーンの「ブーム(ジブ)」と「ガイド」部分は、先端から「赤・白・赤・白・赤・白・赤」の7層のシマシマに塗り分ける事が「航空法」で決まっています。
 
 7層の塗り分けは、「地上又は水面より60m以上」のクレーンには必ず塗装する事が「昼間障害標識の塗装色」で決まっています。
  
 詳しくは → クレーンの航空障害灯・昼間障害標識(PDF) 
 
 
Kontena09110510
撮影日2009年11月5日 駐車場棟です。

|

« アクティ大阪増築工事 2009/11/05 タワークレーンを真上から見ると! | トップページ | 新・大阪富国生命ビル 2009/11/05 »

02 大阪ステーションシティ②」カテゴリの記事