« 広島市 ザ・広島タワー&グランアークテラス 2010年1月19日の建設状況 | トップページ | JR奈良駅付近連続立体交差事業 2010年3月13日(土)に「万葉まほろば線(桜井線)」が高架化! »

2010年1月25日 (月)

広島県福山市 「ines FUKUYAMA:アイネス フクヤマ(フローレンス福山ローズタワー)」 2010年1月19日の建設状況

Hiroshimafukuyama10011
ines
FUKUYAMA(アイネス フクヤマ)-
 「
ines FUKUYAMA(アイネス フクヤマ)」は、新幹線とJR山陽本線の「福山駅」前の再開発プロジェクトです。
 計画名は、「東桜町地区第一種市街地再開発事業 施設建築物新築工事」で、共同住宅(分譲)、店舗、オフィス、ホテルで構成される複合ビルが建設中です。
 
 詳しくは → 東桜町地区第一種市街地再開発事業
 
 再開発現場は、
福山駅の駅前広場の南西部の一角に面しています。現場には「福山繊維ビル」がありましたが、建物の老朽化が進んだ上に、区画数が約300区画ある区分所有ビルであり、空室率も高く 、防犯上・防災上・都市景観上の様々な問題となっていました。
 
 再開発により一気に生まれ変わります。「ines
FUKUYAMA(アイネス フクヤマ)」の「ines」は「福山繊維ビル」の名前を残すために「Seni(繊維)」を逆に読んだそうです。
 用途は、超高層タワーマンションの「
フローレンス福山ローズタワー(5~28階)」、商業施設(地下1階~地上2階)、オフィス(3階・4階)、駐車場(3~7階)、約200室のホテル「リッチモンドホテル(8~16階)」となっています。
 
 駅前の伏見町にも超高層タワーマンションを中心とした「伏見町地区第一種市街地再開発事業事業」が計画されていますが、パートナー企業が相次いで撤退したため、計画は停滞しています。
 
アイネス フクヤマ(フローレンス福山ローズタワー)の概要
◆ 計画名-東桜町地区第一種市街地再開発事業 施設建築物新築工事
◆ 所在地-広島県福山市東桜町1-8
◆ 交通-JR山陽本線「福山」駅徒歩約3分
◆ 階数-地上28階、塔屋1階、地下1階
◆ 高さ-最高部101.65m、軒高95.55m
◆ 敷地面積-5,647.96㎡
◆ 建築面積-4,683.32㎡
◆ 延床面積-51,163.98㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-共同住宅(分譲)、店舗、オフィス、ホテル
◆ 総戸数-140戸(非分譲住戸6戸含む、集会室除く)
◆ 建築主-福山駅前開発(株)、売主-章栄不動産株(株)
◆ 設計・監理-アール・アイ・エー
◆ 施工者-フジタ
◆ 着工-2008年09月21日(起工式)
◆ 竣工-2011年01月下旬予定
◆ 入居開始-2011年02月下旬予定
◆ オープン-2011年03月予定(商業施設)
 
 
Hiroshimafukuyama10012
超高層タワーマンションの「フローレンス福山ローズタワー」の建設現場です。
 
 
Hiroshimafukuyama10013
現地に掲示してある完成予想パースを撮影しました。
 
 
Hiroshimafukuyama10014
現地に掲示してあるエリア図を撮影しました。
 
 
Hiroshimafukuyama10015
このように変わります。
 
 
Hiroshimafukuyama10016
JR福山駅前も整備が行われています。右側に見えるタワークレーンが「ines FUKUYAMA(アイネス フクヤマ)」の建設現場です。
 
 
Hiroshimafukuyama10017
JR福山駅の目の前の「伏見町地区」にも「伏見町地区第一種市街地再開発事業事業」が計画されています。
 当初は、地上43階、地下2階の住宅棟と地上30階、地下2階のホテル棟・業務棟のツインタワーという壮大な計画でした。
 その後、規模が縮小されましたが、パートナー企業が相次いで撤退したため、計画は停滞しています。

|

« 広島市 ザ・広島タワー&グランアークテラス 2010年1月19日の建設状況 | トップページ | JR奈良駅付近連続立体交差事業 2010年3月13日(土)に「万葉まほろば線(桜井線)」が高架化! »

78 広島県」カテゴリの記事