« 中之島フェスティバルタワー 2010/04/20 | トップページ | 大阪駅北地区先行開発区域プロジェクト/Cブロック 2010/04/20 「BG掘削機」が登場! »

2010年4月21日 (水)

大阪駅北地区先行開発区域プロジェクト /Aブロック 2010/04/20 「H型鋼」の建込みがガンガン行われています!

Kita1004201
撮影日2010年4月20日
 「Aブロック」と「Bブロック」では、本格的に「山留め壁」の構築が行われています。「芯材」である「H型鋼」の建込みがガンガン行われています。
 「H型鋼」の建込みはそんなに頻繁に見る事が出来る訳ではないので、興味がある方は是非見に行ってほしいと思います。
 
 
Kita1004202
撮影日2010年4月20日
 1台目の「TRD工法機」です。「H型鋼」の建込みが行われていました。後ろには、「H型鋼」がたくさん並べられています。
 
 テント部分で火花が時々見えていたので溶接していると思われます。「山留め壁」先端をGL(平均地盤面)-38m程度に存在する「遮水層(しゃすいそう)」まで構築しますが、この「H型鋼」の長さは何mくらいあるんでしょうか?
 
 
Kita1004203
撮影日2010年4月20日
 2台目の「TRD工法機」です。
掘削中に注入するセメントミルクによりソイルセメントが余剰分としてあふれだした分を「油圧ショベル」でかき出して貯めた泥土の池のようなものがが見えます。
 
 泥土は、敷地内で固化されて適切に処分されますが、準大手ゼネコンのホームページによると、「TRD工法」では掘削体積の60%~90%の泥土が発生するそうです。
 
 
Kita1004204
撮影日2010年4月20日 ここでも「H型鋼」の建込みが行われていました。
 
 
Kita1004205
撮影日2010年4月20日 3台目の「TRD工法機」です。ここでも「H型鋼」の建込みが行われていました。

|

« 中之島フェスティバルタワー 2010/04/20 | トップページ | 大阪駅北地区先行開発区域プロジェクト/Cブロック 2010/04/20 「BG掘削機」が登場! »

03 グランフロント大阪(うめきた)」カテゴリの記事