« 大阪駅北地区先行開発区域プロジェクト /Cブロック 2010/04/13 現場事務所が登場 | トップページ | 静岡県 「浜松駅前 旭・砂山地区再生事業」 2010年4月10日の建設状況 »

2010年4月15日 (木)

大阪駅北地区先行開発区域プロジェクト /Bブロック 2010/04/13 「TRD工法機」と「パイルドライバ」が2台ずつに!

Kita10041311
撮影日2010年4月13日 南タワーが建設される部分です。
 
 
Kita10041312
撮影日2010年4月13日 南端に2台目の「三点式パイルドライバ」が登場していました。
 
 
Kita10041313
撮影日2010年4月13日
 「仮囲い」が一部透明になっているので覗いてみました。「パイルドライバ」がバッチリ見えました。
 「パイルドライバ」には「3連型アースオーガ」が取り付けられていました。「ソイルセメント柱列壁工法」で「山留め壁」を構築するために使用します。
 
 真ん中と両端の回転方向は逆回転に設定されいています。アースオーガ内部は中空になっていて、先端より「セメントスラリー」を吐出します。
 回転させながら何度も上下させて、セメント・ベントナイト・水の混合液体である「セメントスラリー」と原位置土と攪拌(かくはん)させます。
 
 
Kita10041314
撮影日2010年4月13日 セメントミルクプラントです。
 
 
Kita10041315
撮影日2010年4月13日 北タワーが建設される部分です。
 
 
Kita10041316
撮影日2010年4月13日
 2台目の「TRD工法機」が登場していました。「TRD工法」により「山留め壁」を構築します。
 手前には、「TRD工法機」で使用する「カッターポスト」が多数並べられています。奥には「山留め壁」を構築するために使用する「H型鋼」が並べられています。
 
 「TRD工法(Trench cutting Re-mixing Deep wall method)」は、日本語にすると「等厚式ソイルセメント地中連続壁工法」と非常に長い名称になります。
 それでも「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」の「厚生労働省医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長」よりは短く覚えやすいですが・・・(笑)

|

« 大阪駅北地区先行開発区域プロジェクト /Cブロック 2010/04/13 現場事務所が登場 | トップページ | 静岡県 「浜松駅前 旭・砂山地区再生事業」 2010年4月10日の建設状況 »

03 グランフロント大阪(うめきた)」カテゴリの記事