« ノースゲートビルディング(JR大阪駅新北ビル) 2010/05/06 | トップページ | (仮称)阿部野橋ターミナルビル タワー館 2010/05/06 「山留め壁」の構築開始! »

2010年5月 8日 (土)

中之島フェスティバルタワー 2010/05/06 遂に一次掘削開始!

Asahi1005061
撮影日2010年5月6日
 この記事でこのブログの1500記事目になります。開設したのが2007年6月だったので約3年です。
 ここまで続けてこられたのもみなさまの応援のおかげです。今後も頑張って更新していくのでよろしくお願い致します。
  
 全景です。ゴールデンウィーク明けに大きな変化がありました。3台が稼働していた「アースドリル掘削機」が1台になり、2基あった「安定液プラント」も1基になりました。
 北東側では、遂に一次掘削が開始されました。いよいよビル本体の躯体工事という次のステージに進んでいくと思われます。
  
 
Asahi1005062
撮影日2010年5月6日
 北東側では、一次掘削(一次根切り)が開始されていました。壁面には「ソイルセメント柱列壁工法」で構築された「山留め壁」が見えるようになりました。
 
 所々に頭を出しているのは、埋設された「構真柱(こうしんちゅう)」の頭部分です。一次掘削(一次根切り)により姿を現しました。
 「中之島フェスティバルタワー」は、「逆打ち工法」で建設されているので、このあと地下1階の柱頭工事+1階床・梁の工事が行われます。早ければ来週中、遅くとも今月中に鉄骨が姿を現すと思われます。
 
 工事スピードが速いなあ! と思い大阪市の「環境アセスメント」を再度見てみました。「躯体工事」の期間が約2年5ヶ月です。2012年10月末の竣工予定なので逆算すると2010年5月から「躯体工事」に入るのは当初のスケジュール通りのようです。
 
 
Asahi1005063
撮影日2010年5月6日
 南東側でも一次掘削(一次根切り)が行われています。埋設された「構真柱(こうしんちゅう)」を傷つけないよう丁寧に行われます。
 
 
Asahi1005064
撮影日2010年5月6日
 ミーティング中でしょうか? 右上の赤いマシンは、「山留め壁」に「アースアンカー(地盤アンカー)」を設置するマシンのように見えますが、間違っていたらゴメンナサイ・・・

|

« ノースゲートビルディング(JR大阪駅新北ビル) 2010/05/06 | トップページ | (仮称)阿部野橋ターミナルビル タワー館 2010/05/06 「山留め壁」の構築開始! »

04 中之島フェスティバルタワー」カテゴリの記事