« 中之島公園の芝生に萌え! | トップページ | (仮称)阿部野橋ターミナルビル タワー館 2010/07/10 芯材の「H形鋼」吊り上げシーン »

2010年7月11日 (日)

中之島フェスティバルタワー 2010/07/10 地上階の鉄骨が準備されました!

Asahi1007101
撮影日2010年7月10日 全景です。
 
 
Asahi1007102
撮影日2010年7月10日 北東側です。
 
 
Asahi1007103
撮影日2010年7月10日
 「開口部」に仮設スロープが設けられました。北側から見ると「地下駐車場スロープ」と書いてありました。
 
 「逆打ち工法」では、1階床スラブを作業床として使用します。また「逆打ち工法」は地上階と地下階を同時進行で建設します。
 そのため1階床では、地上工事用と地下工事用の重機や建設資材が錯綜した状態になってしまいます。
 
 そのため比較的面積に余裕がある場合は、仮設スロープを設置して地下1階に地下工事のヤードを設け、地下工事と地上工事の明確な垂直分離を行う事があるそうです。
 
 
Asahi1007104
撮影日2010年7月10日 「開口部」に設置された「換気ファン」と「換気ダクト」です。
 
 
Asahi1007105
撮影日2010年7月10日 北側から見た別の「換気ファン」です。
 
 
Asahi1007106
撮影日2010年7月10日 南東側です。
 
 
Asahi1007107
撮影日2010年7月10日 地上階の鉄骨が準備されています。
 
 
Asahi1007108
撮影日2010年7月10日 
 「クローラータワークレーン」です。」IHI建機の100トン吊りの「CCH1000」だと思いますが、間違っていたらゴメンナサイ・・・
 今月末にタワークレーン第一号が登場するまで、このクローラータワークレーンで、「鉄骨建方(鉄骨を組み立てる作業)」を行うのでしょうか?
 
 竣工後には1階床にこのような荷重が載る事を想定していません。そのため重機等の重量を想定して、1階床スラブは床や梁が補強されています。
 
 
Asahi1007109
撮影日2010年7月10日
 この黄色い物体が何か気になったので北側から見てみました。「変電設備」でした。電気の事なんて考えた事もありませんでした。よく考えると工事現場では大量の電気を使用するんですよね。
 
 
Asahi10071010_2
撮影日2010年7月10日 南西側です。
 
 
Asahi10071011
撮影日2010年7月10日
 西側のこの部分は、理由は良く分かりませんがコンクリートを打設せずに「メトロデッキ(覆工板)」が敷かれていました。「換気ファン」と黄色いジャバラ状の「換気ダクト」も準備されています。 
  
 
Asahi10071012
撮影日2010年7月10日
 北西側です。大量の「デッキプレート」が準備されています。鉄骨が無い部分は、西側のゲート用の「開口部」が設けられ、仮設スロープが設置されるのでしょうか?

|

« 中之島公園の芝生に萌え! | トップページ | (仮称)阿部野橋ターミナルビル タワー館 2010/07/10 芯材の「H形鋼」吊り上げシーン »

04 中之島フェスティバルタワー」カテゴリの記事