« 「(仮称)旧厚生年金会館大ホール棟増改築計画」の建築計画のお知らせ | トップページ | 名古屋市 名古屋駅~ささしま地区 地下街600m直結へ! »

2011年6月 1日 (水)

梅田阪急ビル立替計画 2011/05/30 仮設スロープの解体が始まる!

Hankyu1105301
撮影日2011年5月30日 全景です。
 
 
Hankyu1105302
撮影日2011年5月30日
 コンクリートの打設が進み1階床が南西側のゲートとつながりました。そしてゲートの使用が再開されました。
 
 
Hankyu1105303
撮影日2011年5月30日
 1階床が工事用車両や重機が乗入れる作業床として使用開始されました。「逆打ち工法」では、1階床をこのように「乗入れ構台」のように使用します。
 
  
Hankyu1105304
撮影日2011年5月30日 南側から見た様子です。変則的な「逆打ち工法」ですが、「逆打ち工法」の工事現場らしくなってきました。
 
 
Hankyu1105305
撮影日2011年5月30日 1階床が作業床として使用開始されたので、「仮設スロープ」の解体が始まりました。
 
 
Hankyu1105306
撮影日2011年5月30日 真上から見ると立体感に乏しいですが、「仮設スロープ」の解体が行われています。
 
 
Hankyu1105307
撮影日2011年5月30日 反対側から見ると、「仮設スロープ」が解体されていることがはっきり分かります。
 
 
Hankyu1105308
撮影日2011年5月30日
 地下2階部分も「場所打ちコンクリート杭」の頭部分まで「根切り(掘削)」が行われています。当初は「場所打ちコンクリート杭」の周囲だけ掘削していました。
 
 
Hankyu1105309
撮影日2011年5月30日 北西側もコンクリートの打設がほぼ終わっています。
 
 
Hankyu11053010
撮影日2011年5月30日
 北西側のゲートももうすぐ復活します。ゲートが復活すると南側と北側の両方から工事用車両が乗入れる事が出来るようになります。
 
 北西側に先に姿を現した部分がは、新しい地下街への階段です。もう一度歩いて階段の壁とかを軽く叩いてみましたが、どうやら暫定ではなく、恒久施設のようですね。
 
 
Hankyu11053011
撮影日2011年5月30日 古い地下街への階段部分の解体が進んでいます。
 
 
Hankyu11053012
撮影日2011年5月30
日 北東側部分ももうすぐコンクリートの打設が行われます。

|

« 「(仮称)旧厚生年金会館大ホール棟増改築計画」の建築計画のお知らせ | トップページ | 名古屋市 名古屋駅~ささしま地区 地下街600m直結へ! »

竣工済-梅田阪急ビル②」カテゴリの記事