« 万博記念公園南側ゾーン活性化事業者 三井不動産の「The Museum City of Expo21」を選定! | トップページ | グランフロント大阪 Aブロック 2011/12/12 低層部東側壁面のカーテンウォールの取り付けが始まる! »

2011年12月14日 (水)

うめきた・グランフロント大阪 大阪北口広場 2011/12/12 「乗入れ構台」が姿を現す!

Kita11121231
撮影日2011年12月12日 全景です。
 
 
Kita11121232
撮影日2011年12月12日
 「乗入れ構台」が姿を現しました。とても駅前広場の工事とは思えないような大規模な工事が行われています。
 
 
Kita11121233
撮影日2011年12月12日 「乗入れ構台」のアップです。
 
 
Kita11121234
撮影日2011年12月12日
 南西側も大規模に「根切り(掘削)」が行われています。この鉄骨は「乗入れ構台」を支える支柱になります。「乗入れ構台」は南西側のゲートと直結すると思われます。
 
 
Kita11121235
撮影日2011年12月12日 ノースゲートビルディングから見た様子です。
 
 
Kita11121236
撮影日2011年12月12日 油圧ショベルで、大規模に「根切り(掘削)」が行われています。
 
 
Kita11121237
撮影日2011年12月12日
 「根切り」は、地面に引かれた格子状の白線に沿って行われています。作業員の方が新たな白線を引いています。
 
 
Kita11121238
撮影日2011年12月12日 北端部分です。
 
 
Kita11121239
撮影日2011年12月12日
 一面に鉄筋の配筋が行われるようです。配筋の形状からこの上には構造物が建設されない事が推測できます。私には未だに何の工事かさっぱり分かりません・・・
 
 
Kita11121240
撮影日2011年12月12日 別角度から見た様子です。
 
 
Kita11121241
撮影日2011年12月12日
 梁状の部分が、「山留め壁」を越えて南側に伸びています。更に南側に延長される事が推測できます。
 
 何の工事かさっぱり分かりませんが、仮に地震対策のためだけに地盤を強化しているのであったら物凄いお金をかけていますね。
 大地震発生時に、この広場には大量の帰宅難民があふれる事が予測されます。広場全体に渡って大地震にも耐える頑強な床面が構築される事が予想されます。

|

« 万博記念公園南側ゾーン活性化事業者 三井不動産の「The Museum City of Expo21」を選定! | トップページ | グランフロント大阪 Aブロック 2011/12/12 低層部東側壁面のカーテンウォールの取り付けが始まる! »

03 グランフロント大阪(うめきた)」カテゴリの記事