« JR天王寺駅コンコースに登場した「デジタルサイネージ」に萌え! | トップページ | ダイビル本館 2011/12/29 »

2011年12月31日 (土)

中之島フェスティバルタワー 2011/12/29 「レンガ中空積み工法」について

Asahi1112291
撮影日2011年12月29
 遠景です。 いろいろあった2011年もあっという間に過ぎ、今日は大晦日です。今年1年、ホームページやブログを応援して頂いて本当にありがとうございました。

  
 
Asahi1112292
撮影日2011年12月29日 全景です。 
  
 
Asahi1112293
撮影日2011年12月29日 最高部です。カーテンウォールの取り付けもあと少しです。
 
 
Asahi1112294
撮影日2011年12月29日
 この日はすでにお正月休みに入っており、タワークレーンのフックが固定されタワークレーンその他が一切稼働していませんでした。
  
 年明けからは、カーテンウォールの取り付けが終わるとタワークレーンの解体が少しずつ始まると思われます。

 
 
  
  
Asahi1112295
撮影日2011年12月29日 南西側から見た様子です。
  
 
Asahi1112296
撮影日2011年12月29日 最高部です。こちら側もカーテンウォールの取り付けがあと少しです。
 
 
Asahi1112297
撮影日2011年12月29日 低層部です。
 
 
Asahi1112298
撮影日2011年12月29日 商業施設「フェスティバルプラザ」のレンガも姿を現しました。
 
 
Asahi1112299
撮影日2011年12月29日
 レンガは意外と大きく、レンガの1つの大きさは、幅52cm×高さ15cm×奥行き8cmとなっています。ビル全体で約22万個のレンガが使用されています。
 
 1つ1つのレンガの微妙な色の違い、表面を揃えるのではなく意識的に表面に凸凹をつけて積み上げる方法などにより超高層ビルの外壁としては稀に見る美しい外観に仕上がっています。
 
 
Asahi11122910
撮影日2011年12月29日 足場を組んで、職人さんがレンガを1つの1つ手積みしています。
 
 
Asahi11122911
撮影日2011年12月29日
 コンクリートの壁面から少し離して積み上げる「レンガ中空積み工法」を採用しています。
 
 レンガとコンクリート間にすき間がある事が分かります。それが分かる貴重な写真です。このような写真は絶対に撮影出来ないと思っていたのでラッキーでした。
 
 
Asahi11122912
撮影日2011年12月29日
 西側の工事用ゲートがある部分もスッキリしました。ゲート北半分は外周の柱が完成したので大型車両は北半分からは入れません。
 
 
Asahi11122913
撮影日2011年12月29日 外周の柱の組み立て工程が分かる写真です。2本の鋼管を継ぎ足しています。
 
 
Asahi11122914
撮影日2011年12月29日 天井の接合部です。
 
 
Asahi11122915
撮影日2011年12月29日
 中間の接合部です。横に飛び出た出っ張り部分「エレクションピース」に「建入れ直し治具」をセットして仮に固定しています。
 
 溶接が完了して役目を終えると、「建入れ直し治具」は外され「エレクションピース」は切断されます。
 
 
Asahi11122916
撮影日2011年12月2
9日 北西側から見た様子です。
 
  
Asahi11122917
撮影日2011年12月29日 西側から見た様子です。
 
 
 
Asahi11122918
撮影日2011年12月29日 南西側から見た様子です。

|

« JR天王寺駅コンコースに登場した「デジタルサイネージ」に萌え! | トップページ | ダイビル本館 2011/12/29 »

04 中之島フェスティバルタワー」カテゴリの記事