« 旧大阪中央郵便局の解体が決定! 跡地は3年限定でイベント広場などとして暫定的に活用 | トップページ | プラウドタワー阿倍野 2011年12月19日の建設状況 »

2011年12月22日 (木)

中之島フェスティバルタワー 2011/12/19 「シャトルエレベーター」がすべて姿を現わす!

Asahi1112191
撮影日2011年12月19日 遠景です。思いっきり逆光で見づらいですが・・・  
 
 
Asahi1112192
撮影日2011年12月19
 全景です。前回 ”ウワサでは2011年12月13日に朝日新聞の社長も出席して「上棟式」を行うということですが、間違っていたらゴメンンサイ・・・ ” と書きましたが
 
 間違い無かったようです。朝日新聞社の社長の他、施工する竹中工務店の社長、設計した日建設計の社長ら関係者約50人が参列して「上棟式」が行われたようです。 
  
 
Asahi1112193
撮影日2011年12月19日 最高部です。
 
 
  
  
Asahi1112194
撮影日2011年12月19日 南西側から見た様子です。
  
 
Asahi1112195
撮影日2011年12月19日 最高部です。
 
 
Asahi1112196
撮影日2011年12月19日 低層部です。
 
 
Asahi1112197
撮影日2011年12月19日 外周の柱もどんどん建てられています。
 
 
Asahi1112198
撮影日2011年12月19日
 外周の柱は面白い工法で建てられています。先に上部を天井から継ぎ足して、後から下部を継ぎ足しています。コウモリが天井からぶら下がっているみたいで面白いですね。
 
 この部分は、西側の工事用ゲートがある部分なので柱を完成させると工事車両が入れなくなります。そのため下部を継ぎ足すのはかなり後になると思われます。
 
 
Asahi1112199
撮影日2011年12月19日
 下部を継ぎ足す前の柱です。横に飛び出た出っ張り部分は、柱を継ぎ足す時に使用する「エレクションピース」です。「エレクションピース」は役目を終えると切断されます。
 
 
Asahi11121910
撮影日2011年12月19日
 このブログで「壁面のレンガは実際に積み上げている」と何度も書きましたが、間違いない事が分かりました。
 
 コンクリートの壁面から少し離して積み上げる「レンガ中空積み工法」を採用し、職人さんがレンガを1つの1つ手積みしています。
 レンガの1つの大きさは、幅52cm×高さ15cm×奥行き8cmとなっています。ビル全体で約22万個のレンガが使用されているそうです。
 
 
Asahi11121911
撮影日2011年12月1
9日 北西側から見た様子です。
 
 
Asahi11121912
撮影日2011年12月19日 「シャトルエレベーター」がすべて姿を現わしました。
 
 
Asahi11121913
撮影日2011年12月19日
 外周の柱の取り付けが行われていました。奥にコンクリートの壁が見えます。下層階は「鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)」である事が分かります。
 
 
Asahi11121914
撮影日2011年12月19日 西側から見た様子です。
 
 
 
Asahi11121915
撮影日2011年12月19日 南西側から見た様子です。

|

« 旧大阪中央郵便局の解体が決定! 跡地は3年限定でイベント広場などとして暫定的に活用 | トップページ | プラウドタワー阿倍野 2011年12月19日の建設状況 »

04 中之島フェスティバルタワー」カテゴリの記事