« ブランズタワー南堀江 2012年2月10日の建設状況 | トップページ | オリックス劇場(ORIX THEATER) 2012/02/10 外観がほほ姿を現す! »

2012年2月11日 (土)

グランフロント大阪 Bブロック 2012/02/10 祝!Bブロック・サウスが遂に最高部に到達!!

Kita1202101
撮影日2012年2月10日 全景です。 
  
 
Kita1202102
撮影日2012年2月10日 「Bブロック・ノース」です。
 
 
Kita1202103
撮影日2012年2月10日
 30
階・31階・32階部分の鉄骨建方が行われています。「Bブロック・ノース」は、地上33階、塔屋1階、地下3階のようなので、この次に33階と塔屋1階の鉄骨建方が始まり最高部に到達します。
 
 
鉄骨の先が三つ又に分かれている様子が分かります。この上の33階部分はトラス構造「ハットトラス」になります。33階は「電気室」となります。
 
 
Kita1202104
撮影日2012年2月10日 
低層部の鉄骨建方の様子です。
 
 

Kita1202105
撮影日2012年2月10日 阪急グランドビルから見た「Bブロック・ノース」です。
 
 
Kita1202106
撮影日2012年2月10日 30
階・31階・32階部分の鉄骨建方の様子です。
 
 
Kita1202107
撮影日2012年2月10日 「Bブロック・ノース」東側低層部のカーテンウォールです。
 
 
Kita1202108
撮影日2012年2月10日 幅がバラバラです。
 
 
Kita1202109
撮影日2012年2月10日 こんなに幅が狭くて棒状にような外壁でもカーテンウォールと呼ぶのでしょうか(笑)。 
 
 
Kita12021010
撮影日2012年2月10日
 このような感じで取り付けています。カーテンウォールとカーテンウォールの間にすき間があるので、内側にも壁が必要ですね。  
 
 
Kita12021011
撮影日2012年2月10日 ノースとサウスの間の低層部です。西側部分もほぼつながりました。
 
 
Kita12021012
撮影日2012年2月10日 ノースとサウスの間の低層部東側でもカーテンウォールの取り付けが始まりました。
 
 
Kita12021013
撮影日2012年2月10日 カーテンウォールのアップです。
 
 
Kita12021014
撮影日2012年2月10日 
「Bブロック・サウス」です。
 
 

Kita12021015
撮影日2012年2月10日 

 38階・塔屋1階・塔屋2階の鉄骨建方が始まり最高部に到達しました。2月6日(月)時点では、38階・塔屋1階・塔屋2階の鉄骨建方は始まっていませんでしたが、2月7日(火)のMBS「ちちんぷいぷい」のバックに一瞬流れた映像を見ると鉄骨建方が始まっていました。
 
 

Kita12021016
撮影日2012年2月10日 
 38階・塔屋1階・塔屋2階の鉄骨建方の様子です。2月7日(火)から3日経過していますが、鉄骨建方は思ったほど進んでいませんでした。
 
 38階(機械室・発電機室)と塔屋の境目が分かりにくいです。トラス構造「ハットトラス」部分が38階だと思われますが、38階と塔屋1階がトラス構造のようにも見えます。そのためもう少し様子を見ないと境目は確定出来ません。
 
 仮にトラス構造「ハットトラス」部分が38階だとすると、塔屋1階・塔屋2階の階高は非常に低い事になります。

 
 
Kita12021017
撮影日2012年2月10日 
 最高部の高さは、「Aブロック」が
179.500mで、「Bブロック・サウス」が175.211mです。「Bブロック・サウス」は「Aブロック」と比べ高さは4.289m低いです。ただここから見ると4.289mも差があるように見えません・・・
 
 
Kita12021018
撮影日2012年2月10日 
阪急グランドビルから見た「Bブロック・サウス」です。
 
 

Kita12021019
撮影日2012年2月10日 38階・塔屋1階・塔屋2階の鉄骨建方の様子です。

  
 
Kita12021020
撮影日2012年2月10日 
南東側から見た「Bブロック・サウス」です。
 
 
Kita12021021
撮影日2012年2月10日 
 
 オフィスフロアの四隅の角は、「自然換気システム(コーナーボイド)」となります。「自然換気システム(コーナーボイド)」の形状は、直角二等辺三角形です。
 
 
Kita12021022
撮影日2012年2月10日 
 まるで「エッシャーのだまし絵」のように見る角度によって正方形に見えます。見れば見る程、正方形に見えてきます。
 
 ただ一番上を見ると足場が写り込んでいるので、支えている4辺の鉄骨の内側の2辺はガラスに写り込んでいるだけで実際は存在しない事が分かります。また一番下のガラスが無い部分は写り込みがありません。
 
 「自然換気システム(コーナーボイド)」で、面白い「アハ体験」が出来ます。時間がある方は見上げて楽しんでみては? 

 
 
 

Kita12021023
撮影日2012年2月10日 「Bブロック」の西側の様子です。

|

« ブランズタワー南堀江 2012年2月10日の建設状況 | トップページ | オリックス劇場(ORIX THEATER) 2012/02/10 外観がほほ姿を現す! »

03 グランフロント大阪(うめきた)」カテゴリの記事