« 南海本線(堺市)連続立体交差事業 Part1:浜寺公園駅編 保存活用される「浜寺公園駅駅舎」 | トップページ | 「大名古屋ビル・ロイヤルパークイン名古屋建替計画」の計画概要決定 建物名称は「大名古屋ビルヂング」の名称を継承! »

2012年11月28日 (水)

南海本線(堺市)連続立体交差事業 Part2:諏訪ノ森駅編 保存活用される「諏訪ノ森駅駅舎」

Sakai12111
-南海本線・諏訪ノ森駅(すわのもりえき)-
 
南海電鉄の南海本線では、現在3ヶ所で連続立体交差化(高架化)事業が行われています。
 
 (1)諏訪の森駅~浜寺公園駅の2.0km、(2)羽衣駅~高石駅の4.1km、(3)松ノ浜駅~泉大津駅の2.4kmです。
 一番工事が進んでいるのが「南海本線(泉大津市)連続立体交差事業」です。2012年8月4日に「泉大津駅」と「松ノ浜駅」の下り線も高架に移行し、上下線とも高架移行が完了しました。現在は周辺工事を行っています。
  
 「南海本線(堺市)連続立体交差事業」は、南海本線の「石津川」の鉄橋を過ぎたあたりから「羽衣駅」手前までの約2.7kmにおいて鉄道を高架化することにより7ヶ所の踏切を除却し、都市内交通の円滑化を図るとともに、分断された市街地の一体化により都市の活性化を図る事業です。Part2として、諏訪ノ森駅周辺の様子をUPします。
 
 公式HP → 都市計画事業南海本線(堺市)連続立体交差事業について
 
南海本線(堺市)連続立体交差事業
◆ 事業名称-南海本線(堺市)連続立体交差事業
◆ 延長- 約2.7km(堺市域:約2.3km、高石市域:約0.4km)
◆ 踏切除却数-7ヶ所
◆ 対象駅- 諏訪ノ森駅、浜寺公園駅
◆ 事業主体-堺市
◆ 工事完了-2018年03月(予定)
◆ 総事業費- 約423億円
  
 
Sakai121111_3
「諏訪ノ森駅(すわのもりえき)」は、相対式2面2線の高架駅に生まれ変わります。
 
 
Sakai121112
「諏訪ノ森駅部北側~石津川」の断面図です。
 
 
Sakai121113_2
「諏訪ノ森駅」の2番線ホーム(難波方面)です。現在の「諏訪ノ森駅」は、千鳥式配置の単式2面2線の地平駅です。
 
 それぞれのホームが踏切を挟んで南北に離れているため、反対側のホームに行くためには1度改札口を出る必要があります。高架化工事が行われるとこの不便も解消されます。
 
 
Sakai121114
反対側の1番ホーム(和歌山市方面)です。踏切を挟んで北側にかなり離れています。
 
 
Sakai121115
線路の西側で土地の買収は行われていますが、本格的な高架工事はまだ始まっていません。
 
 
Sakai121116
駅の東側も更地になっていました。西口には駅前広場が設けられますが、駅東側のこの部分がどうなるのかは分かりませんでした。
 
 
Sakai121117
-諏訪ノ森駅駅舎-

 「諏訪ノ森駅駅舎」は、1919年に建てられた駅舎です。木造、スレート葺き、平屋建ての48㎡程度の小規模な駅舎です。
 
 入り口上方のステンドグラスが特徴となっており、屋根、破風、待合室など、「セセッション(19世紀に過去の美術様式から分離しようとしたウィーン分離派)」の影響を受けたと思われるデザインが随所に見られます。
 
 現役で現存する木造駅舎の一つとして希少性は高く、大阪府内では「浜寺公園駅駅舎」とともに1998年に登録有形文化財に登録され、近畿の駅百選選定駅にも選ばれています。
 
 
Sakai121118
「諏訪ノ森駅駅舎」は、次世代へ文化財的価値が継承できるような保存活用される事が決まっています。
 
 新駅舎と少し離して移築保存されます。建築物を解体せずに「曳家(ひきや)」で水平移動させるのでしょうか?
 
 公式HP → 浜寺公園駅及び諏訪ノ森駅 駅舎保存活用構想
 
 公式HP → 駅舎の保存活用方策について

|

« 南海本線(堺市)連続立体交差事業 Part1:浜寺公園駅編 保存活用される「浜寺公園駅駅舎」 | トップページ | 「大名古屋ビル・ロイヤルパークイン名古屋建替計画」の計画概要決定 建物名称は「大名古屋ビルヂング」の名称を継承! »

41 大阪府・堺市」カテゴリの記事

92 鉄道編・私鉄」カテゴリの記事