« 阪神電鉄住吉・芦屋間連続立体交差事業 Part1:青木駅編 2012年11月28日の建設状況 | トップページ | (仮称)日本生命保険相互会社新東館 2012年12月3日の建設状況 »

2012年12月 3日 (月)

阪神電鉄住吉・芦屋間連続立体交差事業 Part2:深江駅編 2012年11月28日の建設状況

Kobefukae12111
-阪神本線・深江駅(ふかええき)-

 「阪神電鉄住吉・芦屋間連続立体交差事業」は、阪神電鉄の「住吉駅~芦屋市境」までの約4kmの区間を高架化するプロジェクトです。
 
 11ヶ所の踏切が除却し、33ヶ所の交差道路の改良により都市交通の改善を図るべく、1992年3月に事業着手し、工事を進めています。当初計画では2015年度の完成予定でしたが、とても間に合いそうにありません。
 
 ちなみに新しい深江駅は、「神戸商船大学(現:神戸大学海事科学部)」のシンボルで、現在は解体された「進徳丸」などをイメージしているそうです。
 
 神戸大学海事科学部と言えば、神戸大学海事科学部卒の「ABC(朝日放送)」の新人「斎藤真美アナウンサー」は美人ですね。「塚本麻里衣アナウンサー」といいABCは美人の宝庫ですね。さすが「関西の至宝」と言われるだけのことはあります(笑)。
 
 神戸市HP → 阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業
 

阪神電鉄住吉・芦屋間連続立体交差事業
◆ 事業名称-阪神電鉄住吉・芦屋間連続立体交差事業
◆ 延長-約4,000m
◆ 踏切除却数-11ヶ所
◆ 対象駅-青木駅、深江駅
◆ 事業主体-神戸市
◆ 工事完了-2015年度(当初計画)
◆ 総事業費- 約653億円
 
 
Kobefukae12112
「深江駅」は、相対式2面2線の高架駅に生まれ変わります。
 
 
Kobefukae12113
現場に掲示してある「工事施工順序」です。現在は下り線の高架工事に入った段階です。
 
 
Kobefukae12114
上下線共に仮線に移行した「深江駅」の仮駅です。
 
 
Kobefukae12115
仮駅は、上下線共に線路の北側にホームがある単式2面2線となっています。
 
 
Kobefukae12116
「深江駅」のホーム西端から西側を見た様子です。
 
 
Kobefukae12117
下り線の高架橋が一部姿を現しています。
 
 
Kobefukae12118
「深江駅」の仮線の下り線の南側に、今までの下り線を撤去して高架工事の用地を確保しています。橋脚の頭部分が姿を現しています。
 
 
Kobefukae12119
橋脚の頭部分のアップです。
 
 
Kobefukae121110
このあたりに「深江駅」の下り線の高架駅舎が建設されます。
 
 
Kobefukae121111
駅舎部分は橋脚が特に太いです。
 
 
Kobefukae121112
「深江駅」のホーム東端から東側を見た様子です。
 
 
Kobefukae121113
橋脚の頭部分が姿を現しています。
 
 
Kobefukae121114
橋脚の頭部分のアップです。

|

« 阪神電鉄住吉・芦屋間連続立体交差事業 Part1:青木駅編 2012年11月28日の建設状況 | トップページ | (仮称)日本生命保険相互会社新東館 2012年12月3日の建設状況 »

51 兵庫県・神戸市②」カテゴリの記事

93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む)」カテゴリの記事