« 阪急電鉄 阪急三宮駅「神戸阪急ビル東館」を建て替え! 超高層ビルかも? | トップページ | ヤンマー新本社ビル(仮称) やっと「建築計画のお知らせ」掲示! »

2013年3月28日 (木)

「大阪神ビル&新阪急ビル」の建て替え 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の詳細発表!

Osakahanshin13031_2
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 このようなビッグニュースは、写真を多用した大特集を組みたいのですが、パソコンが画像編集もままならない状態なので、「阪急阪神ホールディングス」の完成予想図を引用させていただきました。
 
 昨日(3月27日)、「阪急阪神ホールディングス」から「大阪神ビルディング&新阪急ビル」の立て替えプロジェクトである「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の詳細が発表されました。
 
 阪急阪神ホールディングス(PDF:2013/03/27)
 梅田1丁目1番地計画について(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)
 
 概要は、地上38階、地下4階、高さ約190m、延床面積約257,000㎡で、2014年度に現在のビル解体に着手、2023年度をめどに完成を目指す予定です。
 
 ちなみに「梅田阪急ビル」の立て替え部分が、地上41階、塔屋2階、地下3階、高さ186.95m、延床面積253,896.65㎡なのでほぼ同規模ですが、「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」方が少しだけ広いです。
 
梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 階数-地上38階、地下4階
◆ 高さ-最高部約190m
◆ 敷地面積-約12,100㎡(両敷地間の道路上空を含む)
◆ 延床面積-約257,000㎡(容積率2,000%)
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-百貨店、オフィス、ホール等
◆ 施設構成-百貨店ゾーン(地下2階~地上9階、延床面積約100,000㎡)、オフィスゾーン(地上11階~38階、延床面積約133,000㎡)、カンファレンスゾーン(地上11階、延床面積約3,000㎡)、その他(駐車場、共用通路等:延床面積:約21,000㎡)、地上10階は機械室
◆ 竣工-2023年予定
  
◇ 百貨店ゾーン
 新しくなる阪神百貨店は、フロア数11層 (地下2階~地上9階)で、延床面積約100,000㎡です。売場面積は現在の約53,000㎡と同程度になります。
 
 ちなみに「阪急うめだ本店」は、フロア数15層(地下2階~地上13階)で、延床面積約140,000㎡、売場面積約80,000㎡です。
 
 通常百貨店は、延床面積の50%~60%くらいを売場面積として使用します。バックヤード、その他の後方支援部分は売場面積に含まないためです。
 
 新しくなる阪神百貨店が、むやみに売場面積の拡大を行わないのは、グループの「阪急うめだ本店」との住み分けや梅田地区での過当競争を回避するためだと思われます。
 
◇ オフィスゾーン
 高層部分の地上11階~38階に、延床面積約133,000㎡の最新の設備を備えた大型オフィスを整備します。「梅田阪急ビル」のオフィスは、延床面積約103,000㎡なので、約30,000㎡広いです。
 
 西日本最大規模の1フロア当たり面積約4,500㎡の大型オフィスとなります。約4,500㎡が基準階貸室面積を指すのかは不明ですが、基準階貸室面積が1000坪を超えるのは間違いないです。
 
 ちなみに「グランフロント大阪・タワーA」の基準階貸室面積が約2,400㎡~約2,800㎡、「中之島フェスティバルタワー」の基準階貸室面積が約2,710㎡です。

 東京の丸の内や大手町では、1フロアの基準階貸室面積が1000坪を超える巨大な超高層オフィスビルが次々建てられようとしていますが、大阪にもついに1フロア1000坪を超える超高層オフィスビルが登場することになります。
 
 11階にはスカイロビーが設けられ、地上部から大型エレベーターで直接アクセスが可能です。 スカイロビーと百貨店ゾーンはエスカレーターで接続されます。

|

« 阪急電鉄 阪急三宮駅「神戸阪急ビル東館」を建て替え! 超高層ビルかも? | トップページ | ヤンマー新本社ビル(仮称) やっと「建築計画のお知らせ」掲示! »

01 梅田1丁目1番地計画」カテゴリの記事