« ダイビル本館 「中之島四季の丘」と「堂島川」沿いの遊歩道を結ぶ歩行者デッキ 2013年6月25日の建設状況 | トップページ | 高麗橋地区地区計画A地区 「日本経済新聞社大阪本社ビル(仮称)」の建築計画のお知らせ »

2013年6月30日 (日)

(仮称)毎日放送本社新館建設工事 2013/06/25 もうすぐ竣工!

Osakambs13061
-(仮称)毎日放送本社新館建設工事-

 毎日放送(MBS)は、大阪市北区茶屋町の本社本館に隣接する敷地に新館ビルを建設中です。
 
 新館は、分散している一部のスタジオを集約し、最新の機能を備えます。地上15階、塔屋1階、地下1階、高さ88.983m、総事業費は約170億円を予定しています。
 
 新館の竣工が2013年夏、本館1階の改修工事完成が2014年春を予定しています。2014年4月4日午前11時7分9秒に「グランドオープン」します。
 ちなみに11時7分9秒の1179は「MBSラジオ」の周波数1179kHzに合わせたお遊びです。
 
 
Osakambs13062
北西側から見た様子です。
 
 
Osakambs13063
北面に「MBS」のロゴが取り付けられました。
 
 
Osakambs13064
西側から見た様子です。アンテナタワーも完成しています。
 
 
Osakambs13065
新館と本館を結ぶ連絡ブリッジです。本館は「耐震構造」、新館は「免震構造」なので地震時の揺れが全く異なります。そのためジョイント部には工夫がしてあるそうです。
 
 
Osakambs13066
低層部にも連絡ブリッジがあります。斜めのブレースが新館から伸びているので連絡ブリッジは、新館の構造物であることが分かります。
 
 本館側に地震時の揺れを吸収する秘密があるようです。写真を見るとジョイント部は、本館側が連絡ブリッジを包み込む二重構造のようです。
 地震時に連絡ブリッジが出たり入ったりしてジョイント部を破壊しないようにする思われます。
 
 
Osakambs13067
北東側から見た低層部の様子です。
 
 
Osakambs13068
敷地東側の様子です。植栽も行われています。
 
 
Osakambs13069_2
電気、ガス、通信、上下水などのいろいろなインフラを新館と接続する必要があります。
 
 
Osakambs130610
敷地北側の様子です。
 
 
Osakambs130611
路面の石材が準備されています。
 
 
Osakambs130612
地下にはいろいろな配管が埋まっています。
 
 
Osakambs130613
石材の下には、クッション材となる敷砂が敷かれています。

|

« ダイビル本館 「中之島四季の丘」と「堂島川」沿いの遊歩道を結ぶ歩行者デッキ 2013年6月25日の建設状況 | トップページ | 高麗橋地区地区計画A地区 「日本経済新聞社大阪本社ビル(仮称)」の建築計画のお知らせ »

31 大阪市・北部②」カテゴリの記事