« 阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業 Part1:神崎川の北側→下神崎川橋梁→下新庄駅の手前まで 2014年7月26日の建設状況 | トップページ | 広島大学本部跡地 「広島ナレッジシェアパーク」事業実施計画決定 地上54階の超高層タワーマンションは、2015年7月着工! »

2014年7月30日 (水)

阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業 Part2:「下新庄駅」周辺 2014年7月26日の建設状況

Osakashimo12051
-下新庄駅(しもしんじょうえき)-
 「阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業」は、東淀川区の「淡路駅」を中心とした阪急電鉄京都線3.3kmと千里線3.8kmの合計7.1kmを高架化し、17ヶ所の踏切を無くし、都市計画道路などの交差道路を整備するプロジェクトです。

 駅としては、「淡路駅」、「崇禅寺駅」、「下新庄駅」、「柴島駅」の4駅が高架駅になる予定です。
 1997年1月に用地買収に着手し、2008年9月に工事に着工しました。計画では2018年度に高架に移行、2020年度に事業完了と非常に息の長い工事になります。

 Part2として「下新庄駅」周辺をUPします。約1年2ヶ月ぶりに見に行きましたが、非常にゆっくり工事が行わている印象です。巨大な橋脚が姿を現したのが大きな変化でした。


Osakashimo12052
新しい「下新庄駅(しもしんじょうえき)」は、3層構造の島式1面2線の高架駅になる予定です。

 ホーム南端から50mくらい南側に「東海道新幹線」の高架があります。新幹線の高架をオーバーパスする必要があるので、駅の高さは約25mになります。


Osakashimo12053
高架化された新しい「下新庄駅」の両側には側道が整備されます。


Osakashimo140711
「下新庄駅」のホーム北端から北側を見た様子です。


Osakashimo140712
「下新庄駅」のホーム北端から南側を見た様子です。


Osakashimo140713
東側のホーム(梅田・天下茶屋方面)北端で解体工事が行われています。


Osakashimo140714
南側から見た「下新庄駅」です。ホームの東側で工事が行われています。東側のホーム(梅田・天下茶屋方面)は、北側で解体工事が行われているので、南側にスライドしています。


Osakashimo140715
「下新庄駅」のホーム南端から50mくらい南側に「東海道新幹線」の高架があります。建設される高架橋は新幹線の高架をオーバーパスします。


Osakashimo140716
「東海道新幹線」の南側に橋脚が姿を現しました。


Osakashimo140717
巨大な橋脚です。


Osakashimo140718
「東海道新幹線」をオーバーパスするため非常に高くて太い橋脚です。


Osakashimo140719
更に南側です。「東海道新幹線」の南側では、線路の西側で工事が行われています。このスペースを使って仮線を1線ずつ西側に移設すると予想していましたが、いきなり橋脚を建設しています。

 「阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業」は、「直上施工」、「別線施工」、「仮線施工」の3工法で工事が行われます。この部分は、「直上施工」が採用されるようです。


Osakashimo140720
更に南側です。


Osakashimo140721
更に南側です。


Osakashimo140722
橋脚が建設されています。


Osakashimo140723
踏切から北側を見た様子です。仮線を移設しないで、西側に一気に橋脚を建設しています。この部分は、「直上施工」が採用されることが分かります。


Osakashimo140724
踏切から南側を見た様子です。


Osakashimo140725
線路の西側で工事が行われています。


Osakashimo140726
更に南側です。線路の反対側(東側)に用地を買収した部分が移動します。


Osakashimo140727
「淡路駅」に近づくと完全に線路の東側に移動します。線路の東側は、用地が買収され工事スペースが確保されています。

|

« 阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業 Part1:神崎川の北側→下神崎川橋梁→下新庄駅の手前まで 2014年7月26日の建設状況 | トップページ | 広島大学本部跡地 「広島ナレッジシェアパーク」事業実施計画決定 地上54階の超高層タワーマンションは、2015年7月着工! »

31 大阪市・北部②」カテゴリの記事

92 鉄道編・私鉄」カテゴリの記事