« 兵庫医科大学 延床面積3万㎡超の「新教育研究棟」を建設! | トップページ | 阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区) Part3:鳴尾駅~甲子園駅の駅間編 2014年11月24日の建設状況 »

2014年11月27日 (木)

阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区) Part2:鳴尾駅の高架駅 2014年11月24日の建設状況

Nishinomiya12111
-阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区)-

 「阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区)」は、阪神電気鉄道「甲子園駅」~「武庫川駅」間の約1,870mを高架化することにより6ヶ所の踏切を除去します。

 新たな交差道路の整備を行って、道路交通の安全性の向上と円滑化を図ります。また土地区画整理事業による鳴尾駅周辺整備と合わせて市街地の一体化を図ります。

 「阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区)」は、兵庫県を事業主体とし、西宮市、阪神電気鉄道の三者で施行します。

 兵庫県HP → 阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区) 

阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区)
◆ 事業名称-阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区)
◆ 事業区間-阪神電気鉄道本線甲子園駅~武庫川駅間
◆ 延長-約1,870m
◆ 踏切除却数-6ヶ所
◆ 対象駅-鳴尾駅
◆ 事業主体-兵庫県
◆ 事業期間-2003年度~2018年度予定予定
◆ 総事業費-約297億円


Nishinomiya141171
昨年まで掲示されていなかった「鳴尾駅」の詳細な完成予想図が掲示されていました。


Nishinomiya141172
建設中の高架の「鳴尾駅」を南東側から見た様子です。


Nishinomiya141173
建設中の高架の「鳴尾駅」を東側の踏切から見た様子です。下り線の高架駅舎が姿を現しています。「鳴尾駅」の仮設のホームも見えます。


Nishinomiya141174
アップです。特徴的なホーム屋根も姿を現しています。


Nishinomiya141175
仮設の「鳴尾駅」のホーム東端から東側(梅田側)を見た様子です。


Nishinomiya141176
仮設の「鳴尾駅」です。


Nishinomiya141177
特徴的なホーム屋根が見えます。


Nishinomiya141178
仮設の「鳴尾駅」のホーム西端から西側(三宮側)を見た様子です。


Nishinomiya141179
建設中の高架の「鳴尾駅」の南側です。


Nishinomiya141180
一部内部を見る事の出来る場所がありました。天井の設備もかなり設置が進んでいます。


Nishinomiya141181
東側です。階段も見えます。


Nishinomiya141182
ホーム屋根です。


Nishinomiya141183
西側です。


Nishinomiya141184
建設中の高架の「鳴尾駅」を南西側から見た様子です。


Nishinomiya141185
建設中の高架の「鳴尾駅」を西側の踏切から見た様子です。「鳴尾駅」の仮設のホームも見えます。

|

« 兵庫医科大学 延床面積3万㎡超の「新教育研究棟」を建設! | トップページ | 阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区) Part3:鳴尾駅~甲子園駅の駅間編 2014年11月24日の建設状況 »

57 兵庫県・西宮市」カテゴリの記事

93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む)」カテゴリの記事