« 名古屋市 地上29階、高さ約99mの「納屋橋東地区第一種市街地再開発事業」 2015年1月5日の解体状況 | トップページ | 名古屋市 (仮称)代々木ゼミナール名古屋プロジェクト/(仮称)名鉄イン名古屋駅西 2015年1月5日の建設状況 »

2015年1月14日 (水)

JR西日本 JR神戸線「六甲道駅」で「昇降式ホーム柵」の実証実験を実施中!

Kobejr150111
-JR西日本の昇降式ホーム柵-
 
JRゆめ咲線「桜島駅」の1番ホームで「昇降式ホーム柵」の実証実験が、2013年12月~2014年3月末まで行われました。

 JR西日本が開発を進めてきた「昇降式ホーム柵」は、ホームドアの代わりにワイヤーロープを設置し、列車のドアが開く際にワイヤーロープを上昇させる方式のホーム柵です。これまでのホームドアとは異なり、車両のドアの位置や数が変わっても対応出来ます。

 ホームドアの実証実験と言うと普通は1車両分だけの場合が多いですが、JRゆめ咲線「桜島駅」1番ホームの全長約160m全体を使った大掛かりな実証実験でした。「桜島駅」での実証実験は、おおむね良好な稼働状況が確認されたそうです。

● JR神戸線の六甲道駅でも「昇降式ホーム柵」の実証実験
 JR西日本は、神戸線の「六甲道駅」の上り線3番のりばに「昇降式ホーム柵」を設置し、2014年12月13日~2015年3月末(予定)まで実証実験を行っています。

 JR西日本・ニュースリリース(2014/11/19)
 六甲道駅の「昇降式ホーム柵」の試行運用を開始します

 「六甲道駅」は、車両数(最長12両編成)、ドアの位置、ドアの数(3枚扉、4枚扉)が異なる電車が頻繁に停車します。「桜島駅」より遥かに難易度が高いです。


Kobejr150112
電車が到着します。


Kobejr150113
電車が到着するとワイヤーロープが上昇します。


Kobejr150114
最高部まで上昇します。


Kobejr150115
ドアが開きます。


Kobejr150116
ワイヤーロープが下降を始めます。


Kobejr150117
ワイヤーロープがほぼ下降してからドアを閉めます。


Kobejr150118
ワイヤーロープが完全に下降してから電車が発車します。


Kobejr150119
「昇降式ホーム柵」は、5本のワイヤーロープを高さ50cm~120cmに水平に張って利用者の線路への転落を防いでいます。

 ワイヤーロープは、ステンレス製です。「ステンレスワイヤーロープ」は、耐食性・耐熱性・耐摩擦性等に非常に優れた特性を持つロープです。


Kobejr150120
横から見た様子です。縦のたくさんの穴は「赤外線センサー」の穴です。


Kobejr150121
閉じた状態のシングルの昇降機です。


Kobejr150122
閉じた状態のツインの昇降機です。


Kobejr150123
裏側から見た様子です。

|

« 名古屋市 地上29階、高さ約99mの「納屋橋東地区第一種市街地再開発事業」 2015年1月5日の解体状況 | トップページ | 名古屋市 (仮称)代々木ゼミナール名古屋プロジェクト/(仮称)名鉄イン名古屋駅西 2015年1月5日の建設状況 »

51 兵庫県・神戸市②」カテゴリの記事

91 鉄道編・JR」カテゴリの記事