« 梅田3丁目計画(仮称) 「大弘ビル」が近く解体工事に着手 遅れに遅れた大規模プロジェクトがやっと動き出す! | トップページ | 大阪駅前地下道改良事業 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備 2015/07/27 »

2015年7月31日 (金)

学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称) 2015/07/27 最高部は7階(8FL)の鉄骨建方

Osakajosho150711
-学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)-

 大阪工業大学などを運営する学校法人「常翔学園」は、阪急梅田駅に隣接する大阪市北区茶屋町の旧梅田東小学校跡地に「梅田キャンパス」を建設中です。

 計画名は「学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)」で、概要は、地上22階、地下2階、高さ125.15m、延床面積33,329.89㎡となっています。

学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区茶屋町50番の一部、他
◆ 階数-地上22階、地下2階
◆ 高さ-最高部125.15m(平均地盤面よりの高さ)
◆ 敷地面積-4,650.41㎡
◆ 建築面積-2,416.21㎡
◆ 延床面積-33,329.89㎡(容積率対象面積約30,172.47㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ち鋼管コンクリート杭(管理人の推測)
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-学校(大学)
◆ 建築主-(学校法人)常翔学園
◆ 設計者・監理者-服部・石本・安井設計監理共同企業体(服部設計、石本建築事務所、安井建築設計事務所)
◆ 施工者-西松建設
◆ 着工-2014年03月28日(安全祈願祭)
◆ 竣工-2016年08月31日予定


Osakajosho150712
北側から見た様子です。低層部5層の鉄骨建方が完了しています。


Osakajosho150713
セットバックした部分の鉄骨建方が始まっています。最高部は7階(8FL)まで鉄骨建方が行われています。


Osakajosho150714
粘性制震壁

 制震装置の「粘性制震壁」だと思われます。地震時に上下階の間で発生する「位置のずれ」を壁形状の受け箱に挿入した鋼板に導き、箱内に充填した高粘性流体との間で発生する粘性抵抗でエネルギーを吸収する制震装置です。


Osakajosho150715
北東側から見た様子です。

|

« 梅田3丁目計画(仮称) 「大弘ビル」が近く解体工事に着手 遅れに遅れた大規模プロジェクトがやっと動き出す! | トップページ | 大阪駅前地下道改良事業 東西地下道(都市計画道路大阪駅前1号線)の拡幅整備 2015/07/27 »

31 大阪市・北部②」カテゴリの記事