« 阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業 祝!下り線が高架に移行 Part1・下りホームが高架に移行した「深江駅」のホーム編 | トップページ | 福岡市 JR九州 「JR博多シティ」と「博多港」のウオーターフロント地区間を結ぶロープウエー構想 »

2015年12月14日 (月)

阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業 祝!下り線が高架に移行 Part2・下りホームが高架に移行した「深江駅」の改札外・改札内コンコース編

Kobehanshin141111
-阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業-
 「阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業」は、阪神電鉄の「住吉駅~芦屋市境」までの約4kmの区間を高架化するプロジェクトです。

 11ヶ所の踏切が除却し、33ヶ所の交差道路の改良により都市交通の改善を図るべく、1992年に事業着手し、工事を進めています。

 引用資料 神戸市・公式ホームページ
 阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業

● 2015年12月12日に下り線を高架に切り替え
 工事の進捗に伴い、2015年12月12日(土)の始発列車から、魚崎駅~芦屋駅間の下り線(神戸三宮方面行き)を、高架線路に切り替えて運行を開始しました。

 阪神電気鉄道・ニュースリリース(PDF:2015/11/10)
 阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業 魚崎駅~芦屋駅間下り線を高架に切替え ~2015年12月12日始発から~  

 魚崎駅以西の約0.8kmは、2005年8月に工事が完了していたので、今回、高架線路に切り替えて運行を開始したのは、魚崎駅以東の約3.2kmになります。

阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業
◆ 事業名称-阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業
◆ 延長-約4,000m
◆ 踏切除却数-11ヶ所
◆ 対象駅-青木駅、深江駅
◆ 事業主体-神戸市
◆ 鉄道工事着手-2006年11月
◆ 下り線高架工事着手-2011年04月
◆ 下り線高架化切替-2015年12月12日
◆ 上り線高架化切替-2019年度(予定)
◆ 総事業費- 約653億円


Kobefukae12111
「深江駅(ふかええき)」の完成予想図です。新しい深江駅は、「神戸商船大学(現:神戸大学海事科学部)」のシンボルで、現在は解体された「進徳丸」などをイメージしています。


Kobefukae12112
「深江駅(ふかええき)」は、相対式2面2線の高架駅に生まれ変わります。


Kobefukae51
写真がボケボケですが、「深江駅」に掲示してある地上階と改札階の案内図です。


Kobefukae52
2015年12月12日(土)から下りホームが高架に移行した「深江駅」です。


Kobefukae53
2015年12月12日(土)から供用開始されたばかりなのでピカピカです。


Kobefukae54
手前に1階(地上階)と2階(改札階)を結ぶ「エレベーター」があります。


Kobefukae55
奥に1階(地上階)と2階(改札階)を結ぶ「上り専用エスカレーター」と「階段」があります。


Kobefukae56
2階の改札外コンコースと1階を結ぶ「エレベーター」です。


Kobefukae57
2階の改札外コンコースと1階を結ぶ「階段」です。「エスカレーター」は上り専用となっています。


Kobefukae58
「きっぷうりば」です。


Kobefukae59
2階の改札外コンコースから見た「改札口」です。下り腺の改札口はこの1ヶ所のみです。


Kobefukae60
2階の改札内コンコースから見た「改札口」です。


Kobefukae61
2階の改札内コンコースを北東側から見た様子です。改札内コンコースはあまり広くありません。


Kobefukae62
2階の改札内コンコースを北西側から見た様子です。


Kobefukae63
一番東側に上り・下り×各1基の「エスカレーター」があります。


Kobefukae64
中央に「エレベーター」があります。


Kobefukae65
一番西側に「階段」があります。


Kobefukae66
一番奥(西側)はトイレとなっています。

|

« 阪神本線住吉・芦屋間連続立体交差事業 祝!下り線が高架に移行 Part1・下りホームが高架に移行した「深江駅」のホーム編 | トップページ | 福岡市 JR九州 「JR博多シティ」と「博多港」のウオーターフロント地区間を結ぶロープウエー構想 »

51 兵庫県・神戸市②」カテゴリの記事

93 鉄道編・阪神電鉄(山陽電鉄含む)」カテゴリの記事