« 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分 2016/03/25 地上部分の鉄骨建方が始まる! | トップページ | 学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称) 2016年3月22日の建設状況 »

2016年3月26日 (土)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 2016/03/25 「山留め壁」の構築が始まる!

Osakahanshin14021
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-
 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日(火)にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2015/07/21)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)は、本日、Ⅰ期部分の新築工事に着手しました ~「DBJ Green Building 認証」の最高ランクを取得 ~

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Osakahanshin14091
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年03月春頃予定


Hanshin16032551
撮影日2016年3月25日 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の全景です。


Hanshin16032552
撮影日2016年3月25日 「大阪神ビルディング」の全景です。


Hanshin16032553
撮影日2016年3月25日 「大阪神ビルディング」の東側部分です。3台の「三点式パイルドライバ」が稼働しています。


Hanshin16032554
撮影日2016年3月25日 少し方向を変えた様子です。「山留め壁」の構築が始まりました。


Hanshin16032555
撮影日2016年3月25日 3台目の「三点式パイルドライバ」です。他の2台と違って「山留め壁」を構築しています。


Hanshin16032556
撮影日2016年3月25日
 「三点式パイルドライバ」には、「三連型アースオーガ」が装着されています。三連型アースオーガで「山留め壁」の構築を行っています。

 「山留め壁」は、溝に沿って「SMW工法(ソイルセメント柱列壁工法)」により構築されます。「SMW」とは、土(Soil)とセメントスラリーを原位置で混合・攪拌(Mixing)し、地中に造成する壁体(Wall)の略称です。

 水平の「H形鋼」は「定規」です。「定規」に記した割付に「アースオーガ」の位置を合わせて精度を確保します。すでに建込まれた「H形鋼」も見えます。


Hanshin16032557
撮影日2016年3月25日 建込まれた「H形鋼」が並んでいます。


Hanshin16032558
撮影日2016年3月25日 「山留め壁」の芯材となる「H形鋼」が並べられています。


Hanshin16032559
撮影日2016年3月25日
 手前の池のような部分は、「山留め壁」の構築時に注入されたセメントミルクによりソイルセメントが余剰分としてあふれだした分を貯めた泥土です。泥土は、敷地内で固化されて適切に処分されます。


Hanshin16032560
撮影日2016年3月25日 セメントミルクを供給する「セメントミルクプラント」です。3基に増えていました。


Hanshin16032561
撮影日2016年3月25日 1台目の「三点式パイルドライバ」です。「山留め壁」を構築する建物外周部分の地中障害物の撤去を行っています。


Hanshin16032562
撮影日2016年3月25日 2台目の「三点式パイルドライバ」です。「山留め壁」を構築する建物外周部分の地中障害物の撤去を行っています。


Hanshin16032563
撮影日2016年3月25日 「三点式パイルドライバ」の「ロックオーガ」で溝状に打ち抜いています。


Hanshin16032564
撮影日2016年3月25日 溝の部分に、次の工程で「山留め壁」が構築されます。溝に溜まっているのは「安定液」です。

|

« 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分 2016/03/25 地上部分の鉄骨建方が始まる! | トップページ | 学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称) 2016年3月22日の建設状況 »

01 梅田1丁目1番地計画」カテゴリの記事