« 神戸医療産業都市 (仮称)「京コンピュータ前」駅前パイロットビル新築工事 2016年3月5日の建設状況 | トップページ | 神戸医療産業都市 小児がんに重点を置いた新粒子線治療施設建設工事 2016年3月5日の建設状況 »

2016年3月 8日 (火)

建て替えが計画されている「神戸阪急ビル東館」 2016年3月7日~2016年4月23日の期間で現況調査工事を実施!

Kobehankyu1
-神戸阪急ビル東館-
 「阪急阪神ホールディングス」は、阪急三宮駅の東側にある「神戸阪急ビル東館」を建て替える方針を固めています。建て替えで他線との乗り換えを便利にし、ホテルや商業・オフィスゾーンを含む高さ100m以上の複合ビルとする予定です。


Kobehankyu2
「神戸阪急ビル東館」を北東側から見た様子です。3月5日(土)の撮影ですが、2年ぶりくらいの撮影になります。その間、計画は一向に動きませんでした。


Kobehankyu3
「神戸阪急ビル東館」を東側から見た様子です。


Kobehankyu4
「神戸阪急ビル東館」を北側から見た様子です。


Kobehankyu5
「神戸阪急ビル東館は、2016年1月11日に全ての店舗を閉店しています。


Kobehankyu6
現地に「調査工事のお知らせ」が掲示されていました。2016年3月7日~2016年4月23日の期間で現況調査工事を実施します。調査は「大林組」により行われます。

 赤い部分が調査範囲です。この範囲にもビルが建設されるのか? ビルの建て替えで影響が及ぶ範囲を調査するのか? 不明です。


Kobehankyu7
北側の歩道も調査範囲です。


Kobehankyu8
更に北側の「パイ山」も調査範囲に含まれます。ちなみに正式名称は、「三宮北アモーレ広場」となっていますが、地元の人は「パイ山」と呼びます。おっぱいみたいに盛り上がった部分があるからです(笑)。

|

« 神戸医療産業都市 (仮称)「京コンピュータ前」駅前パイロットビル新築工事 2016年3月5日の建設状況 | トップページ | 神戸医療産業都市 小児がんに重点を置いた新粒子線治療施設建設工事 2016年3月5日の建設状況 »

51 兵庫県・神戸市②」カテゴリの記事