« 御堂筋 株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル建替工事 本館 2016/05/11 「構真柱(こうしんちゅう)」の組立て! | トップページ | 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 2014/05/11 »

2016年5月14日 (土)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分 2016/05/11

Osakahanshin14021
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-
 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日(火)にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2015/07/21)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)は、本日、Ⅰ期部分の新築工事に着手しました ~「DBJ Green Building 認証」の最高ランクを取得 ~

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Osakahanshin14091
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年03月春頃予定


Hanshin16051111
撮影日2016年5月11日 
 Ⅰ期部分は、「新阪急ビル」と「大阪神ビルディング東側部分」ですが、2015年7月21日(火)にⅠ期部分の新築工事に着手したのは「新阪急ビル」の部分です。


Hanshin16051112
撮影日2016年5月11日 2基のタワークレーンで鉄骨建方が行われています。


Hanshin16051113
撮影日2016年5月11日 全景です。


Hanshin16051114
撮影日2016年5月11日 地上部分の鉄骨建方の様子です。


Hanshin16051115
撮影日2016年5月11日 少し方向を変えた様子です。


Hanshin16051116
撮影日2016年5月11日 全景です。


Hanshin16051117
撮影日2016年5月11日 地上部分の鉄骨建方の様子です。


Hanshin16051118_5
撮影日2016年5月11日
 「三点式パイルドライバ」で地中障害物の撤去を行っています。地上部分の鉄骨建方が行われているこの段階で地中障害物の撤去を行うのは不思議な感じがします。

 この現場は、最初に1階床を構築して、地上部分は上に向かって、地下部分は、既存建物の地下躯体を解体しながら、地下1階→地下2階→地下3階と下に向かって構築していきます。

 地下に「油圧ショベル」等の重機を入れて解体を行っていますが、それらでは撤去出来ない「地中障害物」が残っているのかも知れません。


Hanshin16051119
撮影日2016年5月11日
 「セメントミルクプラント」が見えます。地中障害物の撤去に関連するプラントだと思われます。

|

« 御堂筋 株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル建替工事 本館 2016/05/11 「構真柱(こうしんちゅう)」の組立て! | トップページ | 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 2014/05/11 »

01 梅田1丁目1番地計画」カテゴリの記事