« うめきた2期区域基盤整備 JR東海道線支線地下化・新駅設置工事 北側の先行着手工区 2016年4月27日の建設状況 | トップページ | ささしまライブ24地区 「ささしまライブ駅-グローバルゲート-愛知大学名古屋キャンパス」が歩行者デッキで直結! »

2016年5月 1日 (日)

ささしまライブ24地区 愛知大学 名古屋校舎(ささしま) 第2期工事 2016年4月10日の建設状況

Nagoyasasashima160411
-愛知大学 名古屋校舎(ささしま) 第2期工事-
 「愛知大学 名古屋校舎(ささしま) 第2期工事」の起工式が2014年12月13日(土)に行われました。本格的な工事は、2015年2月頃から始まっています。

愛知大学 名古屋校舎(ささしま) 第2期工事の概要
◆ 所在地-愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番6他
◆階数-地上20階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-93.80m
◆ 敷地面積-4,957.00㎡
◆ 建築面積-2,299.70㎡
◆ 延床面積-15,152.98㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制震構造(座屈拘束ブレース、耐震間柱、粘弾性ダンパー)
◆ 用途-大学
◆ 建築主-学校法人 愛知大学
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 施工者-鴻池組
◆ 着工-2014年12月13日(起工式)
◆ 竣工-2017年03月31日予定
◆ 開校-2017年04月予定


Nagoyaaichiu15011
完成予想図です。

 引用資料 愛知大学・公式HP
 愛知大学 名古屋キャンパス 


Nagoyaaichiu15012
「敷地配置図」です。


Nagoyaaichiu16041
ミッドランドスクエアの「スカイプロムナード」から見た建設現場です。タワークレーン2基で建設しています。


Nagoyaaichiu16042
最高部です。3層ずつ鉄骨建方が行われています。


Nagoyaaichiu16043
「本館(研究棟)」を北東側から見た様子です。


Nagoyaaichiu16044
南西側から見た様子です。


Nagoyaaichiu16045
地震対策として、地震エネルギーを吸収する「座屈拘束ブレース」や「耐震間柱」、さらに「粘弾性ダンパー」を採用し地震の後揺れ対策を施しています。屋上にはホバーリングスペースを設置します。


Nagoyaaichiu16046
最高部です。


Nagoyaaichiu16047
南側には「グローバルコンベンションホール」が建設されています。


Nagoyaaichiu16048
「グローバルコンベンションホール」を北西側から見た様子です。


Nagoyaaichiu16049
「愛知大学 名古屋校舎(ささしま) 第2期工事(B-1敷地増築工事)」の建築計画の概要です。地上2階、延床面積107.98㎡の小規模な施設ですが、どの部分に建設するのでしょうか?


Nagoyaaichiu160410
建設場所として考えられるのは、キャンパスを貫く「キャンパスモール」の西端です。

|

« うめきた2期区域基盤整備 JR東海道線支線地下化・新駅設置工事 北側の先行着手工区 2016年4月27日の建設状況 | トップページ | ささしまライブ24地区 「ささしまライブ駅-グローバルゲート-愛知大学名古屋キャンパス」が歩行者デッキで直結! »

71 愛知県」カテゴリの記事

96 大学編」カテゴリの記事