« 名古屋市 地上29階、高さ約99mの「プラウドタワー名古屋栄」 2016年8月8日の建設状況 | トップページ | ヨドバシカメラマルチメディア梅田の北側 (仮称)大阪市北区芝田二丁目プロジェクト 2016年8月11日の建設状況 »

2016年8月17日 (水)

うめきた2期区域基盤整備 JR東海道線支線地下化・新駅設置工事 北側の先行着手工区 2016年8月11日の建設状況

Kita16081111
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事-

 大阪市とJR西日本がうめきた2期区域(北区)の基盤整備に合わせて行う「JR東海道線支線地下化・新駅設置工事」が一部で始まっています。

 引用資料 大阪市・公式HP(2015/11/04) 詳細はPDF
 第7回大阪駅周辺地域部会を開催しました

 地区西端を南北に走る東海道線支線(約2,400m)を中央部に移設・地下化する事業で、工事を担当するJR西日本は、北側の先行着手工区(約310m)の施工者を「錢高組・西松建設JV」に決定しています。


Kita1511052
「うめきた2期区域 基盤整備概要」です。


Kita1511053_3
区間別の構造概要と工事の進め方

 「区間別の構造概要と工事の進め方」です。工事延長約2,400m(トンネル延長約1,680m)で、事業費は地下化事業が約540億円、新駅設置事業が約150億円となっています。

● 島式2面4線の地下駅
 新駅設置事業は、「JR西日本」が主体となり延長は約830mです。島式2面4線の地下駅となります。特急「はるか」や「くろしお」が停車するので、関西国際空港や和歌山方面が格段に便利になります

 大阪市が事業主体となって行う地下化(連続立体交差事業)の工事延長は、北区豊崎六丁目から福島区福島七丁目に至る約2,400mで、途中、ボトルネック踏切1ヶ所(西梅田1番踏切)の除却や既設交差道路の改良(2ヶカ所)などにより、踏切事故の解消や道路交通の円滑化、市街地の分断解消をが図られます。


Kita16081112
工事の全景です。


Kita16081113
この日はお盆休みで工事は行われていませんでした。


Kita16081114
お盆休みのため「クラムシェル」がブームを寝かしています。えび茶色の鉄骨は、「土留め壁」を支える「切梁」です。


Kita16081115
南側部分も「土留め壁」の構築が終わっています。新たに支柱が立てられました。お盆休み明けから掘削工事が始まるかも知れません。


Kita16081116
「掘削土」が山積みされています。


Kita16081117
お盆休みのため重機が縦列して並んでいました。手前から「タイヤローラ、油圧ショベル、コンバインドローラ(鉄輪とタイヤ)、モータグレーダ」です。まるで道路を舗装するような重機が並んでいます。何に使用するのでしょうか?

|

« 名古屋市 地上29階、高さ約99mの「プラウドタワー名古屋栄」 2016年8月8日の建設状況 | トップページ | ヨドバシカメラマルチメディア梅田の北側 (仮称)大阪市北区芝田二丁目プロジェクト 2016年8月11日の建設状況 »

03 グランフロント大阪(うめきた)」カテゴリの記事

91 鉄道編・JR」カテゴリの記事