« うめきた2期区域基盤整備 JR東海道線支線地下化・新駅設置工事 北2工区 2016年12月12日の建設状況 | トップページ | USJ近く JRゆめ咲線「桜島駅」の近くに延床面積約36,800㎡の大規模施設「(仮称)桜島1丁目計画」を建設! »

2016年12月17日 (土)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 2016/12/16 2基目のタワークレーンが登場!

Osakahanshin14021
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-
 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日(火)にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2015/07/21)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)は、本日、Ⅰ期部分の新築工事に着手しました ~「DBJ Green Building 認証」の最高ランクを取得 ~

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Osakahanshin14091
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年03月春頃予定


Hanshin16121611
撮影日2016年12月16日 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の全景です。


Hanshin16121612
撮影日2016年12月16日 「大阪神ビルディング」の全景です。


Hanshin16121613
撮影日2016年12月16日 「大阪神ビルディング」の東側部分です。


Hanshin16121614
撮影日2016年12月16日 少し方向を変えた様子です。


Hanshin16121615
撮影日2016年12月16日 1基目のタワークレーンで、2基目のタワークレーンを組んでいます。


Hanshin16121616
撮影日2016年12月16日 1基目のタワークレーンで、2基目のタワークレーンの「ジブ(タワークレーンの腕の部分)」を吊り上げています。


Hanshin16121617
撮影日2016年12月16日 何か作業を行っています。

タワークレーン技術指導員
 タワークレーン専門の「タワークレーン技術指導員」により、タワー
クレーンの組立、解体、クライミングなどの指導が行われます。


Hanshin16120921
(before) 撮影日2016年12月9日
 前回UPした時に ”梁に4ヶ所の「こぶ」が見えます。この部分に2基目の「タワークレーン」を設置すると思われますが、間違っていたらゴメンナサイ・・・

 北側のこぶに間隔が広く高さが低いので、こぶの上に梁を渡してタワークレーンの「ベース架台」を固定すると思われます。” と書きましたが、ピッタリ当たっていました。


Hanshin16121618
(after) 撮影日2016年12月16日 予想が当たると気持ちがいいです。予想するのもビルヲタの楽しみの1つです。


Hanshin16121619
撮影日2016年12月16日
 北側のこぶに間隔が広く高さが低いので、こぶの上に梁を渡してタワークレーンの「ベース架台」を載せて固定しています。

 タワークレーンの「ベース架台」を「アンカーボルト」でガッチリとビル本体の鉄骨に固定しているのでタワークレーンは倒れません。


Hanshin16121620
撮影日2016年12月16日
 2基目の「タワークレーン」の設置場所は、場所的に建物南端ですが、「新阪急ビル跡地側のⅠ期部分」との間の道路上空の鉄骨建方を行うには丁度いい場所です。


Hanshin16121621
撮影日2016年12月16日
 最後まで残っていた部分の1階床の構築を行っています。1階床を最初に構築して重機等が乗入れる「作業床」として使用します。その後に地上階は上に向かって、地下階は下に向かって構築します。

 地下階は地下1階→地下2階→地下3階と下に向かって構築するので、このような工法を「逆打ち工法」と言います。


Hanshin16121622
撮影日2016年12月16日 「デッキプレート」の上に鉄筋の配筋が行われています。


Hanshin16121623
撮影日2016年12月16日 溶接の火花が見えます。


Hanshin16121624
撮影日2016年12月16日 「作業床」の部分が広がって、このゲートも復活しました。

|

« うめきた2期区域基盤整備 JR東海道線支線地下化・新駅設置工事 北2工区 2016年12月12日の建設状況 | トップページ | USJ近く JRゆめ咲線「桜島駅」の近くに延床面積約36,800㎡の大規模施設「(仮称)桜島1丁目計画」を建設! »

01 梅田1丁目1番地計画」カテゴリの記事