« 旧ホテルプラザ跡地 約1haを「積水ハウス」など5社が取得 超高層タワーマンションを計画! | トップページ | 国土交通省発表 2016年の訪日クルーズ旅客数とクルーズ船の寄港実績(速報値) 「博多港」が2年連続でダントツ1位! »

2017年1月18日 (水)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 改正都市再生特別措置法で認められた道路上空部分の建築工事に着手!

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

● 新しい「完成予想イメージパース」の公開
 デザインが変更になっています。 新しい完成予想図は小さい予想図はありましたが、大きい予想図がありませんでした。やっと大きな「完成予想イメージパース」が公開されました。

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin170011353
2017年1月16日に両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。道路は閉鎖しないのでしょうか? どのように工事を行うのか楽しみですね!


Hanshin170011321
「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の全景です。道路上空部分の鉄骨建方を行いやすいように「大阪神ビルディング」側の2基目のタワークレーンは、建物南端に建てています(撮影日2017年1月13日)。


Hanshin170011326
「大阪神ビルディング」の東側部分です(撮影日2017年1月13日)。


Hanshin170011311
新阪急ビル跡地側のⅠ期部分です。2016年12月に「上棟式」を行ったようです(撮影日2017年1月13日)。


Hanshin170011354
ビル北端の「仕口」は、道路上空部分の鉄骨建方を行う事を考慮した形状となっています(撮影日2017年1月13日)。



|

« 旧ホテルプラザ跡地 約1haを「積水ハウス」など5社が取得 超高層タワーマンションを計画! | トップページ | 国土交通省発表 2016年の訪日クルーズ旅客数とクルーズ船の寄港実績(速報値) 「博多港」が2年連続でダントツ1位! »

01 梅田1丁目1番地計画」カテゴリの記事