« JR西日本 大阪弥生会館跡地開発の「(仮称)大阪北NKビル新築工事」 2017/01/19 地上躯体の解体がほぼ完了! | トップページ | 旧ホテルプラザ跡地 建設される超高層タワーマンションは、高さ約180m、総戸数約900戸の規模! »

2017年1月24日 (火)

ささしまライブ24地区 愛知大学 名古屋校舎(ささしま) 第2期工事 2017年4月開校!

Nagoyasasashima170111
-愛知大学 名古屋校舎(ささしま) 第2期工事-
 「愛知大学 名古屋校舎(ささしま) 第2期工事」の起工式が2014年12月13日(土)に行われました。本格的な工事は、2015年2月頃から始まっています。建物自体はすでに完成しており、2017年4月に開校予定です。

愛知大学 名古屋校舎(ささしま) 第2期工事の概要
◆ 所在地-愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番6他
◆階数-地上20階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-93.80m
◆ 敷地面積-4,957.00㎡
◆ 建築面積-2,299.70㎡
◆ 延床面積-15,152.98㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制震構造(座屈拘束ブレース、耐震間柱、粘弾性ダンパー)
◆ 用途-大学
◆ 建築主-学校法人 愛知大学
◆ 設計者・監理者-日建設計
◆ 施工者-鴻池組
◆ 着工-2014年12月13日(起工式)
◆ 竣工-2017年03月31日予定
◆ 開校-2017年04月予定


Nagoyaaichiu170111
ミッドランドスクエアの「スカイプロムナード」から見た様子です。


Nagoyaaichiu170112
「本館(研究棟)」の最高部です。「ヘリポート(R表示のホバリングスペース)」が見えます。2016年12月には、名古屋市消防局による消防検査が行われ、チェックのためにヘリコプターが飛来したそうです。


Nagoyaaichiu170113
「本館(研究棟)」を北西側から見た様子です。地震対策として、地震エネルギーを吸収する「座屈拘束ブレース」や「耐震間柱」、さらに「粘弾性ダンパー」を採用し地震の後揺れ対策を施しています。


Nagoyaaichiu170114
「本館(研究棟)」の下層階を北西側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170115
「本館(研究棟)」の下層階を北側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170116
「B-1敷地」と「B-2敷地」を接続する歩行者デッキを北側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170117
「本館(研究棟)」側の接続部分です。


Nagoyaaichiu170118
「講義棟」側の接続部分です。


Nagoyaaichiu170119
「B-1敷地」と「B-2敷地」を接続する歩行者デッキを南側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170120
「本館(研究棟)」を南西側から見上げた様子です。


Nagoyaaichiu170121
「本館(研究棟)」を南西側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170122
「開口部」です。


Nagoyaaichiu170123
南側の「グローバルコンベンションホール」を北西側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170124
少し角度を変えて見た様子です。


Nagoyaaichiu170125
「本館(研究棟)」と「グローバルコンベンションホール」を接続する歩行者デッキを西側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170126
奥は「駐車場」となっています。


Nagoyaaichiu170127
「グローバルコンベンションホール」を南西側から見た様子です。


Nagoyaaichiu170128
「グローバルコンベンションホール」の1階は「駐輪場」となっています。



|

« JR西日本 大阪弥生会館跡地開発の「(仮称)大阪北NKビル新築工事」 2017/01/19 地上躯体の解体がほぼ完了! | トップページ | 旧ホテルプラザ跡地 建設される超高層タワーマンションは、高さ約180m、総戸数約900戸の規模! »

71 愛知県」カテゴリの記事

96 大学編」カテゴリの記事