« 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分 & 道路上空部分 2017/05/01 タワークレーン1基解体、道路上空は5階・6階部分の鉄骨建方! | トップページ | 御堂筋 株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル建替工事 別館 2017年4月28日の建設状況 »

2017年5月 4日 (木)

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 大阪神ビルディング東側 2017/05/01

Hanshin170011351
-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 2016年12月には旧・新阪急ビル敷地の上棟式を行いました。2017年1月16日には両ビル間の道路上空利用部分の建築工事に着手しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2017/01/17)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)において 改正都市再生特別措置法で認められた 道路上空部分の建築工事がはじまりました

梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin170011352
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅰ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)※新百貨店の部分開業-2018年春頃予定
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年春頃予定
⑥ 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)Ⅱ期部分新築工事着手-2019年春頃予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋頃予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春頃予定


Hanshin17050121
撮影日2017年5月1日 「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」の全景です。


Hanshin17050122
撮影日2017年5月1日 「大阪神ビルディング」の全景です。


Hanshin17050123
撮影日2017年5月1日 縦アングルです。2基のタワークレーンで鉄骨建方が行われています。


Hanshin17050124
撮影日2017年5月1日 少し方向を変えた様子です。


Hanshin17050125
撮影日2017年5月1日
 新しくなる「阪神百貨店(阪神梅田本店)」は、フロア数11層(地下2階~地上9階)、地上10階は「機械室」、地上11階は「スカイロビー」、地上11階~地上38階は「オフィスゾーン」となります。


Hanshin17050126
撮影日2017年5月1日 10階床です。


Hanshin17050127
撮影日2017年5月1日 10階床の「デッキプレート」の上で、鉄筋の配筋が行われています。


Hanshin17050128
撮影日2017年5月1日 10階は「構造切替え階」となるので、「仕口」の形状が複雑です。


Hanshin17050129
撮影日2017年5月1日 この部分には「ブレース」を取り付けるのでしょうか?



|

« 梅田1丁目1番地計画ビル(仮称) 新阪急ビル跡地側のⅠ期部分 & 道路上空部分 2017/05/01 タワークレーン1基解体、道路上空は5階・6階部分の鉄骨建方! | トップページ | 御堂筋 株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル建替工事 別館 2017年4月28日の建設状況 »

01 梅田1丁目1番地計画」カテゴリの記事