« 大阪の明るい話題を3点 「ブルガリ」が大阪で初めて新作発表イベント、大阪が舞台となる大型海外映画「マンハント」が公開、G20サミット大阪開催で決定! | トップページ | 大阪駅近く 地上32階、高さ約105mの「WBF新大阪ホテル」 2018年2月20日の建設状況 »

2018年2月24日 (土)

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田タワー 2018/02/20 次の工程の掘削工事が始まる!

Osakayodobashi171011
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-
 
「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場跡地に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。2017年9月13日に、「地鎮祭」が行われ本格着工しました。2019年12月末日の竣工予定です。

● 都市再生特別措置法に認定!
 「国土交通省」は2017年9月29日、都市再生特別措置法の規定に基づき、「ヨドバシホールディングス、ヨドバシカメラ」から申請のあった民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)について認定しました。

 引用資料 国土交通省(PDF:2017/09/29)
 株式会社ヨドバシホールディングス、株式会社ヨドバシカメラの民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)を認定

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町4番8
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部149.900m
◆ 敷地面積-17,256.22㎡(施設全体)
◆ 建築面積-14,275.68㎡(施設全体)、6.371.70㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 延床面積-220,352.60㎡(施設全体)、111,527.16㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 容積率対象面積-170,225.45㎡(施設全体)、92,287.68㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-百貨店、飲食店、ホテル、駐車場
◆ 客室数-1000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年09月13日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年12月末日予定

(注意) 上記の概要は「建築計画のお知らせ」の数値です。「国土交通省」の資料では、延床面積219,857.71㎡(施設全体)、110,820.64㎡(ヨドバシ梅田タワー)となっています。


Osakayodobashi171012
「概要図」です。

● 阪急阪神ホールディングスのホテルが進出?
 「阪急阪神ホールディングス」は、「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」に新しいホテルを開業する方向で最終調整に入ったようです。客室数は約1000室と大阪市内で最大になります。

 すぐ東側にある「大阪新阪急ホテル(客室数961室)」の機能を移転すると思われます。「大阪新阪急ホテル」は、東京オリンピック前の1964年8月8日に開業しました。開業から53年が経過し老朽化が進んでいます。


Osakayodobashi18022011
「グランフロント大阪 北館」から見た「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の建設現場です。


Osakayodobashi18022012
「グランフロント大阪 南館」から見た様子です。


Osakayodobashi18022013
2台稼働していた「アースドリル掘削機」が1台だけになりました。「場所打ちコンクリート拡底杭」を構築しています。「場所打ちコンクリート拡底杭」の構築が最終段階に入っています。


Osakayodobashi18022014
「アースドリル掘削機」が1台に減ったので、役目を終えた「クローラークレーン」が解体されています。


Osakayodobashi18022015
「鉄筋かご」を建込んでいます。


Osakayodobashi18022016
「鉄筋かご」です。


Osakayodobashi18022017
敷地東側で掘削作業が始まりました。敷地東側では、次の工程に移行しています。


Osakayodobashi18022018
「油圧ショベル」で掘削して、「構真柱(こうしんちゅう)」の頭部分を掘り出します。東側の「山留め壁」が少しだけ姿を現しています。



|

« 大阪の明るい話題を3点 「ブルガリ」が大阪で初めて新作発表イベント、大阪が舞台となる大型海外映画「マンハント」が公開、G20サミット大阪開催で決定! | トップページ | 大阪駅近く 地上32階、高さ約105mの「WBF新大阪ホテル」 2018年2月20日の建設状況 »

31 大阪市・北部②」カテゴリの記事