« 京都市 京都随一の繁華街「四条通」の歩道拡幅 歩行者の通行の邪魔になる「地上機器」はどうなる? | トップページ | 地上38階、高さ約189mの「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」 2018/02/20 外構工事が本格化! »

2018年2月20日 (火)

姫路市 イトーヨーカドー広畑店跡地 西日本エリア最大の「MEGAドン・キホーテ姫路広畑店」がオープン!

Himejdonki180111
-MEGAドン・キホーテ姫路広畑店-
 
山陽電気鉄道線「夢前川駅」近くに、「イトーヨーカドー広畑店」が2000年3月にオープンしました。隣接地に「ニトリ」や「ホームセンタームサシ」が出店しており、総売場面積5万㎡を超える一大商業集積地となっていました。

 しかし、メインの商業施設だった「イトーヨーカドー広畑店」が、2017年3月26日に閉店しました。「イトーヨーカドー」は、全国的に不採算店舗を次々と閉店しています。

 跡地には2018年2月16日に、「MEGAドン・キホーテ姫路広畑店」がオープンしました。売場面積9,824㎡は、系列店では西日本エリア最大で、約10万種類の商品を扱います。「MEGAドン・キホーテ」は、姫路市内で「姫路白浜店」に続き2店舗目で、兵庫県内では4店舗目となります。

 ドンキホーテホールディングス(PDF:2018/02/02)
 2018年2月16日(金) 『MEGAドン・キホーテ姫路広畑店』オープン! ~西日本エリア最大、生鮮食品も取り揃える地域密着型店舗、誕生~

 兵庫県内でドン・キホーテグループ初となるフルラインナップの生鮮食品を取り扱います。「坊勢漁港」で水揚げされた新鮮な鮮魚をはじめ、品質鮮度にこだわった生鮮4品(青果・鮮魚・精肉・惣菜)を提供します。

● ドンキホーテホールディングスの業績は絶好調
 「ドンキホーテ」は、業態開発及び他店舗跡地への居抜き出店を得意としています。「MEGAドン・キホーテ姫路広畑店」もGMS跡地への出店となります。衰退が続く「GMS」と業績が絶好調な「ドンキホーテ」の勢いの差を感じます。

 「ドンキホーテ」は、ちょっと前までは流通業界の「異端児」のような雰囲気でしたが、今やすっかり主力となっています。最新の「決算短信」では、ドンキホーテホールディングスの2018年6月期の連結業績予想は、売上高920,000百万円、営業利益51,000百万円となっています。このペーズで伸びると2019年6月期には、売上高が1兆円を突破しそうな勢いです。

MEGAドン・キホーテ姫路広畑店の概要
◆ 所在地-兵庫県姫路市広畑区夢前町一丁目1-1
◆ 交通-山陽電気鉄道線「夢前川」駅から徒歩約5分
◆ 階数-地上2階
◆ 構造-鉄骨造
◆ 売場面積-9,824㎡(テナント数28店舗)
◆ 商品構成-食品、生鮮(青果・鮮魚・精肉・惣菜)、酒、日用消耗品、家庭雑貨品、化粧品、ブランド品、家電製品、衣料品、玩具・バラエティ、カー用品、ペット用品、薬品 他
◆ 開店日-2018年02月16日


Himejdonki180112
「MEGAドン・キホーテ姫路広畑店 周辺地図」です。


Himejdonki180113
南西側から見た様子です。


Himejdonki180114
南側のエントランスです。


Himejdonki180115
南東側から見た様子です。


Himejdonki180116
テナントとして家電量販店の「ジョーシン」や100円ショップの「ダイソー」など28店舗が出店しています。


Himejdonki180117
東側のエントランスです。


Himejdonki180118
すぐ東側に「ニトリ 姫路広畑店」があります。


Himejdonki180119
更に東側に「ホームセンタームサシ姫路店」があります。



|

« 京都市 京都随一の繁華街「四条通」の歩道拡幅 歩行者の通行の邪魔になる「地上機器」はどうなる? | トップページ | 地上38階、高さ約189mの「梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)」 2018/02/20 外構工事が本格化! »

55 兵庫県・姫路市」カテゴリの記事