« JR高槻駅 2番・5番のりばに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置 2018年3月17日の状況 | トップページ | 近畿大学 2018年度一般入試の志願者数が15万6225人 5連連続で大学一般入試の志願者数が日本一! »

2018年3月21日 (水)

「梅北地下道」を地上歩道に切り替え 解体工事が進む廃止された地下道 2018年3月17日の状況

Kita18031711
-梅北地下道-

 JR大阪駅北側の再開発エリア「うめきた2期地区」の地下を横切り、「グランフロント大阪」とインバウンドで人気の「梅田スカイビル」を結ぶ地下歩道「梅北地下道」が姿を消します。

 1928年に完成した地下道は地下化される「JR東海道線支線」と地下で交差するため、まず全長200mのうち東側の150mを2017年12月19日に閉鎖しました。2024年頃には、残りの50mが閉鎖され、1世紀近い歴史に幕を閉じます。

 「梅北地下道」はかつて貨物駅があって通れなかった東西の往来を確保するため1928年に開通しました。約500mありましたが、うめきた1期地区内の約300mが2006年に撤去されました。

 地上部新歩道は、2017年12月19日(火)のAM10:00から供用開始されました。それに伴って、東側の150mは2017年12月19日のAM10:00に閉鎖されました。


Kita18031712
解体工事が終わった「グランフロント大阪」側の階段とスロープと「梅北地下道」の東側部分が埋め戻されました。


Kita18031713
引き抜かれた「シートパイル(鋼矢板)」が並べられています。


Kita18031714
中間部分にあった「うめきたガーデン」への通路が西側に移設された事により、中間部分の解体工事が行われています。


Kita18031715
解体用の土留め壁として「シートパイル(鋼矢板)」が両側に建込まれました。


Kita18031716
解体用の「油圧ショベル」が「梅北地下道」の上でスタンバイしています。


Kita18031717
「油圧ショベル」のアタッチメントにカニばさみのような「コンクリート破砕機」を取り付けています。



|

« JR高槻駅 2番・5番のりばに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置 2018年3月17日の状況 | トップページ | 近畿大学 2018年度一般入試の志願者数が15万6225人 5連連続で大学一般入試の志願者数が日本一! »

03 グランフロント大阪(うめきた)」カテゴリの記事