« 北大阪急行線延伸事業 2018/02/20 Part5:新箕面駅(仮称)編 | トップページ | 「梅北地下道」を地上歩道に切り替え 解体工事が進む廃止された地下道 2018/02/28 地下道の基礎は「松杭」だった! »

2018年3月 5日 (月)

御堂筋高さ制限解除第一号プロジェクト 地上25階、高さ約116mの「オービック御堂筋ビル」 2018/02/28 自力昇降式の落下防護柵が登場! 

Osakaobic180311
-オービック御堂筋ビル-
 
大阪のメインストリート御堂筋に面した場所に、独立系システムインテグレーターの「オービック」が、大阪本社ビルを建てるためなどとして、2002年12月に土地を取得していました。

 敷地には、「オービック」が、地上25階、塔屋2階、地下2階、高さ116.35mの超高層複合ビル「オービック御堂筋ビル新築工事」を建設中です。公式ホームページを見ると、正式名称は「オービック御堂筋ビル」に決定したようです。

 引用資料 公式ホームページ
 オービック御堂筋ビル

 三菱地所グループのホテル統括会社である「ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ」は、オービックが新たに建設するビルの一部を賃借し、2020年春に新規ホテルを出店します。宿泊主体型における関西地区の「フラッグシップホテル」とすることを予定しています。

 客室数はツインルームを中心に352室です。上層階の24階・25階はエグゼクティブフロアと位置づけ、上質な滞在空間を提供します。最上階の25階には宿泊者専用のエグゼクティブラウンジを設けます。

オービック御堂筋ビルの概要
◆ 計画名-オービック御堂筋ビル新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区平野町四丁目13-1 他27筆(地名地番)
◆ 交通-地下鉄御堂筋線 「淀屋橋」駅徒歩3分、地下鉄御堂筋線・中央線「本町」駅徒歩4分、京阪電車京阪本線「淀屋橋」駅徒歩7分
◆ 階数-地上25階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-116.35m
◆ 敷地面積-3,924.19㎡
◆ 建築面積-3,109.37㎡
◆ 延床面積-55,533.82㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-オフィス、ホテル、店舗、ホール、貸会議室、駐車場
◆ 客室数-352室(ロイヤルパークホテルズ)
◆ 建築主-オービック
◆ 設計者・監理者-鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 解体工事-2016年05月30日~2017年04月30日
◆ 着工-2017年05月01日
◆ 竣工-2020年01月31日予定
◆ 開業日-2020年春予定(ホテル)


Osakaobic180312
「御堂筋に面した1F東側のスタイリッシュなたたずまい」です。


Osakaobic180313
「オービック御堂筋ビル」の建設現場を北東側から見た様子です。

● 御堂筋高さ制限解除 第一号プロジェクト
 
「オービック御堂筋ビル」の公式ホームページによると、「オービック御堂筋ビル」が「御堂筋高さ制限解除 第一号プロジェクト(新しい街並み誘導のルールに基づき、高さ・容積緩和・にぎわい創出等を地区計画で適用する第一号)」だそうです。

 私はてっきり「株式会社三菱東京UFJ銀行大阪ビル 本館」が第一号で、「オービック御堂筋ビル」は第二号かと思っていました。


Osakaobic180314
タワークレーン2基で建設しています。


Osakaobic180315
自力昇降式の落下防護柵
 
自力昇降式の「落下防護柵」だと思われます。竹中工務店が施工した「あべのハルカス」や「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」で活躍しのと同じような仕組みの「鹿島建設」版だと思われます。


Osakaobic180316
歩道を挟んだ北隣の「日鐵御堂筋ビル」跡地には、東武グループがホテルを建設します。


Osakaobic180317
東側から見た様子です。


Osakaobic180318
南東側から見た様子です。


Osakaobic180319
南西側から見た様子です。「落下防護柵」の位置が違うので、自力昇降式に間違いないと思います。



|

« 北大阪急行線延伸事業 2018/02/20 Part5:新箕面駅(仮称)編 | トップページ | 「梅北地下道」を地上歩道に切り替え 解体工事が進む廃止された地下道 2018/02/28 地下道の基礎は「松杭」だった! »

32 大阪市・中部②」カテゴリの記事