« 大阪城公園の魅力創出 第三弾の「大阪城公園の森ノ宮駅前エリアに便益施設」 2018年3月13日の建設状況 | トップページ | 大阪ビジネスパーク(OBP) 地上17階、高さ約94mの「読売テレビ新社屋建設計画」 2018年3月13日の建設状況 »

2018年3月16日 (金)

大阪環状線初 JR京橋駅の3・4番のりばに「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置 最大開口幅はなんと約3.5m!

Osakakyobashi180311
-大阪駅と京橋駅にホーム柵を設置-

 「JR西日本」は、駅のホームにおける安全性向上を重要な経営課題ととらえ、ハード・ソフトの両面からさまざまな取り組みを進めているところですが、その核となるハード対策として「ホーム柵」の整備を進めています。

 新たに、大阪駅の5番のりば・8番のりばに「昇降式ホーム柵」、京橋駅3番のりば・4番のりばに「可動式ホーム柵」を設置することにしました。

 引用資料 JR西日本(2018/03/15)
 大阪駅と京橋駅にホーム柵を設置します

大阪駅への昇降式ホーム柵設置
◆ 設置箇所-JR京都線、JR神戸線大阪駅(5・8番のりば)
◆ 備考-5番のりば(JR神戸線):主に三ノ宮方面への新快速・快速電車が発着、8番のりば(JR京都線):主に京都方面への新快速・快速電車が発着
◆ 諸元-高さ約1.3m、最大開口約13m、柵延長約240m
◆ 使用開始時期-2019年春頃予定

京橋駅への可動式ホーム柵設置
◆ 設置箇所-大阪環状線京橋駅(3・4番のりば)
◆ 諸元-高さ約1.3m、最大開口約3.5m、柵延長約160m
◆ 使用開始時期-2019年秋頃予定


Osakakyobashi180312
JR京橋駅(3番のりば・4番のりば)

 JR京橋駅の「学園都市線・JR東西線(1番のりば・2番のりば)」には、すでに「可動式ホーム柵(ホームドア)」が設置済みです。

 大阪環状線は、4ドアと3ドアの車両が混在しているので「可動式ホーム柵(ホームドア)」の導入がほぼ不可能でしたが、一部特急を除き3ドアに統一されつつあります。京橋駅は特急が停車しないので、モデルケースとして1番最初に設置される事になりました。

 京橋駅での稼働状況を見て問題が無ければ、大阪環状線の特急が停車しない他の駅でも順次「可動式ホーム柵(ホームドア)」が設置されると思われます。


Osakakyobashi180313
「京橋駅ホーム柵イメージ画像」です。


Osakakyobashi180314
最大開口約3.5m

 最大開口幅がなんと約3.5mもあります。学園都市線も約2.9mとかなり広いのですが、それより約60cmも広いです。これくらい広いとドア部分は、「二重引き戸」が考えられますが、「二重引き戸」ではありません。これにはビックリです。


Tokyokudan170417
二重引き戸(東京メトロ東西線・九段下駅)
 
東京メトロ東西線の「九段下駅」では、2018年2月下旬から二重引き戸による「大開口ホームドア」が運用開始されました。写真は実証試験時の様子です。

 「大開口ホームドア」は、開口幅が3,585㎜または3,320㎜で、既存ホームドア(有楽町線)の開口幅2,480㎜と比べるとかなり広いです。車両のドアの幅や位置が統一されてなくても対応できます。


Osakakyobashi180315
昇降式ホーム柵
 
JR大阪駅の「5番のりば・8番のりば」に設置されるのは、JR高槻駅に設置された「昇降式ホーム柵」と同じ昇降ロープ式のホーム柵となります。

 高さ約1.3m、最大開口約13m、柵延長約240mです。最大開口幅が約13mもあるので、車両のドアの数、ドアの幅や位置が統一されてなくても対応できます。



|

« 大阪城公園の魅力創出 第三弾の「大阪城公園の森ノ宮駅前エリアに便益施設」 2018年3月13日の建設状況 | トップページ | 大阪ビジネスパーク(OBP) 地上17階、高さ約94mの「読売テレビ新社屋建設計画」 2018年3月13日の建設状況 »

02 大阪ステーションシティ②」カテゴリの記事

32 大阪市・中部②」カテゴリの記事

91 鉄道編・JR」カテゴリの記事