« 地上38階、高さ約189mの「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」 2018/04/26 Part2・地下1階編 | トップページ | 地上38階、高さ約189mの「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」 2018/04/26 Part4・道路上空部分の外構工事編 »

2018年4月29日 (日)

地上38階、高さ約189mの「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」 2018/04/26 Part3・大阪神ビルディング側の外構工事編

Hanshin18040911
-大阪梅田ツインタワーズ・サウス-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 ビル名称が「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に決定しました。Ⅰ期棟の竣工日が、2018年4月27日(金)、「阪神百貨店」の部分開業は、2018年6月1日(金)を予定しています。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2018/04/09)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画) 2018年4月27日(金)にⅠ期棟が竣工、6月1日(金)には阪神百貨店が部分開業 ~ビル名称を「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に決定

大阪梅田ツインタワーズ・サウスの概要
◆ 計画名-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin18040912
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 大阪梅田ツインタワーズ・サウスⅠ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)-2018年04月27日 ※新百貨店の部分開業2018年06月01日
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年06月予定
⑥ 大阪梅田ツインタワーズ・サウスⅡ期部分新築工事着手-2019年春予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春予定


Hanshin18040913
大阪梅田ツインタワーズ
 
名称が「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に決定しました。全体竣工を迎える2022年春に、阪急百貨店(阪急うめだ本店)が入居する「梅田阪急ビル」を「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」に改称し、近接する両ビルを「大阪梅田ツインタワーズ」と総称する予定です。

 「阪急阪神ホールディングスグループ」の最重要拠点である大阪梅田の中心に位置し、グループを象徴する2棟の高層タワーを、大阪以外の地域や海外の方々からの分かりやすさを考えて命名したものです。


Hanshin18042651
撮影日2018年4月26日 大阪神ビルディング側の下層階の様子です。


Hanshin18042652
撮影日2018年4月26日 アップです。


Hanshin18042653
撮影日2018年4月26日 北側部分です。


Hanshin18042654
撮影日2018年4月26日 「阪急阪神連絡デッキ(梅田新歩道橋)」との接続部分と全面ガラス張りの「エレベーター塔」です。


Hanshin18042655
撮影日2018年4月26日
 よく見ると「阪急阪神連絡デッキ(梅田新歩道橋)」の内側にも「欄干」があります。このような2重構造になるのは私の中では想定外でした。既存の「エレベーター」は撤去されるのかと思っていましたが、中央に仕切りがあるので残すかも知れませんね。


Hanshin18042656
撮影日2018年4月26日 なぜ内側にも「欄干」があるのかは歩道橋から見ると分かります。


Hanshin18042657
撮影日2018年4月26日 このように高低差があるために危ないので「欄干」を設けています。


Hanshin18042658
撮影日2018年4月26日 これくらい高低差があります。新しいビルは階高が高いので、傾斜を設けても高低差が解消できなかったようです。


Hanshin18042659
撮影日2018年4月26日 接続部分です。この長さで高低差を解消すると急傾斜になるので、「阪急阪神連絡デッキ(梅田新歩道橋)」まで傾斜が伸びています。


Hanshin18042660
撮影日2018年4月26日 「阪神百貨店」の2階入口です。


Hanshin18042661
撮影日2018年4月26日 地下街への「エスカレーター」と「階段」です。


Hanshin18042662
撮影日2018年4月26日 エスカレーター×2基、階段×1ヶ所が見えます。


Hanshin18042663
撮影日2018年4月26日 北側から見た様子です。


Hanshin18042664
撮影日2018年4月26日 南側から見た様子です。


Hanshin18042665
撮影日2018年4月26日 上には2階の歩行者デッキがあります。歩行者デッキの天井も美装化されています。


Hanshin18042666
撮影日2018年4月26日 更に南側にも地下街への「階段」が設置されています。


Hanshin18042667
撮影日2018年4月26日 「階段」を南側から見た様子です。


Hanshin18042668
撮影日2018年4月26日
 大阪神ビルディング側の下層階を南東側から見た様子です。「路面ブロック」はまだ敷かれていません。竣工は2018年4月27日でしたが、「外構工事」はまだまだ続きます。



|

« 地上38階、高さ約189mの「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」 2018/04/26 Part2・地下1階編 | トップページ | 地上38階、高さ約189mの「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」 2018/04/26 Part4・道路上空部分の外構工事編 »

01 梅田1丁目1番地計画」カテゴリの記事