« 2018年7月 | トップページ

2018年8月

2018年8月19日 (日)

もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地 地上56階、高さ約191mの「(仮称)梅田曽根崎計画」 2018年8月18日の建設状況

Osakasonezaki180711
-もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地-
 
児童数の減少により、「大阪市立大阪北小学校」は2007年3月に閉校し、「大阪市立扇町小学校」に統合されています。併設されていた「大阪市立曽根崎幼稚園」も閉園されています。

 「もと大阪北小学校・曾根崎幼稚園跡地」の入札は公募型プロポーザル方式で実施され、事業予定者に「住友不動産」が決定しており、既存建物は解体済みです。

● 2018年7月4日に着工!
 「住友不動産」は、大阪市北区曽根崎二丁目にて開発を推進していた「(仮称)梅田曽根崎計画」の建築工事に2018年7月4日に着工しました。

 引用資料 住友不動産(PDF:2018/07/04)
 大阪市中心部に誕生する地上56 階建て大規模複合タワー 「(仮称)梅田曽根崎計画」 着工 ~旧大阪北小学校跡地開発、曽根崎の記憶と共に街と人をつなぐ~

 「建築計画のお知らせ」では最高部の高さが193.00mとなっていましたが、最高部の高さが191.675mとなりました。共同住宅は836戸、ホテルは202戸です。ホテルは「住友不動産ヴィラフォンテーヌ」が運営業務を行います。


(仮称)梅田曽根崎計画の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区曽根崎二丁目73番2
◆ 階数-地上56階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-最高部191.675m
◆ 敷地面積-6,837.63㎡
◆ 延床面積-107,560.37㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-共同住宅(分譲・賃貸)、ホテル、店舗、貸会議室(文化交流施設)、大阪市管理施設
◆ 総戸数-836戸(分譲・賃貸)
◆ 客室数-202戸
◆ 建築主-住友不動産
◆ 設計者・監理者-大林組
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2018年07月04日
◆ 竣工-2022年03月下旬予定


Osakasonezaki180712
「外観完成予想図・南立面」です。設計者・施工者は「大林組」です。地震対策として、大林組独自の制震テクノロジーである「DFS(デュアル・フレーム・システム)」を採用すると思われます。


Osakasonezaki180713
「お初天神通り商店街から望む・『リンクプラザ』」です。デザインが少し変更になっています。


Osakasonezaki180811
「大阪駅前第3ビル」の展望台から見た「(仮称)梅田曽根崎計画」の建設現場です。

● Re-urbanization -再都市化-のロング氏と取材
 
昨日は、ほぼ半年ぶりに「Re-urbanization -再都市化-」のロング氏と2人で取材しました。お互い好きな記事をUPする事にしたので、しばらくはネタかぶりになると思いますが、ご容赦ください。


Osakasonezaki180812
本格的に工事が行われています。


Osakasonezaki180813
「山留め壁」の構築が完了して、次の段階の「場所打ちコンクリート拡底杭」の構築が行われています。


Osakasonezaki180814
1台目の「アースドリル掘削機」です。東側に「拡底バケット」が2基、「ドリリングバケット」が1基見えます。


Osakasonezaki180815
2台目の「アースドリル掘削機」です。東側に「スライムクリーナー」と「鉄筋かご」が見えます。


Osakasonezaki180816
「安定液タンク」が2基設置されています。



|

御堂筋高さ制限解除第一号プロジェクト 地上25階、高さ約116mの「オービック御堂筋ビル」 2018年8月14日の建設状況

Osakaobic180311
-オービック御堂筋ビル-
 
大阪のメインストリート御堂筋に面した場所に、独立系システムインテグレーターの「オービック」が、大阪本社ビルを建てるためなどとして、2002年12月に土地を取得していました。

 敷地には、「オービック」が、地上25階、塔屋2階、地下2階、高さ116.35mの超高層複合ビル「オービック御堂筋ビル新築工事」を建設中です。正式名称は「オービック御堂筋ビル」に決定しています。

 引用資料 公式ホームページ
 オービック御堂筋ビル

 三菱地所グループのホテル統括会社である「ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ」は、オービックが新たに建設するビルの一部を賃借し、2020年春に新規ホテルを出店します。宿泊主体型における関西地区の「フラッグシップホテル」とすることを予定しています。

 客室数はツインルームを中心に352室です。上層階の24階・25階はエグゼクティブフロアと位置づけ、上質な滞在空間を提供します。最上階の25階には宿泊者専用のエグゼクティブラウンジを設けます。

オービック御堂筋ビルの概要
◆ 計画名-オービック御堂筋ビル新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区平野町四丁目13-1 他27筆(地名地番)
◆ 交通-地下鉄御堂筋線 「淀屋橋」駅徒歩3分、地下鉄御堂筋線・中央線「本町」駅徒歩4分、京阪電車京阪本線「淀屋橋」駅徒歩7分
◆ 階数-地上25階、塔屋2階、地下2階
◆ 高さ-116.35m
◆ 敷地面積-3,924.19㎡
◆ 建築面積-3,109.37㎡
◆ 延床面積-55,533.82㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-オフィス、ホテル、店舗、ホール、貸会議室、駐車場
◆ 客室数-352室(ロイヤルパークホテルズ)
◆ 建築主-オービック
◆ 設計者・監理者-鹿島建設
◆ 施工者-鹿島建設
◆ 解体工事-2016年05月30日~2017年04月30日
◆ 着工-2017年05月01日
◆ 竣工-2020年01月31日予定
◆ 開業日-2020年春予定(ホテル)


Osakaobic180312
「御堂筋に面した1F東側のスタイリッシュなたたずまい」です。


Osakaobic180811
「オービック御堂筋ビル」の建設現場を北東側から見た様子です。

● 御堂筋高さ制限解除 第一号プロジェクト
 
「オービック御堂筋ビル」の公式ホームページによると、「オービック御堂筋ビル」が「御堂筋高さ制限解除 第一号プロジェクト(新しい街並み誘導のルールに基づき、高さ・容積緩和・にぎわい創出等を地区計画で適用する第一号)」となっています。


Osakaobic180812
2段階セットバックした部分より上の構築が行われています。


Osakaobic180813
「カーテンウォール」の取り付けが行われています。


Osakaobic180814
南東側から見た様子です。


Osakaobic180815
最高部です。


Osakaobic180816
下層階の様子です。



|

2018年8月18日 (土)

日本初寺院山門一体のホテル (仮称)大阪エクセルホテル東急 2018年8月14日の建設状況

Osakaminamimido170911
-(仮称)積和不動産関西南御堂ビル
 
大阪のメインストリートである「御堂筋」の名前の由来ともなった「南御堂」の通称で知られる「真宗大谷派難波別院」は、施設が老朽化した「御堂会館」を、2016年1月をもって閉館しました。

 閉館した「御堂会館」は、ホテルを主用途とした複合施設に建て替えられます。建て替え後の用途は、「東急ホテルズ」が運営する、日本初の寺院山門と一体となったホテルに加え、浄土真宗の教えを発信していくための難波別院の総合案内所や多目的会議室等を含む、高層の複合施設となります。

 日本初寺院山門一体のホテル「(仮称)大阪エクセルホテル東急」が出店する「(仮称)積和不動産関西南御堂ビル」は、2017年9月7日(木)に起工式を行い、工事に着手しました。

 引用資料 積水ハウス(PDF:2017/09/05)
 日本初 寺院山門一体のホテル「(仮称)積和不動産関西南御堂ビル」着工 

 「(仮称)大阪エクセルホテル東急」のホテルコンセプトは「大阪万華鏡」で、17階が「レストラン、ファンクションルーム他」、16階が「フロントロビー、(仮称)プレミアムルーム他」、15階~5階が「客室(約360室)」となります。

(仮称)積和不動産関西南御堂ビルの概要
◆ 計画名-(仮称)御堂会館建替計画 新築工事
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区久太郎町四丁目68番5(地番)
◆ 交通-大阪市営地下鉄御堂筋線他「本町駅」より徒歩約1分
◆ 階数-地上17階、地下0階
◆ 高さ-72.97m
◆ 敷地面積-2,515.58㎡
◆ 建築面積-1,670.39㎡
◆ 延床面積-22,278.48㎡(容積対象面積20,684.15㎡)
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
◆ 用途-事務所(宗教施設)、店舗、ホテル
◆ 客室数-約360室
◆ 定期借地権設定期間-60年(2017年10月01日~2077年09月30日まで)
◆ 建築主-積和不動産関西(積水ハウスグループ)
◆ 設計者-(建築・設備)-IAO竹田設計、(構造)竹中工務店
◆ 監理者-IAO竹田設計
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2017年09月07日(起工式)
◆ 竣工-2019年09月30日予定

(備考) 面積等は「建築計画のお知らせ」の数値です。公式ホームページでは、延床面積22,224.18㎡となっています。


Osakaminamimido170912
「外観イメージ(参道部)」です。


Osakaminamimido170913
「フロントロビーイメージ」です。


Osakaminamimido170914
「位置図」です。


Osakaminamimido180811
「(仮称)積和不動産関西南御堂ビル」の建設現場を北東側から見た様子です。


Osakaminamimido180812
南東側から見た様子です。


Osakaminamimido180813
南西側から見た様子です。


Osakaminamimido180814
北側部分の「鉄骨建方」の様子です。先に北側に1基目のタワークレーンが登場しました。


Osakaminamimido180815
中央部分です。この部分は「参道部」のため空洞になります。


Osakaminamimido180816
南側部分の「鉄骨建方」の様子です。次に南側に2基目のタワークレーンが登場しました。



|

(仮称)御堂筋プロジェクト 地上21階、高さ約74mのホテル「ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)」 2018年8月14日の建設状況

Osakamidosuji170811
-ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)-
 
「(仮称)御堂筋プロジェクト」は、関西圏における「東京建物」初のホテル開発事業です。大阪市の道路の大動脈である御堂筋に面し、地下鉄御堂筋線「本町」と「心斎橋」から徒歩圏のビジネスエリアの中心街に位置しています。

 引用資料 東京建物(PDF:2017/08/01)
 都市型ホテル開発事業の展開を加速 浅草雷門、大阪心斎橋で推進する ホテル開発事業の概要、オペレーターが決定

 建物は、視認性の高いデザイン、色調で、御堂筋沿いの新しいランドマークホテルとして認知されるグレードを兼ね備えたコンセプトとしています。

 ホテルオーナーの共同事業者として高い付加価値を提供しながら、注目度の高いエリアにブランド展開することで高く評価されている独立系ホテルオペレーターである「イシン・ホテルズ・グループ」を迎え、「ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)」としてオープンする予定です。

ザ・ビー 大阪心斎橋(仮称)の概要
◆ 計画名-(仮称)御堂筋北久宝寺町4丁目プロジェクト、(仮称)御堂筋プロジェクト
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区北久宝寺町四丁目3-1、南久宝寺町四丁目25-1(地番)
◆ 交通-地下鉄御堂筋線「本町」駅徒歩7分、地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅徒歩7分
◆ 階数-地上21階、塔屋0階、地下0階
◆ 高さ-73.985m
◆ 敷地面積-806.93㎡
◆ 建築面積-548.81㎡
◆ 延床面積-10,716.33㎡(容積率対象面積9,546.67㎡)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-3階~21階(ホテル)、1階・2階(店舗)
◆ 客室数-309室
◆ 建築主-東京建物(ホテル運営 イシン・ホテルズ・ グループ)
◆ 設計者・監理者-鴻池組
◆ 施工者-鴻池組
◆ 着工-2017年08月
◆ 竣工-2019年02月15日予定
◆ 開業-2019年春予定


Osakamidosuji170812
「位置図」です。


Osakamidosuji180811
「(仮称)御堂筋北久宝寺町4丁目プロジェクト」の建設現場を北東側から見た様子です。


Osakamidosuji180812
少し角度を変えた様子です。


Osakamidosuji180813
北東側から見た下層階の様子です。


Osakamidosuji180814
「南御堂」の境内から見た様子です。


Osakamidosuji180816
北側から見た様子です。


Osakamidosuji180815
最高部に到達しています。



|

2018年8月17日 (金)

大阪市中央区 地上48階、高さ約171mの「(仮称)備後町計画」 建築計画のお知らせ掲示!

Osakasumitomo180811
-(仮称)備後町計画-

 「住友不動産」が取得した3棟のオフィスビルは堺筋本町駅の近く、「大阪国際ビル」の北側、「りそな銀行大阪本店ビル」の西側というバリバリのビジネス街にあります。

 「備後町」は、地域によって「ビンゴチョウ」と読んだり「ビンゴマチ」と読んだりしますが、大阪府大阪市中央区の「備後町」は、「ビンゴマチ」と読みます。

 同一区画に3棟のビルがありました。北西側が「瀧定大阪旧本社ビル」、南西側が「SPP大阪ビル(旧:大阪三幸ビル)」、南東側が名称不明のビルです。
 「住友不動産」は更に街区北東側の「りそな銀行備後町別館」を2016年9月末に取得しました。敷地面積は合計で5,594.24㎡です。

● 建築計画のお知らせ掲示!
 「建築計画のお知らせ」が掲示されたので取材して欲しいとメールを何通か頂きましたが、やっと取材に行く事が出来ました。

 建築物の高さは165.00mです。「立面図(西)」を拡大して測ってみると最高部は約171mです。私的には、高さ200m近くを期待していたのでちょっと残念です・・・

 延床面積約88,600㎡ですが、容積率(容積対象面積約55,940㎡÷敷地面積5,594.24㎡=1000%)となり、1000%を使い切っています。当街区は用途が「共同住宅」では1000%が最高となります。

 国土交通省から「宿泊施設の整備に着目した容積率緩和制度の創設に係る通知」が出されているので、「宿泊施設」を追加すれば容積率緩和が可能だったのですが、「共同住宅」のみとなりました。

(仮称)備後町計画の概要
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区備後町二丁目30番地他(地名地番)
◆ 階数-地上48階、塔屋2階、地下1階
◆ 高さ-最高部約171m(立面図から推測)、建築物165.00m
◆ 敷地面積-5,594.24㎡
◆ 建築面積-約3,700㎡
◆ 延床面積-約88,600㎡(容積対象面積約55,940㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
◆ 用途-共同住宅、一部店舗
◆ 総戸数-(不明)
◆ 建築主-住友不動産
◆ 設計者・監理者-清水建設
◆ 施工者-清水建設
◆ 着工-2019年01月04日予定
◆ 竣工-2022年01月31日予定


Osakasumitomo180812
敷地の西側寄りです。


Osakasumitomo180813
お盆休みだったので、重機は稼働していませんでした。


Osakasumitomo180814
中央部分です。引き続き地下躯体の解体や地中障害物の撤去を行っています。


Osakasumitomo180815
敷地の東側寄りです。


Osakasumitomo180816
敷地南東側の雑居ビル群です。この雑居ビル群があるので、敷地は完全には四角形にはなりません。


Osakasumitomo180817
「(仮称)備後町計画」の建築計画のお知らせです。


Osakasumitomo180818
建築計画のお知らせの「立面図(西)」です。高さ165.00mは「建築物」の高さです。「立面図(西)」を拡大して測ってみると最高部は約171mでした。


Osakasumitomo180819
建築計画のお知らせの「配置図」です。



|

地上32階、高さ約108mの「アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>」 2018/08/14 2基目のタワークレーン登場!

Osakaapa171011
-アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>-
 
6月1日(金)に「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」のⅠ期棟に「阪神百貨店」が部分開業しましたが、昨日(6月4日)2時間以上かけてじっくり取材してきたので、後日Part1~Part10くらいに分けて詳細にUPしたいと思います。

 本題に戻って、「アパグループ」は、建設中の「ブランズタワー御堂筋本町」の東隣りのオフィスビル「本町永和ビル」をグループ会社のアパマンションを通じて2015年10月30日に取得しました。

 跡地には、地上32階、地下2階、高さ108.200mの超高層ホテル「(仮称)アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>新築工事」が建設されます。 2017年7月21日に「起工式」が挙行されました。2019年9月オープン予定です。

 引用資料 アパグループ(2017/07/21)
 地下鉄「本町」駅直結 超高層タワーホテル アパホテル&リゾート〈御堂筋本町駅タワー〉 本日起工式開催 

アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>の概要
◆ 計画名-(仮称)アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>新築工事 
◆ 所在地-大阪府大阪市中央区南本町四丁目40番5
◆ 交通-大阪市営地下鉄御堂筋線・中央線・ 四つ橋線「本町」駅直結
◆ 階数-地上32階、地下2階
◆ 高さ-最高部108.200m、建築物100.000m
◆ 敷地面積-1,222.48㎡
◆ 建築面積-879.43㎡
◆ 延床面積-17,005.12㎡
◆ 構造-鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-ホテル(地下1階大浴場・露天風呂、1階テナント、2階レストラン、3階屋外プール)
◆ 客室数-917室(ダブル811室、ツイン105室、デラックスツイン1室)
◆ 建築主-アパマンション
◆ 設計者・監理者-日企設計
◆ 施工者-熊谷組
◆ 解体工事-2016年06月21日~2017年03月31日
◆ 着工-2017年07月21日(起工式)
◆ 竣工-2019年08月下旬予定
◆ 開業-2019年09月予定

(備考) 面積等は「建築計画のお知らせ」の数値です。公式ホームページでは、延床面積16,970.47㎡となっています。


Osakaapa180811
「アパホテル&リゾート<御堂筋本町駅タワー>」の建設現場を南西側から見た様子です。


Osakaapa180812
南西側から見た横アングルです。1基目のタワークレーンが登場して約2ヶ月半経過しましたが、まだ躯体は地上に姿を現していません。


Osakaapa180813
奥に2基目のタワークレーンが登場しました。手前の1基目と比べると小ぶりです。タワークレーン1基で建設すると予想していたので、2基目の登場は意外でした。


Osakaapa180814
南東側から見た横アングルです。


Osakaapa180815
南東側から引いて見た様子です。



|

2018年8月16日 (木)

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田タワー 2018/08/14 最高部は8階(9FL)まで到達!

Osakayodobashi180820
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-
 
「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場跡地に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。2017年9月13日に、「地鎮祭」が行われ本格着工しました。2019年12月末日の竣工予定です。

● 阪急阪神ホテルズが出店
 「阪急阪神ホテルズ」は、「ヨドバシホールディングス」が開発する「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」に、ホテルを出店することが決まりました。

 ホテルは9階~35階に、大阪梅田エリアで最大級の約1,000室で出店予定です。ホテルブランド名は未定で、2020年初春の開業を予定しています。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2018/08/07)
 大阪梅田エリアで最大級の約1,000室 (仮称)ヨドバシ梅田タワーにおけるホテル出店のお知らせ 2020年初春開業予定

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町4番8
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部149.900m
◆ 敷地面積-17,256.22㎡(施設全体)
◆ 建築面積-14,275.68㎡(施設全体)、6.371.70㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 延床面積-220,352.60㎡(施設全体)、111,527.16㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 容積率対象面積-170,225.45㎡(施設全体)、92,287.68㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-百貨店、飲食店、ホテル、駐車場
◆ 客室数-約1,000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年09月13日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年12月末日予定
◆ 開業-2020年初春予定(ホテル)

(注意) 上記の概要は「建築計画のお知らせ」の数値です。「国土交通省」の資料では、延床面積219,857.71㎡(施設全体)、110,820.64㎡(ヨドバシ梅田タワー)となっています。


Osakayodobashi171012
「概要図」です。

 引用資料 国土交通省(PDF:2017/09/29)
 株式会社ヨドバシホールディングス、株式会社ヨドバシカメラの民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)を認定


Osakayodobashi18081421
「グランフロント大阪 北館」から見た「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の建設現場です。お盆休みだったので、タワークレーン3基が同じ方向を向いています。


Osakayodobashi18081422
「鉄骨建方」がどんどん進んでいます。


Osakayodobashi18081423
最高部は8階(9FL)まで到達しています。「商業施設」は8階までで、9階は「ホテルロビー」となります。


Osakayodobashi18081424
西端部分です。


Osakayodobashi18081425
3階床の北側中央をタワークレーンで部材を吊り上げる「揚重ヤード」として使用しています。


Osakayodobashi18081426
北西側から見た様子です。


Osakayodobashi18081427
南西側から見た様子です。


Osakayodobashi18081428
最期まで残っていた南西側の隙間部分の「鉄骨建方」が行われています。


Osakayodobashi18081429
上から見た様子です。


Osakayodobashi18081430
北東側から見た様子です。


Osakayodobashi18081431
アール状の部分です。



|

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事のうち西側Ⅱ期デッキ躯体工事 2018年8月14日の建設状況

Osakayodobashi180820
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-
 
「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場跡地に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。2017年9月13日に、「地鎮祭」が行われ本格着工しました。2019年12月末日の竣工予定です。

● 阪急阪神ホテルズが出店
 「阪急阪神ホテルズ」は、「ヨドバシホールディングス」が開発する「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」に、ホテルを出店することが決まりました。

 ホテルは9階~35階に、大阪梅田エリアで最大級の約1,000室で出店予定です。ホテルブランド名は未定で、2020年初春の開業を予定しています。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2018/08/07)
 大阪梅田エリアで最大級の約1,000室 (仮称)ヨドバシ梅田タワーにおけるホテル出店のお知らせ 2020年初春開業予定

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町4番8
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部149.900m
◆ 敷地面積-17,256.22㎡(施設全体)
◆ 建築面積-14,275.68㎡(施設全体)、6.371.70㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 延床面積-220,352.60㎡(施設全体)、111,527.16㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 容積率対象面積-170,225.45㎡(施設全体)、92,287.68㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-百貨店、飲食店、ホテル、駐車場
◆ 客室数-約1,000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年09月13日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年12月末日予定
◆ 開業-2020年初春予定(ホテル)

(注意) 上記の概要は「建築計画のお知らせ」の数値です。「国土交通省」の資料では、延床面積219,857.71㎡(施設全体)、110,820.64㎡(ヨドバシ梅田タワー)となっています。


Osakayodobashi171012
「概要図」です。

 引用資料 国土交通省(PDF:2017/09/29)
 株式会社ヨドバシホールディングス、株式会社ヨドバシカメラの民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)を認定


Osakayodobashi17070312
Bデッキ周辺
 「Bデッキ」周辺の完成イメージです。


Osakayodobashi18081411
「回遊デッキ」の西側では、「(仮称)ヨドバシ梅田ペデストリアンデッキ工事のうち西側Ⅱ期デッキ躯体工事」が行われています。


Osakayodobashi18081412
北端部分です。


Osakayodobashi18081413
「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」方向に伸びていきます。


Osakayodobashi18081414
既存のデッキとの接続部分です。


Osakayodobashi18081415
デザインは既存のデッキと同じです。



|

2018年8月15日 (水)

地上38階、高さ約189mの「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」 Ⅱ期工事 2018/08/14 2基目の解体用タワークレーンが登場!

Hanshin18040911
-大阪梅田ツインタワーズ・サウス-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 ビルの正式名称は「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」です。Ⅰ期棟が2018年4月27日(金)に竣工し、「阪神百貨店」が2018年6月1日(金)に部分開業しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2018/04/09)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画) 2018年4月27日(金)にⅠ期棟が竣工、6月1日(金)には阪神百貨店が部分開業 ~ビル名称を「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に決定

大阪梅田ツインタワーズ・サウスの概要
◆ 計画名-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin18040912
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 大阪梅田ツインタワーズ・サウスⅠ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)-2018年04月27日 ※新百貨店の部分開業2018年06月01日
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年06月予定
⑥ 大阪梅田ツインタワーズ・サウスⅡ期部分新築工事着手-2019年春予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春予定


Hanshin18040913
大阪梅田ツインタワーズ
 
名称が「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に決定しました。全体竣工を迎える2022年春に、阪急百貨店(阪急うめだ本店)が入居する「梅田阪急ビル」を「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」に改称し、近接する両ビルを「大阪梅田ツインタワーズ」と総称する予定です。

 「阪急阪神ホールディングスグループ」の最重要拠点である大阪梅田の中心に位置し、グループを象徴する2棟の高層タワーを、大阪以外の地域や海外の方々からの分かりやすさを考えて命名したものです。


Hanshin18081411
撮影日2018年8月14日 「サウスゲートビルディング」から見た様子です。


Hanshin18081412
撮影日2018年8月14日
 西側に2基目の解体用の「タワークレーン」が設置されました。Ⅰ期部分より解体範囲が広いので2基設置したのだと思われます。


Hanshin18081413
撮影日2018年8月14日 最初に設置された東側の解体用の「タワークレーン」です。


Hanshin18081414
撮影日2018年8月14日 屋上部分です。


Hanshin18081415
撮影日2018年8月14日 新たに設置された西側の解体用の「タワークレーン」です。


Hanshin18081416
撮影日2018年8月14日 塔屋の上に設置されています。


Hanshin18081417
撮影日2018年8月14日
 「マスト」が隠れて見えないので、「タワークレーン」に見えませんが、間違いなく「タワークレーン」です。「マスト」は建物内の開口部を貫通して、1階床にタワークレーンの「ベース架台」を設置していると思われます。


Hanshin18081418
撮影日2018年8月14日 「梅田阪急ビル」から見た様子です。


Hanshin18081419
撮影日2018年8月14日 塔屋部分です。


Hanshin18081420
撮影日2018年8月14日 「コンクリートカッター」で切断された躯体が並べられています。

● コンクリートカッターで躯体を切断
 Ⅰ期部分と同じように重機を使用せずに、「コンクリートカッター」で躯体を切断しながら、ブロックごとに分割して、タワークレーンで「開口部」から地上に降ろします。


Hanshin18081421
撮影日2018年8月14日 建物本体に「足場」の設置が行われています。


Hanshin18081422
撮影日2018年8月14日 西側から見た様子です。



|

「アップルストア(Apple Store)」が、なんば周辺エリアに新規出店? 出店場所を妄想してみました! 

Osakanambaskyo180611
-Apple Store-
 「ナスダック(NASDAQ)」に上場している「アップル」が、2018年8月2日にアメリカ企業で初めて時価総額が1兆ドル(約111兆円)を超えて話題になりました。1兆ドルはメキシコのGDPに匹敵します。国家並みの価値がある巨大企業ということです。

 「アップル」の8月14日終値の時価総額は1,013,076,979千ドルなので、「トルコ」の通貨危機ぼ中でも1兆ドルを超えています。日本最大は「トヨタ自動車」の22,397,215百万円(8月14日終値)で、アップルの約5分の1です。

 ちなみに2位の「アマゾン・ドット・コム」は、9,362億ドル(8月14日終値)、3位のGoogleの持株会社「アルファベット」は、8,662億ドル(8月14日終値)、4位の「マイクロソフト」は、8,417億ドル(8月14日終値)です。これらも近いうちに1兆ドルを超えるでしょう。アメリカ企業は桁違いに巨大です。

 アップルストアの「Apple 京都」が、「京都ゼロゲート」に2018年8月25日午前10時からオープンすると公式サイトで正式発表しました。去年の12月にUPした「京都ゼロゲート」のアクセス数が凄い事になっていたので、改めて関心の高さに驚きました。

● なんば周辺エリアにも出店?
 関西の次の店舗はどこかで話題になっていますが、求人情報で「なんば周辺エリア」では? とウワサになっています。

 「アップルストア」は、出店するとそのビルだけではなくその地域のステータスが上がります。まるで「ルイ・ヴィトン」のようです。そのためビルオーナーは「三顧の礼」で迎えます。

 「なんば周辺エリア」で、アップルのお眼鏡に叶う立地は、数えるくらいしかありません。私の妄想では、「なんばCITY」の北西側が最有力だと思っています。

 私は「三井住友銀行」に口座を持っているのですが、数日前に「難波支店」の移転の案内が来ました。2018年11月5日から「個人のお客様専用店舗」が、「なんばスカイオ」の1階と地下1階に移転するようです。地下1階のATMコーナーと貸金庫はそのまま残るようです。

 ネットで検索すると隣接する「三菱UFJ銀行」も2018年11月12日に移転するようです。隣接する「三井住友信託銀行」は調べても分かりませんでした。


Osakanambaskyo180811
「なんばCITY」のフロアマップです。私は「なんばCITY」の北西側の「三井住友銀行、三井住友信託銀行、三菱UFJ銀行」の区画が、「アップルストア」の最有力候補だと思っています。

 引用資料 → なんばCITY・のフロアマップ(PDF)


Osakanambaskyo180614
「なんばCITY」の北西側です。


Osakanambaskyo180812
「三井住友銀行」の1階エントランス部分です。「難波支店」の「個人のお客様専用店舗」は、2018年11月5日に「なんばスカイオ」の1階と地下1階に移転します。


Kyotoparco171211
Apple 京都
 アップルストアの「Apple 京都」が、「京都ゼロゲート」に2018年8月25日午前10時からオープンすると公式サイトで正式発表しました。



|

2018年8月14日 (火)

姫路市 キャスティ21コアゾーン 全面開通した「ピオレ姫路ビル~Dブロック」の歩行者デッキ Part1・地上から見た編

Himejicasty180811
-キャスティ21コアゾーン-
 「キャスティ21」は、JR姫路駅の北東側にあったホーム・線路・操車場等跡地の再開発プロジェクトです。

 中心となる「キャスティ21コアゾーン」は、高次都市機能の立地を適切に誘導し、民間事業者へ売却等を行うことにより、姫路市の玄関口にふさわしい街づくりを目指します。

● 歩行者デッキ
 「山陽百貨店(キャスパ)」~「Dブロック」までが歩行者デッキで直結します。整備が完了した箇所から順次供用を開始していましたが、2018年7月2日に「キャスティ21コアゾーン」内の全ての歩行者デッキが開通しました。


Himejicasty180812
「歩行者デッキ整備箇所」です。


Himejicasty180813
「開通時期イメージ図」です。3段階に分けて開通しました。

 引用資料 姫路市・公式ホームページ
 キャスティ21コアゾーン内の歩行者デッキの全面開通について


Himejicasty180814
ピオレ姫路ビル-Aブロック間歩行者デッキ

 「ピオレ姫路ビル-Aブロック間歩行者デッキ」です。姫路市により、「階段、エレベーター、エスカレーター(上り)」も整備されました。


Himejicasty180815
Aブロックである「ホテルモントレ姫路」の2階南側に歩行者デッキが整備されました。


Himejicasty180816
東端で90度北側に曲がります。


Himejicasty180817
A-Bブロック間歩行者デッキ

 先行して供用開始された「A-Bブロック間歩行者デッキ」です。「内々環状東線」をオーバーパスしています。閉鎖して改修工事が行われ屋根付きの歩行者デッキに生まれ変わりました。


Himejicasty180818
Bブロックから見た「A-Bブロック間歩行者デッキ」です。


Himejicasty180819
Bブロックである「テラッソ姫路」の2階南側の歩行者デッキです。改修工事が行われ屋根付きの歩行者デッキに生まれ変わりました。


Himejicasty180820
「Bブロック」を南東側から見た様子です。


Himejicasty180821
B-Cブロック間歩行者デッキ

 「B-Cブロック間歩行者デッキ」を南側から見た様子です。


Himejicasty180822
「Cブロック」の歩行者デッキを南西側から見た様子です。


Himejicasty180823
「Cブロック」の歩行者デッキを南東側から見た様子です。


Himejicasty180824
C-Dブロック間歩行者デッキ

 「C-Dブロック間歩行者デッキ」を南西側から見た様子です。「内環状東線」をオーバーパスしています。


Himejicasty180825
「Dブロック」側の終点です。歩行者デッキはここまでです。2018年7月2日に「山陽百貨店(キャスパ)」~「Dブロック」までの歩行者デッキが全面開通しました。


Himejicasty180826
「Dブロック」側の終点の階段です。



|

姫路市 キャスティ21コアゾーン 「Cブロック」が完成 街区の名称は「リコルス(LICOLTH)」

Himejicasty180823
-健康・生きがい・キャリア開発プロジェクト-
 「キャスティ21」は、JR姫路駅の北東側にあったホーム・線路・操車場等跡地の再開発プロジェクトです。

 中心となる「キャスティ21コアゾーン」は、高次都市機能の立地を適切に誘導し、民間事業者へ売却等を行うことにより、姫路市の玄関口にふさわしい街づくりを目指します。

● Cブロックの名称は「リコルス(LICOLTH)」
 
「Cブロック」には、「学校法人神戸滋慶学園」が「健康・生きがい・キャリア開発プロジェクト」を建設しました。「Cブロック」のに医療&福祉の複合施設「リコルスひめじ」が完成し、2018年7月20日に竣工式が行われました。

 街区の名称は「リコルス(LICOLTH)」に決まりました。「Cブロック」の施設がすべて完成した事により、すでに完成している「Bブロック、Aブロック」と共にすべてが完成しました。


Himejicasty170232
「Cブロック ~計画内容の概要~(協議中)」です。

 引用資料 姫路市・公式ホームページ
 キャスティ21コアゾーン等の進捗状況について 


Himejicasty180851
Cブロックの街区の名称は「リコルス(LICOLTH)」に決まりました。


Himejicasty180852
南東側に医療&福祉の複合施設「リコルスひめじ」が完成し、2018年7月20日に竣工式が行われました。


Himejicasty180853
「姫路医療専門学校」です。2018年4月開校しました。


Himejicasty180854
「Cブロック 」を南西側から見た様子です。


Himejicasty180855
南西側は「Cブロック」に含まれません。「タイムズ JR姫路駅東第8」として使用されています。


Himejicasty180856
歩行者デッキの下の歩道は、「路面ブロック」で美装化されています。


Himejicasty180857
「Cブロック 」を北西側から見た様子です。「サポート施設(フィットネスジム)」が建設され、「フィットネスクラブレフコ姫路店」が2017年7月14日にオープンしました。


Himejicasty180858
「Cブロック 」を北東側から見た様子です。「サポート施設(駐車場棟)」です。



|

2018年8月13日 (月)

JR姫路駅南口が大きく変わる 姫路駅南駅前広場の再整備 2018年8月10日の建設状況

Himejijr171211
姫路駅南駅前広場の再整備
 JR姫路駅の北駅前広場は、大規模整備によって日本でも有数の素晴らしい駅前広場に生まれ変わりました。そうなると今度は、南駅前広場がみずぼらしく見えます。

 JR姫路駅南駅前広場は、山陽新幹線の開通に合わせて、1972年に整備されました。広さは約12,300㎡です。1972年の供用開始以来後は大規模な再整備は行われていません。

 現在は、送迎などでの利用のほか、広場を通り抜けるだけの一般車が多く、朝夕の通勤通学時間帯を中心に混雑が常態化しています。

 これらの問題を解消するために大規模な再整備を行い、新幹線も発着する姫路駅の南の玄関口としてふさわしい空間を創出します。
 北駅前広場は全国最大規模の歩行者空間を整えましたが、南駅前広場は市民による一般車の利用も重視する方針です。

 引用資料 姫路市ホームページ
 姫路駅南駅前広場の再整備について

 工事工程(PDF) → ステップ図


Himejijr171212
JR姫路駅中央口・駅正面の歩行者空間

 駅正面の歩行者空間は、「JR姫路駅中央コンコース」の動線から西側にずれていましたが、東側に振る事により動線を合わせます。「JR姫路駅中央口」には屋根が設置されます。


Himejijr171213
「計画平面図」です。駅正面に安全かつゆとりある歩行者空間を創出します。公共交通と一般車を完全分離することにより、交通混雑を解消します。更に、一般車スペースを増設します。


Himejijr180811
本格的に工事が行われています。


Himejijr180812
「歩行者通路」の工事の様子です。


Himejijr180813
「JR姫路駅中央口」に設置された膜素材の屋根です。


Himejijr180814
「JR姫路駅中央口」から「歩行者通路」の中心はかなり西側にずれていましたが、再整備により「JR姫路駅中央口」の正面に移設されました。


Himejijr180815
膜素材の屋根を別角度から見た様子です。


Himejijr180816
歩行者通路東側の「一般車乗降場」の工事の様子です。


Himejijr180817
歩行者通路に「路面ブロック」を敷いています。


Himejijr180818
「路面ブロック」を敷く前に、「路面ブロック」が割れないようにクッション材となる「砂」を敷きます。


Himejijr180819
歩行者通路を北側から見た様子です。


Himejijr180820
歩行者通路西側の「バス乗車場」と「観光バス乗降場」の工事の様子です。


Himejijr180821
「バス乗車場」の工事の様子です。


Himejijr180822
南側の工事の様子です。


Himejijr180823
「タクシー乗降場」の工事の様子です。


Himejijr180824
西側から見た様子です。



|

京都駅前 (仮称)ダイワロイネットホテル京都八条東口PJ新築工事 2018年7月31日の建設状況

Kyotodaiwa180811
-(仮称)ダイワロイネットホテル京都八条東口-
 京都駅前は空前のホテル建設ラッシュになっています。京都八条東口で「(仮称)ダイワロイネットホテル京都八条東口PJ新築工事」が行われています。

 「建築基準法による確認済」の標識では、建築主が「三井住友トラスト・パナソニックファイナンス」、「開発構想の概要」の標識では、建築主が「ダイワロイヤル」となっていました。「三井住友トラスト・パナソニックファイナンス」が建物を建設して、「ダイワロイヤル」がホテルを運営するのだと思われます。

(仮称)ダイワロイネットホテル京都八条東口PJ新築工事の概要
◆ 所在地-京都府京都市南区東九条東山王町14番1
◆ 階数-地上9階、地下1階
◆ 高さ-31.0m
◆ 敷地面積-1,081.76㎡
◆ 建築面積-870.00㎡
◆ 延床面積-7,103.00㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-179室
◆ 建築主-三井住友トラスト・パナソニックファイナンス
◆ 設計者・監理者-ダイワハウス工業、(基本設計、監修)梓設計
◆ 施工者-ダイワハウス工業
◆ 着工-2018年01月10日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2019年05月31日予定(労災保険関係成立票より)


Kyotodaiwa180812
「(仮称)ダイワロイヤルホテル京都八条東口PJ新築工事」の建設現場を北西側から見た様子です。


Kyotodaiwa180813
地上部分の「鉄骨建方」が始まっています。


Kyotodaiwa180814
「開発構想の概要」です。


Kyotodaiwa180815
「旅館業施設計画の概要」です。



|

2018年8月12日 (日)

阪神なんば線「淀川橋梁」の架け替え 事業区間約2.4kmの「阪神なんば線淀川橋梁改築事業」 高架駅となる「伝法駅」の現状

Osakadempo180811
-阪神なんば線淀川橋梁改築事業-

 阪神なんば線の「淀川橋梁(きょうりょう)」の架け替え工事が2018年秋から始まります。「水面すれすれの橋」として知られ、線路は堤防より低くなっています。

 浸水を防ぐため、桁下を約7m高くします。「淀川橋梁」の架け替えと共に、「淀川橋梁」を挟んだ約2.4kmの連続立体交差化を行います。総事業費は563億円で、2032年度の完成を目指します。

 引用資料  国土交通省近畿地方整備局(PDF)
 阪神なんば線淀川橋梁改築事業パンフレット

 「淀川橋梁」は1924年に設置されました。大阪湾最低潮位「O.P.(Osaka Peil)」から桁下までの高さは4.28mで、計画堤防高に3.82m、計画高潮位に0.92m足りません。
 阪神なんば線の線路は、両端の淀川の堤防より1.8m低く、高潮時は線路を横切る形で「防潮扉」を閉じるため、運行が出来なくなります。


Osakahanshin180712
平面図

 「平面図」です。「淀川橋梁」の架け替えと共に、「淀川橋梁」を挟んだ約2.4kmの連続立体交差化を行います。これにより「阪神なんば線」は、ほぼ立体交差化が完了します。


Osakahanshin180713
縦断図

 事業実施前と事業実施後の「縦断図」です。橋を7m高くし、現在39本ある橋脚を10本に減らして「淀川」の水を流れやすくします。


Osakahanshin180715
伝法駅側(此花区)高架化 及び 淀川橋梁部架替 施工順序

 「伝法駅側(此花区)高架化 及び 淀川橋梁部架替 施工順序」です。伝法駅側は現在は「盛土」を走っていますが、高架橋に生まれ変わります。「伝法駅」も高架駅となります。


Osakahanshin18071713
淀川東岸踏切
 淀川の堤防にある「淀川東岸踏切」です。「阪神なんば線淀川橋梁改築事業」が完了するとこの踏切は撤去されます。


Osakahanshin18071714
「陸閘(りっこう)」です。「阪神なんば線」の軌道のために、堤防を約1.8m切り込みしています。

● 陸閘(りっこう)
 「陸閘」とは、やむを得ない理由で、堤防が連続していない場合、洪水や高潮時に堤防の機能を確保するために締め切ることのできる施設です。容易に閉塞できる構造となっています。


Osakadempo180812
伝法駅(でんぽうえき)

 淀川東岸踏切から見た「伝法駅(でんぽうえき)」です。盛土上にある相対式2面2線の駅です。2階がホーム、1階が改札となっています。


Osakadempo180813
「伝法駅」のホームです。


Osakadempo180814
ホーム屋根は北側寄りの一部しか設置されていません。簡易な駅のため「分岐器」や「絶対信号機」を設置していません。そのため「停留所」に分類されています。


Osakadempo180815
ホームの南東端です。


Osakadempo180816
ホームの南東端から南東側(千鳥橋駅側)を見た様子です。次の「千鳥橋駅(ちどりばしえき)」は高架駅です。


Osakadempo180817
正蓮寺川西岸踏切

 「伝法駅」の南東側にある「正蓮寺川西岸踏切」です。「阪神なんば線淀川橋梁改築事業」が完了するとこの踏切は撤去されます。


Osakadempo180818
「伝法駅」の1階の「改札口」です。


Osakadempo180819
「伝法駅」は、このように盛土上にあります。



|

姫路フォーラスEAST跡地 姫路ザ・レジデンス 2018年8月10日の建設状況

Himejiforus171211
-姫路ザ・レジデンス

 姫路市中心部にあったファッションビル「姫路フォーラス」は、1971年6月に「ジャスコ姫路店 西館」、1972年11月に「ジャスコ姫路店 東館」として開業しました。
 1987年3月には西館を「姫路フォーラスWEST」に業態転換、1994年3月には東館を「姫路フォーラスEAST」に業態転換しました。

 しかし、JR姫路駅周辺の再開発などで競合店が増加、売上げがピーク時から半減し、運営主体の「イオンリテール」が「大幅改装など抜本的対策が難しい」と判断したため2016年1月31日に閉店しました。

 跡地は再開発され、「姫路フォーラスWEST」跡地にはホテル、「姫路フォーラスEAST」跡地にはマンションが建設中です。マンションの計画名は「(仮称)姫路市東駅前町 計画 新築工事」、正式名称は「姫路ザ・レジデンス」です。竣工前ですが、すでに全戸完売しています。 

 引用資料 公式ホームページ
 姫路ザ・レジデンス

姫路ザ・レジデンスの概要
◆ 計画名-(仮称)姫路市東駅前町 計画 新築工事
◆ 所在地-地兵庫県姫路市東駅前町100番(地番)
◆ 交通-JR山陽本線・播但線・姫新線・山陽新幹線「姫路」駅徒歩4分、山陽電鉄本線「山陽姫路」駅徒歩4分
◆ 階数-地上15階、地下0階
◆ 高さ-44.94m
◆ 敷地面積-1,740.44㎡
◆ 建築面積-1,203.38㎡
◆ 延床面積-14,832.15㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 基礎工法-直接基礎
◆ 地震対策-耐震構造
◆ 用途-共同住宅
◆ 総戸数-128戸(他に管理事務室1戸)
◆ 建築主-都市環境開発、JR四国(四国旅客鉄道)
◆ 設計者・監理者-タクトプラン建築事務所大阪
◆ 施工者-大末建設
◆ 着工-2017年03月22日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2018年11月下旬予定
◆ 入居開始-2018年12月下旬予定


Himejiforus180821
「姫路フォーラスEAST」跡地」に建設中の「姫路ザ・レジデンス」です。タワークレーン2基で建設しています。


Himejiforus180822
南西側から見た下層階の様子です。 


Himejiforus180823
「姫路フォーラスWEST」跡地に建設中の「ダイワロイネットホテル姫路駅前」との間のアーケードです。


Himejiforus180824
南東側から見た様子です。


Himejiforus180825
南東側から見た下層階の様子です。 


Himejiforus180826
南東側から引いて見た様子です。 竣工前ですが、すでに全戸完売しています。



|

2018年8月11日 (土)

阪神なんば線「淀川橋梁」の架け替え 事業区間約2.4kmの「阪神なんば線淀川橋梁改築事業」 高架駅となる「福駅」の現状

Osakafuku180811
-阪神なんば線淀川橋梁改築事業-

 阪神なんば線の「淀川橋梁(きょうりょう)」の架け替え工事が2018年秋から始まります。「水面すれすれの橋」として知られ、線路は堤防より低くなっています。

 浸水を防ぐため、桁下を約7m高くします。「淀川橋梁」の架け替えと共に、「淀川橋梁」を挟んだ約2.4kmの連続立体交差化を行います。総事業費は563億円で、2032年度の完成を目指します。

 引用資料  国土交通省近畿地方整備局(PDF)
 阪神なんば線淀川橋梁改築事業パンフレット

 「淀川橋梁」は1924年に設置されました。大阪湾最低潮位「O.P.(Osaka Peil)」から桁下までの高さは4.28mで、計画堤防高に3.82m、計画高潮位に0.92m足りません。
 阪神なんば線の線路は、両端の淀川の堤防より1.8m低く、高潮時は線路を横切る形で「防潮扉」を閉じるため、運行が出来なくなります。


Osakahanshin180712
平面図

 「平面図」です。「淀川橋梁」の架け替えと共に、「淀川橋梁」を挟んだ約2.4kmの連続立体交差化を行います。これにより「阪神なんば線」は、ほぼ立体交差化が完了します。


Osakahanshin180713
縦断図

 事業実施前と事業実施後の「縦断図」です。橋を7m高くし、現在39本ある橋脚を10本に減らして「淀川」の水を流れやすくします。


Osakahanshin180714
福駅側(西淀川区)高架化 施工順序

 「福駅側(西淀川区)高架化 施工順序」です。福駅側は現在は地上を走っていますが、高架橋に生まれ変わります。「福駅」も高架駅となります。


Osakafuku180812
尼崎方面の1つ手前は「出来島駅(できじまえき)」です。「出来島駅」は高架駅です。「出来島駅」を過ぎると徐々に地上に降りてきます。


Osakafuku180813
福駅西踏切

 「福駅」の北西側にある「福駅西踏切」です。「阪神なんば線淀川橋梁改築事業」が完了するとこの踏切は撤去されます。


Osakafuku180814
福駅(ふくえき)

 福駅西踏切から見た「福駅(ふくえき)」です。「福駅」は、相対式2面2線の地上駅です。橋上駅舎も地下通路もありません。そのため改札内でのホームの行き来が出来ません。改札口は両ホームの尼崎寄りに独立して設けられています。


Osakafuku180815
「福駅」のホームです。


Osakafuku180816
ホーム屋根は北側寄りの一部しか設置されていません。簡易な駅のため「分岐器」や「絶対信号機」を設置していません。そのため「停留所」に分類されています。


Osakafuku180817
福駅東踏切

 「福駅」の南東側にある「福駅東踏切」です。「阪神なんば線淀川橋梁改築事業」が完了するとこの踏切は撤去されます。


Osakafuku180818
淀川西岸踏切
 
「福駅東踏切」を過ぎると淀川の堤防にある「淀川西岸踏切」まで駆け上がって行きます。「阪神なんば線淀川橋梁改築事業」が完了するとこの踏切は撤去されます。


Osakafuku180819
社会医療法人 愛仁会 千船病院

 「福駅」の東側には2011年3月まで「日本化学工業西淀川工場」が操業していました。「日本化学工業西淀川工場」は解体されて跡地の北半分に「社会医療法人 愛仁会 千船病院」が建設されました。

 2017年7月1日に大阪市西淀川区佃二丁目から移転して開院しました。土地は「日本化学工業」が所有したままで、「愛仁会」が建設しました。


Osakafuku180820
イズミヤスーパーセンター福町店

 「福駅」の東側には2011年3月まで「日本化学工業西淀川工場」が操業していました。「日本化学工業西淀川工場」は解体されて跡地の南半分に「イズミヤスーパーセンター福町店」が建設されました。

 「イズミヤスーパーセンター福町店」は、2016年4月6日にオープンしました。土地は「日本化学工業」が所有したままで、「日本化学工業」が建物を新築して「イズミヤ」がテナントとして入っています。



|

姫路フォーラスWEST跡地 ダイワロイネットホテル姫路駅前 2018年8月10日の建設状況

Himejiforus180811
-ダイワロイネットホテル姫路駅前-

 姫路市中心部にあったファッションビル「姫路フォーラス」は、1971年6月に「ジャスコ姫路店 西館」、1972年11月に「ジャスコ姫路店 東館」として開業しました。
 1987年3月には西館を「姫路フォーラスWEST」に業態転換、1994年3月には東館を「姫路フォーラスEAST」に業態転換しました。

 しかし、JR姫路駅周辺の再開発などで競合店が増加、売上げがピーク時から半減し、運営主体の「イオンリテール」が「大幅改装など抜本的対策が難しい」と判断したため2016年1月31日に閉店しました。

 跡地は再開発され、「姫路フォーラスWEST」跡地にはホテル、「姫路フォーラスEAST」跡地にはマンションが建設中です。ホテルは「ダイワロイネットホテル姫路駅前」です。

ダイワロイネットホテル姫路駅前の概要
◆ 計画名-(仮称)ダイワロイネットホテル姫路駅前
◆ 所在地-兵庫県姫路市駅前町353番、354番
◆ 交通-JR山陽本線・播但線・姫新線・山陽新幹線「姫路」駅徒歩4分、山陽電鉄本線「山陽姫路」駅徒歩4分
◆ 階数-地上13階、地下0階
◆ 高さ-47.00m
◆ 敷地面積-1,333.47㎡
◆ 建築面積-891.05㎡
◆ 延床面積-9,334.42㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル、飲食店舗
◆ 客室数-218室
◆ 建築主-ダイワロイヤル
◆ 設計者・監理者-ダイワハウス工業、(基本設計、監修)久米設計
◆ 施工者-ダイワハウス工業
◆ 着工-2017年06月01日
◆ 竣工-2018年09月28日予定(労災保険関係成立票より)
◆ オープン-2018年09月末予定


Himejiforus180812
「姫路フォーラスWEST」跡地に建設中の「ダイワロイネットホテル姫路駅前」を南西側から見た様子です。


Himejiforus180813
南西側から見た下層階の様子です。


Himejiforus180814
正面のエントランス部分です。


Himejiforus180815
南東側から見た様子です。


Himejiforus180816
南東側から見た下層階の様子です。


Himejiforus180817
「外構工事」が行われています。



|

2018年8月10日 (金)

JR嵯峨野線の新駅「梅小路京都西駅」近く 京都市中央卸売市場第一市場「賑わいゾーン」 概要のお知らせ標識掲示!

Kyototanba171011
-京都市中央卸売市場第一市場「賑わいゾーン」-
 
京都市では、「京都駅西部エリア活性化将来構想」において、京都市中央卸売市場第一市場の施設整備に伴い生み出される七条通に面した土地を「賑わいゾーン」と位置付け、新たな賑わいを創出するために活用することとしています。

 京都市は、京都市中央卸売市場第一市場「賑わいゾーン」の活用に向けて契約候補事業者を選ぶ公募型プロポーザルを実施し、「スターツコーポレーション」を契約候補事業者に選定しました。

 引用資料 京都市情報館(2017/10/13)
 京都市中央卸売市場第一市場「賑わいゾーン」に係る基本協定書の締結式について

 「スターツコーポレーション」は、地上8階、地下1階の ”京都の「食」と「職」をテーマにした商業施設とホテルの複合施設” を建設します。
 3階~8階のホテル「(仮称)ホテルエミオン京都」は、客室数214室です。1階・2階は商業施設となります。開業は2020年度を予定しています。

京都市中央卸売市場第一市場「賑わいゾーン」の概要
◆ 所在地-京都府京都市下京区朱雀正会町1番30、朱雀堂ノ口町20番4
◆ 交通-JR嵯峨野線「梅小路京都西駅」駅直結(予定)
◆ 階数-地上8階、地下1階
◆ 高さ-約31m
◆ 敷地面積-4,000.00㎡
◆ 建築面積-約3,200㎡
◆ 延床面積-約18,000㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル、飲食店、物販店舗
◆ 客室数-214室
◆ 建築主-スターツコーポレーション
◆ 設計者-スターツCAM
◆ 施工者-(未定)
◆ 着工-2018年12月01日予定
◆ 開業-2020年07月01日予定


Kyototanba171012
南東側から見た「完成イメージ図」です。


Kyototanba171013
「商業施設(1階・2階)」の配置図とフロア構成図です。2階には「連絡デッキ」を整備します。


Kyototanba171014
「連絡デッキ」の完成イメージです。JR嵯峨野線の新駅と「連絡デッキ」で直結します。新駅(梅小路京都西駅)から七条通北側への回遊性を高めるため、廃止された短絡線を利用した横断歩道橋を整備します。

 完成イメージでは屋根が描かれていませんが、雨にぬれることがなくアクセスできるようにするため、屋根を設置します。


Kyototanba180811
京都市中央卸売市場第一市場「賑わいゾーン」の予定地を南西側から見た様子です。「水産事務所棟」が解体されました。


Kyototanba180812
南東側から見た様子です。


Kyototanba180813
「七条通」に架かっていた廃止されたJRの「連絡線(短絡線)」の橋桁が、同じ橋桁を再利用して架け替えられました。この橋桁を「連絡デッキ」として再利用します。


Kyototanba180814
「開発構想に関する説明会の概要」です。


Kyototanba180815
「旅館業施設の計画の概要」です。



|

告知 超高層ビル情報誌「高層画報 Vol.4」刊行のお知らせ

Osakasample180811
-高層画報 Vol.4-
 
「超高層ビル」を愛でる会が発行する、高層ビル好きのための総合情報誌「高層画報4」が完成しました。第4弾となる今回は、関西ビルブロガー会のメンバーが企画から参加した合作で、1冊まるごと「大阪の高層ビル」特集となっています。

 私は、関西ビルブロガー会に所属していますが、会員とは名ばかりで幽霊会員でした(笑)。今回初めて少しだけ執筆に参加し、ちょっとだけ責任を果たせた気がします。


配布場所

コミックマーケット94(東京)
日程: 2018812()
会場: 東京ビッグサイト(東地区Wブロック30ab
「夜行部」と「超高層ビルを愛でる会」の合体サークルにて頒布

こみっくトレジャー32(大阪)
日程: 201892()
会場: インテックス大阪(4号館 ウ10ab
「超高層ビルを愛でる会」にて頒布


執筆者
● 堀 寿伸(Toshi)氏
超高層ビルを愛でる会及び関西ビルブロガー所属
編集長
OBP・天王寺担当

● モエストロ氏
超高層ビルを愛でる会代表
擬人化4コマ漫画担当

● shoken氏
関西ビルブロガー所属
ベイエリア・大阪府下担当

● しん@こべるん氏
関西ビルブロガー所属
中之島・船場担当

● すぴら(supira)氏
超高層ビルを愛でる会所属
エディトリアルデザイナー
高層ビルランキング担当

● ロング氏
関西ビルブロガー所属
梅田・難波心斎橋担当

● @関西人
関西ビルブロガー所属
ニューストピックス担当


Osakasample180812
東西のビルブロガー執筆した力作となっています。


Osakasample180813
大阪全体を大きく8つのエリアに分け、街の歴史や特徴、要注目のプロジェクトまで徹底的に紹介しています。


Osakasample180814
モエストロ氏のビル擬人化マンガ「ビル日和」です。私は絵心が全く無いので、絵が上手い方は本当に羨ましいです。



|

2018年8月 9日 (木)

JR京都駅前 京阪グループのフラッグシップホテル「THE THOUSAND KYOTO(ザ サウザンド キョウト)」 2018年7月31日の建設状況

Kyotokeihan171211
-THE THOUSAND KYOTO

 「京阪電気鉄道、京都センチュリーホテル、京都タワー」では、京都駅前にある「京都センチュリーホテル」および「京都第2タワーホテル」の一体的再開発により、グローバルマーケットに対応する京阪グループのフラッグシップホテルの開業をめざす「京都駅前新ホテルプロジェクト」を推進しています。第1弾として「京都センチュリーホテル」の客室全面リニューアルを実施しました。

 隣接する「京都第2タワーホテル」は、2016年1月に閉館しました。第2弾として跡地には、ハイグレードの「(仮称)京都駅前新ホテル計画」を建設し、京都センチュリーホテルと地下1階~3階部分で接続した一体的施設として運営する予定です。

 正式名称は「THE THOUSAND KYOTO(ザ サウザンド キョウト)」で、京阪グループのフラッグシップホテルとして、2019年1月オープン予定です。すでに公式ホームページもオープンしています。

 引用資料 京阪ホールディングス(PDF:2017/11/07)
 京阪グループのフラッグシップホテル【 THE THOUSAND KYOTO 】2019年1月 JR京都駅前に誕生)

 公式ホームページ
 THE THOUSAND KYOTO(ザ サウザンド キョウト)

THE THOUSAND KYOTOの概要
◆ 計画名-(仮称)京都駅前新ホテル計画
◆ 所在地-京都府京都市下京区塩小路通下ル東塩小路町570番
◆ 交通-JR「京都」駅より徒歩2分
◆ 階数-地上9階、地下1階
◆ 高さ-最高部34.90m、軒高30.90m
◆ 敷地面積-6,798.09㎡(施設全体)
◆ 建築面積-3,301.72㎡
◆ 延床面積-18,977.70㎡(容積対象外面積3,034.10㎡) *京阪のHPでは約22,063㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル(宴会場、控室、料飲施設、チャペル、ブライダルサロン、衣装室、美容室、スパ、ジム、駐車場)
◆ 客室数-222室
◆ 建築主-京阪ホールディングス
◆ 設計者・監理者-東畑建築事務所、竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 着工-2017年01月23日(労災保険関係成立票より)
◆ 竣工-2018年12月17日予定(労災保険関係成立票より)
◆ オープン-2019年01月予定


Kyotokeihan171212
「全体イメージ」です。「京都センチュリーホテル」と地下1階~3階部分で接続した一体的施設として運営する予定です。


Kyotokeihan180811
「THE THOUSAND KYOTO(ザ サウザンド キョウト)」の建設現場を南西側から見た様子です。


Kyotokeihan180812
この部分は「チャペル」になります。


Kyotokeihan180813
北西側から見た様子です。


Kyotokeihan180814
北東側から見た様子です。


Kyotokeihan180815
京都センチュリーホテル

 「京都センチュリーホテル」は、1981年4月に開業、客室数218室です。主要株主である「林原グループ」の中核会社が会社更生手続に入ったことを受け、2011年7月に「京阪電気鉄道」の子会社となりました。2015年6月~2016年3月にかけて客室全面リニューアルを実施しました。



|

JR京都駅前 (仮称)三井ガーデンホテル京都駅前 2018年7月31日の建設状況

Kyotomitsui180811
-(仮称)三井ガーデンホテル京都駅前-

 「京阪電気鉄道、京都センチュリーホテル、京都タワー」は、JR京都駅前にある「京都センチュリーホテル」および「京都第2タワーホテル」の一体的再開発を進めています。

 道路を挟んですぐ北側では、三井不動産が「(仮称)三井ガーデンホテル京都駅前」を建設しています。「(株)萩乃家」が所有する土地に「三井不動産」がホテルを建築し、「三井不動産ホテルマネジメント」が三井ガーデンホテルとして運営します。

 三井不動産 ニュースリリース(2018/02/15)
 京都駅至近の新規ホテルプロジェクト「(仮称)三井ガーデンホテル京都駅前」の計画概要を決定 2019年夏開業予定

(仮称)三井ガーデンホテル京都駅前の概要
◆ 計画名-(仮称)京都市下京区東塩小路町ホテル計画
◆ 所在地-京都府京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町848番
◆ 階数-地上10階、地下1階
◆ 高さ-最高部34.4m、軒高31.0m
◆ 敷地面積-7,82.66㎡
◆ 延床面積-5,212.53㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-136室(予定)
◆ 建築主-三井不動産
◆ 設計者・監理者-佐藤工業
◆ 施工者-佐藤工業)
◆ 着工-2017年10月02日(労災保険関係成立票より)
◆ 開業-2019年夏予定


Kyotomitsui180812
「仮囲い」の一部が透明のアクリル板になっていたので覗いてみました。


Kyotomitsui180813
北西側から見た様子です。


Kyotomitsui180814
南東側から見た様子です。


Kyotomitsui180815
道路を挟んだすぐ南側では、京阪ホールディングスが「THE THOUSAND KYOTO(ザ サウザンド キョウト)」を建設中です。



|

2018年8月 8日 (水)

(仮称)ヨドバシ梅田タワー 「阪急阪神ホテルズ」の出店が正式決定 大阪梅田エリアで最大級の約1,000室!

Osakayodobashi171011
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-
 
「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場跡地に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。2017年9月13日に、「地鎮祭」が行われ本格着工しました。2019年12月末日の竣工予定です。

 「国土交通省」は、都市再生特別措置法の規定に基づき、「ヨドバシホールディングス、ヨドバシカメラ」から申請のあった民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)について認定しました。

 引用資料 国土交通省(PDF:2017/09/29)
 株式会社ヨドバシホールディングス、株式会社ヨドバシカメラの民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)を認定

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町4番8
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部149.900m
◆ 敷地面積-17,256.22㎡(施設全体)
◆ 建築面積-14,275.68㎡(施設全体)、6.371.70㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 延床面積-220,352.60㎡(施設全体)、111,527.16㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 容積率対象面積-170,225.45㎡(施設全体)、92,287.68㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-百貨店、飲食店、ホテル、駐車場
◆ 客室数-約1,000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年09月13日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年12月末日予定
◆ 開業-2020年初春予定(ホテル)

(注意) 上記の概要は「建築計画のお知らせ」の数値です。「国土交通省」の資料では、延床面積219,857.71㎡(施設全体)、110,820.64㎡(ヨドバシ梅田タワー)となっています。


Osakayodobashi171012
「概要図」です。


Osakayodobashi180820
阪急阪神ホテルズが出店

 「阪急阪神ホテルズ」は、「ヨドバシホールディングス」が開発する「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」に、ホテルを出店することが決まりました。

 ホテルは9階~35階に、大阪梅田エリアで最大級の約1,000室で出店予定です。ホテルブランド名は未定で、2020年初春の開業を予定しています。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2018/08/07)
 大阪梅田エリアで最大級の約1,000室 (仮称)ヨドバシ梅田タワーにおけるホテル出店のお知らせ 2020年初春開業予定


Osakayodobashi180811
「グランフロント大阪 北館」から見た「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の建設現場です(撮影日2018年8月4日)。



Osakayodobashi180815
北西側から見た様子です(撮影日2018年8月4日)。


Osakayodobashi180818
北東側から見た様子です(撮影日2018年8月4日)。


Osakahankyu180711
阪急村

 阪急阪神ホールディングス」は、阪急村の「大阪新阪急ホテル」と駅ビルの「阪急ターミナルビル」の建て替えを検討します。その後も古いオフィスビルや商業施設を順次建て替えます。

 「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」に、「阪急阪神ホテルズ」のホテル出店が正式に決まりました。当面は「阪急阪神ホテルズ」の2大ホテルが営業しますが、阪急村の再開発の第一弾は「大阪新阪急ホテル」になるのは間違いないですね!



|

JR西日本 嵯峨野線の新駅 梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき) 2018/07/31 Part3・新駅に面する「梅小路公園」の改修工事

Kyototanba180811
-梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)-

 梅小路公園には、「京都水族館」があり、2016年4月29日には「京都鉄道博物館」もオープンしました。京都駅から離れていてアクセスが悪いため、新駅の設置が検討され、2015年2月にJR西日本と京都市が基本合意書を締結していました。

 工事着工に先立ち、2016年9月19日には、安全祈願祭と起工式典を開催しました。駅名は「梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)」に決定し、2019年春の開業予定です。

 引用資料 JR西日本・ ニュースリリース(2018/07/20)
 JR嵯峨野線 京都・丹波口間新駅 駅名決定について

 ホームは相対式2面、延長165m、ホーム幅は3.0m~6.7mとなります。ホーム上の安全設備として、「可動式ホーム柵」を設置します。

 駅舎の基本コンセプトは、「梅小路公園および京都市西部地区の玄関口として、鉄道を意識しつつ、地域との連携を育むデザイン」とします。
 京都の町並みの「縦格子・縦縞」や、京友禅の反物の「縦長矩形」などを引用するともとに、ホームの外壁や入口部を曲面にして「京都らしい色彩計画」とします。

梅小路京都西駅の概要
◆ 所在地-京都府京都市下京区観喜寺町(京都駅←約1.7km→新駅←0.8km→丹波口駅)
◆ ホーム(相対式2面、延長165m、幅員3.0m~6.7m)
◆ 旅客上家(屋根)
◆ エレベーター(2基 各ホーム1基)
◆ エスカレーター(4基 各ホーム上下1基ずつ)
◆ 自動改札4通路、券売機2台、みどりの券売機1台
◆ 着工-2016年09月19日(安全祈願祭と起工式典)
◆ 開業-2019年春予定
◆ 事業費-約49億円(JR西日本約19億円、京都市約15億円、国約15億円)


Kyototanba16082
「位置図」です。


Kyototanba180851
2019年春に「梅小路京都西駅」が開業します。「梅小路公園」の北西側は、新駅に面する玄関口になります。そのため改修工事が行われています。


Kyototanba180852
改修工事の様子です。


Kyototanba180853
整地しています。


Kyototanba180854
「路面ブロック」を敷く前に、「路面ブロック」が割れないようにクッション材となる「砂」や「土」を敷きます。


Kyototanba180855
「路面ブロック」が準備されています。


Kyototanba180856
南西側から見た様子です。


Kyototanba180857
南側から見た様子です。南側は改修工事が終わっています。写真左端は「梅小路京都西駅」の建設現場です。



|

2018年8月 7日 (火)

ウェスティン都ホテル京都 大規模リニューアルを実施 平均客室面積を約35㎡から約50㎡へ拡張 京都を代表する高級ラグジュアリーホテルに進化!

Kyotomiyako180811
-ウェスティン都ホテル京都-

 「近鉄・都ホテルズ」および「近鉄不動産」は、「ウェスティン都ホテル京都」が2020年に創業130年の節目を迎えるにあたり、京都を代表する高級ラグジュアリーホテルへの大規模リニューアルを実施します。

 引用資料 近鉄・都ホテルズ(PDF:2018/08/03)
 ウェスティン都ホテル京都をリニューアルします ~京都を代表する高級ラグジュアリーホテルに~

 積み重ねてきた伝統の価値を将来に受け継ぐために、昭和を代表する建築家である村野藤吾氏のデザインの特徴である優美さや曲線美を承継するとともに、新しい時代にふさわしい設えやサービスを加え、ラグジュアリー層に満足してもらえるホテルとします。

 平均客室面積をこれまでの約35㎡から約50㎡へと広げます。このため、全館の客室数は、改装前の半数に近い約270室(現在499室)とします。このリニューアルにより、京都を代表する高級ラグジュアリーホテルとしての位置付けをさらに確かなものとします。

リニューアルの主なポイント
● 平均客室面積を約50㎡に拡大し、京都・東山の自然をイメージした内装デザインとして、浴室すべてに独立した洗い場を設ける。
● ホテル敷地内で掘削する温泉を活用した約1,000㎡のスパを新設し、華頂山に続く庭園と一体となった半露天風呂で、日本らしいくつろぎ感を楽しめる。
● 海外からの顧客にも人気の数寄屋風別館「佳水園」は、原設計を承継しつつ客室面積を大幅に拡大し、浴室では温泉も楽しめる。
● 本格的なフランス料理を提供するメインダイニングや、ライブキッチンなどを備え京都市街を一望できるビュッフェレストランが誕生する。

ウェスティン都ホテル京都のリニューアル後の施設概要
◆所在地-京都府京都市東山区粟田口華頂町1番地
◆階数-地上11階、塔屋3階、地下2階(変更なし)
◆延床面積-約74,000㎡
◆客室数-約270室(現在499室)
◆宴会場数-17会場(変更なし)
◆料飲施設数-5施設(現在7施設)
◆着工-2018年06月(一部の客室改修工事を開始)
◆グランドオープン-2020年春予定
◆投資額-198億円


Kyotomiyako180812
「リニューアルの概要」です。


Kyotomiyako180813
「ビュッフェ レストラン(現山城の間 )外観イメージ(三条通沿い)」です。


Kyotomiyako180814
「東館客室イメージ」です。


Kyotomiyako180815
「佳水園客室イメージ」です。



|

長居公園 活性化に向けたマーケットサウンディング(市場調査)を実施!

Osakanagaipark180811
-長居公園-

 「長居公園」は、「長居陸上競技場(ヤンマースタジアム長居)」等のスポーツ施設、広場・緑地等の一般園地、植物園及び自然史博物館等により構成されており、大阪市民のスポーツ・レクリエーションや憩いの場として親しまれるとともに緑化普及啓発等に資する都市基幹公園です。

 2008年度からは、民間事業者の創意工夫により、スポーツ施設、一般園地、植物園及び市立駐車場を一体的かつ効果的・効率的に管理運営を行うことにより、来園者に質の高いサービスを提供し管理経費を縮減することを目的に、公園全域(一部施設を除く)に指定管理者制度を導入してきており、2020年度には現指定管理者による管理運営期間が終了します。

 ついては、2021年度からの管理運営事業者の公募条件を検討するのに先立ち、長居公園の活性化につながる、民間の自由な発想に基づく幅広い事業アイデアや、事業条件についての民間の意向等を把握することを目的に、マーケットサウンディングを実施します。

 引用資料 大阪市・公式ホームページ(2018/07/12)
 長居公園の活性化に向けたマーケットサウンディング(市場調査)を実施します

 大阪市には、「天王寺公園エントランスエリア(“てんしば”)」や大阪城公園駅前の商業施設「JO-TERRACE OSAKA」などの民間の活力を利用した成功例があるので、「長居公園」も楽しみですね!


Osakanagaipark180812
「提案対象エリア図」です。


Osakanagaipark180813
「長居公園」は、面積が約65.7haもある広い公園です。


Osakanagaipark180814
「長居陸上競技場(ヤンマースタジアム長居)」も提案対象区域に含まれます。


Osakanagaipark180815
「長居第2陸上競技場(ヤンマーフィールド長居)」も提案対象区域に含まれます。



|

2018年8月 6日 (月)

地上38階、高さ約189mの「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」 Ⅱ期工事 2018年8月4日の状況

Hanshin18040911
-大阪梅田ツインタワーズ・サウス-

 阪急阪神ホールディングスは、阪神梅田本店が入居する「大阪神ビルディング」と「新阪急ビル」の建て替え計画を進めています。

 「新阪急ビル」の解体を進めていましたが、地上躯体の解体工事が完了して、2015年7月21日にⅠ期部分の新築工事に着手しました。

 ビルの正式名称は「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」です。Ⅰ期棟が2018年4月27日(金)に竣工し、「阪神百貨店」が2018年6月1日(金)に部分開業しました。

 引用資料 阪急阪神ホールディングス(PDF:2018/04/09)
 梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画) 2018年4月27日(金)にⅠ期棟が竣工、6月1日(金)には阪神百貨店が部分開業 ~ビル名称を「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に決定

大阪梅田ツインタワーズ・サウスの概要
◆ 計画名-梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)
◆ 所在地-大阪府大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
◆ 階数-地上38階、塔屋2階、地下3階
◆ 高さ-最高部188.9m
◆ 敷地面積-12,192.83㎡(重複利用区域含む)
◆ 建築面積-10,348.95㎡
◆ 延床面積-258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
◆ 構造-鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 地震対策-制震構造
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 用途-百貨店、オフィス、集会所、駐車場
◆ 建築主-阪神電気鉄道、阪急電鉄
◆ 設計者-(基本設計)日本設計、(実施設計)竹中工務店
◆ 施工者-竹中工務店
◆ 解体工事-2014年10月01日(新阪急ビル)
◆ 着工-2015年07月21日(Ⅰ期部分)
◆ 竣工-2022年03月下旬予定(全体竣工)


Hanshin18040912
工事施行計画の概要

スケジュール

① Ⅰ期工事(新阪急ビル解体工事着手)-2014年10月01日
② 大阪神ビルディング東側解体工事着手-2015年02月18日
③ 大阪梅田ツインタワーズ・サウスⅠ期部分新築工事着手-2015年07月21日
④ Ⅰ期工事竣工(新阪急ビル、大阪神ビルディング東側部分)-2018年04月27日 ※新百貨店の部分開業2018年06月01日
⑤ Ⅱ期工事(大阪神ビルディング西側解体工事着手)-2018年06月予定
⑥ 大阪梅田ツインタワーズ・サウスⅡ期部分新築工事着手-2019年春予定
⑦ Ⅱ期工事竣工(新百貨店部分)※新百貨店の全面開業-2021年秋予定
⑧ 全体竣工※オフィス部分の開業-2022年春予定


Hanshin18040913
大阪梅田ツインタワーズ
 
名称が「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」に決定しました。全体竣工を迎える2022年春に、阪急百貨店(阪急うめだ本店)が入居する「梅田阪急ビル」を「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」に改称し、近接する両ビルを「大阪梅田ツインタワーズ」と総称する予定です。

 「阪急阪神ホールディングスグループ」の最重要拠点である大阪梅田の中心に位置し、グループを象徴する2棟の高層タワーを、大阪以外の地域や海外の方々からの分かりやすさを考えて命名したものです。


Hanshin18080411
撮影日2018年8月4日 「サウスゲートビルディング」から見た様子です。


Hanshin18080412
撮影日2018年8月4日
 解体用の「タワークレーン」が設置されています。Ⅰ期部分と同じように重機を使用せずに、「コンクリートカッター」で躯体を切断しながら、ブロックごとに分割して、タワークレーンで「開口部」から地上に降ろすと思われます。


Hanshin18080413
撮影日2018年8月4日
 奥にあった「レール式」の移動クレーンが姿を消していました。移動クレーンは、「タワークレーン」を設置するために一時的に設置されていたようです。


Hanshin18080414
撮影日2018年8月4日 塔屋に「足場」の設置が行われています。


Hanshin18080415
撮影日2018年8月4日 「梅田阪急ビル」から見た様子です。塔屋の東側は「足場」の設置が完了しています。


Hanshin18080416
撮影日2018年8月4日 歩道に「仮囲い」が設置されました。


Hanshin18080417
撮影日2018年8月4日 建物本体に「足場」の設置が始まりました。


Hanshin18080418
撮影日2018年8月4日 西側から見た様子です。



|

JR西日本グループ 2ブランド約900室のホテルを出店「(仮称)京都駅八条口前ホテル計画」 2018年7月31日の建設状況

Kyotojr170211
-(仮称)京都駅八条口前ホテル計画-
 JR西日本グループは、JR京都駅八条口から徒歩2分という抜群のロケーションに、「ジェイアール西日本ホテル開発」の運営するハイクラス宿泊特化型ホテルの新規ブランド「ヴィスキオ」と、「ジェイアール西日本デイリーサービスネット」の100%出資子会社である「JR西日本ヴィアイン」が運営する宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」の2ホテルを出店します。2棟合計約900室を予定しています。

 引用資料 JR西日本グループ(2017/02/02)
 JR京都駅前に2ブランド計900室の新規ホテルを開業(2019年春ごろ)

 土地所有者の「松原興産」からホテル建築物を賃借します。設計者・監理者は「東急設計コンサルタント」、施工者は「奥村組・日本国土開発特定建設工事共同企業体」です。2019年春頃の開業を目指します。2棟の総投資額は100億円超となります。

● 東棟(ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA)
 敷地東側の敷地面積約3,150㎡に、地上9階、地下0階、延床面積約17,750㎡、客室数423室のホテルを建設します。「ジェイアール西日本ホテル開発」がハイクラス宿泊特化型ホテルを運営します。

 ホテルの名称は「ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA」です。「ヴィスキオ(VISCHIO)」は、イタリア語で「宿り木」の意味です。北欧神話で宿り木は幸福、安全、幸運をもたらす聖なる木とされています。

● 西棟(ヴィアイン)
 敷地西側の敷地面積約2,800㎡に、地上10階、地下0階、延床面積約14,100㎡、客室数468室のホテルを建設します。「ジェイアール西日本デイリーサービスネット」の100%出資子会社である「JR西日本ヴィアイン」が、宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」を運営します。

JR京都駅前のJRのホテルの概要
◆ 計画名-(仮称)京都駅八条口前ホテル計画(東敷地)、(仮称)京都駅八条口前ホテル計画(西敷地)
◆ 所在地-京都府京都市南区東九条殿田町42番ほか
◆ 階数-(東棟)地上9階、地下0階、(西棟)地上10階、地下0階
◆ 高さ-最高部34.4m(東棟、西棟)
◆ 敷地面積-約3,150㎡(東棟)、約2,800㎡(西棟)
◆ 建築面積-約2,510㎡(東棟)、約1,700㎡(西棟)
◆ 延床面積-約17,750㎡(東棟)、約14,100㎡(西棟)
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-ホテル、店舗、駐車場
◆ 客室数-423室(東棟)、468室(西棟)
◆ 建築主-松原興産
◆ 設計者・監理者-東急設計コンサルタント
◆ 施工者-奥村組・日本国土開発特定建設工事共同企業体(奥村組、日本国土開発JV)
◆ 着工-2018年01月15日
◆ 竣工-2019年03月15日予定
◆ 開業-2019年春頃予定(東棟、西棟)


Kyotojr170213
「計画地」です。京都駅ビル内にある「ホテルグランヴィア京都」に加え、八条口側にハイクラス宿泊特化型ホテルの新規ブランド「ヴィスキオ」と宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」の3つのブランドの異なるホテルを揃える事になります。


Kyotojr180851
ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA

 「(仮称)京都駅八条口前ホテル計画(東敷地)」の建設現場を南東側から見た様子です。ハイクラス宿泊特化型ホテルの新規ブランド「ヴィスキオ」が建設されます。

 施工者は、「奥村組・日本国土開発特定建設工事共同企業体」となっています。「建築基準法による確認済」の標識をみると、東敷地は「奥村組」の施工のようです。


Kyotojr180852
北東側から見た様子です。一気に「鉄骨建方」が進んでいて驚きました。


Kyotojr180853
少し角度を変えた様子です。


Kyotojr180854
ヴィアイン

 「(仮称)京都駅八条口前ホテル計画(西敷地)」の建設現場を南西側から見た様子です。宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」が建設されます。

 施工者は、「奥村組・日本国土開発特定建設工事共同企業体」となっています。「建築基準法による確認済」の標識をみると、西敷地は「日本国土開発」の施工のようです。


Kyotojr180855
敷地南側の道路です。奥に「ホテルヴィスキオ京都 by GRANVIA」の建設現場が見えます。


Kyotojr180856
北西側から見た様子です。


Kyotojr180857
敷地北側の道路です。奥に「京都アバンティ」が見えます。



|

2018年8月 5日 (日)

ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田 (仮称)ヨドバシ梅田タワー 2018/08/04 全工区で鉄骨建方を開始!

Osakayodobashi171011
-(仮称)ヨドバシ梅田タワー-
 
「ヨドバシカメラ」は、マルチメディア梅田北側の駐車場跡地に「ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟」である「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」を計画しています。2017年9月13日に、「地鎮祭」が行われ本格着工しました。2019年12月末日の竣工予定です。

 「国土交通省」は、都市再生特別措置法の規定に基づき、「ヨドバシホールディングス、ヨドバシカメラ」から申請のあった民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)について認定しました。

 引用資料 国土交通省(PDF:2017/09/29)
 株式会社ヨドバシホールディングス、株式会社ヨドバシカメラの民間都市再生事業計画(ヨドバシ梅田タワー計画整備事業)を認定

(仮称)ヨドバシ梅田タワーの概要
◆ 所在地-大阪府大阪市北区大深町4番8
◆ 階数-地上35階、塔屋2階、地下4階
◆ 高さ-最高部149.900m
◆ 敷地面積-17,256.22㎡(施設全体)
◆ 建築面積-14,275.68㎡(施設全体)、6.371.70㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 延床面積-220,352.60㎡(施設全体)、111,527.16㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 容積率対象面積-170,225.45㎡(施設全体)、92,287.68㎡(ヨドバシ梅田タワー)
◆ 構造-鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
◆ 基礎工法-場所打ちコンクリート拡底杭
◆ 地震対策-制振構造
◆ 用途-百貨店、飲食店、ホテル、駐車場
◆ 客室数-1000室
◆ 建築主-ヨドバシカメラ
◆ 設計者-五洋建設
◆ 施工者-五洋建設
◆ 着工-2017年09月13日(地鎮祭)
◆ 竣工-2019年12月末日予定

(注意) 上記の概要は「建築計画のお知らせ」の数値です。「国土交通省」の資料では、延床面積219,857.71㎡(施設全体)、110,820.64㎡(ヨドバシ梅田タワー)となっています。


Osakayodobashi171012
「概要図」です。


Osakayodobashi180811
「グランフロント大阪 北館」から見た「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の建設現場です。昨日、「ヤンマースタジアム長居」で行われた「乃木坂46 真夏の全国ツアー2018」に行く前に撮影しました。


Osakayodobashi180812
最高部は6階(7FL)まで到達しています。


Osakayodobashi180813
西端部分です


Osakayodobashi180814
3階床の北側中央をタワークレーンで部材を吊り上げる「揚重ヤード」として使用しています。


Osakayodobashi180815
北西側から見た様子です。


Osakayodobashi180816
南西側から見た様子です。


Osakayodobashi180817
最期まで残っていた南西側の隙間部分の「鉄骨建方」が始まりました。これで全工区で鉄骨建方を開始された事になります。


Osakayodobashi180818
北東側から見た様子です。


Osakayodobashi180819
アール状の部分です。



|

ヤンマースタジアム長居 「乃木坂46 真夏の全国ツアー2018」に行ってきました!

Osakanogizaka180811
乃木坂46-
 昨日(8月4日)、「ヤンマースタジアム長居」で行われた「乃木坂46」の全国ツアー「乃木坂46 真夏の全国ツアー2018」に行ってきました。

 今年の「6th YEAR BIRTHDAY LIVE」は、「明治神宮野球場」と、隣接する「秩父宮ラグビー場」の2会場を使用して両会場あわせて6万人、7月6日(金)~8日(日)の3日間で合計18万人を動員しました。

 引き続き「乃木坂46 真夏の全国ツアー2018」を行っています。「福岡ヤフオク!ドーム、ヤンマースタジアム長居、ナゴヤドーム、ひとめぼれスタジアム宮城」の4ヶ所8公演で、延34万6000人を動員する見込みです。


Osakanogizaka180812
「ヤンマースタジアム長居」に行ったのは、2004年のサッカーの試合以来だったので、14年ぶりでした。


Osakanogizaka180813
改めて見る「ヤンマースタジアム長居」はメチャメチャ巨大でした!


Osakanogizaka180814
「ヤンマースタジアム長居」に「乃木坂46」の旗がはためいていました。雲一つない快晴で、灼熱地獄でしたが、風が吹いていたので助かりました。


Osakanogizaka180815
「乃木坂号」です。現在の「乃木坂46」のメンバーは40名です。


Osakanogizaka180816
「乃木坂号」の前で、「寺田蘭世」のファン集まって記念撮影していました。


Osakanogizaka180817
グッズのラインナップです。


Osakanogizaka180818
選抜メンバーは「松村 沙友理」のファンなので、グッズは「松村 沙友理」のマフラータオルと「松村 沙友理」のスティックライトを1本買いました。もう1本は去年の使い回しです。

 「スティックライト」は最低2本必要です。メンバーが多いためメンバー別に色の組み合わせがあるためです。例えば「白石 麻衣 水色×水色」、「西野 七瀬 緑色×白色」、「齋藤 飛鳥 水色×白色」などです。


Osakanogizaka180819
アンダー(選抜メンバー以外)は、「伊藤かりん」のファンなのでうちわを買いました。暑かったので重宝しました(笑)。


Osakanogizaka180820
チケットです。座席はメインステージの丁度反対側の「スタンドD」でした。スタンド最前列に近いかなりの良席でした。5時10分に始まって、7時40分に終わりました。公演時間は2時間半でした。

 ステージは、メインステージ、センターステージ、バックステージとそれらをつなぐ花道が設けられていました。「バックステージ」が目の前だったので、次々とメンバーがやってきました。至近距離でメンバーを見ましたが、テレビで見るよりもみんな遥かに美人でした。本当にレベルが高いです。

● 5万人弱の観客で凄い迫力!
 乃木坂のライブは必ずインストゥルメンタル曲の「OVERTURE」で始まります。その時に揃って一斉にコールするのですが、乃木ヲタ5万人弱のコールは凄まじかったです(笑)。

 ほどんどが明るい時間帯の公演だったので、「光」の演出はほとんど効果がありません。そのために「水」の演出を頻繁に取り入れていました。曲に合わせて高く噴水が上がって涼しそうで、なおかつ綺麗でした。

 最期は「乃木坂の詩」でした。その時はトワイライトタイムの終盤くらいの暗さになっていました。「乃木坂の詩」は「サイリウム(スティックライト)」をすべて乃木坂カラーの「紫」にするのですが、一面紫の光でメチャメチャ奇麗でした。

 ライブはメチャメチャ楽しかったです。「乃木坂46」は現在、異常な程に人気がありますが、ライブを見ると人気があるのにはちゃんと理由がある事が分かります。



|

2018年8月 4日 (土)

天神ビッグバン 「福岡ビル、天神コア」の建て替え 地上19階、高さ約96m、延床面積約100,000㎡の「(仮称)天神一丁目11番街区開発プロジェクト第1期事業」

Fukuokatenjin180811
-(仮称)天神一丁目11番街区開発プロジェクト第1期事業-
 「福岡市」では、航空法による高さ制限や容積率の緩和などを通じ、2024年までに30棟の民間ビル建て替えを促す都心再開発「天神ビッグバン」を推進しています。

 福岡市・天神で「西日本鉄道」が進める「福岡ビル、天神コア、天神ビブレ」の一体的な再開発の計画概要が明らかになりました。残念ながら第1期は「天神ビブレ」を除く「福岡ビル」と「天神コア」を1棟のビルに建て替える再開発となります。

 引用資料 西日本鉄道(PDF:2018/08/03)
 「福ビル街区建替プロジェクト」第1 期事業の計画について 

 国家戦略特区で認められた建物の高さ制限緩和を活用して地上19階、塔屋1階、地下4階、高さ約96m、延床面積約100,000㎡の高層ビルが建設されます。
 商業施設やオフィスのほか、ホテルも入る複合型にする計画です。福岡市が設けているビル建て替え促進策の期限である2024年までの完成を目指します。

 第2期の「天神ビブレ」に関しては、地権者との協議が続いており、まとまれば「福岡ビル、天神コア」との一体的な機能を持つよう再開発する方針です。

福岡ビル及び天神コアビルの建て替えの概要
◆ 計画名-(仮称)天神一丁目11番街区開発プロジェクト第1期事業
◆ 所在地-福岡県福岡市中央区天神一丁目11番
◆ 階数- 地上19階、塔屋1階、地下4階
◆ 高さ- 約96m
◆ 敷地面積-約6,200㎡
◆ 延床面積-約100,000㎡
◆ 用途-商業、オフィス、ホテル、カンファレンス 他
◆ 建築主-西日本鉄道
◆ 設計者-(基本設計)日建設計、(実施設計)未定
◆ 外装デザイン-Kohn Pedersen Fox Associates(KPF)
◆ 福岡ビル解体着手-2019年04月以降予定
◆ 天神コアビル解体着手-2020年04月以降予定
◆ 1期ビル竣工-2023年12月予定
◆ 1期ビル開業-2024年春予定

Fukuokatenjin180812
「断面図」です。


Fukuokatenjin171017
福岡ビル
 角にあるのが1961年12月に竣工した「福岡ビル」です。「西日本鉄道」が所有しています。地上11階、地下3階、高さ約55m、延床面積約42,980㎡です。


Fukuokamuro180311
天神コア
 1976年5月に竣工した「天神コア」です。「福岡ビル」の南側にあります。「西日本鉄道」が管理運営しています。地上8階、地下3階、高さ約50m、延床面積約23,892㎡です。


Fukuokatenjin171012
天神明治通り地区
 「国家戦略特区」として福岡市において認められている、「航空法高さ制限のエリア単位での特例承認」について、「天神明治通り地区」において更なる特例承認が認められるとともに、新たにウォーターフロント地区が追加されることになりました。

引用資料 福岡市・公式HP(PDF:2017/09/26)
 『天神明治通り地区』と『ウォーターフロント地区』における航空法高さ制限が緩和されました!

これによって、シンボリックなビル建設、建物低層部のゆとりある空間(広場、歩行空間等)の確保や魅力あるまち並みの形成など、プランの自由度が上がり、民間活力を最大限活用したまちづくりが可能となります。

 「福岡市」では、老朽化した民間ビルなどが多く集まる天神地区において、国家戦略特区による規制緩和等を活用し新たな空間と雇用を生み出す「天神ビッグバン」を進めています。


Fukuokatenjin171013
「福岡ビル、天神コア」のある街区は、高さ約94m(南東角)~約99m(北西角)までの高層ビルが建設可能となっていますが、高さ約96mとなりました。



|

京都駅前 JR西日本2ブランド約900室のホテル建設現場西隣 「(仮称)京都ロイヤルツインズホテル」 2018年7月31日の建設状況

Kyotoroyaltwins180811
-(仮称)京都ロイヤルツインズホテル-

 京都駅前は空前のホテル建設ラッシュになっています。JR西日本グループが2棟合計約900室のホテルを出店予定です。

 JR西日本グループが出店予定のすぐ西側には、「(仮称)京都ロイヤルツインズホテル」が建設されています。地上10階、客室数219室を予定しています。

(仮称)京都ロイヤルツインズホテルの概要
◆ 計画名-(仮称)京都ロイヤルツインズPJ新築工事
◆ 所在地-京都府京都市南区東九条室町46番2、56番
◆ 階数-地上10階、地下0階
◆ 高さ-建築物30.90m
◆ 敷地面積-1,719.32㎡
◆ 敷地面積-925.01㎡
◆ 延床面積-6,287.07㎡(容積対象外面積215.50㎡)
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル
◆ 客室数-219室
◆ 建築主-三越ユニティー
◆ 設計者・監理者-新生設計
◆ 施工者-エルディ
◆ 着工-2018年07月04日(労災保険関係成立票より)
◆ 開業-2019年11月30日予定(労災保険関係成立票より)


Kyotoroyaltwins180812
内部の様子です。


Kyotoroyaltwins180813
北東側から見た様子です。


Kyotoroyaltwins180412
「(仮称)京都ロイヤルツインズホテル」の建築計画の概要です(現在は撤去されています)。


Kyotoroyaltwins180413
「(仮称)京都ロイヤルツインズホテル」の旅館業施設計画の概要です(現在は撤去されています)。



|

2018年8月 3日 (金)

JR西日本 嵯峨野線の新駅 梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき) 2018/07/31 Part2・地上から見た編

Kyototanba180811
-梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)-

 梅小路公園には、「京都水族館」があり、2016年4月29日には「京都鉄道博物館」もオープンしました。京都駅から離れていてアクセスが悪いため、新駅の設置が検討され、2015年2月にJR西日本と京都市が基本合意書を締結していました。

 工事着工に先立ち、2016年9月19日には、安全祈願祭と起工式典を開催しました。駅名は「梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)」に決定し、2019年春の開業予定です。

 引用資料 JR西日本・ ニュースリリース(2018/07/20)
 JR嵯峨野線 京都・丹波口間新駅 駅名決定について

 ホームは相対式2面、延長165m、ホーム幅は3.0m~6.7mとなります。ホーム上の安全設備として、「可動式ホーム柵」を設置します。

 駅舎の基本コンセプトは、「梅小路公園および京都市西部地区の玄関口として、鉄道を意識しつつ、地域との連携を育むデザイン」とします。
 京都の町並みの「縦格子・縦縞」や、京友禅の反物の「縦長矩形」などを引用するともとに、ホームの外壁や入口部を曲面にして「京都らしい色彩計画」とします。

梅小路京都西駅の概要
◆ 所在地-京都府京都市下京区観喜寺町(京都駅←約1.7km→新駅←0.8km→丹波口駅)
◆ ホーム(相対式2面、延長165m、幅員3.0m~6.7m)
◆ 旅客上家(屋根)
◆ エレベーター(2基 各ホーム1基)
◆ エスカレーター(4基 各ホーム上下1基ずつ)
◆ 自動改札4通路、券売機2台、みどりの券売機1台
◆ 着工-2016年09月19日(安全祈願祭と起工式典)
◆ 開業-2019年春予定
◆ 事業費-約49億円(JR西日本約19億円、京都市約15億円、国約15億円)


Kyototanba16082
「位置図」です。


Kyototanba180821
(上り線ホーム側)南東側から見た様子です。


Kyototanba180822
(上り線ホーム側)北東側から見た様子です。


Kyototanba180823
(上り線ホーム側)少し角度を変えた様子です。


Kyototanba180824
(下り線ホーム側)南側から見た様子です。


Kyototanba180825
デルタ線
 
写真右側が「JR山陰線(嵯峨野線)」で、写真左側が東海道線の大阪駅方面と山陰線を接続していた連絡線(短絡線)です。上空から見ると線路が三角形になっており、このような配線は「デルタ線」と呼ばれています。

 新駅は「相対式ホーム2面」になりますが、合流部分のため連絡線を廃止しないと西側の「二条・亀岡方面」のホームが設置出来ないので、連絡線(短絡線)は廃止されました。


Kyototanba180826
(下り線ホーム側)2車線道路の部分です。


Kyototanba180827
「七条通」から南側に見た様子です。


Kyototanba180828
新駅と七条通の北側を結ぶ歩行者空間の整備

 新駅から七条通北側への回遊性を高めるため、廃止された短絡線を利用した横断歩道橋を整備します。雨にぬれることがなくアクセスできるようにするため、屋根を設置します。


Kyototanba180829
(上り線ホーム側)「七条通」の橋桁を東側から見た様子です。


Kyototanba180830
(上り線ホーム側)ホームの北端です。ホームは「七条通」より更に北側に伸びています。


Kyototanba180831
(上り線ホーム側)「七条通」の北側では、橋脚を「鋼板巻立て工法」により耐震補強工事が行われました。


Kyototanba180832
道路上空にホームを設置
 
耐震補強工事と同時に「仕口」が設置されて、「梁」を道路上空に伸ばしてホームを支えています。ホームの設置場所が無い中で、道路上空を利用する素晴らしいアイデアですね!



|

JR西日本 嵯峨野線の新駅 梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき) 2018/07/31 Part1・車窓から見た編

Kyototanba180811
-梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)-

 梅小路公園には、「京都水族館」があり、2016年4月29日には「京都鉄道博物館」もオープンしました。京都駅から離れていてアクセスが悪いため、新駅の設置が検討され、2015年2月にJR西日本と京都市が基本合意書を締結していました。

 工事着工に先立ち、2016年9月19日には、安全祈願祭と起工式典を開催しました。駅名は「梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)」に決定し、2019年春の開業予定です。

 引用資料 JR西日本・ ニュースリリース(2018/07/20)
 JR嵯峨野線 京都・丹波口間新駅 駅名決定について

 ホームは相対式2面、延長165m、ホーム幅は3.0m~6.7mとなります。ホーム上の安全設備として、「可動式ホーム柵」を設置します。

 駅舎の基本コンセプトは、「梅小路公園および京都市西部地区の玄関口として、鉄道を意識しつつ、地域との連携を育むデザイン」とします。
 京都の町並みの「縦格子・縦縞」や、京友禅の反物の「縦長矩形」などを引用するともとに、ホームの外壁や入口部を曲面にして「京都らしい色彩計画」とします。

梅小路京都西駅の概要
◆ 所在地-京都府京都市下京区観喜寺町(京都駅←約1.7km→新駅←0.8km→丹波口駅)
◆ ホーム(相対式2面、延長165m、幅員3.0m~6.7m)
◆ 旅客上家(屋根)
◆ エレベーター(2基 各ホーム1基)
◆ エスカレーター(4基 各ホーム上下1基ずつ)
◆ 自動改札4通路、券売機2台、みどりの券売機1台
◆ 着工-2016年09月19日(安全祈願祭と起工式典)
◆ 開業-2019年春予定
◆ 事業費-約49億円(JR西日本約19億円、京都市約15億円、国約15億円)


Kyototanba16082
「位置図」です。 


Kyototanba180812
カーブの先に「梅小路京都西駅(うめこうじきょうとにしえき)」の建設現場が見えてきました。


Kyototanba180813
「梅小路京都西駅」の工事はかなり進んでいます。


Kyototanba180814
ホームの工事もかなり進んでいます。ホームには嵯峨野線で初めて「可動式ホーム柵(ホームドア)」を設置します。


Kyototanba180815
色が違う部分は、「七条通」に架かる橋桁部分です。


Kyototanba180816
ホーム北端です。東海道線の大阪駅方面と山陰線を接続していた連絡線(短絡線)の配線は、完全に姿を消しています。



|

2018年8月 2日 (木)

兵庫県本庁舎 「1号館」と「2号館」を建て替え 総事業費600億円以上で高層の新庁舎を建設!

Kobehyogo180811
-兵庫県本庁舎1号館・2号館-

 兵庫県知事は7月31日の定例会見で、老朽化した兵庫県本庁舎の「1号館」と「2号館」の建て替えと、庁舎周辺の再整備を検討していることを明らかにしました。

 「1号館」の耐震診断の結果、国の基準を下回っていたため総事業費は600億円以上で、2018年11月にも構想をまとめます。早ければ2020年度にも着工します。

 産経新聞(2018/08/01)
 兵庫県、本庁舎1、2号館建て替えへ 32年度にも着工、周辺整備も検討

 神戸新聞(2018/07/31)
 兵庫県庁1、2号館 老朽化で建て替えへ 周辺も再整備

 構想では、まず「県民会館」を県警本部東側の県有地(駐車場)に移転します。県民会館跡地に1号館・2号館を統合した高層の新庁舎を建設します。1号館跡地(1号館、別館、西館)の敷地面積約9,854㎡にはホテルなど民間施設を誘致します。

 総事業費は600億円以上かかる見込みですが、すでに200億円程度ある基金に今後さらに100億円を積み立て、不足分は県債を発行して対応する方針です。

 兵庫県庁の北側には、「ヴィーナスブリッジ」があります。神戸市が「ヴィーナスブリッジからの景観規制!」とか言って、兵庫県が進めようとしているビッグプロジェクトの邪魔をしそうで心配です・・・


Kobehyogo180812
「県庁周辺の地図」です。

 引用資料 → 兵庫県(県庁までの交通案内)


Kobehyogo180813
「本庁舎等の概要」です。

 引用資料(PDF) → 県庁周辺地域の再整備


Kobehyogo180814
「兵庫県本庁舎」の空撮写真です。


Kobehyogo180815
角度を変えた空撮写真です。1号館跡地(1号館、別館、西館)の敷地面積約9,854㎡には、民間により多目的高層タワーを建設する構想があります。



|

無敵モードに入りつつある京都企業 御三家(京セラ、日本電産、村田製作所) 「スマートフォン、自動車向け、5G」の堅調な部品需要により業績拡大が加速!

Kyotocorporation16071
-京都の企業-

 京都の企業は大阪や神戸の企業と違って本社を東京にあまり移転しません。小粒のハイテク企業が多かった京都企業ですが、高い技術開発力を背景に、世界市場の中で特定分野において圧倒的競争力を持ち、急成長しています。

京都の上場企業の連結売上高ランキング
1位 京セラ                     1,577,039百万円
2位 日本電産                 1,488,090百万円
3位 村田製作所              1,371,842百万円
4位 任天堂                     1,055,682百万円
5位 SGホールディングス  1,045,032百万円

(備考) 「SGホールディングス」の中核企業は、宅配便2位の「佐川急便」です。

● 2019年3月期第1四半期の決算発表!
 
京都の大手電子部品メーカーの大手3社(京セラ、日本電産、村田製作所)が、2018年7月31日までに、2019年3月期第1四半期の決算発表を行いました。

 高機能スマートフォンや自動車向けの堅調な部品需要に加え、高い生産能力とシェアを武器に供給先を多様化して急成長しています。2019年には次世代高速通信規格「5G」関連の投資も始まり、無敵モードに入りつつあります。

 あくまでも私の予想ですが、米中の貿易戦争などの不安定要素もありますが、御三家(京セラ、日本電産、村田製作所)は、2021年3月期の連結決算で揃って売上高が2兆円を突破すると予想しています。売上高が大きいと影響力が急拡大します。

 愛知県が自動車産業で圧倒的な存在感があるのは、トヨタグループがあるためです。「トヨタ自動車」を筆頭に「デンソー、アイシン精機、豊田自動織機、豊田通商」のグループ5社は、いずれも時価総額が1兆円を超え、連結売上高で2兆円を超えています。

 京都企業の凄さは、御三家以外にも「任天堂、オムロン、ジーエス・ユアサ コーポレーション、ローム、島津製作所、SCREENホールディングス、村田機械、堀場製作所、NISSHA」などの世界市場で競争力を持つハイテク企業群が控えている事です。

 御三家以外も成長モードに入っています。京都は「大学」と「神社仏閣」が強く、「経済」の存在感は低かったのですが、企業の成長により状況が一変しつつあります。


Kyotocorporation16073
売上高1位 京セラ

 「京セラ」の本社は、京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地にあります。2018年3月期の売上高1,577,039百万円、営業利益95,575百万円です。2019年3月期の予想は、売上高1,650,000百万円、営業利益154,000百万円となっています。

 京セラ 決算短信(PDF:2018/07/31)
 2019年3月期 第1四半期決算短信〔IFRS〕(連結)

 コンデンサーなど電子部品大手です。太陽電池モジュール、通信機器、複写機など多角化経営を行っています。現京セラ名誉会長・稲盛和夫氏が考案した「アメーバ経営」が有名です。


Kyotonidec16012
売上高2位 日本電産 
 
「日本電産」の本社は、京都市南区久世殿城町338番地にあります。2018年3月期の売上高1,488,090百万円、営業利益167,637百万円です。2019年3月期の予想は、売上高1,600,000百万円、営業利益195,000百万円となっています。

 日本電産 決算短信(PDF:2018/07/25)
 2019年3月期第1四半期決算短信〔IFRS〕(連結)

 世界首位のHDD用など精密小型モーターから車載、産業用など中大型モーターまで展開しています。創業者であり会長兼社長である「永守重信氏」は超ワンマンですが、卓越した経営手腕により一代で巨大企業グループを築き上げました。

● 社長が交代
 「吉本浩之副社長」が、2018年6月20日付で社長兼最高執行責任者(COO)に昇格し、永守重信会長兼社長は、代表権のある会長兼最高経営責任者(CEO)に就きました。


Kyotocorporation16072
売上高3位 村田製作所
 「村田製作所」の本社は、JR長岡京駅前の京都府長岡京市東神足一丁目10番1号にあります。2018年3月期の売上高1,371,842百万円、営業利益162,146百万円です。2019年3月期の予想は、売上高1,575,000百万円、営業利益240,000百万円となっています。

 村田製作所 決算短信(PDF:2018/07/31)
 2019年3月期 第1四半期決算短信(米国基準) (連結) 

 電子部品大手で、世界トップのセラミックコンデンサーが柱です。原料からのセラミック技術に強みを持っています。高い技術力を背景に驚異的な利益率を誇っています。



|

2018年8月 1日 (水)

京都リサーチパーク(KRP) KRP最大規模(延床面積約33,740㎡)の新棟を建設 実験研究用のスペースは設けずオフィス用途!

Kyotokrp180811
-京都リサーチパーク(KRP)-

 「京都リサーチパーク(KRP)」は、京都府の産業の研究開発、ベンチャービジネス支援を目的とする施設です。大阪ガスグループの「京都リサーチパーク(株)」が運営しています。
 
 JR嵯峨野線の「丹波口駅」の西側にあった大阪ガス京都工場跡地に賃貸オフィスや研究開発スペースを建設し、管理・運営を行っています。

● 京都リサーチパーク最大規模の新棟を建設!
 「京都リサーチパーク」は、新たなオフィスビルが建設さします。延床面積約33,740㎡と、KRP内では最大規模の建物となります。2019年春にも着工し、2021年春の稼働を予定しています。

 京都新聞(2018/07/03)
 京都リサーチパークに新ビル 最大規模、21年春稼働へ

 建物は地上7階、地下1階で、「五条通」に面し、現在は駐車場に利用されていた敷地内の用地に建設します。実験研究用のスペースは設けず、オフィス用途のみとし、1階は商業施設とします。

 「京都リサーチパーク(KRP)」には、現在は約420社が入居しています。近年はオフィス需要の高まりや研究機関の都心回帰などを受け、入居率が90%台後半の高水準を維持しており、空き室不足のため、新棟の建設を決めました。

京都リサーチパーク新棟の概要
◆ 所在地-京都府京都市下京区中堂寺栗田町90、91、92
◆ 階数-地上7階、地下1階
◆ 高さ-31.00m
◆ 敷地面積-38,426.88㎡(施設全体)
◆ 建築面積-20,838.69㎡(施設全体)、4,580.00㎡(新棟)
◆ 延床面積-131,478.10㎡(施設全体)、33,740.00㎡(新棟)
◆ 用途-オフィス、商業(物販店舗、飲食店舗)、駐車場
◆ 開発事業者-大阪ガス都市開発
◆ 着工-2019年春予定
◆ 稼働-2021年春予定


Kyotokrp180812
「京都リサーチパーク新棟」の建設予定地です。


Kyotokrp180813
北東側から見た様子です。


Kyotokrp180814
北西側から見た様子です。


Kyotokrp180815
西側のゲートが開いていました。「埋蔵文化財発掘調査」を行っています。


Kyotokrp180816
「開発構想に関する説明会の概要」です。



|

JR西日本グループ 京都市の梅小路公園 新ブランドホテル「Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)」の概要

Kyotojr180511
-梅小路社宅跡地-

 JR西日本は、京都市の梅小路公園内に国内最大級の「京都鉄道博物館」を建設しましたが、「鉄道博物館」の建設場所は、京都市の土地だったため代替地として「梅小路公園」の北側にあったJR西日本の「JR梅小路社宅」の一部を廃止して京都市に提供しました。

 京都市は、「JR梅小路社宅」跡地を活用して、公園の中心にあたる広場を拡張整備しました。2014年3月8日に、2つの新広場「すざくゆめ広場」と「市電ひろば」を開園しました。

 しかし、「JR梅小路社宅」跡地の一部が更地として残っていました。私は「この更地をどうするのだろう?」とずっと不思議に思っていましたが、JR西日本グループが、観光など国内外からの観光や個人レジャーを主体とするホテルを開発すること発表していました。

● Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)
 
「JR西日本ホロニック」は、観光など国内外からの観光や個人レジャーを主体とした新たなホテル業態「コミュニティ型カジュアルホテル」の開発を、新ホテル業態のブランド名およびロゴマークを決定しました。

 新ブランド「Potel」は、充実した「過ごし」と地域・文化交流を提供する、JR西日本グループの直営ホテルとして、滞在自体が思い出になる「心地よい空間」と「地域を感じる工夫」に溢れたホテルを目指します。第1号店の「Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)」の開業は2020年春頃を予定しています。

 引用資料 JR西日本(PDF:2018/05/23)
 JR西日本グループの新ブランドホテル「Potel(ポテル)」誕生

 近くでは、JR嵯峨野線の新駅が建設中です。京都市中央卸売市場第一市場「賑わいゾーン」も計画されています。「梅小路公園」しかなかった場所が、一大観光地になりつつあります。

Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)の概要
◆ 所在地-京都府京都市下京区観喜寺町15他
◆ 階数-地上5階、地下0階
◆ 高さ-約19m
◆ 敷地面積-4,958.75㎡
◆ 建築面積-約2,250㎡
◆ 延床面積-約8,100㎡
◆ 構造-鉄筋コンクリート造
◆ 用途-客室、飲食施設、物販施設、温浴施設、多目的室ほか
◆ 客室数-約140室
◆ 事業スキーム-(土地所有者)JR西日本、(建物所有者)JR西日本不動産開発、(運営会社)JR西日本ホロニック
◆ 建築主-JR西日本不動産開発
◆ 施工者-大林組
◆ オープン-2020年春頃予定


Kyotojr180512
「計画地」です。


Kyotojr180513
「部屋の一例」です。


Kyotojr180811
「Umekoji Potel KYOTO(梅小路ポテル京都)」の建設予定地を北西側から見た様子です。東隣は「京都水族館」です。


Kyotojr180812
北東側から見た様子です。


Kyotojr180813
南東側から見た様子です。


Kyotojr180814
「開発構想に関する説明会の概要」です。標識により 建築面積や延床面積等の概要が判明しました。



|

« 2018年7月 | トップページ