« おおさか東線 Part4・東海道線分岐部~南吹田駅~神埼川橋梁 2018年11月10日の建設状況 | トップページ | 地上38階、高さ約189mの「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」 Ⅱ期工事 2018年11月13日の状況 »

2018年11月17日 (土)

阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業 Part1:「崇禅寺駅」周辺 2018年11月10日の建設状況

Osakasozenji12051
-崇禅寺駅(そうぜんじえき)-

 「阪急電鉄京都線・千里線(淡路駅付近)連続立体交差事業」は、東淀川区の「淡路駅」を中心とした阪急電鉄京都線3.3kmと千里線3.8kmの合計7.1kmを高架化し、17ヶ所の踏切を無くし、都市計画道路などの交差道路を整備するプロジェクトです。

 駅としては、「淡路駅」、「崇禅寺駅」、「下新庄駅」、「柴島駅」の4駅が高架駅になる予定です。1997年1月に用地買収に着手し、2008年9月に工事に着工しました。

● 工期が大幅に遅れ事業期間を7年延長
 
計画では2017年度末に高架切替、2020年度末に事業完了の予定でしたが、工期が大幅に遅れており事業期間を7年延長しています。現時点では2024年度末に高架切替、2027年度末に事業完了に向け工事を進めています。



Osakasozenji12052
「崇禅寺駅(そうぜんじえき)」は、3層構造の相対式2面2線の高架駅になる予定です。


Osakasouzenji140826
電車を走らせながら2階の「梁」と「床」の工事をどうにように行うのか謎です?? 電車が走っている状態では、2階の「梁」と「床」の工事は行えないので、仮設の改札口を高架橋の両側に設置し、高架移行後に本設の2階改札階の工事を行うのでしょうか?


Osakasozenji12053
「崇禅寺駅」周辺のアップです。


Osakasozenji181111
「崇禅寺駅」北東側の踏切から「崇禅寺駅」を見た様子です。ホームの両側に「橋脚」が姿を現しています。崇禅寺駅は「直上施工」で行われています。


Osakasozenji181112
崇禅寺駅は「直上施工」で行われていますが、そのままではホームと橋脚が干渉して橋脚の建設が出来なかったので、仮線の設置工事を行い、ホームの位置を少しずらしています。


Osakasozenji181113
日没近くて光量が少なく非常に見づらいですが、「崇禅寺駅」のホームです。「崇禅寺駅」自体の取材は、2014年7月26日以来だったので、実に約4年4ヶ月ぶりでした。

● 非常にゆっくりペースの工事
 2014年7月26日の時点でも下りホーム(梅田方面)の「橋脚」が姿を現していたので、上りホーム(河原町方面)に「橋脚」が姿を現した以外は、前回とあまり変化がありませんでした。


Osakasozenji181114
下りホーム(梅田方面)の橋脚です。


Osakasozenji181115
「崇禅寺駅」のホーム南西端から北東側(河原町方面)を見た様子です。


Osakasozenji181116
下りホーム(梅田方面)の橋脚です。


Osakasozenji181117
「改札階」となる2階床の「梁」の位置が分かります。


Osakasozenji181118
「崇禅寺駅」のホーム南西端から南西側(梅田方面)を見た様子です。


Osakasozenji181119
アップです。橋脚が続いています。



|

« おおさか東線 Part4・東海道線分岐部~南吹田駅~神埼川橋梁 2018年11月10日の建設状況 | トップページ | 地上38階、高さ約189mの「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」 Ⅱ期工事 2018年11月13日の状況 »

31 大阪市・北部②」カテゴリの記事

92 鉄道編・私鉄」カテゴリの記事