« うめきた2期区域基盤整備 JR東海道線支線地下化・新駅設置工事 「北3工区」の未着工部分 2019年1月29日の建設状況 | トップページ | サンテレビジョン JR神戸駅前に本社社屋を移転する「神戸駅前プロジェクト 新築工事」 2019年2月3日の状況 »

2019年2月 4日 (月)

三宮の新たなランドマーク 神戸阪急ビル東館 建替計画 2019年2月3日の建設状況 & 西野カナのライブ・ビューイング

Kobehankyu16041
-神戸阪急ビル東館 建替計画-
 阪急電鉄では、2021年春の竣工を目指して、地上29階、地下3階、高さ約120mの「神戸阪急ビル東館 建替計画」を進めています。既存建物等の解体工事が完了し、2017年7月3日より新築工事に着手しました。

 引用資料 阪急電鉄(PDF:2017/07/03)
 神戸の中心地・三宮に相応しいランドマークを目指して 神戸阪急ビル東館の新築工事に着手します

 新しいビルは、ホテル、オフィス、商業施設等から構成され、このうちホテルは、阪急阪神ホテルズが展開している宿泊主体型ホテル「remm(レム)」が入居する予定です。

 最上階となる29階に展望フロアを整備し、みなと街神戸の景観を楽しめるようにするとともに、オフィスフロアの最上階(15階)には神戸市が検討している産学交流拠点を誘致する考えです。

神戸阪急ビル東館 建替計画の概要
◆ 所在地-兵庫県神戸市中央区加納町四丁目2番1号
◆ 階数-地上29階、地下3階
◆ 高さ-約120m
◆ 敷地面積-約7,100㎡(駅高架下範囲等を含む)
◆ 延床面積-約28,850㎡
◆ 構造-(地上)鉄骨造、(地下)鉄骨鉄筋コンクリート造
◆ 用途-ホテル、オフィス、商業施設、駅施設等
◆ 建築主-阪急電鉄
◆ 設計者・監理者-久米設計
◆ 施工者-大林組
◆ 着工-2017年07月03日
◆ 竣工-2021年春予定


Kobehankyu170711
(段階1) 東側部分の新築工事(2017年7月~2018年秋頃)


Kobehankyu170712
(段階2) 西側部分の解体工事・新築工事及び高層部工事(2018年秋頃~2021年春)


Kobehankyu190211
北東側から見た様子です。


Kobehankyu190212
少し角度を変えた様子です。


Kobehankyu190213
西側から見た地上躯体です。


Kobehankyu190214
「段階2」の西側部分の解体工事・新築工事及び高層部工事は、2018年秋頃~2021年春の予定です。西側部分の解体工事は終わっています。


Kobehankyu190215
一部ですが、建物内を通行する事が出来ます。


Kobehankyu190216
「東出口」付近の天井です。


Kobehankyu190217
神戸市営地下鉄西神・山手線「三宮駅」のコンコースなどがある地下1階への「エスカレーター」と「階段」です。


Kobehankyu190218
上下の「エスカレーター」が1基ずつ設置されています。


Kobehankyu190219
「エスカレーター」を地下1階から見た様子です。


Kobehankyu190220
「階段です。


Kobehankyu190221
「階段」を地下1階から見た様子です。


Kobehankyu190222
西野カナのライブ・ビューイング
 
昨日、活動休止を発表している「カナやん(西野カナ)」の「Kana Nishino Love Collection Live 2019」のライブ・ビューイングに「OSシネマズミント神戸」に行ってきました。公演は47都道府県のほか、台湾、香港の映画館でも生中継されました。

 午後5時4分~7時33分までの約2時間半でした。「カナやん」のライブでは初めてのセンターステージでした。私は、「カナやん」の曲の中で「好き」が一番好きですが、さすがのこの曲の時は涙がこぼれてしまいました。

 「カナやん」は、ずっと涙をこらえていましたが、ダブルアンコールの最後の「Best Friend」を歌い終えると、一気に涙があふれてきました。
 エンディングでは、シングル34曲のミュージックビデオ集、この日までの全211公演の秘蔵ライブ集など、活動の軌跡をたどる映像が、スタッフからサプライズで流れました。
 最後に、手を振りながら「また笑顔で会いましょう! ありがとうね~。ありがとう。みんな、またね~。ありがとう」と笑顔で去って行きました。

 いつの日か、再び帰ってくることを約束したような終わり方でしたが、私は「カナやん」はもうこの世界には帰って来ないと思います。顔は「やり切って、思い残す事は無い!」という感じの表情でした。

 「カナやん」のライブには、2014年に1回、2015年に2回、2016年に4回、2017年に2回、2018年に2回の合計11回行きました。「カナやん」には感謝の気持ちしかありません。
 2018年の「安室ちゃん」に続き、2019年の「カナやん」と2人の私の大好きな歌姫が去って行きました。帰りの電車の中での喪失感が半端無かったです・・・


Kobehankyu190223
Kana Nishino Love Collection Live 2019(横浜アリーナ)
 「Kana Nishino Love Collection Live 2019」のチケットです。友人が行ったので、チケットを撮影させてもらいました。「カナやん」の最後のライブチケットになってしまいました。

 「横浜アリーナ」で、2019年2月1日(金)、2月2日(土)、2月3日(日)の3日間行われました。まさか「活動休止」するとは思ってもいなかったので、私は申し込むませんでした。当落の発表後に「活動休止」が発表されたので、ネットでは物凄い高額で取引されていました。



|

« うめきた2期区域基盤整備 JR東海道線支線地下化・新駅設置工事 「北3工区」の未着工部分 2019年1月29日の建設状況 | トップページ | サンテレビジョン JR神戸駅前に本社社屋を移転する「神戸駅前プロジェクト 新築工事」 2019年2月3日の状況 »

51 兵庫県・神戸市②」カテゴリの記事

97 アーティストのライブ日記」カテゴリの記事