« 「アストラムライン」の延伸も計画 広島市の西の玄関口である「西広島駅」を大規模に改良 橋上駅舎化 & 自由通路等を整備! | トップページ | 地上38階、高さ約189mの「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」 Ⅱ期工事 2019年5月8日の状況 »

2019年5月 9日 (木)

広島駅ビルの建替え計画 駅ビルの前面にゲート性を演出する大屋根を設置 「広島」の陸の玄関にふさわしいシンボリックな空間を創出!

Hiroshimajr190311
-広島駅ビルの建替え計画-

 「JR広島駅」は、1日800本近い列車が発着し、14万人を超える乗降客が利用する巨大ターミナルです。広島駅周辺では多くの工事が同時進行しています。

 「西日本旅客鉄道(JR西日本)」では、「JR西日本不動産開発」および「中国SC開発、ジェイアール西日本ホテル開発」と共に、2014年9月に広島市が策定した「広島駅南口広場の再整備等に係る基本方針」に基づいて、広島駅ビルの建替えを検討してきました。

 「広島市の「広島駅南口広場の再整備などにおける魅力的な駅前空間の創出について」に合わせて、「広島駅ビルの建替え計画」の概要がまとまりました。

 引用資料 JR西日本(2019/03/15)
 広島駅ビルの建替え計画について

 新駅ビルは、広島・瀬戸内の玄関にふさわしく、広島に新たな賑わいや交流、感動を創出する施設となることを目指し、商業・ホテル・駐車場を導入します。

 特に、駅ビル2階の路面電車が進入する空間は、広島駅中央口改札や新幹線口改札から段差なくフラットに繋がり、駅と歩行者空間、商業施設が一体となった魅力的な空間を創出します。

広島駅ビルの建替え計画の概要
◆ 所在地-広島県広島市南区松原町2番37他
◆ 階数-地上20階、地下1階
◆ 高さ-約100m
◆ 建築面積-約14,000㎡
◆ 延床面積-約111,000㎡
◆ 構造-鉄骨造
◆ 用途-商業、ホテル、駐車場
◆ 客室数-400室規模
◆ 現駅ビル閉館-2020年03月末予定
◆ 駅ビル建替え工事着手-2020年04月予定
◆ 新駅ビル開業-2025年春予定


Hiroshimajr190511
整備イメージ(外観)

 駅ビルの前面にゲート性を演出する大屋根を設置し、「世界に誇れる『まち』広島」の陸の玄関にふさわしいシンボリックな空間を創出します。大屋根には、世界から人々を迎えるために広げた両手や、広島から世界へ羽ばたく翼を表現した「反り」のデザインを取り入れます。 

 引用資料 広島市・公式ホームページ
 広島駅南口広場の再整備等における魅力的な駅前空間の創出について


Hiroshimajr190512
整備イメージ(内観)

 路面電車が駅ビルへ進入する2階レベルの交通広場について、屋根を高い位置に設け、自然採光や自然換気を取り入れるとともに眺望が楽しめる開放的な空間にすることで、空(光)や雲、風が感じられる明るく快適な空間を創出します。


Hiroshimajr190351
ひろしま駅ビルASSE(アッセ)
「ひろしま駅ビルASSE(アッセ)」を南東側から見た様子です。1965年開業の「ひろしま駅ビルASSE(アッセ)」は、2020年3月末に閉館します。


Hiroshimajr190357
現在の広島電鉄の「広島駅」です。


Hiroshimajr190316
「モノレール」が乗り入れる北九州市の「小倉ターミナルビル」にちょっと雰囲気が似ていると思います。



|

« 「アストラムライン」の延伸も計画 広島市の西の玄関口である「西広島駅」を大規模に改良 橋上駅舎化 & 自由通路等を整備! | トップページ | 地上38階、高さ約189mの「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」 Ⅱ期工事 2019年5月8日の状況 »

78 広島県」カテゴリの記事

91 鉄道編・JR」カテゴリの記事