« 堂島浜1丁目地区 「大阪三菱ビル」を都市計画都市再生特別地区に追加 容積率の最高限度は1,600%に引き上げ、高さの最高限度は147m! | トップページ | 地上21階、高さ101.732mの「(仮称)本町サンケイビル」 2020年1月25日の建設状況 »

2020年1月31日 (金)

大阪都市計画案の公衆縦覧及び意見書の受付 うめきた2期地区 「北地区」と「南地区」の各ビルの詳細な高さの最高限度!

Kita19110571
-うめきた2期地区-

 「UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)」は、「うめきた2期地区開発事業者募集」における開発事業者を「三菱地所」を代表者とするグループに決定しています。

 開発事業者は土地譲受事業者が9者(三菱地所、大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発、積水ハウス、竹中工務店、阪急電鉄、三菱地所レジデンス、うめきた開発特定目的会社)、設計・運営事業者が6者(三菱地所設計、日建設計、SANAA事務所、Gustafson Guthrie Nichol Ltd.、日比谷アメニス、阪急阪神不動産)で構成されています。

● 北地区と南地区の各ビルの高さの最高限度
 大阪市は2020年1月30日に、「大阪都市計画都市再生特別地区の変更(うめきた2期中央地区)、大阪都市計画土地区画整理事業の変更(大阪駅北大深西地区土地区画整理事業)、大阪都市計画地区計画の変更(うめきた2期地区地区計画)」の都市計画案を公告しました。「北地区」と「南地区」の各ビルの高さの最高限度がよく分かります。

 引用資料 大阪市・報道発表資料(2020/01/30)
 大阪都市計画案の公衆縦覧及び意見書の受付を実施します

 容積率の最高限度は、「北地区」が650%、「南地区」が1,100%となっています。ちなみに「グランフロント大阪」の容積率は、「南館」が1,600%、「北館」が1,150%なので、更なる容積率の引き上げを期待したいですね。


Kita20010131
「都市再生特別地区」です。


Kita20010132
「北地区」です。


Kita20010133
「北地区」の高さの最高限度です。


Kita20010134
「南地区」です。


Kita20010135
「南地区」の高さの最高限度です。


Kita19110552
「北地区」の予定地です。



|

« 堂島浜1丁目地区 「大阪三菱ビル」を都市計画都市再生特別地区に追加 容積率の最高限度は1,600%に引き上げ、高さの最高限度は147m! | トップページ | 地上21階、高さ101.732mの「(仮称)本町サンケイビル」 2020年1月25日の建設状況 »

03 グランフロント大阪(うめきた)」カテゴリの記事